「テロリズムに対する戦い」というのは、アメリカ、あるいはキリスト教資本主義諸国
の一面的な見方だと思います。
彼らは,なぜここまでして大国に戦いを挑むのでしょうか?アメメカが戦っている相手は、
どのような価値観、イデオロギーなのでしょうか?

皆さんのお考えを聞かせてください

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (8件)

異なる文化・文明に対する偏狭さと、近代以降キリスト教勢力に


中東地域が圧迫され続けたことに対する歴史的な感情が根底にある
のではないかと、個人的には考えています。

正直言って、どこの国にも偏狭な過激派的な勢力が存在するものです。
但し、現在のイスラムの世界では、国を越えてそのような過激派の組織
が連携していたため、今回のような大規模なテロ事件を起こすことが可能
になったのではないかと思います。

彼らにしてみれば、実力行使を行うことが全てです。
ただしNo.4の方のコメントにあるように、湾岸戦争以後サウジアラビアに
アメリカ軍が駐留していることが彼らにとって目障りだったので、アメリカ
が標的になったのではないかと考えています。


それから、No.6の方への反論ですが、景気刺激策として戦争が有効である
ことは認めますが(インフレが発生するため)、アメリカ自身が今回のテロ
事件を自作自演したというのは、全くの推測でしかありません。
その説を立証するには、裏付けるとなる情報が必要でしょう。それが無い
限りは、空論でしかありません。

むしろ、テロ事件による世界恐慌が心配されており、景気回復どころか
世界恐慌回避が目前の課題となっています。景気回復のためにテロを起こす
という説は、かなり無理がありませんか?
    • good
    • 0

今回、私的なものの見方をしてしまうと、本来、テロリストの性質は、メディアなどで報じられている通り、声明を出したり、何か目的を持って行動するものです。

今回はそれが無い…と、考えるとテロが大国に挑んだのではなく、世界のリーダーと同時に、世界を一つにする目論見が…経済の先行き不安などの観点から見ると、ブッシュの書いたシナリオかも知れません。物事には光と影・善と悪など2面性を持っています。メディア等は政府や軍が仕切っている事が多いため、メディアに振り回されると、物の見方が偏ってしまいます。僕の意見としてはこういう仮説を立てています。話せば長くはなりますが…
    • good
    • 0

アメリカの景気は.昨年から下げ調子の様子が見られ.このような景気後退のときに行われた大統領選挙は.必ず現職大統領が負けます。


景気刺激策としては.軍備拡張や戦争の実行が最も簡単な方法です。しかし.戦費を巻き上げると.下層経済階級の生活水準が低下し.治安が乱れます(スラム街が広がる)。

今回の特攻を米国大統領が指揮したと.考えると.反アラブ感情をまくしたてて.経済政策の失敗をアラブ民族の責任に摩り替えて.民衆の支持を得て.次回大統領選挙に圧勝できるという.シナリオがかけます。

現時点で.アラブの連中が利益を得たというのは.米国関係からの報道にのみ依存しています。米国のマスメディアを使った情報操作は優れていますので.米国大統領と米国軍需産業が一部アラブ人を使って特攻を仕掛けたと考えると.すべてか説明つくのですが.アラブ関係者からの情報がありません。したがって.米国軍需産業が引き起こした可能性があります。つまり.「アラブと白人との戦い」ではなく.白人と白人との戦いに.アラブ人が使われたということであり.今回の米国の本当の敵は.米国軍需産業と考えられます。

以前石油ショックで.米国産業を含めて世界各国で不況になりました。その石油ショックの原因となったアラブ地区の戦争が始まる1ヶ月前には.メジャー7社が.戦争発生後の原油価格についてカルテルを締結していたという報道があります。
一部米国で被害が出るでしょうが.米国軍需産業は確実に儲かるほか.米国大統領は.経済政策失敗の責任を取らないで済みますから。
    • good
    • 0

