アメリカは世界の警察って自分で言ってるんですか?
それとも他国がそう評価してるって事ですか?

又アメリカは本当に世界の警察としての役目を果たしているんでしょうか?
警察というからには公平でなければいけないと思うんですが、アメリカはどうも自国の国益の事しか考えてないような気がするんですが・・。国益を前提に動いているという気がします。
先日テレビでチベット問題のことを見たのですが、仮に世界の警察ならば何故チベット問題に介入しないのでしょうか。相手は中国だからですよね?

しかし、他国が干渉したがらない問題にも積極的に関わっていくことからして、やはり世界の警察なんでしょうか?

また、戦争ってアメリカにとって利益になるんでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (6件)

はじめまして。


「いいえ」アメリカは自分で世界の警察だなんていっていません。もちろん公には、という条件がつきますが。というのはすべての人の意見を聞いたわけではありませんので。
そして、他国がそう言っているのは、特に日本でいわれているのを良く聞きます。
そのときの表現は決まって「アメリカは世界の警察を気取っている」日本のマスコミがいっているだけのような気がします。
今回の事件でCNNをかけっぱなしにしていますが、やはりアメリカはそんなことをとくに表現していなかったように思います。
また、十数年前に、何がしかの大切な協議会が日本で開催されたときに、アメリカの代表者はこれでもか、というほどに「日本は自国を自分自身で守るべき時期にきている」と、防衛の話を議題にしていました。
しかし日本には、いまだにそんな力はなく、アメリカに守ってもらわなければ安心して国民が生活していけない状況です。もちろん経済活動についてではなく、主に「防衛」に関してではありますが。
だから日本の人たちは自覚が少なすぎるのでしょう。現実を受け入れずして「米軍出て行け」では、昔のフィリピンと同じです。そして今フィリピンがどんなであるかは、ごらんの通り。
アメリカは世界の警察なんかではありません。彼らはそんな他人のことを考えるより、自国の問題解決を優先したがっています。しかし、周りがそれを許さない状況にしているように思います。
というのは、世界のどこかで何かが起これば、もちろんアメリカもそれについては考慮するでしょう。そして、その地域での解決がどのようになされているかは気になるところでしょう、だれしもが。そして、間違った方向に向かえば、影響の範囲にもよるでしょうが、正さなければ飛び火する、または、その地域だけの問題にとどまりそうもない場合、何とかしようとするでしょう。
今回のテロ事件でも、少なくとも表面上わかるのは、各国が言っていますが、アメリカだけの問題ではない、と感じることが大事である。民主主義全体にかかわる事柄なのだ、と。
これは元来アメリカの考え方です。自分たちだけの、あるいは、あの地域だけの問題ごと。そのようには考えません。日々色々な話題について議論するよう、小さな頃から教育されている彼らは、色々な話題について子供たちですら議論しています。
他人のことも自分たちに置き換えて、現実の事件を彼らなりに処理しています。直接手や口を出すか否かは別として。
ですから、全然世界の警察ではないのです。どちらかというと陪審員かな。しかし、そんなことだって彼らは言ってませんよ、一言も。
    • good
    • 0

ども、始めまして。


アメリカが「世界の警察」といわれるのには、強い反感を覚えます。
アメリカは、自分の国に利益がないかぎり、世界の紛争に手はだしません。
手を出す時は、きまって「ジャスティス!!ジャスティス!!」呆れてしまいます。
正義をかたり、大義名分を自分で作り上げ、国益、大統領の支持率をあげるため等に戦争を起こしていると思っています。
アメリカは、10~15年に一度は戦争しないと景気の問題がしょうじるという話もあるくらいですから。
湾岸戦争から、10年、いい機会だと思っているのでしょう。
FBIもテロの情報を前もって入手してたのに、何もしてないのは、ブッシュの欲でしょうね。
テロで亡くなった方達は、ある意味、自分の国家の指導者に利用されたに過ぎないような気がしてなりません。
中東和平もアラブ側とは、接触してないようですしね、ブッシュは。
作戦が見え見えじゃないですかね~?
自分の利益のために、国民を犠牲にできる指導者を持ったアメリカという国は、それでも、その指導者を支持できるんですから感心して何もいえないっすね。本当。
それに、着いてく指導者をもったわが国同様に・・・・。
    • good
    • 1

