私は現在,とある物理実験を行っているのですが,まったく同じ条件で測定しても,測定するたびに異なった信号強度が得られます.例えば,1784,1862,1861,1845,1721,1718,1801…といった感じです.

 この測定結果をグラフにまとめる際,各測定点にエラーバーを描き加えたいのですが,エラーバーの長さはどうやって計算すればよいのでしょうか.恐らく,標準偏差を求め,危険率などを定数にするのかと思いますが,具体的な式がわかりません.どうか,ご教授お願い致します.

 なお,処理はエクセルを用いて行っておりますので,もしエクセルの統計関数がわかれば,それもあわせて教えていただきたく存じます.

 どうか,よろしくお願い致します.

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

まず表で平均と標準偏差の欄を作成します。

作図するときは平均(Y軸)とアイテム(X軸)とで行います。次に出きあがったグラフのバーやポイントをクリックし、データ系列の書式設定を選び、Y誤差範囲を選び、表示を設定し、誤差範囲の指定を標準偏差の欄を選択します。+-は表示設定から考えて下さい。これでエラーバーがでます。更にエラーバーの設定はエラーバーをクリックして設定して下さい。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

 早速のご回答,感謝いたします.

 実は質問を書き込みした後,私自身でも色々と調べました結果,まず標本の標準偏差と平均誤差を計算し,Studentのt分布にしたがって検定を行う,という方法で統計的な信頼限界に基づく誤差範囲が決まることが分かりました(ただし誤差が正規分布に従うことを仮定).

 Excel上でのエラーバーの表示方法については参考になりました.大変ありがとうございました.

お礼日時:2001/09/17 19:49

 38endoh さん,電気分解の質問ではありがとうございました。

rei00 です。

 まづ,その物理実験の分野でどの様な形のエラ-バ-を付けるかをハッキリさせましょう。これは各分野での習慣があると思います。私の場合,生物活性の測定ですが,通常は平均値の各点に対して「標準偏差」又は「標準誤差」をエラ-バ-として表示します。

 「標準偏差」又は「標準誤差」はエクセルの「分析ツ-ル」の「基本統計量」を使って一応求める事ができます(マック版 Excel 2001 での話です)。スミマセン,私自身はエクセルでの処理をやっていないもので,関数についてはわかりません。

 後は,ANo.#1 の ADEMU さんがお書きの方法でグラフに出来ると思います。

 いかがでしょうか。あまり,お役に立ってないような気が・・・・。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

> 電気分解の質問では

その節はお世話になりました.実は,あの回答はまだ納得のいっていない部分があり,今でも時々気になることがあります.

> どの様な形のエラ-バ-を付けるかを

色々と説明不足だったようで,ご迷惑をおかけしてしまいました.エラーバーは「○○%の信頼限界を示す範囲」という形にするつもりでした.

ご回答ありがとうございました.

お礼日時:2001/09/17 20:00

測定している信号強度が何か?


測定器具の精度はどのくらいか?
どのような実験か?
などの情報がないと具体的な式は出せません。

そのあたりを詳しく補足すれば、
回答者も回答しやすいと思いますよ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 早速のご回答,大変ありがとうございました.

お礼日時:2001/09/17 19:51

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q鹿児島にシガーバーってありますか?

何かのタウン情報誌のようなもので見た覚えがあるのですが、知っている方場所を教えてください。

Aベストアンサー

ティンカーベルですか?
宮崎にあり、鹿児島にもあるらしいのですが、わかりません。

Q2,7,1,4,7,2,8,1,4,1,6,..

初項を2、第2項を7とします
すべての項は一桁とします。
隣り合う項をかけてその結果を数列の最後につけていくとします
(説明が下手でごめんなさい。。。)
つまり
2,7,1,4,7,2,8,1,4,1,6,...
といった具合です。
これが6を無限個含むことを示せという問題なんですが、見当がまったくつかず。。。
ちょっと思いついたのは偶数をかけるとどんな数字でも一桁目は偶数になるので、偶数は無限個あるというのだけで、、、
規則性が見えるかなとおもっていろいろ書き出したのですが、何もわからず。。。

ヒントでもいいのでお願いします

Aベストアンサー

> 隣り合う項をかけてその結果を数列の最後につけていくとします
> 2,7,1,4,7,2,8,1,4,1,6,...

> といった具合です。

どういう規則なのか、さっぱり分からんですね。もしかして、この例が間違っているんじゃないでしょうか?

