息子が先日死亡しました。我が家にお仏壇はなく49日の法要にあわせて仏壇を購入しましたが法要の際49日の法要のお布施以外にお寺様に開眼供養料が必要なのでしょうか?また必要な場合水引の色は何を使えばいいのでしょう?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

法要の際49日の法要のお布施以外にお寺様に開眼供養料が必要なのでしょうか>>>>



必要と考えます。まず、仏様をお招きするというお祝い事と理解してください。(仏像を開眼する)そして、その仏像のお家の新築祝いを同時に行う。(仏壇を購入)と思ってください。

そして、その新しい仏様の基に、息子さんの黒いお位牌を供養入魂して、その後、息子さんの供養のための法要をして、先祖代々の供養法要をすることになります。

つまり、祝い事と弔事を続けて行うわけです。

よって、前半の仏像開眼には、鯛のお頭つきとか、紅白の餅、紅白の饅頭などを供えます。後半の供養には、白饅頭とか、黄色饅頭とか(地方により異なる)いわゆる、供養のお供えをします。

トータルの予算があっても、やはり、2つに分け、紅白ののし袋の仏像開眼部分と、49日忌の、黒白ののしと分けるべきで、引き物も、出来たら分けるべきでしょうね。

開眼ののしは、金銀とか紅白とか、お祝いのしです
開眼お礼とか、仏像名を書いてもいいでしょう。まずは、仏壇を購入したら、仏像が付いてきたという考えでなく、仏像をお招きするのに、ふさわしいように、仏像の家を新築したと思ってください。

お布施として、全部込みこみという場合でも、左上に仏像開眼並び49日忌と書くか、言葉を添えるべきですね。

で、開眼が、上ですので、紅白水引が、先ですね。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

大変参考になりました。ありがとうございます。何もかも分からないことばかりなので助かりました。冠婚葬祭って難しいですね。

お礼日時:2005/04/30 19:27

法要の際49日の法要のお布施以外にお寺様に開眼供養料が必要なのでしょうか>>>>



必要と考えます。まず、仏様をお招きするというお祝い事と理解してください。(仏像を開眼する)そして、その仏像のお家の新築祝いを同時に行う。(仏壇を購入)と思ってください。

そして、その新しい仏様の基に、息子さんの黒いお位牌を供養入魂して、その後、息子さんの供養のための法要をして、先祖代々の供養法要をすることになります。

つまり、祝い事と弔事を続けて行うわけです。

よって、前半の仏像開眼には、鯛のお頭つきとか、紅白の餅、紅白の饅頭などを供えます。後半の供養には、白饅頭とか、黄色饅頭とか(地方により異なる)いわゆる、供養のお供えをします。

トータルの予算があっても、やはり、2つに分け、紅白ののし袋の仏像開眼部分と、49日忌の、黒白ののしと分けるべきで、引き物も、出来たら分けるべきでしょうね。

開眼ののしは、金銀とか紅白とか、お祝いのしです
開眼お礼とか、仏像名を書いてもいいでしょう。まずは、仏壇を購入したら、仏像が付いてきたという考えでなく、仏像をお招きするのに、ふさわしいように、仏像の家を新築したと思ってください。

お布施として、全部込みこみという場合でも、左上に仏像開眼並び49日忌と書くか、言葉を添えるべきですね。

で、開眼が、上ですので、紅白水引が、先ですね。
    • good
    • 3

法要の際49日の法要のお布施以外にお寺様に開眼供養料が必要なのでしょうか>>>>



必要と考えます。まず、仏様をお招きするというお祝い事と理解してください。(仏像を開眼する)そして、その仏像のお家の新築祝いを同時に行う。(仏壇を購入)と思ってください。

そして、その新しい仏様の基に、息子さんの黒いお位牌を供養入魂して、その後、息子さんの供養のための法要をして、先祖代々の供養法要をすることになります。

つまり、祝い事と弔事を続けて行うわけです。

よって、前半の仏像開眼には、鯛のお頭つきとか、紅白の餅、紅白の饅頭などを供えます。後半の供養には、白饅頭とか、黄色饅頭とか(地方により異なる)いわゆる、供養のお供えをします。

トータルの予算があっても、やはり、2つに分け、紅白ののし袋の仏像開眼部分と、49日忌の、黒白ののしと分けるべきで、引き物も、出来たら分けるべきでしょうね。

開眼ののしは、金銀とか紅白とか、お祝いのしです
開眼お礼とか、仏像名を書いてもいいでしょう。まずは、仏壇を購入したら、仏像が付いてきたという考えでなく、仏像をお招きするのに、ふさわしいように、仏像の家を新築したと思ってください。

お布施として、全部込みこみという場合でも、左上に仏像開眼並び49日忌と書くか、言葉を添えるべきですね。

で、開眼が、上ですので、紅白水引が、先ですね。
    • good
    • 3

法要の際49日の法要のお布施以外にお寺様に開眼供養料が必要なのでしょうか>>>>



必要と考えます。まず、仏様をお招きするというお祝い事と理解してください。(仏像を開眼する)そして、その仏像のお家の新築祝いを同時に行う。(仏壇を購入)と思ってください。

そして、その新しい仏様の基に、息子さんの黒いお位牌を供養入魂して、その後、息子さんの供養のための法要をして、先祖代々の供養法要をすることになります。

つまり、祝い事と弔事を続けて行うわけです。

よって、前半の仏像開眼には、鯛のお頭つきとか、紅白の餅、紅白の饅頭などを供えます。後半の供養には、白饅頭とか、黄色饅頭とか(地方により異なる)いわゆる、供養のお供えをします。