あなたのご質問でも、疑問に感じられているように、日本という「神聖不可侵の日本国憲法」と「平和ボケ」の国で、生まれたときから教育を受けてきた私たちは、アメリカの発言や行動に驚くことがしばしばです。

でも、それが「世界の常識」であり、「日本の非常識」なのです。

アメリカは決して世界の「警察」ではありません。むしろ世界の「暴力団」です。つまり、自分たちの利益や考え方や価値観に反対する者(国・集団)に対しては、「武力」で押さえつけ、自分たちの都合の良いように仕向けて行くのです。私たちもその犠牲になっています。今の日本は事実上、アメリカの占領下にあります。最近の沖縄での事件と、それに対する日本の弱腰をご覧になればお分かりでしょう。

さて、アメリカ人に限らず、欧米の国家指導者は、自国民を含めて「人が死ぬ」「人を殺す」ことを、何とも思っていません。もちろん、口では「深い哀悼の意を表します」「強い憤りを感じます」とは言いますが、あなたも十分ご承知のように、口では何とでも言えます。

「人命尊重が第一」などという耳ざわりの良い言葉を信じているのは、日本の政治家だけです。

もし日本で、580人が乗っているジャンボ機がハイジャックされて、犯人が操縦していることがわかったとします。これが、都心めがけて突っ込んでくる状況のとき、日本の総理大臣は、自衛隊に対して、この「580人が乗っている飛行機を撃墜せよ」との命令が出せますか。何万人もの犠牲の可能性を防ぐためですら、「580人の『何の罪もない市民』を殺せ」と言えると思いますか。このあたりが、欧米と日本の違いです。

つまりアメリカは、あなたも感じていらっしゃるように、自国の国益しか考えていないのです。もっとはっきり言わせてもらいますと、「ブッシュ政権の利益」のためなら、外国人はもとより、自国民が何万人死んだとしても、「罪」の意識などないのです。

今回のアメリカでの同時テロも、アメリカの諜報機関は、事前に情報を得ていました。だから、事件後あんなに早く容疑者を特定できているのです。

そして、テロへの徹底的な報復という「大義名分」を作りあげて、「戦争」を始めようとしています。お分かりですか?アメリカは、「戦争をしたい」のです。

戦争への準備は、ブッシュが大統領に当選したときから始まっています。国務長官のパウエルは、湾岸戦争での最高司令官でした。最も血なまぐさい軍人を、国務長官(外務大臣)に就任させています。そして、副大統領のチェイニーは同じく湾岸戦争当時の国防長官でした。つまり、ブッシュの側近中の側近は、最高の軍事専門家で固めているのです。

では、どうしてアメリカは、戦争をしたいのでしょうか。

それは、戦争によって軍需産業をてこ入れすることで、このところのアメリカ景気を押し上げるのです。そしてそれよりも、こうした軍需産業に利益を与えることで、ブッシュの政権基盤を資金面でより強化するのです。

一方、アメリカは「戦争」となると与野党を問わず一致団結する習性があります。これをブッシュ政権は「利用」しているのです。あなたもご承知のように、大統領選挙の過程で、実質的には対立候補の「ゴア」に敗れたブッシュですから、この「戦争」を仕掛けることで、頼りになる大統領を演出するのです。

その「演出」のためには、上にも書きましたが、国の内外で何万人の「罪もない一般市民」が犠牲になろうとも、欧米の国家指導者に「罪」の意識などありません。

そして、「戦争」をより正当化するために、アメリカ人のみならず、世界中が「報復もやむを得ない」と考えるように仕向けたのです。

その結果は、見事なほどです。世界の経済とアメリカの繁栄の象徴である、あのニューヨーク・マンハッタンの、しかもそのシンボル的な存在である世界貿易センタービルへ、世界中の人が見ている前で、ハイジャック機が突っ込んでくれたのですから、これ以上の効果はありません。

これが、あなたのご質問にある「戦争をすることによる利益」です。
    • good
    • 2

>アメリカは本当に世界の警察としての役目を果たしているんでしょうか?