 仮に、この例が間違いだとして、「隣り合う項をかけてその結果を数列の最後につけていく」をやってみると
27
2.714
27.147
271.474
2714.7428
27147.42828
271474.28288
2714742.828816
27147428.2881616
が正しいのだとしましょう。("."は掛け算をやった位置を表しています)

 さて、「数列には6が高々有限個しか現れない」と仮定すると、数列のある場所N項目から以降には6が一つもないような、そういうNが存在しなくてはならない。

 一方、数列中にひとたび(1616)が現れると、それより後ろに(666)が出て来る。
 (666)が現れると、それより後ろに(363636)が出て来る。
 (363636) が現れると、それより後ろに (1818181818) が現れ、さらにその後ろに (888888888) が現れ、さらにその後ろに(6464…6464) が出て来る。
 (6464…6464) が現れると、それより後ろに (2424…24) が現れ、さらにその後ろに (88…8) が現れ、さらにその後ろに (6464…6464) が出て来る。
 (6464…6464) が現れると、それより後ろに (2424…24) が現れ、さらにその後ろに (88…8) が現れ、さらにその後ろに (6464…6464) が出て来る。
  :
 ループです。つまり、どこまで行っても、それより後ろに(6464…6464)という部分が必ず存在する。

 だから、「数列のある場所N項目から以降には6が一つもないような、そういうN」は存在しない。
 

> 隣り合う項をかけてその結果を数列の最後につけていくとします
> 2,7,1,4,7,2,8,1,4,1,6,...

> といった具合です。

どういう規則なのか、さっぱり分からんですね。もしかして、この例が間違っているんじゃないでしょうか?

 仮に、この例が間違いだとして、「隣り合う項をかけてその結果を数列の最後につけていく」をやってみると
27
2.714
27.147
271.474
2714.7428
27147.42828
271474.28288
2714742.828816
27147428.2881616
が正しいのだとしましょう。("."は掛け算をやった位置を表しています)

 さ...続きを読む

Qネクタイ ポールスミス バーバリー etc..値段は?

どれくらいなのでしょうか?ポールスミス、バーバーリーはいくらくらいでしょうか?1ばん安いねくたいでもやはり万はいくのでしょうか?他にいいブランドがあったら教えてください!23歳なんですけど!

Aベストアンサー

ポールスミス買いましたが、8000円くらいから結構ありましたよ。

Q何で数学I,II,III,IV,V,VIとか数学A,B,C,D,E,FじゃなくてI,II,IIIとA,B,Cなの

高校の数学についてのかなり阿呆な疑問なのですがなぜ数学I,II,III,IV,V,VIとか数学A,B,C,D,E,Fとかに統一しないで数学I数学A数学II学B数学III数学Cという風に区別されているのですか。
ところで自分はそんなに頭が良くないので優秀な回答を頂いても全く理解できない事も予想されます。
そういう場合は笑って許してください(汗)。

Aベストアンサー

>まーたぶん大した意味はないと思いますよ
ところが大ありなんですね。
既出の回答とも少し重なりますが,補足を兼ねてお答えしましょう。

現在の指導要領には次のような規定があります(来年の高校1年生から少し変わります)。
(1)「数学II」、「数学III」を履修させる場合は、「数学I」、「数学II」、「数学III」の順に履修させること。
(2)「数学A」については「数学I」と並行あるいは「数学I」に続いて履修させ、「数学B」及び「数学C」については「数学I」を履修した後に履修させること。
文部(科学)省は,「高校で数学を学ぶうえで中心(コア)となるもの」を易しいほうからI→II→IIIと配置し,それ以外をいわばオプションとしてA~Cとしたように思われます。

さらに,I~IIIとA~Cには非常に大きな違いがあります。

たとえば数学Iの内容は,もし学ぶのであればその内容(二次関数・三角比・場合の数・確率)を全部学ばないと,単位がとれません。数学II,数学IIIも同様です。
これに対して,数学Aは,数と式・平面幾何・数列・コンピュータの四単元からなっていますが,指導要領では「履修する生徒の実態に応じて、内容の(1)から(4)までの中から適宜選択させるものとする。」となっており,学校によって扱いはまちまちです。
コンピュータ(BASICのプログラミング)を省いている学校も結構ありますし,また参考書でも飛ばされていたりします。
(ところが入試だとプログラミングがある意味では一番易しいので,それを狙っていこう!という参考書もあったりします)
BやCも同様で,学校により扱いが異なります。

以上より,次のようなことが言えます。
たとえば,ある生徒が「学校で数学IIを習った」といっていれば,数学Iと数学IIの内容は全て授業でやっているはずです。
ところが,「数学Aを習った」というだけでは,実際に何を習っているかは分かりません。
このため,大学入試でも,数学A・B・Cはたいてい,それぞれの単元に対応する問題を並べておいてそのなかから選んで答えさせるようになっています。