トータルの予算があっても、やはり、2つに分け、紅白ののし袋の仏像開眼部分と、49日忌の、黒白ののしと分けるべきで、引き物も、出来たら分けるべきでしょうね。

開眼ののしは、金銀とか紅白とか、お祝いのしです
開眼お礼とか、仏像名を書いてもいいでしょう。まずは、仏壇を購入したら、仏像が付いてきたという考えでなく、仏像をお招きするのに、ふさわしいように、仏像の家を新築したと思ってください。

お布施として、全部込みこみという場合でも、左上に仏像開眼並び49日忌と書くか、言葉を添えるべきですね。

で、開眼が、上ですので、紅白水引が、先ですね。
    • good
    • 0

法要の際49日の法要のお布施以外にお寺様に開眼供養料が必要なのでしょうか>>>>



必要と考えます。まず、仏様をお招きするというお祝い事と理解してください。(仏像を開眼する)そして、その仏像のお家の新築祝いを同時に行う。(仏壇を購入)と思ってください。

そして、その新しい仏様の基に、息子さんの黒いお位牌を供養入魂して、その後、息子さんの供養のための法要をして、先祖代々の供養法要をすることになります。

つまり、祝い事と弔事を続けて行うわけです。

よって、前半の仏像開眼には、鯛のお頭つきとか、紅白の餅、紅白の饅頭などを供えます。後半の供養には、白饅頭とか、黄色饅頭とか(地方により異なる)いわゆる、供養のお供えをします。

トータルの予算があっても、やはり、2つに分け、紅白ののし袋の仏像開眼部分と、49日忌の、黒白ののしと分けるべきで、引き物も、出来たら分けるべきでしょうね。

開眼ののしは、金銀とか紅白とか、お祝いのしです
開眼お礼とか、仏像名を書いてもいいでしょう。まずは、仏壇を購入したら、仏像が付いてきたという考えでなく、仏像をお招きするのに、ふさわしいように、仏像の家を新築したと思ってください。

お布施として、全部込みこみという場合でも、左上に仏像開眼並び49日忌と書くか、言葉を添えるべきですね。

で、開眼が、上ですので、紅白水引が、先ですね。
    • good
    • 1

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q四十九日法要と仏壇開眼のお礼?

宜しくお願いします。
極めて近日中に、父の四十九日法要があります。
また、四十九日までに初めて位牌と仏壇を準備いたしましたが、仏壇、仏さんを持つことは初めてで何をどうして良いの変かわかりません。とりあえず、お坊さんや書物で一応準備は整ったつもりでいましたが、ここに来てひとつ疑問が出てきました。四十九日当日は仏壇の開眼と四十九日法要の順で行われるようですが、仏壇開眼の方はお祝い事らしく、紅白のお餅、赤ろうそくなどを使用するとういことでこれも準備できました。お礼の方も、一応お坊さんにお伺いし、四十九日法要に○○万円とお魂入れに○万円をということでした。プラスお車、お膳料をお渡しします。すべて水引黄白でお布施2袋とお膳料1袋、お車料1袋を用意しました。が、この内、お魂入れというのは亡くなった父の魂を指す(仮の位牌から本位牌へ移す儀式)のか、仏壇の入仏(阿弥陀様?の家(仏壇))に対してのことをいっているのかわかりません。もし、亡くなった父の位牌に魂を移すものであれば、仏壇開眼お礼料はまったくないことになってしまいますし、仏壇開眼料金であれば、黄白水引の表書き「お布施」なく、紅白水引の「ご開眼お礼」の表書きになるし、実際、どのように考えれば良いのでしょうか?

宜しくお願いします。
極めて近日中に、父の四十九日法要があります。
また、四十九日までに初めて位牌と仏壇を準備いたしましたが、仏壇、仏さんを持つことは初めてで何をどうして良いの変かわかりません。とりあえず、お坊さんや書物で一応準備は整ったつもりでいましたが、ここに来てひとつ疑問が出てきました。四十九日当日は仏壇の開眼と四十九日法要の順で行われるようですが、仏壇開眼の方はお祝い事らしく、紅白のお餅、赤ろうそくなどを使用するとういことでこれも準備できました。お礼の方も、一応お...続きを読む

Aベストアンサー

お坊さん@真言宗です
宗派によっていろいろ違うようです
紅白水引の熨斗無しと言うのも市販されています
浄土真宗では熨斗は「イカ」だから
使ってはいけないそうですが
実際イカは使われておりませんので
宗旨が違えば使っても構いません

宗旨が違えば考え方も少し違うようですが
真言宗では阿弥陀さまの家として
お仏壇の開眼
阿弥陀さま(本尊)の開眼
故人の位はいの開眼
卒塔婆の開眼
をまとめて行います

ですので普通は
お仏だんと本尊さまの開眼
それと、故人位はいの開眼を
同時に行っているとご理解下さい
俗に、魂入れとかしょう根入れと言われていますが
極楽浄土メンバー入りの儀式と
お考えいただければいいのではないでしょうか?