アメリカの利益に照らして 考えればそうなります。『正義?が大好きな国』ですから。

>警察というからには公平でなければいけないと思うんですが、アメリカはどうも自国の国益の事しか考えてないような気がするんですが・・。国益を前提に動いているという気がします。

警察は公平ではありません。日本でもそうです。体制とその利益を守るために存在するのです。

>先日テレビでチベット問題のことを見たのですが、仮に世界の警察ならば何故チベット問題に介入しないのでしょうか。相手は中国だからですよね?

おっしゃるとおりだと思いますし、『体制を維持するための危険因子は認めたくない』と言う意味で、中国ばかりではなくロシアも含めて、利害は概ね一致していると思います。

>しかし、他国が干渉したがらない問題にも積極的に関わっていくことからして、やはり世界の警察なんでしょうか?また、戦争ってアメリカにとって利益になるんでしょうか?

人類の歴史から言って世界制覇を成し遂げた国はありません。が、現在のアメリカはそこにそこに最も近づいていると思います。
日本などは完全に属国の有様で、根幹の食料でさえも意のままにされつつあります。
ヨーロッパでは日本ほどではないにしても、それに近いものがあり、冷戦構造がアメリカの勝利で崩壊した後、アメリカには奢りにも似た自信がみなぎっているようです。
さて、ここで問題になるのは冷戦を支えてきた軍隊及び軍需産業です。アメリカの政治に影響力が強いのは、ユダヤロビーと軍需産業ロビーであることは周知のことですが、
これらを維持しなければ、アメリカの経済は行き詰まってしまいます。アメリカは資本主義の本家であるが故に、その本質である『飽く事なき欲求』を満たし続けなければならないのです。
以上の点から以下の結論となります。
『アメリカは戦争を必要としている』
いずれにしても、今回イスラム世界との対立をさらに鮮明にすれば、今後の世界はさらに混沌とした不透明なものになる可能性が大きく、このことは人類にとって不幸なことには違いありません。
    • good
    • 1

自分で言っているので、他国もそう言っていると考えていいと思います。


(歯切れが悪い言い方ですが、証明できないから・・・)

>本当に世界の警察としての役目を・・
とりあえず、たいていのもめ事には一枚かんでますね。
しかも、ソ連のように崩壊しなかったから・・

>戦争ってアメリカにとって利益になるんでしょうか?
米国人は「正義を行う」という題目に弱く、大統領は支持率向上します。ベトナムは、失敗だったけど。
政治的には、兵器産業のロビイストは多いし(参考:ブレイディ法の難航時代)、経済的にはIT暴落を回復するきっかけになります。

しかし、今現在、利益のことまで考えている米国民は、ごく少数で、自国民大量殺戮の恐怖とテロへの怒りを最大限に発散できるはけ口として「戦争」を考える人が多いのではないでしょうか? むしろ、一種の「義務感」をもっているかもしれません。
    • good
    • 0