No.2のカリキュラムは,1981年度に高校に入学した人までが学んだものです。
当時は,いわゆる受験校(進学校)の場合,おおまかにみて,
入試で数学を使わない人:「数学I→数学IIA」
数学を使う文系の人:「数学I→数学IIB」
理系の人:「数学I→数学IIB→数学III」
というパターンでカリキュラムを組んでいる学校が多かったように思います。
翌年登場したのが,「数学I」「基礎解析」「代数幾何」「確率統計」「微分積分」という科目分けで学んでいます。
その次(92年度入学者以降)に登場したのが現行のI~III,A~Cです。

>まーたぶん大した意味はないと思いますよ
ところが大ありなんですね。
既出の回答とも少し重なりますが,補足を兼ねてお答えしましょう。

現在の指導要領には次のような規定があります(来年の高校1年生から少し変わります)。
(1)「数学II」、「数学III」を履修させる場合は、「数学I」、「数学II」、「数学III」の順に履修させること。
(2)「数学A」については「数学I」と並行あるいは「数学I」に続いて履修させ、「数学B」及び「数学C」については「数学I」を履修した後に履修させること。
文部(科学...続きを読む

Qライオンマークのポールスミス??

ヤフーオークションでポールスミスを探していると
R.NEWBOLD(ポールスミス)って物がよく売っています。
で、マークはライオンのマーク(車のプジョーのマークに似ています)
が書かれています。
今までポールスミスのお店で見たことがない代物なので、
どういった経歴でポールスミスを名乗っているのか疑問に思って
質問しました!
別にバッタ物だとかは思っていないのですが、
上記の通りどのようにしてポールスミスなのか、
ポールスミスとの関係は?など疑問だらけです!
だれか教えて下さい!
あと、これのバックってブランド的にアリなのでしょうか?
ファッションに詳しい人教えて下さい!

Aベストアンサー

「R・NEWBOLD」とは、もともとはポール・スミスのシャツを作っていた工場ですが、1991年、この工場が経営難に陥ったことからポール・スミスに工場の買取を求め、成立したブランドです。
詳しくは下記正規サイトに説明されています。

参考URL:http://www.paulsmith.co.jp/collections/rnb_history.php?id=1&yr=2005ss

Qx1=(1,1,1),x2=(1,1,-1),x3=(1,-1,-1)をC^3の基底,{y1,y2,y3}がその双対基底でx=(0,1,0)の時,y1(x),y

[問] ベクトルx1=(1,1,1),x2=(1,1,-1),x3=(1,-1,-1)をC^3の基底とする。
{y1,y2,y3}がその双対基底でx=(0,1,0)の時、
y1(x),y2(x),y3(x)を求めよ。

という問題の解き方をお教え下さい。

双対基底とは
{f;fはF線形空間VからFへの線形写像}
という集合(これをV*と置く)において、
V(dimV=nとする)の一組基底を{v1,v2,…,vn}とすると
fi(vj)=δij(:クロネッカーのデルタ)で定めるV*の部分集合
{f1,f2,…,fn}はV*の基底となる。これを{v1,v2,…,vn}の双対基底と呼ぶ。

まず、
C^3の次元は6(C^3の基底は(1,0,0),(0,1,0),(0,0,1),(i,0,0),(0,i,0),(0,0,i))
だと思うので上記のx1,x2,x3は基底として不足してると思うのです(もう3ベクトル必要?)。

うーん、どのようにしたらいいのでしょうか?

Aベストアンサー

>C^3の次元は6(

これが間違え.
「x1=(1,1,1),x2=(1,1,-1),x3=(1,-1,-1)をC^3の基底」
といってるんだから,係数体はRではなく,C.

あとは定義にしたがって,
dualな基底を書き下せばいいだけ.
y1(x1)=1,y1(x2)=y1(x3)=0であって
v=ax1+bx2+cx2と表わせるわけだし,
v=(v1,v2,v3)とすれば,a,b,cはv1,v2,v3で表現できる
#単なる基底変換の問題.

Qメアリー・スミス

昔読んだ本で「ちいさな魔法のほうき」という本がありました。
この本の主人公はメアリー・スミスという名前で。この世で一番憂鬱なのは自分の名前がメアリー・スミスだということなのですが、なぜメアリー・スミスという名前がそんなに憂鬱なのでしょうか?

Aベストアンサー

記憶だけに頼って回答しますが、

確かメアリー・スミスって、

書類の記入見本に使われるような名前だったのではないかと。

日本でいうと「山田太郎/鈴木一郎」さんみたいな感じで。
#全国の山田太郎さん、鈴木一郎さん、ごめんなさいm(__)m。

Aベストアンサー

>所で、今回の問題は
「また、この線形方程式についての結果は何を物語っているか?」
とも問われているのですが
その答えは「∩[i=1,..,m]Ker(yi)の補集合の直交補空間の元を表している」と答えれば正解でしょうか?