黄白の水引にて「49日お布施」
紅白水引(熨斗付きで可)にて「開眼お礼」
でよいのではないかと思います

Q仏壇 - 開眼供養料 について

仏壇 - 開眼供養料 についてお尋ねします。

先日、仏壇を新調しました。本当は 家を立て直した際に(約10年前)新調したかったのですが、家督をついている父が、そうういうことに疎く、また 他の人の意見を聞き入れず、このまま時間が過ぎてしまいました。この度、どうにか父を説得し、やっと新調することができました。古いものは 仏具屋さんに処分していただいております。

仏壇・位牌の開眼供養を 菩提寺にお願いをしようと思っております。通常 仏壇・位牌の開眼供養の費用とは どれぐらい かかるものなのでしょうか。今回 仏壇を新調した際、位牌も 新調をしております。

相談する先がわからず、投稿したしだいです。
お手数ですが、知っておりましたら 教えてください。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

 開眼法要の御布施は,1~3万が相場ではないでしょうか。
 仏壇に魂入れをするのではなく,仏壇に祀られている御本尊様に魂入れをします。
 
 気になるのは,古い仏壇の御本尊様と位牌は,魂抜き法要をせず処分されたのでしょうか。

Qお墓と仏壇の購入のお祝いとその金額について教えて下さい!

お墓と仏壇の購入のお祝いとその金額について教えて下さい!

実家の両親が墓を祖母の住んでいた田舎から自宅近所の霊園に土地を購入し、そちらに墓を建てました。また、同時に以前あった仏壇が簡易的なものだったので、今回購入し直しました。
新しく購入した墓には祖母・祖父・父の姉(子どもの時に亡くなった)の3人が入る形になり、来週末に入魂するとのこと。仏壇については、現在ある仏壇は簡易的なものだったのでこの週末に新しい仏壇を購入したので納められるとのことでした。

そこで質問なのですが、私の実家のことで、私はすでに結婚して出ております。
しかし、入魂式(?)には夫婦で呼ばれています。もちろん何も持たずに行くということもできないので、何かしらお金を用意しなければならないと思っているのですが、このような場合、どういった形でお金を用意すればいいのでしょうか。

調べてみると、仏壇の購入には「御開眼法要御祝」、お墓の購入には「建碑御祝」という名義になるとききましたが、私の実家は曹洞宗ですのでこれがあっているかどうかわかりません。また仏壇の購入、入魂式には1週間あり、それぞれに持って行った方がいいのか、まとめてのほうがいいのか、お供えなどのお菓子を一緒に持って行った方がいいのかなど、なにしろ初めてのことなので全くわからなくて困っております。

そこでご存じの方がいたら教えていただきたいのが
・それぞれに持って行った方がいいのか、また曹洞宗の場合でも「御開眼法要御祝」、「建碑御祝」でよいのかどうか。
・金額はいくらくらい包めばよいのか(ちなみに当日、実家の母の兄夫婦も一緒に参列するようです。)
・お供えなどのお菓子を一緒に渡した方がいいのか
・服装はどうなるのか(喪服等の式服になるのかどうか。主人の場合には、喪服にネクタイはどのようなものになるのか。私の場合は黒のワンピースなどでもいいのかどうか)
・お金等を渡すタイミングはいつになるのかどうか。

知らない事ばかりで大変恥ずかしいのですが、ご存じの方がいらっしゃいましたら教えていただけたら幸いです。宜しくお願いいたします。

お墓と仏壇の購入のお祝いとその金額について教えて下さい!

実家の両親が墓を祖母の住んでいた田舎から自宅近所の霊園に土地を購入し、そちらに墓を建てました。また、同時に以前あった仏壇が簡易的なものだったので、今回購入し直しました。
新しく購入した墓には祖母・祖父・父の姉(子どもの時に亡くなった)の3人が入る形になり、来週末に入魂するとのこと。仏壇については、現在ある仏壇は簡易的なものだったのでこの週末に新しい仏壇を購入したので納められるとのことでした。

そこで質問なのですが、私...続きを読む

Aベストアンサー

御開眼法要御祝とは、仏教における本尊(仏像や曼荼羅)・墓 石・仏壇・位牌などを新しく購入したり、傷んだものを修復して戻す際に、僧侶を招いて供養の読経を頂いて行う入魂式(お精入れともいう)のことで、読経をあげて頂いた寺院や僧侶に対して贈る謝礼の 表書きの献辞(上書き)に用いられます。墓石建立の場合は、開眼法要と同時に納骨法要も行われるのが一般的です。祝賀金は「御入魂御祝」・「御墓石建立御祝」、内祝は「入魂内祝」・「墓石建立内祝」などとします。「開眼」とは、本来は「仏像の目を開く」ということからきており、作られた物としての仏像に目 を描き入れる(魂を入れる)ことによって霊験ある仏様にするということで、それまで単なる作 り物であったものを聖なる物としての礼拝対象物にすることを言います。「お精入れ(おしょういれ)」とは、根性・正念・魂を入れるということです。
このようにされております。あなた方は当事者ではありませんからご用意なさるのはお供物のみといたします。
服装は喪服です。お金は、読経していただいたお坊さんにお渡しするものは、ご両親がご用意します。あなた方は、『御入魂御祝』として『御斎』にお一人1万くらいの費用が掛ってるでしょうからお二人で3万円包みましょう。