アメリカが自分で言っているだけです。


他国が干渉しないから積極的にかかわって行くのでなく最終的には自国の利益です。

アメリカが警察のつもりでも相手の国は余計な、お世話内政に干渉するなと
言う国も幾つもあります。

総ての国は自国の国益を優先します。そのために少しでも自国に有利になるように
外交で駆け引きをし自分の味方を増やします。

味方の国が増えると国際世論として通用させます。チベットの問題は現在
アメリカの国益を余り損ねないから介入なしです。

国連が世界世論の形成場所。ここで多数の賛成を得れば我は世界の警察と言って
出て行きます。

戦争はアメリカの利益とは言えませんが、皮肉に考えれば戦争により利益を得る
企業、(軍需産業)が儲かり国に多く税金を払えば国として利益かも知れません。

どこの国にも戦争に反対する人はいます。これらの人々が増えると国内の世論が
戦争を忌避しその時の政権を倒します。

戦争は人間の持つ闘争本能の変化したものと考えます。全面戦争は無くても
局地の戦争はあるのではないでしょうか。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q全共闘の時代の警察の役目について

全共闘の時代の警察の役目についておしえてください。

(1)公安警察と警備警察、どちらの刑事も学生運動の取り締まりにあたっていたと思いますが
 この二種類の刑事にどのような区別があったのでしょうか?

(2)「私服」と呼ばれていた刑事は公安のことを指すのですか?

(3)公安は過激派の議長(リーダー)レベルの学生を追いかけていたのだとすると、
 警備警察の刑事は、学生をデモなどで取り締まる以外に
 例えばアジトへ捜査に行くことなどはあったのでしょうか?
 具体的にどのようなことをした(された)のか知りたいです。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

80年代(ちょっと時期が遅いですが)、取材などであるセクトに関わったことがあります。そのときの知識から

(1) 取り締まりに当たるのは所轄の刑事(ローラー等)と機動隊(デモや破壊活動の取り締まり)です。俗に言う公安の主な仕事は情報収集でした。集会などの時は出入り口で写真を撮っていましたから、防止、マスク、サングラスは欠かせませんでした。なお、身柄を押さえられた後の取り調べ等の関しては経験が無いので不明。私の知っている範囲では、完黙→支援弁護士が引取というのが一般的な流れだったようです。

(2) 私服は一般の刑事で、公安は公安と呼んでいました。隠語もありましたが、それを書くのはは控えます。

(3) メンバーであれば全て行動を押さえようとしていますよ。上の方は偽名で活動していますが、下っ端は実名で普通に生活していますからそういうところからポロが出ます。会館などへの立ち入りには機動隊が同行してきますが、これは騒擾防止が目的で、暴れなければ周囲を警備するだけで手は出しません。また、大概は名目が別件ですから、前面に出るのは所轄警察ですが、公安っぽいのも同行してくるそうです。

80年代(ちょっと時期が遅いですが)、取材などであるセクトに関わったことがあります。そのときの知識から

(1) 取り締まりに当たるのは所轄の刑事(ローラー等)と機動隊(デモや破壊活動の取り締まり)です。俗に言う公安の主な仕事は情報収集でした。集会などの時は出入り口で写真を撮っていましたから、防止、マスク、サングラスは欠かせませんでした。なお、身柄を押さえられた後の取り調べ等の関しては経験が無いので不明。私の知っている範囲では、完黙→支援弁護士が引取というのが一般的な流れだったようです。...続きを読む

Qアメリカがチベット、台湾の独立を認めたらどうなるでしょう?

今のところありえない話ですが、アメリカが台湾、チベットの独立を認めたらどうなるでしょうか?アメリカが認めるということは、それに続いて日本、ヨーロッパ諸国も独立を認めると思います。そうなると中国どこかの国に戦争をしかけてくる可能性は高いでしょうか?もしくは武力ではなく、輸出入で制裁をかけてくる可能性が高いでしょうか?