●「この線型方程式」とあるが、どこに線型方程式があるのか僕には分かりません。

●意味・意義の解釈は種々にできます。これこそ自分の頭で考えるべきことでしょう。

●あなた自身が指摘してくれた通り、Vはもともと内積は定義されてないのですから、直交補空間をもちだすのは不適切です。内積を用いない解釈を、まずは求められていると思います。
もしも「直交補空間」という概念を用いるなら、どういう内積を入れるのか、書かねばなりません。(僕が「修正」でそうしたように)

●しかしどんな内積を入れたとしても、「「∩[i=1,..,m]Ker(yi)の補集合の直交補空間」は、yiがすべてゼロ写像ならば、V。そうでなければ、{0}になります。(よく考えて見ましょう)

●僕ならば、「この結果は、残念ながら言葉を話せないので、何も物語ることができない」と答えます。
ほとんど自明な結果であり、大した意味があるとは思えませんので、皮肉として。

以上。あまり人にばかり聞かず、自分でよく勉強することを勧めます。
おそらく同じ学校のメンバーがよく問題を丸投げしているので、しばらく答えるのは控えようと思います。

>所で、今回の問題は
「また、この線形方程式についての結果は何を物語っているか?」
とも問われているのですが
その答えは「∩[i=1,..,m]Ker(yi)の補集合の直交補空間の元を表している」と答えれば正解でしょうか?

●「この線型方程式」とあるが、どこに線型方程式があるのか僕には分かりません。

●意味・意義の解釈は種々にできます。これこそ自分の頭で考えるべきことでしょう。

●あなた自身が指摘してくれた通り、Vはもともと内積は定義されてないのですから、直交補空間をもちだすのは不適切です...
続きを読む

Qポールスミスの対象年齢どないなっとんねん。

ポールスミスの対象年齢どないなっとんねん。


流行のファッションにうとい23歳の男です。

ポールスミスの長財布を買おうかなと考えている所存でありますが、

ポールスミスって最近高校生とかでも持ってるじゃないですか。

だから、この歳でスミスポールはちょっと変なのかなと、

下らないことで悩んでしまっている哀れなノッポですorz

20代でも財布でポールスミスはOKなのでしょうか?

教えてくださいましm(-_―)m

Aベストアンサー

 
PSでもマルチストライプは誰が見てもPSのものだと分かるデザインですし、財布の表側あるいは内側に写真やイラストが熱転写プリントされているものもPS以外ではあまり見かけないものだと思います。なので、ぱっと見てPSと分からないさりげない感じと言いますと、PSで言えば単色レザーにステッチが色付きのモノくらいしか見当たらないのですが...
 
財布で主張しすぎずさりげないってのはなかなか難しいですよね。
きっと質問者様が言う”逆にさりげなくナイ”感じってのはヴィトンだったりそーゆーいわゆるハイブランドだと察するのですが、フォーマルでも使えて、カジュアルでもイケるブランドって考えたらPSはかなり無難と思います。熱転写加工は決して丈夫とは言えないですが、値段も考えれば一生物ってことも無いと思います。
 
 
VOTTEGA VENETA
BURBERRY Black Label
DIESEL

あたりが他に考えられる選択肢ですかね...
DIESELフォーマルはちょっと厳しいかも分からないですが...

Q(i)spanX=V ならば x∈V,x=Σ[i=1..n](xi),(ii)x∈V,∥x∥^2=Σ[i=1..n]||^2ならばXは完

お世話になっています。

[Q]X={x1,x2,…,xn}を内積空間Vの正規直交集合とせよ。この時,次の(i),(ii)を示せ。
(i)spanX=V ならば x∈V,x=Σ[i=1..n](<x,xi>xi)
(ii)x∈V,∥x∥^2=Σ[i=1..n]|<x,xi>|^2ならばXは完全

完全の定義は「正規直交集合Xが完全とはVの中での最大個数の正規直交集合の時,Xを
完全と言う」です。
つまり,#X=max{#S∈N;(V⊃)Sが正規直交集合}を意味します。

証明で行き詰まっています。

(i)については
x∈Vを採ると,spanX=Vよりx=Σ[i=1..n]cixi (c∈F (i=1,2,…,n))と表せる。
これからΣ[i=1..n](<x,xi>xi)にどうやって持ってけばいいのでしょうか?

あと,(ii)についてはさっぱりわかりません。
何か助け舟をお願い致します。

Aベストアンサー

>x=Σ[i=1..n]cixi (c∈F (i=1,2,…,n))と表せる。
<xi,x>を計算すれば終わり

>(ii)についてはさっぱりわかりません
「任意の」x∈Vに対して
∥x∥^2=Σ[i=1..n]|<x,xi>|^2
ならばXは完全

x1,...,xnとは異なるyをとり,
x1,...,xn,yが正規直交であると仮定する.
||y||^2 = Σ[i=1..n]|<y,xi>|^2を計算すれば
矛盾がでてくる.


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報