法規集というものが必要になったのですが会計法規集と消費税法に必要な法規集って違うのでしょうか?消費税法規集と言うものがあるのでしょうか?

うっているとしたらやはり大きな書店でないとだめですよね?どうかよろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

会計法規集は企業会計原則など、会計に関する法規集で、消費税などの法規は、税法が収録されたもので、別の物です。



税務経理協会
図書目録をご覧ください。
http://www.zeikei.co.jp/

参考URL:http://www.zeikei.co.jp/
    • good
    • 0
この回答へのお礼

やはり別物なんですね?ありがとうございました。

お礼日時:2001/09/16 06:43

あります。

会計法規集とはまったく異なります。ですが必要無いと思います。

法規集は専門学校などでも売られていますが、必要な理論をまとめた本も同じく売られています。そちらを購入なさった方が効率的かと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。助かりました。参考書を探してみます。

お礼日時:2001/09/16 06:43

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q会計法規集は何版?

 今年の会計士試験で、会計法規集は第何版を使えばいいんですか?
あと短答まで2ヶ月なのでそろそろ読み込みを開始したいのですが、第何版を使えばいいのか分かりません。

Aベストアンサー

こちら

http://www.bk1.co.jp/product/2714004?partnerid=02goo03

Q私ってバカ?なんて難しい税理士試験・消費税法・理論問題。

現在、税理士を目指して消費税法の勉強中なのですが中々理論が覚られません。
テキストが30の項目に分かれていてそれを全部覚えなければならないのですが
一項目(2ページ)覚えるのにとても時間がかかります。また、覚えてもすぐに
忘れるので覚え直しにまた時間がかかりどうしても完璧に覚える事ができません。
先生は1項目覚えるのに3時間でできるとおっしゃるのですが私はその三倍はかかります。まだ20代でそんなにもの覚えが悪いとも思えないのですが、やはり税理士試験は私の頭では無理なのでしょうか?親は4大出てるんだから大丈夫というのですがちょっと最近滅入ってます。先生が無理難題を言っているのか?私の頭が悪いのか?皆さんの経験と良い勉強方法をお教えください。お願いします。

Aベストアンサー

こんにちは。消費税法の理論の暗記は確かに大変ですよね。でも、おそらく税法の受験者は皆同じ事に苦しんでいるはずです。あなたが頭が悪いということは無いと思いますよ。ところで、消費税法の受験は初めてですか?今の時期、私はそんなに完璧にこだわらなくてもいいと思います。極端な話し、()書きを飛ばして大まかな概要をつかんで、徐々に穴を埋めていってはどうですか?本試験で時間が無い時などはあえて()の中を書かないといった受験テクニックもありますよね。最終的には勿論覚えた方がいいですけどまだそんなに焦ることなく時間をかけて理解しながら進めていったほうが試験前に実力になっていると思いますよ。人の3倍時間がかかってもいいと思いますよ。そもそも1項目3時間という根拠はなんですかね?
あと、もう一つ言わせてもらえれば、やはり理論暗記は声に出すべきだと思います。私は、理サブを風呂の中に持ち込んで湯船の中でブツブツ言ったり(本はボロボロになりますが・・)、山手線の中でブツブツいいながら2周した事もあります。手段は人それぞれですが、声は出した方がいいと思います。また、消費税法は似た言い回しの理論がありますよね。勉強を進めていけば分かると思いますが、そのときは「得した」と感じると思います。(簡易課税と課税事業者選択届出書や、調整対象固定資産の転用と変動など)これは、私の個人的な意見なんですが、大原の理サブは簡潔にまとまっていて覚えやすかったと思います。余談ですが、消費税は他科目に比べて範囲が狭いので、消費税2年生とか3年生は全部覚えてくるのがあたり前、また最近は個別理論ではなく、複合的な理論問題が出題されていますよね。だから消費税全体の内容を理解しなければ対応しきれない問題も多いです。やはり、今の時期は焦らず内容を理解しながら少しずつ、繰り返し、根気よく頑張っていってください。周りは皆同じ事で悩んでいるので、「自分だけ」と考えないほうがいいですよ。先は長いですから。お互い頑張りましょう。

こんにちは。消費税法の理論の暗記は確かに大変ですよね。でも、おそらく税法の受験者は皆同じ事に苦しんでいるはずです。あなたが頭が悪いということは無いと思いますよ。ところで、消費税法の受験は初めてですか?今の時期、私はそんなに完璧にこだわらなくてもいいと思います。極端な話し、()書きを飛ばして大まかな概要をつかんで、徐々に穴を埋めていってはどうですか?本試験で時間が無い時などはあえて()の中を書かないといった受験テクニックもありますよね。最終的には勿論覚えた方がいいですけどま...続きを読む

Q株で独立したいのですが、税理士を雇う場合、やはり株を専門とする税理士を雇った方がいいですか?

株で独立したいのですが、税理士を雇う場合、やはり株を専門とする税理士を雇った方がいいですか?