Aベストアンサー

アメリカと盟友であるはずのオーストラリアは、前首相のハワードの時に、台湾は中国の一部であるとする「ひとつの中国」概念を支持すると言ってしまいました。ハワードは、日米にとって台湾の独立性が安全保障上で重要なテーマであることを分かっておらず、天然資源をどんどん輸入してくれる中国にリップサービスをしてしまったのです。ハワードの愚行について語り始めるときりがないのですが、状況を分かっていないくせに同盟国であるはずの日米と全く異なる行動をし、それを気にしていないという困った人物で、良識派オーストラリア人から国の恥だとまでいわれていました。この例を見れば分かるとおり、アメリカが1国家の独立を認めたからといって、他国が次々と追従するわけでもありません。昨今独立宣言をしたコソボの場合、アメリカは国家として承認していますが、それに従う国は、今のところ聞いたことがありません。

台湾についてはわざわざ国家として承認するより、現状のあいまいなままのほうがアメリカにとっても都合が良いのです。アメリカだって本気で中国と戦争をする気などありませんかたら。もし台湾の独立をアメリカが認めた場合ですが、中国にとっては、わざわざ戦争や経済制裁をする必要などありません。中国は国連の場で本件を議論として提起し、「台湾の独立は認められないとの声明を出そう」と言い出せば、他国が反対して対抗声明案を出してきたとしても、常任理事国の特権で拒否権を使うことができるからです。現実問題、中国と台湾は経済的には交流が深まっており、それを止めてしまうデメリットは中国もよく理解していると思います。よって、経済制裁という方法も通用しませんし、中国一国で台湾に経済制裁をかけても、東南アジアの華僑ネットワークや日本との間で取引が活発化している経済情勢を止めることはできず、むしろこの華僑ネットワークを活用したほうが経済的には特であるというくらいの計算はすることでしょう。

チベットの場合は、上記の国連での拒否権行使作戦を使うと、新興国で日本とならんで常任理事国入りの候補であるインドとの関係が悪化する懸念があり、インド・中国間の争いという恐ろしい事態をまねく可能性があります。中国としても、安易には米国によるチベット独立支持に対抗することが出来ないと思います。チベットは台湾と違い、ダライ・ラマ14世という、まれに見る素晴らしい指導者を持っており、本質的には宗教家でありながら国際政治を理解し、中国・インド・アメリカ・日本といった大国間の政治力学を利用して、自分たちにとって有利な世界世論を作り上げるというスタイルの行動をとりますので、アメリカがチベット独立を支持し、中国政府がそれに対して武力弾圧も辞さない強硬姿勢で臨んだ場合、ダライ・ラマ14世の発言力により、中国は世界中から非難の嵐を浴びることになるでしょう。

アメリカと盟友であるはずのオーストラリアは、前首相のハワードの時に、台湾は中国の一部であるとする「ひとつの中国」概念を支持すると言ってしまいました。ハワードは、日米にとって台湾の独立性が安全保障上で重要なテーマであることを分かっておらず、天然資源をどんどん輸入してくれる中国にリップサービスをしてしまったのです。ハワードの愚行について語り始めるときりがないのですが、状況を分かっていないくせに同盟国であるはずの日米と全く異なる行動をし、それを気にしていないという困った人物で、...続きを読む

Q自国は自国で、己の命は己で、守る、これが当然では?

自分の国は自分で守る、だから、自衛隊というよりは、それは国防軍…。
それなら、
自分の命は自分で守る、だから、"銃刀法"などナンセンスで何これ?
自由に銃も刀も所持OK・自己防衛、自分の命は自分で守る…。
この方が、
命を失う人の数は、確実に減るのでは、少なくとも理不尽には…。
そりゃそうでしょう、皆が皆、銃や刀を防御的に常に携帯していることが通常且つ普通の状態であれば、仕掛ける側の犯罪者、これは相当的に圧倒的に減る…、これ当然の成り行き、どう考えても、そうなること確実と思いますが…。
どうなんでしょう、教えてください。
余りにも、能天気な、日本人、ここは思い切って法律を考えた方がいいのではないでしょうか。
というよりは、そうすべきではないでしょうか?

