山本周五郎好きの方に質問です。
彼のあだ名「曲軒」って何て読むんですか?

すいません教えてください。
自信がないのです。
広辞苑にも載ってないし…

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

まず読み方は「きょくけん」(音便で、きょっけん)でまちがっていないと思います。



そのうえで、関川夏央『本読みの虫干し』(岩波新書)にこのような記述があります。

まずタイトルは
「作品だけは『曲軒(へそまがり)でなかった小説家」として、山本周五郎のことが紹介してあります。

そして本文にはこのような記述があります。

------(P.103より引用)
「曲軒」とは周五郎に尾崎士郎が献じた別名で、へそまがりという意味だ。あえて迷惑そうな表情をつくったものの、腹の底では「いくらかほくそえむという感じ」であった。へそまがりは志ある「仙吉」の、確信を持った態度であった。
------

ここに出てくる「仙吉」とは、志賀直哉の『小僧の神様』の主人公である「秤屋の小僧」の名前です。
この文章を書いた関川は、周五郎のことを親しみをこめて、「仙吉」になぞらえてみせたのです。

というのも、周五郎、本名清水三十六(さとむ)は、満十二歳で上京、大きな質屋である「山本周五郎商店」の住み込みの徒弟となります。

そこの店主はなかなか立派な人物であったようで、店員達には夜学に通うよう勧め、この清水少年もここから夜学に通うようになった。
関東大震災を機に、この店を離れ、雑誌記者となり、そのかたわら小説を書いた。デビュー作『須磨寺附近』のときにすでにこの店主の名前をみずからのペンネームとしていたようです。


さて、つぎに「曲軒」の号についてなんですが、関川から離れて、想像も交えつつ、考えてみたいと思います。

まず「軒」のほう、こちらは「~庵」「~亭」「~屋」など、雅号によくあるものです。

雅号というのは、そもそもが文人や学者が世俗的な身分を離れて風流を楽しむためにつけるもの。
明治期ぐらいまでの作家も、たとえば「鴎外」や「紅葉」「露伴」「二葉亭四迷」もみな雅号として意識されていたようです。だから同じ人がいろんな号で書いていたりします(坪内逍遙が春廻家朧だったり、饗庭篁村が「竹の家主人」だったり、内容や文章を発表する場所によって使い分けている)。

この雅号のなかにたとえば「内田魯庵」「森田思軒」のように、「~庵」「~亭」「~屋」など、家を示すものがついたパターンがあります。

たとえば正岡子規なども「獺祭書屋主人」(「獺祭」はかわうそのこと。かわうそは自分のまわりに獲ってきた魚を広げる習性があるのだそうです。身の回りに本を広げるみずからをかわうそになぞらえているわけ)と記していたように、「~庵主人」「~亭主人」と、その人が住まう建物を風流に称して、そこの主人であるというように記す(たとえば、幸田露伴は自分の住まいを「蝸牛庵」と称します)。そのうちに、主人が落ちて最初の方が残るのです。

あるいは魯庵、本名貢(みつぎ)、この人は二葉亭四迷の友人でもあり、日本の文芸評論家の元祖に近いような人なんですが(この人が匿名で出した『文学者になる法』というのは、意地悪で、読むと本当にワクワクするくらい楽しくなっちゃうものです)、魯庵と称したのは彼自身ロシア語に堪能で(日本で『罪と罰』を初めて訳したのがこの人)で、魯西亜(江戸期から明治初期まではこう書いていた)文学の「庵」、とも考えることができます(魯庵の別の号は不知庵)。

つぎに「曲」、これはなんといっても思い出すのが「曲亭馬琴」です。
本名瀧澤興邦(おきくに)、号を曲亭馬琴と称します。
Wikipediaを見ると
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9B%B2%E4%BA%AD% …
読み方を変えると「くるわでまこと」となる、と出ているのですが、たしかに廓という場所に「曲輪」という字を当てはめるケースもあり、そういう意味なのかもしれません(ここらへんは詳しくないのでわかりません)。

ともかくこの「曲軒」は「曲亭」のパロディ的な意味があったのはまちがいありません。
したがって曲軒も「曲」自身の意味にある「曲がったもの」、へそ曲がり、旋毛曲がり、鼻曲がりに共通するような、素直ではなく曲がったものという意味がこめられている、と理解していいのではないかと思います。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

!!!!
なら辞書に載ってないはずで、
造語としてどんなウィットが入っているかまで
ありがとうございますーー
完全に疑問解決です。

お礼日時:2005/05/06 05:33

きょっけんと読みます


へそ曲がりという意味で山本周五郎氏のあだ名ですね

この回答への補足

ありがとうございます、やっぱそうなんですよね…
きょっけんで良いんですかね?
辞書には載ってないんですが…

すいません、どなたかの造語ですかね?