Aベストアンサー

株で独立って?
投資家になるという意味?
独立という言葉はふさわしくないように思いますが?投資家の方々では普通なんでしょうかね。

税理士を雇う?
税理士を雇うような人や経営者って、ほとんど聞きませんよ。

税理士を雇うのは良いですが、年収数千万円などとなるような税理士を雇うわけですから、それ以上の給料を払えるのでしょうか?
税理士と顧問契約などをしたとしても、雇用することはまずないでしょう。

株を専門にする税理士って、投資家である税理士ということですか?
株式投資などの申告などを専門にする税理士ということでしょうか?
あまり聞きませんね。

わかりやすい説明をしないとよいアドバイスも得られませんよ。
優秀な税理士であっても、依頼者の期待に応えるためにはわかるまで説明を求めますよ。

Qネット接続なしのPCでで会計法規を参照できる、安価な電子データ商品はありますか?

【質問】

ネットに接続されていないPCで、会計関連法規を参照できる安価な電子データ商品を教えてください。

【質問の背景】

平成21年の税理士試験を受験予定です。受験科目は簿記論と財務諸表論です。資格予備校の通信教材をつかっていまして、通信教材は講義を録画したDVDと、製本された印刷物の教科書に問題集です。

普段は仕事から帰宅後に自宅の机で教科書を開き、PCでDVDを見ながら受講しています。この環境ですと、棚から会計法規集(中央経済社、1890円)を取り出して根拠条文を確かめたり、すっきりしない論点をネットで検索して解決したりと、短い時間や限られた機動性をある程度カバーできています。

幼い子供が学習スペースに乱入してくる障害はたびたび発生していますが、PCの操作をすれば画面の中の先生は授業を中断してくれますし、少し前のところからもう1回講義を繰り返してもらうこともできるので、それは大きな問題ではありません。こういう機会には「よしよし」と適当に子供の機嫌をとり、家内に「俺は仕事も家庭対応もキチンとこなしているぞ」と恩を着せておいて、週末は朝から図書館へ逃げ込みます。
今日はもう10時をまわってしまいましたが、この質問を投稿したら、とっとと図書館へ向かいます。

週末、勉強のためだけに出かけるときはノートPCのほか、教科書や法規集も抱えて出歩くのを厭う理由はあまりありませんが、出張のときはけっこう厳しい。荷を減らせるかぎり減らしておかないと、仕事に差し支えます。このため、PCとDVDだけは持っていくこととし、印刷物の教材はスキャンしてPCのハードディスクに保存したものを参照しながら、隙間の時間に学習しています。やや不自由な環境ですが、勉強しないよりはずっといい。

問題は「会計法規集」です。出張の荷物に入れるのは困難です。スキャンしてPCに入れておくのも、現実的でない。PDFファイルかなにかで出版社から販売されていればいいんですが、その様子がありません。

なにか電子的な参照方法を探してみたところ、日本公認会計士協会編、第一法規社の「税務・会計法規CD-ROM」が期待に応えてくれそうなかんじのものとわかりました。ただし、値段が75,600円で、値段が厳しい。

PCのモバイルネット接続は経費節減とセキュリティ確保の都合から当家では廃止しておりまして、出先ではネットなしとしています。第一法規社のCDは税法や判例など、当面の学習には喫緊でない内容も含まれているようで、当方には高すぎ、そして大部すぎます。現在の学習に必要な部分のみでよいので、電子データを安く入手したいと望んでいます。中央経済社の本は1,890円なんだから、電子データにしても、せめて5,000円か10,000円くらいまでで売ってほしいものですが。。

【質問】

ネットに接続されていないPCで、会計関連法規を参照できる安価な電子データ商品を教えてください。

【質問の背景】

平成21年の税理士試験を受験予定です。受験科目は簿記論と財務諸表論です。資格予備校の通信教材をつかっていまして、通信教材は講義を録画したDVDと、製本された印刷物の教科書に問題集です。

普段は仕事から帰宅後に自宅の机で教科書を開き、PCでDVDを見ながら受講しています。この環境ですと、棚から会計法規集(中央経済社、1890円)を取り出して根拠条文を確かめたり、...続きを読む

Aベストアンサー

目的に合うかどうかはわかりませんが、こちらで用が足りればフリーです。
法規集ではなく個別の法規ごとです。

ApBooksというアウトラインプロセッサーで作成されていますので、書き込み等は無理ですし、ちょっと慣れが必要かもしれませんが。

関根稔弁護士のHP
http://homepage1.nifty.com/msekine/

Q所得税の改訂について。

昨年使用していた教科書を使用して、税務会計能力検定の所得税法2級を受けようと思っています。
過去問をいくつかいただいて、解いていたのですが・・・ところどころ違うところがでてきました。
まずは・・・
老年者控除がなくなっていたこと。
寄付金控除のパーセントが30%になっていたこと。
青色申告特別控除の金額が65万円になっていたこと。
課税長期譲渡所得金額で、引く金額がなくなったこと。
その他いろいろ変わっていたのですが、1つよくわからないことがありました。
それは、配偶者特別控除です。過去問には、配偶者特別控除の欄はあったのですが、改訂されたものにはなくなっていました。
配偶者特別控除はどのような改訂があったのでしょうか?教えていただけないでしょか。よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

配偶者控除と配偶者特別控除のダブルの控除ができなくなりました。
詳しくは下記のサイトで確認してください。

参考URL:http://www.nta.go.jp/category/pamph/gensen/4286/01.htm


人気Q&Aランキング

おすすめ情報