Aベストアンサー

国家と個人を同じレベルで論ずるのは無理でしょう。


”皆が皆、銃や刀を防御的に常に携帯していることが通常且つ普通の状態であれば、
仕掛ける側の犯罪者、これは相当的に圧倒的に減る…、
これ当然の成り行き、どう考えても、そうなること確実と思いますが…。”
    ↑
米国は、それに近い国ですが、結果は正反対ですね。
人間は、被害者にもなれますが、加害者にもなれるのです。


”余りにも、能天気な、日本人”
    ↑
これは同意です。
防衛を米国に委ねているから、お粗末な政治、外交
しか出来ないのです。
米国の顔色を伺う政治しかできないのです。
北みたいなショボイ国に、国民を拉致されても何も
できない国になってしまったのです。
中国に怯えるだけの国になりはてたのです。

米国など頼りになりません。
竹島や北方領土が侵略されても、米国は動きませんでした。
中国と手を組んで、国連から台湾を追い出しました。
いざとなったら、日本などどうなるか解りません。

自国防衛は自国でやるしか無いのです。
TPPに例え反対でも、米国が強く希望すれば、日本に
選択肢は無いのです。

フランスが核武装した時にドゴールが言いました。
「これでやっと米国の鎖から逃れることができる」


”ここは思い切って法律を考えた方がいいのではないでしょうか”
    ↑
法律よりも憲法を変えるべきです。

国家と個人を同じレベルで論ずるのは無理でしょう。


”皆が皆、銃や刀を防御的に常に携帯していることが通常且つ普通の状態であれば、
仕掛ける側の犯罪者、これは相当的に圧倒的に減る…、
これ当然の成り行き、どう考えても、そうなること確実と思いますが…。”
    ↑
米国は、それに近い国ですが、結果は正反対ですね。
人間は、被害者にもなれますが、加害者にもなれるのです。


”余りにも、能天気な、日本人”
    ↑
これは同意です。
防衛を米国に委ねているから、お粗末な政治、外交
しか出来ないの...続きを読む

Q自衛隊配備すると他国から攻撃されるんですか?

自衛隊配備反対派の活動をいろんなところでみます。街頭やスーパー前に立って署名活動したり、スピーカーでいろいろ言ってます。
自衛隊配備を反対する理由はなんなんでしょうか?

署名を求められましたが、「自分は大阪から来た」と言われました。
わざわざ県外の問題に、県外の人が活動する理由もよくわかりません。

米軍基地反対は、反対活動してる人はやりすぎかな?と思うのですがなんとなく理由はわかる気もします。聞いた話では、米軍の人のおいたや、それに関した法律がちゃんとしてない、海を開拓してサンゴ礁を破壊しようとしてる?、騒音問題とか?…とか。
でも、基地があるから雇用も増えたり経済的な面ではメリットあるし、でも基地があったら他国から攻撃されるのかな?とか怖い、とぼんやり考えてます。

賛成派の人見掛けます。自衛隊配備賛成というTシャツ着たおじさんを見掛けました。
わたしは行ったことないですが毎年ある自衛隊の音楽?イベントにも私の友達は楽しそうに行くし、わたしの周りには反対派はいません。
自衛隊の音楽?イベントにも反対派の人がやって来て、ビラ配ったりいろいろしてると友達が言ってました。

「自衛隊は音楽するだけじゃない、惑わされるな」的なことを署名を求められた時に言われました。

災害の時 自衛隊の人 頑張ってるし好印象ではありましたが、自衛隊配備で何かデメリットがあるんでしょうか?それとも、とんでもない悪事をしてるとか?
他国から攻撃されるんでしょうか?それだったら怖いので反対しますが…。

無知ですみません、わかりやすく教えてください!

自衛隊配備反対派の活動をいろんなところでみます。街頭やスーパー前に立って署名活動したり、スピーカーでいろいろ言ってます。
自衛隊配備を反対する理由はなんなんでしょうか?