御開眼法要御祝とは、仏教における本尊(仏像や曼荼羅)・墓 石・仏壇・位牌などを新しく購入したり、傷んだものを修復して戻す際に、僧侶を招いて供養の読経を頂いて行う入魂式(お精入れともいう)のことで、読経をあげて頂いた寺院や僧侶に対して贈る謝礼の 表書きの献辞(上書き)に用いられます。墓石建立の場合は、開眼法要と同時に納骨法要も行われるのが一般的です。祝賀金は「御入魂御祝」・「御墓石建立御祝」、内祝は「入魂内祝」・「墓石建立内祝」などとします。「開眼」とは、本来は「仏像の目を開く」と...続きを読む

Q四十九日のお布施について

5月初めに実父の四十九日法要を執り行う予定です。
お寺さんへのお布施のことで質問ですが、
今回の葬儀で葬儀社からご紹介いただいたお寺さんで以前の檀家としての
お付き合いはありません。
葬儀前にご挨拶に伺ったときに、各法要のお布施価格表(?)みたいなのを
頂きました。そういう点ははっきりして下さり、とても助かっています。

四十九日法要のお布施は三万円とありました。
ただ、位牌への入魂料が必要なのかどうか分かりません。
我が家には仏壇はあります。
その場合、白木のお位牌から本位牌への入魂は四十九日法要のお布施に含まれるのか
わかりません。
開眼法要のお布施は別に記載がありました。それは新たに仏壇をしつらえた場合の
お布施なのかな?と思うとどんどん混乱してきて…

お寺さんに尋ねるのも不躾で。
ちなみに天台宗です。
やっぱりお導師様にお尋ねするのが一番良いでしょうか。その場合は、どういう言葉遣いを
すれば失礼にあたらないでしょうか。

Aベストアンサー

天台宗ではありませんが。

「お位牌の入魂料」というものはありませんので、それは別途必要ないと思います。

料金表の金額に「お車料」「お膳料」(お膳を出されるのなら不要かと思いますが)を別途添えて渡される方が多いかと思います。相場的には各5千円が一般的です。トータルが「4万円」になりますので、それを避けるために、「お膳料」を1万円にしたり、「お車料」を3千円にしたり・・・皆さん色々と工夫されています。

「開眼供養」はお仏壇を新しく購入された時です。引っ越し等で移動される時は「お魂抜き」「お魂入れ」とまた別です。

不安なようでしたら、お寺さんに直接お尋ねになればよろしいかと。最近はそういった方も多く、全く失礼になりませんよ。

Q49日法要と開眼供養について

実母の49日法要と開眼供養があります。
喪主は実父。長男が1人(結婚して家を出ています)、長女の私(同居)の家族です。

当日持って行くものはお骨、白木位牌、本位牌、お布施、会食のお手伝いをしてくれる方への寸志・遺影写真・お供え用のお花、親戚へのお返し、ご本尊だけでいいでしょうか。

初めて仏壇を購入したので、開眼供養も一緒にやっていただきますが、お布施は法要と一緒にお渡しして大丈夫ですか?それとも別の封筒に入れるべきでしょうか。封筒の表書きは「お布施」でいいですか?開眼供養ではご本尊以外に用意するものはありますか?

喪主は実父ですが、葬儀等の支払いはすべて私が支払いました。葬儀、49日法要、仏壇、これから買う予定のお墓も私が支払います。

支払いや打ち合わせ等やった私は施主扱いになるのでしょうか。
施主は香典を出す必要はないと思いますが、別居している兄は香典を出すべきですか?

父が高齢な為準備は私がやりなるべく負担なくすべて終わらせてあげたいと思い、本やネットでも調べましたが、わからない事ばかりです。

アドバイスお願いします。

Aベストアンサー

何宗でしょう。宗によって法要時に使用する物が異なりますので、貴女が
書かれた物だけで大丈夫ですよとは言えません。
初めての事だったらなおさらです。こんな事は御寺に聞きましょう。

現在、御骨や御位牌の安置場所は何処なんですか。当日に持参する物の
中に御骨や御位牌等が書かれていますが、自宅から御寺とか、自宅から
別会場なのでしょうか。

御墓には御骨、白木御位牌、卒塔婆、御線香、榊、水、供物、蝋燭、各自
で珠数、服装は遺族は正礼装、親戚等は略礼装で墓地に向かいます。
墓地に向かう人の中で、御骨、白木御位牌を持つ方は墓地に到着するま
で後ろを振り向いてはいけないと言う決まりがあります。これは死者が現世
に未練を残すから駄目だと言われています。
遺影は葬儀や火葬場には持参しますが、墓地には持参しません。
御布施も墓地で僧侶に手渡す事はしません。会食が終わって僧侶の方が
帰られる際に渡します。

会食の手伝いをして頂いた方に御礼をする時は白封筒で「寸志」で構いませ
んが、僧侶には白封筒では駄目です。必ず香典袋に「御布施」と書きます。
四十九日法要、開眼供養など、その日に同時に行われる事に関しての御礼
はまとめてで構いません。法要と開眼供養等の総合した金額を包みます。

法要に関しての御礼は「御布施」、僧侶に御越し頂いた御礼として「お車代」、
会食をしなかった時の「御膳料」はそれぞれ個別に包みます。
お盆の上に袱紗を広げて、それぞれを個別に並べます。僧侶の目の前に置い
て僧侶が自ら受け散って貰えるようにします。間違っても手渡しは駄目です。
会食をする時は御膳料は不要です。僧侶が食べないで帰られる時は、出され
た料理を持ち帰り用の容器に移し替えて持ち帰って頂きます。その時は車ま
で喪主が持参し、僧侶が車に乗られた時点で手渡します。