回答じゃないのですが、戦争やテロが


本能だといってしまえば 「しかたない」「当然」のことになり、
「なくす努力をしても無駄」だということになるし
責任もとらなくてよくなります。
そういった本能は大方の生物にあるはずですが、
争っても自然とうまく生きています。
被害にあったものも理不尽に苦しんだり心をやんでいる感じはしません。
誰かが物凄く理不尽に苦しまなければならないものを、「本能」と
済ましていいのでしょうか。無責任で、不謹慎な気もしました。
人も一度も戦争をしたことのない民族もいるというのに。
女性はそういったものに「本能」など感じない人が多いでしょう。
なのに「人はそういうものだ」と、決めつけるのは疑問です。
    • good
    • 0

 湾岸戦争後、イスラムの聖地メッカのあるサウジアラビアに米軍がズーット駐留しているのが、直接の原因だと思います。


 イスラムの敬虔な信者にとっては、メッカのある地にイスラム教徒でない軍隊が駐留していることが許せないと思っている人たちが多いいのです。
    • good
    • 0

イスラムもキリストもユダヤも一神教の宗教です。


それ以外は邪宗であるわけです。このあたりは東洋的宗教観から見れば、協調と調和の欠けるように見えます。
イスラムはユダヤとキリスト教を包括しており、それをバージョンアップした宗教ですから、キリスト教から見れば自分たちの教義を犯す悪魔の教典、を持つ邪宗教であるわけです。12億人といわれるイスラム世界は貧困であるが故に、先進キリスト教国とは利害を事にするのです。
キリスト教世界では、イスラム世界をこのまま放置する事による将来に対する恐怖が存在すると思います。しかし、
イスラム世界では、子供を7人ほどつくるのが一般的ですから、将来はパワーバランスは崩れることでしょう。

さて、例えが不適切かも知れませんが、>なぜ大国と戦うのか?と言う点です。>これは生物の本質的な生き残りの手段でしょう。一部の亜分子は、ほとんどの場合無駄になりますが、その生物集団に降りかかり存在を脅かすような、何らかの激変(環境変化)があれば、異なった方向で生き残る可能性があります。変わり者が種(DNA)の生き残りの手段なのです。
    • good
    • 0

はじめに、一般的なイスラムについての話題ではありません。

ごくごく一部の、過激な人たちに関する話題です。前者と後者の間には明確な一線があり、また人数的にも前者の方が圧倒的多数であることを前置きとします。


根本的な価値観の違いっすね。
イスラム教は戦争を肯定しています。聖戦に参加することは名誉であり、参加しないことは不名誉である。
こんな価値観の元で育った人間は、戦闘することに比較的ためらいを感じないのでしょう。

それから、民族、宗教間の根深い対立がありますよね。
自分の先祖が彼らに殺された、とか、酷いのになると親兄弟が戦闘の犠牲になった、なんてのもあるでしょう。
血は、血でしか贖えないのでしょうか。

もちろん、宗教的高揚感も後押ししているでしょうね。
過度の宗教的興奮は、既成概念や常識、タブーなどによる抑制を取り払います。

あとは種族維持本能? 人間は、自分たちの仲間ではない種族とは喧嘩してしまう生き物なのでしょうか?


最後に、今一度前置きの部分をお読みください。この文書に書かれたことを全イスラムに当てはめて考えることは、私の本意とは断じて異なります。
    • good
    • 0

不況でしょう。


今回.正体不明の敵によってウォール街がだげきを受けました。
このような場合の景気復興策は.戦争ですから。

今までは.冷戦の終結とともに軍需産業は冷え冷えし.軍備拡張も各国の理解がえられず.思うように行かない。
石油ショックのときのように中東戦争勃発1ヶ月前に.開戦後の石油価格を決定していたメジャーはアメリカの会社ですから.今回も.石油ショックのときと同様に.軍需産業がアラブ系過激派をそそのかして.特攻をかけてきたとも解釈できます。