署名を求められましたが、「自分は大阪から来た」と言われました。
わざわざ県外の問題に、県外の人が活動する理由もよくわかりません。

米軍基地反対は、反対活動してる人はやりすぎかな?と思うのですがなんとなく理由はわかる気もします。聞いた話では、米軍の人のおいたや、それに関した法律がちゃんとしてない、海を開...続きを読む

Aベストアンサー

>自衛隊配備を反対する理由はなんなんでしょうか?

何かに不満を持つ人々(団体)が、発露すべき理由を探しているだけのように見えます。彼らは自衛隊や米軍に反対している振りをしますが、自身の主張を効果的に聞いてもらえる状況を得るべく、何かに反対する振りをしているように見えます。ノンポリの方々ですと得に主張が無いので、日共、支那の公演団体に取り込まれ利用されいるのでしょうね。

ちなみに近隣の反戦理由の出店群は、以下のような主張でした。
・中学生を戦場に送るな: 某日教組(多分アフリカの少年兵が多い国に日教組・・・おまいらそうですよね)
・ジュゴンを守れ: 某島の住民
・○○さんは無罪だ: 支援者
・韓国語を学びませんか?: ・・・
・CATV 有料チャネルをまとめて契約がお得
・オスプレイは来るな: ?
・早く岩○基地に移設しろ(ただ○国基地に移設するっておかしいだろ、あそこだって住民はいるんだ)

とにかく、突っ込める餌があれば彼らは満足です。主義主張とかがないからどんどん来ます。でも何を目的に何をしているんだか。弱者連合が共闘すると、何が何だか分かりません。

>賛成派の人見掛けます。

今のところ、私も大筋賛成です。変な法運用があれば反対に回るでしょうけど、さすがにジュゴンは関係ないし、そのために韓国語を学ぶことはないでしょう。というか日本人官僚相手に話す言葉は多分日本語でしょうから。

>自衛隊配備で何かデメリットがあるんでしょうか?

経費が増えるかな。それがデメリットです。

>自衛隊配備を反対する理由はなんなんでしょうか?

何かに不満を持つ人々(団体)が、発露すべき理由を探しているだけのように見えます。彼らは自衛隊や米軍に反対している振りをしますが、自身の主張を効果的に聞いてもらえる状況を得るべく、何かに反対する振りをしているように見えます。ノンポリの方々ですと得に主張が無いので、日共、支那の公演団体に取り込まれ利用されいるのでしょうね。

ちなみに近隣の反戦理由の出店群は、以下のような主張でした。
・中学生を戦場に送るな: 某日教組(多分アフリ...続きを読む

Qチベット人への”虐殺”なんか お聞きしたいんですが

  単刀直入ですが、”中国政府のチベット人への虐殺とか強権とか迫害など”を殆どの日本人方がご存知ですが、そこで
  1.虐殺と迫害などは具体的に何ですか?それに対して決定的な証拠は(ビデオとか映像とか写真とか)どこにありますか?
  2.みなさま 普通どうやってチベットのことまたは中国のことをご存知でしょうか?
  もしチベットにお出でになった方またはチベットのこの六十年間の歴史を詳しくご存知の方はいらっしゃいましたら ぜひお願い申し上げます。

Aベストアンサー

私の場合、インターネット等から情報を得ます。
その中の情報の一つに
「2006年に国境付近でチベット人が撃ち殺されるという事件があった。中国政府は抵抗があったので射殺した、と主張している。しかし、その後写された映像によると、無抵抗のチベット人が撃ち殺されているのが明らかになった」
というものがありました。

ただ、インターネット上の情報というのは、必ずしも正しいとは思わない。
上の画像では、雪山で人が殺されているシーンが写っている。
しかし、「殺されているのは本当にチベット人なのか」「殺しているのは本当に中国人なのか」「この映像は本当に中国国境付近で取られたのか?」「この映像は作り物なのか真実なのか」などなど、
この映像についてはもっと詳しく調査しなければならないのではないかと思います。
本当は、既に誰かが調査しているのかもしれませんが、私にはよくわからない。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報