親の葬儀や法要には香典は不要と思っています。でも葬儀や法要には金銭
が掛かります。少しでも負担を少なくしようとする気持ちがあれば包んで貰った
方が良いのですが、これは強要する事は出来ません。ただ喪主以外の貴女は
相談する事は出来ます。相談して出す出さないを決めましょう。

何宗でしょう。宗によって法要時に使用する物が異なりますので、貴女が
書かれた物だけで大丈夫ですよとは言えません。
初めての事だったらなおさらです。こんな事は御寺に聞きましょう。

現在、御骨や御位牌の安置場所は何処なんですか。当日に持参する物の
中に御骨や御位牌等が書かれていますが、自宅から御寺とか、自宅から
別会場なのでしょうか。

御墓には御骨、白木御位牌、卒塔婆、御線香、榊、水、供物、蝋燭、各自
で珠数、服装は遺族は正礼装、親戚等は略礼装で墓地に向かいます。
墓地に向かう人の...続きを読む

Q七日ごとの法要でお布施は?

はじめまして。
先日祖母が亡くなり、葬儀(葬儀の時に初七日も一緒に)が終わりました。
我が家は、父(60歳)と兄と私の三人になりました。
父はあまり冠婚葬祭など詳しくなくて、現在困ることがたくさんあります。
葬儀は家族葬ということで、ごくごく身内でしました。
その時は、葬儀社の方がいろいろ教えて下さり、なんとか終えることが出来ました。
お布施は葬儀10万円 初七日1万円 (葬儀社の方が参考ですが・・・と金額を言われました)
お寺さんは、葬儀の日は朝10時から結婚式があるとのことで、
9時前に葬儀を始め、初七日までのお経?をすべて1時間くらいで終わらせてすぐ帰られました。
枕経と通夜はちゃんときていただいてます。

数日後に、七日ごとの法要があります。
お寺さんから連絡をいただき、平日午後七時に来られるとのことでした。
(お寺との連絡等は父がしています)
これから毎週来られると思います。
おそらく、父と私の二人だけしかいません。
父が仕事で遅くなれば私だけの時があるかもしれません。

わからないことだらけなので、教えて下さい。

1、七日ごとに来られる際に、毎回お布施をお渡しするのでしょうか?
する場合、いくらすればいいのでしょうか?
もしくは、49日にまとめてすればいいのでしょうか?その際の金額は?

2、お茶をお出しする気でいるのですが、午後七時って、夕飯時ですよね。。。
お食事の用意もするものなのでしょうか?

3、お経が終わったら、お茶とお菓子を出しますが、
来られたときにもすぐに一回目を出すものですか?
お菓子は、一個300円位する和菓子?
それとも一個100円くらいのスーパーで売っているもの?
お出しするのは、一つですか?二つですか?

4、お寺さんのお着替えの部屋とか必要なのでしょうか?
我が家には、生活感溢れる部屋しかないのですが・・・

その他、気をつけなければならないこと、しなければならないことなど、
細かいことでも教えていただければうれしいです。
読みにくい文章ですがどうぞ宜しくお願い致します。

はじめまして。
先日祖母が亡くなり、葬儀(葬儀の時に初七日も一緒に)が終わりました。
我が家は、父(60歳)と兄と私の三人になりました。
父はあまり冠婚葬祭など詳しくなくて、現在困ることがたくさんあります。
葬儀は家族葬ということで、ごくごく身内でしました。
その時は、葬儀社の方がいろいろ教えて下さり、なんとか終えることが出来ました。
お布施は葬儀10万円 初七日1万円 (葬儀社の方が参考ですが・・・と金額を言われました)
お寺さんは、葬儀の日は朝10時から結婚式があるとのことで...続きを読む

Aベストアンサー

前の回答者様の方が明らかに詳しそうなので私の回答は不要そうですが(笑)、
同じく今年家族が亡くなり、浄土真宗で七日ごとの法要がありましたので、ご参考に…

1.お布施はその都度でなくとも纏めてでも構わないのでは…とは思います。
 が、わざわざ足をお運びいただくので、1回ずつの方が丁寧ではあるかなと思います。
 金額は、自分が準備していない(義父母がやっている)のでいくら包んだかは分からず…(^^;
 まとめて渡すにしても、後ではなく先で、
 まとめてということがしっかり分かるように言葉を添えてお渡しするのがいいと思います。

2.わが家も7時でしたが、お食事はありませんでした。
 食事時とは言え、世の中で食事の時間が正確に決まっているわけではないので、
 毎週のことですしそこまで必要ない気もしますが…
 七日ごとのお経は日にちがずらせないので、スケジュールの都合上、
 あちらもこちらも夜が空けやすい…という理由でこの時間なのだと認識してます。
 気になられるのであれば、お寺の方に思い切ってお尋ねになるのも手かと思います。
 夕食時なので食事を準備させて頂こうかと思いますが、ご迷惑でしょうか?などといった感じで… 
 その家とご縁さんとの付き合い方にもよりますが、
 うちはかなり親しくフランクなので、聞ける感じの関係です。