補足日時:2005/05/01 06:07
    • good
    • 1

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q耐火建築物の軒裏

こんばんは。
耐火建築物について質問です。
耐火建築物の軒裏に必要な性能ですが、
法令集を見てみると特に見付けられませんでした。
準耐火で場合によっては必要になることもありますが
本当に何も必要ないのでしょうか。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

法2条に規定される耐火建築物でしたら、軒裏は主要構造部でないので
特段の要求性能はないと思います。

Q山本周五郎作品のタイトル

山本周五郎作品のタイトルについての質問です。

以前、読んだ面白かった本を友人に勧めたいのですが、本のタイトルが思い出せないので、ご存知なら教えていただけないでしょうか?

あらすじ:
恋人(許嫁?)同士の話です。
彼女の方が美人で、彼氏以外の男が言い寄ってきたけど、彼女が火傷(ケガ?)で顔が醜くなったのを知ったその男は彼女のもとを去って行くが、彼氏だけは醜くなった彼女を受け入れ、最後は火傷が嘘だったということが明かされ、めでたく二人が結ばれる。
※かなり記憶が曖昧で細かい部分で間違いがあると思いますが、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

こんにちは。
 新潮文庫「生きている源八」所収の『新女峡祝言(よめきょうしゅうげん)』です。

Q軒庇(ノキヒサシもしくはノキビサシ)について、

建築家屋などで軒庇(ノキヒサシもしくはノキビサシ)という単語がでてくるのですが、「軒庇」という単語はどんな意味なのでしょうか、軒と庇は同じ物なのにどうして合わせて表現されているのか大変きになりました。建築に詳しい方おしえてください。

Aベストアンサー

http://yumekyobashi.jp/history/
http://www.sumai.city.osaka.jp/subpage.php?p=5691

この二つのサイトの写真を見ればイメージとしてご理解いただけるのではないでしょうか?
軒のようでもあり庇のようでもある。
軒ではなく庇でもない。
この両方が当てはまるようなのが軒庇です。

従来の軒とは屋根の勾配上の延長でしょうし、庇は付け庇と言われるように
とってつけたようなものを一般的には言います。
また、軒高といえば2階桁の地上からの高さをさします。

Q山本周五郎作『さぶ』を読んだことのある方へ

山本周五郎作『さぶ』を読んだことのある方へ質問です。
あなたはこの本を読まれてどのような感想を持ちましたか?
是非お教え下さい!

Aベストアンサー

二年前の25歳のときに読みましたが、感動しました。

冒頭のさぶを励ますシーンが映像的で印象に残りましたし、
エイジがおごった性格から試練を経て、謙虚になってゆく
過程も、感動して一気に読めました。
おのぶ(でしたっけ?)がエイジをいさめるシーンもよかったです。

ただ、エイジはもてすぎかな、と。
周五郎がエイジが主人公のこの物語に「さぶ」という題名を
つけたいきさつは、解説に書かれているとおりですが、
なんとなく不思議ですね。

私は周五郎が大好きで、強い負けない人間を描くことでとても
尊敬していますが、市井の人間を描くあまり、
話がちっこくなってるな、とも思います。

この物語では、一番おのぶがかっこよく、私もエイジよりさぶがすき
です。さぶのような不器用で、それでもやさしい人間を
周五郎は英雄のエイジをささえる人間として愛したのでしょうね。

Qまとめて4軒で1軒の長屋扱いの物件。売却するとただ同然になることを知らされず、うち1軒の建替えを承認してしまいました。

元は1軒で建っていた家の跡地を、4軒の建売住宅として販売されていたものを29年前に父母が購入しました。

現在4軒全てに人が入っており、うち1軒に母が一人で住んでいます。
その4軒のうち1軒(以下A)が「家を建替える。そのために役所に行き、申請して欲しい」と他3軒に求めてきました。法律では「長屋扱い」となっており、4軒全ての承認がないと建替えできないらしいのです。

長年(20年以上)のつきあいもあり、母を含む3軒は
Aのために役所に行ったり、必要だというのでAの雇った建築士とA家主人(本人も建築士。雇った建築士は同じ会社の人間です。)を家に上げ、間取りを見せるなど協力しました。

ところが、役所に行ってはじめて「今の土地を4軒まとめて
売却すれば立地がよいので数千万になるが、建替えなどする際にそのたび4軒の承認が必要だったりと手続きが面倒なので不動産屋が安く買い叩く。タダ同然になる」ということを知りました。

大きなデメリット知らせず、何の相談もなくAは家を建替える段取りを
進め、母たち3軒は近所づきあいのよしみで承認してしまったのです。
(私含む4軒の子供が小さいころは子供同士が遊ぶ仲でした。)

4軒を切り離して各家が家・土地を売却するには敷地面積が足らず、かといって敷地を増やせる状況にありません。(周りが他の家です。)