これで.米国民衆に対して課税して.軍需産業を育成することが.市民の一致した意見であるとの情報操作にも成功したようです。
米国やECや日本が戦っているのは.アラブ人ではなく不況でしょう。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qアメリカは、正しき民主主義国家、自由主義国家、資本主義国家だと思います

アメリカは、正しき民主主義国家、自由主義国家、資本主義国家だと思いますか。

こういう主義事態が正しくないと思われる方は、これらに代わる主義を教えてください。

Aベストアンサー

 アメリカが平等主義だとは思いません。去年信じられないことに黒人の大統領が誕生しましたが、アメリカの多くの資産家の中に黒人は一人もいません。アメリカは未だに差別社会だと思っております。
 アメリカをちょっと旅行しても清掃員、道路工事そんな3kの職場にいわゆる白人は一人もおりません。コンビニでも同じだと思います。

Qテロリズムと資本主義について

テロと資本主義はどう関係あるのですか?
資本主義はなぜテロや戦争をまねくのでしょうか?

Aベストアンサー

資本主義が成立するには、その国に自由が必要です。
自由にビジネスができてこそ、資本主義が成立します。

しかしそこに隙が生まれます。
社会に自由がある以上、国家が個人を拘束することが難しいです。
自由があれば、その国の政府に反対する人たちがテロ活動
を準備する余裕ができ、テロの実行が容易となります。

社会から自由を無くし、国家が独裁体制を敷けば、その国
の中で反政府勢力がテロ活動をする余裕がほとんどなくなります。

かつての共産中国や旧ソ連の全盛期には、国内でのテロ活動
はほとんど皆無でした。
#ただし現在の中国は、徐々に国民に行動の自由が生まれて
#いるため、各種の犯罪や辺境地域でのテロ活動が増加して
#いるようです。

Q資本主義の勝利と公共の軽視

旧共産圏の資本主義移行などで日本では資本主義の勝利と社会主義の敗北というキーワードがあったと思います。

でも 資本主義の勝利=社会の軽視、反社会的 というのは、どうなのかと思ってます。

バブル期前後に社会制度など関心高くて抑圧が多いという経験則の過剰な反動で社会を否定して個を大切にすべきとなったと思います。

最近は、逆にEUに条約で人権について、どいうかという話があったり、人身売買では早く経済的にテイクオフして成熟している日本は韓国に抜かれているということになってます。

没個がよくなく、個が大事だというのは分かりますが、社会を否定や軽視するのはどうなのかと思ってます。

ヨーロッパには社会を大切にする考えがあるようです。日本も公私の区別する国民性かと思います。


私は社会主義者ではないですが、公共、社会も大事で個も大事というのが実際かと思いますが、この考えであっているでしょうか?

最近は社会の軽視が目立って反社会的な感覚があるようにおもえるのですが。

パーソナリティ障害などですら肯定させているように思えます。

Aベストアンサー

> 公共、社会も大事で個も大事というのが実際かと思いますが、この考えであっているでしょうか?

概ね合ってますし、実際に国際社会もそう言うトレンドかと思いますよ。

そもそも経済システムとしては、ネーミングに経済用語を冠した資本主義が、社会主義に遅れをとるワケも無いのですが、それが鮮明となった結果、社会主義国が経済的には資本主義的な要素を取り入れたと言うことです。

即ち、社会主義国が「社会も大事で個も大事」に舵を切り、その結果、経済的には資本主義国にとっても脅威となりつつあるのですから、「資本主義の勝利!」などと喜んでばかり居られません。

とは言え昨今は、北欧あたりは「高福祉高負担」と言う、かなり社会主義的な政策で、コチラも成功しています。

東西冷戦時代とか天安門事件の頃までは、「資本主義 VS 社会主義」と言う極論的な対立軸でしたが、昨今は「社会主義的資本主義 or 資本主義的社会主義」みたいな、真ん中あたりで「いずれを採択するか?」と言う構造にシフトしてきていると思いますよ。