3.お茶は、わが家はいつでも、来られた時とお経が終わった時の2回出します。
 お菓子は義母はいつも2つ出しています。
 が、これは多分決まりではないので1つでも大丈夫と思います。
 (実家は浄土宗ですが、1つです。これは多分宗派は関係ないかなと…)
 最初のお茶の時はまずお菓子は召し上がらないので、
 お経が始める時にお茶のみお下げし、お経の後にお茶だけ出す…という風にやってます。
 わざわざ高いお菓子を買ってきて出したりはしてませんが、
 頂き物などちょうど良いものがなければ、やはりわざわざ買ってきていました。
 スーパーで買ってきたようなのではなく、和菓子屋さんで買ってます。
 高価なもの(上生菓子とか)は不要だと思います。
 和菓子屋さんでも、150円も出せば美味しい和菓子が色々ありますよ(^^)
 お菓子は持ち帰られることが多いので、包んであるお菓子にするといいかもしれません。
 本来は個別包装でも取ってお出しするのが正式ですが、そのままの方が持ち帰りやすいので。

4.お着替えの部屋は不要だと思います。
 普段のお坊さんのお着物から、袈裟などの部分的なものを着替えられるだけなので、
 いつもその場で座ったまま着替えられています。


同じ宗派でもそのお寺によって違う部分もありますので、
「こうするのが正解です」というのは難しいとは思いますが…
少しでも参考になれば幸いです。
毎週来て頂けるなら、これを機に分からないことを全部お尋ねしておくのもいいと思います。
わが家のご縁さんはお話をたくさんしてくださる方で、
義母もその都度疑問に思ったことはお尋ねしていました。
こういう機会でないと、疑問に思うこと自体発生しないというのもありますし。
毎週は大変かとお察ししますが、まずは49日まで、無事に終えられますように…(^^)

前の回答者様の方が明らかに詳しそうなので私の回答は不要そうですが(笑)、
同じく今年家族が亡くなり、浄土真宗で七日ごとの法要がありましたので、ご参考に…

1.お布施はその都度でなくとも纏めてでも構わないのでは…とは思います。
 が、わざわざ足をお運びいただくので、1回ずつの方が丁寧ではあるかなと思います。
 金額は、自分が準備していない(義父母がやっている)のでいくら包んだかは分からず…(^^;
 まとめて渡すにしても、後ではなく先で、
 まとめてということがしっかり分かるように言葉を添え...続きを読む

Qお墓を建てたときのお礼について

現在お墓をたてている最中です。来月頭に据付することになっています。ここの検索で石材店のお礼というのがかかって初めて知ったのですが、石材店にお礼ってしなければいけないのでしょうか?
仏壇を購入した時も知らずにお礼はしていません。
地方によっても違うものなのでしょうか?(当方中国地方)
もしもしなければいけないとしたら、納骨のときに立ちあってくれる人にだけすればいいんでしょうか?

Aベストアンサー

地方習慣にもよりますが、お礼・志・心付け・ご祝儀といういろいろな形でお渡しすることもあります。
お墓を建てた場合の法要は、お祝いの法要となります。したがって家を建てたときに建て前(上棟式)や新築祝いで、棟梁や飛びの親方にご祝儀を渡すのと同様にご祝儀やお礼という形で差し上げる場合もあります。(昔は多かったですが、今は家の建築でも行わないことが多くなったので減ってはいます)
また、葬儀の際に、葬儀社や火葬場の火夫さん、運転手さんなど送葬に関わった方々に志や心付けを出す習慣も以前は全国的でしたが現在ではかなり無くなりつつあります。これと同様に、納骨に立ち会ってくださった石材店さんに志や心付けを出す習慣もあります。
ただ、ご質問の「しなければいけないのでしょうか?」には、してもしなくても良いと回答させていただきます。
あくまで、気持ちの問題であります。
石材店さんとのお付き合いがこれからも続くのかどうか(管理が石材店であるとか、御茶屋として使うとか)とか、古い習慣のある地域なのかとかで判断するしかないと思います。合掌

Q石屋さんに渡す「志」

明日、祖父の四十九日の法要があり、納骨をします。
その際、石屋さんに「志」として、お礼をお渡しするのですが、その「志」に金額は記載すべきなのでしょうか??

それとはまた別に…
先日、前もってお寺さんに、法要の際のお塔婆をお願いする為、電話をしたところ「納骨の際、石屋さんには2万円をお支払ください」と言われました。
なので、金額は2万円をお支払します。
それで、今日、親戚がそのお寺へ別件で伺う用があり、ウチのお墓にお参りして来たそうなのですが…その親戚から「お墓に名前がまだ彫られていなかったけど、どうなっているの?」という電話が掛かってきました。

納骨までに名前は彫られているものでしょうか?
また、石屋さんにお支払する「志」には納骨の際に墓石を動かしてもらう工賃だけで、名前を彫って頂くにはまた、別にお支払しなければならないものでしょうか?
普通はどうなんでしょうか?

あと、卒塔婆料の袋には、裏書で金額記載すべきでしょうか?
何本分とか?
数え方は本?基?どちらでしょう?