Aには一人娘がおり、いずれ他3軒で出てゆくのを待ち、価値の上がった土地を渡すなり家を建てるなりする算段なのでしょう。

3軒は事情があり、いずれも母世代の女性が一人で住んでいます。
建築士は彼女たちをひとところに集め、家の図面をぺらぺらめくって
「口頭で説明」「デメリットに触れず」「控えも渡さず」何かの書類に
印鑑を押させたそうです。調子よくしゃべる建築士に、母たちは単なる「建替えの承認」と思っていたようです。

あとで売却のことに気づき、文句を言われたときのために印鑑を
抑えたとしか思えません。A夫婦、建築士には「不動産や土地のことなんて分からないおばさん連中3人、旦那もいない。適当に説明して丸めこんでしまえ」とナメられていたのでしょう。

よく分からない書類に印鑑を押したことは3軒とも大変な落ち度だったと
思います。ですが、勝手な建替えで父母が買った家の価値をほぼゼロにされてしまったのです。

非常に悔しく、なんとかできないかと思っています。

詳しい方にアドバイスをいただければと思います。
よろしくお願いいたします。

元は1軒で建っていた家の跡地を、4軒の建売住宅として販売されていたものを29年前に父母が購入しました。

現在4軒全てに人が入っており、うち1軒に母が一人で住んでいます。
その4軒のうち1軒(以下A)が「家を建替える。そのために役所に行き、申請して欲しい」と他3軒に求めてきました。法律では「長屋扱い」となっており、4軒全ての承認がないと建替えできないらしいのです。

長年(20年以上)のつきあいもあり、母を含む3軒は
Aのために役所に行ったり、必要だというのでAの雇った建...続きを読む

Aベストアンサー

悔しいお気持ちの中身をいまいちど想像してみました。

幾度もすみません。もし敷地が4軒分あって、指定容積が余っていたら
Aが勝手にその容積を使って自分の家を3階建てにしてしまう可能性が
ありますね。
なにしろ1979年には、まだ木造3階建ては認められていなかったですから
4軒は、戸建てなら二階建てのはず。
そこで、Aが承認をもらった書類というのが、長屋の一部を「変更する」という
事に関して「長屋」の「区分所有者」の同意であるだけでなく
その中身が、本来他人の持分が含まれる「容積」の利用に対する承認
であったりしたら大問題ですね。
なにしろ図面をみせなかったというわけですから。
今後残りの3軒が、Aと全く同じ増築ができるのなら問題ないですがそれを
確認すべきではないですかね。
もしみんなが3階建てにできるのなら、それはそれで、土地を担保にお金を
借りて、Aと同じ新築をたてて売れば結構な値段で売れるということです。

Q広辞苑を買うべきか・・・

以前に「一万円の図書券で」と質問したことがあるのですが…
その質問に対して回答くださった方々本当にありがとうございました。

恥ずかしながら今だ迷っているので質問させてください。

9千円分の図書券を持っています。
もうこの金額に達してから何に使おう、どうしようと思いあぐねながら既に長い時間が経っているのですが、やっと千円の冠婚葬祭辞典を買ったくらいです。
せっかくの図書券ですから、どうせなら家で重宝され、家族の役に立つものを、と考えているのですが…
個人の趣味に使えば? とも思うのですが、正直言って本もあまり読みませんし、特別な趣味もないので「こういう分野の本が欲しいな」というのもありません。

そんなこんなで、前々から「広辞苑がいいかな」と思っているのですが、どうしても踏み切れません。
いや、実際広辞苑が一番妥当なんです。それはわかっているのですが…
なぜ迷っているかと言うと、

1.既に国語辞典が家に数冊ある。
 しかし、いずれも古いもの。広辞苑は新語が載っているし、収録数も桁違いなので所有する価値はありますよね。
 でも、普段国語辞典なんて開かないし、時々必要になっても普通の国語辞典に載っているもの程度… 本当に必要か?
2.電子辞書がスゴイ!
 広辞苑の購買意欲を削いだ最大の原因がカシオの電子辞書です。広辞苑最新版だけではなく、100コンテンツも搭載しながら、今では2万円台。待っていればもっと下がるでしょう。
 そう思うと、9千円くらい出して広辞苑一冊を買うより、少し待って100コンテンツも入った電子辞書を買った方が… 英語辞書なんかも家にあるのは古いですし。
 でも、書籍で見るという楽しみはありませんが。年配の両親も使いこなせないかも… というか電子辞書も別にいらない…

広辞苑の特別発売価格(通常9千円が8千円)の期間が6月いっぱいまでなので、買うなら安い方がいいですし、期限も迫っていてどうしようかまた迷っています。
「買え!」「いらない!」という判断を他人任せにしたいわけではありませんが、皆様的に広辞苑は買い!か、別にいらないんじゃない? なのか、アドバイスいただければと思っています。