ただ日本は独特で、バブル期までは「一億総中流」と言われ、各国からも「最も成功した社会主義国」と揶揄されたほど、「早過ぎた社会主義的資本主義国」でした。

ところがバブル崩壊は、日本モデルの崩壊でもあった様に思います。
即ち、欧米の内政干渉を甘んじて受け入れざるを得ず、経済的には時価会計とか派遣の適用拡大などが該当します。

一方では、人権なんてのは、どちらかと言うと社会主義的と思うのですが、こちらは資本主義社会全体も、受け入れる風潮です。

資本主義と社会主義の決定的な違いは、富の分配を「公平」に行うのが資本主義で、「平等」が社会主義ですが、人権は平等なものですから、社会主義的と言えるかと。
昔は「富も人権に帰属させるのが社会主義」と言っても良かったのですが・・それは社会主義が断念しつつあります。

> 公共、社会も大事で個も大事というのが実際かと思いますが、この考えであっているでしょうか?

概ね合ってますし、実際に国際社会もそう言うトレンドかと思いますよ。

そもそも経済システムとしては、ネーミングに経済用語を冠した資本主義が、社会主義に遅れをとるワケも無いのですが、それが鮮明となった結果、社会主義国が経済的には資本主義的な要素を取り入れたと言うことです。

即ち、社会主義国が「社会も大事で個も大事」に舵を切り、その結果、経済的には資本主義国にとっても脅威となりつつあるの...続きを読む

Qテロリズムについて・・・

テロリズム=テロリストについてあなたの意見を教えてください。

Aベストアンサー

テロリズムは暴力です
多くの場合人が亡くなります(亡くならないのはサイバーテロくらい)、無論関係ない人間もです

人を殺めるという行為を行う時点で何を成し遂げようとも犯罪者に違いはないと思っています

Qテロリズムについて

テロリズムはなぜおこるのでしょうか?
どんなことでも良いので教えてください。
お願いします。

Aベストアンサー

sawachannさんの意見にほんのすこし追加させてください。

最近はあまりなくなりましたが極左・極右の政治組織や、オウムなどの
ような狂信的宗教組織もテロ行為を行いますね。
理由は
●自分たちの思想が絶対的に正しいと思っている。(過大すぎる優越意識)
●自分たちの思想に同調しないものは、存在価値がないと思っている。
 (殺しても罪の意識を持たない)
●自分たちが無名の少数派であることに憤り、存在を世に知らしめようとする。
などだと思います。

いちばんの問題は「自分たちは絶対的に正しい」と思いこんでしまうことに
あります。自分たちが社会を支配したり、世直しをしたりする特別な人間だと
錯覚するんですね。
オウム・赤報隊・戦時中の青年将校、みんなそうです。自分たちを正義そのもの
だと信じて疑わない。若い人のほうがおちいりやすいといえます。

根本原因は、万人がもっている「人より上の立場に立って世の中を支配したい」
という動物学的本能ではないでしょうか。ふつうの人は、そういう本能よりも人間らしい情愛や
友愛心のほうがまさっているのでテロ人間になったりはしないのですけど、人口の
ほんのわずかの比率で、そういう人がいるようですね。

でもそういう人を根絶することはできませんし、そうしようとすることは間違っています。
根絶するという考え自体が、もうテロ思想なのですから。

sawachannさんの意見にほんのすこし追加させてください。

最近はあまりなくなりましたが極左・極右の政治組織や、オウムなどの
ような狂信的宗教組織もテロ行為を行いますね。
理由は
●自分たちの思想が絶対的に正しいと思っている。(過大すぎる優越意識)
●自分たちの思想に同調しないものは、存在価値がないと思っている。
 (殺しても罪の意識を持たない)
●自分たちが無名の少数派であることに憤り、存在を世に知らしめようとする。
などだと思います。

いちばんの問題は「自分たちは絶対的に...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報