Aベストアンサー

石屋です。
>「納骨の際、石屋さんには2万円をお支払ください」と言われました。
納骨の工賃だけなら「儲け過ぎ」です。
ただ、お墓を建てた石屋さんと納骨に立ち会う石屋さんが別の場合は、「うーん、どうかな」というところ。
自社のお客さんなら、墓の構造も熟知しており、今後の顔つなぎのためにも、それほどの金額はいただけません。
逆に他社が建てた墓だと、基本的な構造は同じだとしても、納骨室の開け方はそれぞれ異なり、築年数によっては小修理を施す場合もあります。あらゆる状況を想定して準備にも手間を掛けます。何が起こるかわからないリスクを負って向かうので、それらを考えると2万円も妥当かなと思えるのです。

墓誌の彫刻代なら「石屋さんは儲けがない」金額です。ただし
○石屋さんとお寺さんは日ごろからお付き合いがある。あるいは霊園の指定業者である。
○墓地は売り出し中で、割と頻繁に墓地に出入りしていて、建て込みの片手間に墓誌の脱着ができる。
だったら、2万円でも不可能ではありません。

原則的には、彫刻は別途石屋さんに依頼するものです。普通はお寺さんとお付き合いのある石屋さんを紹介してくれます。
それにしても、お寺さんが金額を直接指定するのは不思議な気がします。

石屋です。
>「納骨の際、石屋さんには2万円をお支払ください」と言われました。
納骨の工賃だけなら「儲け過ぎ」です。
ただ、お墓を建てた石屋さんと納骨に立ち会う石屋さんが別の場合は、「うーん、どうかな」というところ。
自社のお客さんなら、墓の構造も熟知しており、今後の顔つなぎのためにも、それほどの金額はいただけません。
逆に他社が建てた墓だと、基本的な構造は同じだとしても、納骨室の開け方はそれぞれ異なり、築年数によっては小修理を施す場合もあります。あらゆる状況を想定して準備...続きを読む

Q入仏法要のお祝い

先日、実父がなくなり、35日法要に合わせ、仏壇を母が購入しました。そこで、仏壇は一人で買うものではないと、年長者からお聞きし、入仏法要にお祝いを出すことにしました。
家族は母・姉・私の3人で姉も結婚して家を出ており、私も結婚して別に住んでいます。母は結構いい値段のお仏壇を購入しました。

一般的にどのくらいの金額をお祝いとするのでしょうか?特に席を設けることはありませんが、たぶん一緒に食事には行って、母が奢ってくれると思います。

当方は関西在住で、慶事として、袋は紅白の水引き熨斗なしでするものと、教えてgooでみましたが、入仏祝の表書きでいいですか?紅白の水引き熨斗なしは通常売っていないと見ましたが、どこかで手に入るのでしょうか?宗旨は浄土真宗 西(本願寺派)です。ちなみに49日法要は喪主は私で別途行います。しきたり等で間違いがあれば、そちらも教えてください。

いろいろ、お聞きしていますが、お願いいたします。

Aベストアンサー

坊さん@本願寺派です。
入仏法要は、入仏慶讃法要ともいい、「新しくご本山本願寺(お西の方ですので本願寺派本願寺=通称・西本願寺)よりご本尊さまをお迎えしたお祝いの法要」です。
したがいまして、他宗派さんで用いる入魂的な意味合いはありません。
話がちょっと逸れますが、仏壇は俗に言う「故人を祭る」という性質のものではありません。
お仏壇は家庭内におけるようにしたミニチュアのお寺の本堂で、仏教徒ですから毎日お寺に詣でてお参りが出来れば良いのですが、それも出来ませんので、家の中にお寺の本堂と同じ空間を作るのです。ですから、飾付けもミニチュアの仏具でお寺の本堂といっしょです。
お寺の本堂と仏壇は、大きさこそことなりますが、宗教的意味合いからはまったく同じものなのです。
その、ミニチュアのお寺の本堂である仏壇に、亡き人がいれば、ご本尊のおそば近くに、その法名を奉じさせていただくだけです。したがって、作法も、お寺の本堂での作法と同一でもあります。
ですから、仏教徒である以上は本家であるとか分家であるとか、実家にあれば良いという性格のものでもなく、また次男、三男等の別も無く、亡き人がいるかいないかも仏壇とは関係がありません。
各自がその家々にご本尊をお迎えし仏壇を設けるのが本当です。
そして仏壇を設けたときには新しいお寺を建立しご本尊をお迎えした時と同様の法要を行いますが、それが入仏法要です。

なお、ご質問の例では、三十五日法要と併修であるということと、お祝いとして仏壇購入者であるお母さまに出されるのか?または法要に参加する親族(子)として入仏法要の「御仏前」を包むのかでかなり回答が異なってきます。またご質問者さんが今後祭祀を承継する男子なのかお姉さまとの2人姉妹なのか(usamannさんが男性なのか女性なのか?)?
でも異なります。(1万円~10万円程度まで差が出ると思います)
さらに、単にお祝いとして出すだけでしたら1万円程度でよいでしょうが、例えばご長男さんが母親と共同で購入する意味合いを示すための分担金的性格であるとすればそれこそ購入された価格の3分の1~半分でもおかしくありません(この場合、葬儀の費用も同様に負担していると思われます)。
つまり、各家の事情と考え方で異なりますので、しきたり的な決まりごとや一般的にどのくらいの金額という金額は存在しないと考え、ご自身のお気持ちに素直に従うのが一番良いと思います。
なお、お使いになる金封も確かに入仏法要の仏事としてのお祝いや御仏前でしたら、仏事には熨斗を用いることはありませんので紅白の水引の金封になります。ただし、この金封は残念ながら製造販売されている事例を聞いたことがありません。
もともと金封は買うものではなく、各家で作っていたものですが、需要のあるものは文房具店等で販売される時代となっていますが、これだけはちょっと無いようです。
さらにしきたりでご質問ですが、三十五日法要と入仏法要の施主はお母さまで四十九日法要はご質問者様が施主のようですが、そもそも三十五日法要と四十九日法要で施主が変わる事があり得ない事例ですので、しきたり上のことではこのことが変です。
ご葬儀の際の喪主はお母さまだと思います。葬儀の際に喪主と施主を特に事情があって分けていなければ喪主が以後の法要も施主です。