特別発売期間を逃して、まだゆっくり考えるべきかな?
そのうち欲しい本とか出てくる…のかも?(その確立は低い ^^;)

よろしくお願いします。

以前に「一万円の図書券で」と質問したことがあるのですが…
その質問に対して回答くださった方々本当にありがとうございました。

恥ずかしながら今だ迷っているので質問させてください。

9千円分の図書券を持っています。
もうこの金額に達してから何に使おう、どうしようと思いあぐねながら既に長い時間が経っているのですが、やっと千円の冠婚葬祭辞典を買ったくらいです。
せっかくの図書券ですから、どうせなら家で重宝され、家族の役に立つものを、と考えているのですが…
個人の趣味に使えば? と...続きを読む

Aベストアンサー

「広辞苑」は1語1語の語彙・用例が少ないので、お勧めできません。 個人的には三省堂の「大辞林」の方が好きです。購入するのであれば他の辞書と、同じ語を引き比べて選んで下さい。
あまり辞書を引かないのであれば、お持ちの辞書に載っていない語はネットで調べればいいので、必要ないと思います。
何時までも悩むよりは、ご家族の意見を聴いたり、「欲しい本があれば使ってね」とご家族の方にさし上げて、喜ぶ顔を見るのも良いのではないでしょうか?

Q確認申請後の軒裏について

  こんにちは、私は建築関係の仕事をしています。
そこで質問なのですが、建築確認申請時申請書の軒裏の欄に、合板現しと書いていたのですが。
施主の要望で、軒裏にケイカル板を張ることになりました。このようなとき、軽微な変更などの書類
を提出しなければいけないのでしょうか。
(建物は倉庫で、無指定地域、防火指定なし、22条指定なし)
建築に詳しい方、どなたかおしえていただきたいのですが。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

こんにちは。建築関係者です。
22条の指定がないので、軒裏の規定はないようですね。
現しから、ケイカルなのでこれも問題はないとおもいますが、管轄の建築課に相談されることをお勧めします。
軽微な変更で届をだしてください、とか検査申請のとき備考欄に記載してくださいとか、なにもなしか指示があると思います。

Qキヨスクというあだ名の少年が出てくる本

確か便利だとかそんな理由でキヨスク(キオスクかも)というあだ名になったという
少年が出てくる話のタイトルを教えて下さい。

「銀色の日々」だったように記憶しているのですが、
検索してあらすじを読むと、違う気がして・・・。
といっても最後まで読まなかった本なので、
キヨスクという名前が出てくるという印象しか残ってないんですけどね(^_^;)

Aベストアンサー

「宇宙のみなしご」森 絵都
だと思います。
私の中学生時代の読書感想文コンクールの課題図書だったので
覚えていました。

参考URL:http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/406207334X

Q建築確認申請の添付書類は?

この度ハウスメーカーで新築することになりました。
土地は既に購入済ですが、ここは市街化調整区域であり、前土地所有者(不動産業者)が県に宅地開発許可を受けた所です。
建築依頼したハウスメーカーは、建築確認申請に「開発行為における検査済み証」と「開発許可証」の原本を添付する必要があるので前所有者に借りて欲しいと言ってきました。(この二つは同じ書類ではないですか?)
そこで前所有者に確認したところ、既にこの土地には3軒の家が建っていて入居済みで、更に現在3軒建築中であり、その6軒とも原本は必要なかったと言っています。
この件について、どちらの言い分が正しいのか是非詳しく教えてください。

Aベストアンサー

>「開発行為における検査済み証」と「開発許可証」の原本を添付する必要がある
通常は写しでよいと思いますけど。原本ということはないのではと思います。

ちなみに許可証の方は、開発申請許可が下りたときのもので、この許可証を貰って開発の工事を実施し、工事完了したら検査を受けて検査済み証を貰います。なので別の書類です。

>原本は必要なかったと言っています。
私もそう思います。写しでもよいのではと確認下さい。

Q東野圭吾さんの作品で、周りくどい余談が少なく展開の速い作品を教えて下さ

東野圭吾さんの作品で、周りくどい余談が少なく展開の速い作品を教えて下さい。

Aベストアンサー

こんにちわ。
書いた感想文を読み返しながら考えてみました。

1.「レイクサイド」
比較的短い話で、内容も分かりやすかったので、お勧めです。

2.「手紙」
ラストは感動もので、周りくどくない、すっきりした小説だと思います。

3.「放課後」
彼のデビュー作です。
上の2つに比べると、ひねってある部分はありますが、おもしろいし、難しくはないです。

あとは、短編集はいかがでしょうか。
ガリレオシリーズの3つ「探偵ガリレオ」「予知夢」「容疑者Xの献身」がいいと思います。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報