坊さん@本願寺派です。
入仏法要は、入仏慶讃法要ともいい、「新しくご本山本願寺(お西の方ですので本願寺派本願寺=通称・西本願寺)よりご本尊さまをお迎えしたお祝いの法要」です。
したがいまして、他宗派さんで用いる入魂的な意味合いはありません。
話がちょっと逸れますが、仏壇は俗に言う「故人を祭る」という性質のものではありません。
お仏壇は家庭内におけるようにしたミニチュアのお寺の本堂で、仏教徒ですから毎日お寺に詣でてお参りが出来れば良いのですが、それも出来ませんので、家の中に...続きを読む

Q浄土真宗の新盆の迎え方について

昨年秋、母が亡くなりました。
当然、今年は新盆を迎えるのですが、私の家は浄土真宗です。ネットなどで調べたところ、浄土真宗ではお盆に特別なことをしない(霊魂が帰ってくると言う考え方はない)ようですが、新盆にも当てはまるのでしょうか?
なぜこれで悩むかと言うと、私は早くに父を亡くし母と二人暮しでしたが、お盆には迎え火と送り火を焚きお飾りをし、という日本のごく普通のお盆の迎え方をしていました。ただ、菩提寺は現住所の他県にあって遠いため、お坊さんをお呼びしてお経を上げてもらったり、お墓参りはしていませんでした(数年に1度くらいは行ってましたが)。
父が亡くなったのは私が小学生のときでしたが、白いお盆ちょうちんを飾ったのは覚えてるんですが、それ以外の記憶はないんです。
母が亡くなったときは菩提寺がない状態でこちらにお墓を買っていたので、葬儀屋さんの紹介で葬儀の時にお世話になった住職さんに49日まではお世話になりました。実はその方から法要についての冊子をもらってあったんですが見つかりません。
お盆のときの作法はどうなのか、そもそもお坊さんには来てもらうのか、もう細かいところから全くわかりません。どなたか詳しい方がおられたら、教えていただけないでしょうか。
ちなみに、私の住所では7月にお盆を行うのが慣習のようですが、うちでは8月にやっていました。私の仕事の関係で、母の初盆も8月にしようと思っています。
よろしくお願いします。
また、文面中もし失礼なところがあったらご容赦ください。

昨年秋、母が亡くなりました。
当然、今年は新盆を迎えるのですが、私の家は浄土真宗です。ネットなどで調べたところ、浄土真宗ではお盆に特別なことをしない(霊魂が帰ってくると言う考え方はない)ようですが、新盆にも当てはまるのでしょうか?
なぜこれで悩むかと言うと、私は早くに父を亡くし母と二人暮しでしたが、お盆には迎え火と送り火を焚きお飾りをし、という日本のごく普通のお盆の迎え方をしていました。ただ、菩提寺は現住所の他県にあって遠いため、お坊さんをお呼びしてお経を上げてもらったり、...続きを読む

Aベストアンサー

自己紹介欄にあるように、浄土真宗の坊さんです(^○^)

>新盆にも当てはまるのでしょうか?

そのとおりです。お盆という行事は仏教のものではなく(他の仏教国にはそのような行事が無い)、中国経由で仏教が伝わる際に、シルクロードを通って伝わった他の宗教行事とミックスして、日本で独自に発展したもので、仏教の心を味わうには伝統的な意味で必要な行事でありますが、霊魂が帰ってくると言う考え方は仏教には無いので、浄土真宗ではそのような考え方につながるお盆での特別なことはいたしません。新盆でも同じことです。
なお、お盆の行事は、宗教行事というよりも地方独自の民族行事ともなっておりますので、日本全国一律の作法があるのではなく、地方ごとに、その土地の特産物などを取り入れた独自の飾りつけも残っています。その中には、浄土真宗では行わないことになっている提灯や灯籠等もありますが、迎え火や送り火は全国的に浄土真宗では行っていません。

なお、お母さまがご往生の際にご縁のお寺があるようですが、冊子等は、再度申し出ればすぐにいただけると思います。気にせずに「見つからないので・・・ください」と言えば良いのです。そのためのお寺です。

>そもそもお坊さんには来てもらうのか、
来てもらうか、来てもらわないかは、亡きお母様のご往生には関係がありません。したがって、亡きお母様にとって、どちらもプラスとかマイナスとかではないので、ご自身にとって、どのように新盆を迎えるのが良いかでご判断ください。自宅に呼ぶのも良し、よばないのも良し、本山や別院のお盆法要に参加するのでも良し・・・何でも良しです。
浄土真宗は、「ああしなければいけない」とか「高しなければダメ」ということは少ないです。ただ、他宗と比べると、「する必要が無いからやらない」ということが多いだけです。
合掌

自己紹介欄にあるように、浄土真宗の坊さんです(^○^)

>新盆にも当てはまるのでしょうか?

そのとおりです。お盆という行事は仏教のものではなく(他の仏教国にはそのような行事が無い)、中国経由で仏教が伝わる際に、シルクロードを通って伝わった他の宗教行事とミックスして、日本で独自に発展したもので、仏教の心を味わうには伝統的な意味で必要な行事でありますが、霊魂が帰ってくると言う考え方は仏教には無いので、浄土真宗ではそのような考え方につながるお盆での特別なことはいたしません。新盆でも...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング