100%出資子会社が、手形又は小切手の不渡り処分を受けた場合、その親会社も不渡り処分を受ける、との話しをきいたことがあります。
それは本当なのでしょうか?
また本当とすれば、それは何法の何条に定めているのでしょうか?
ご教示お願いします。

A 回答 (3件)

 逆の場合は同じような効果が生じることがあります。

100%子会社が銀行と取引を始めるときには、通常親会社が保証人になります。親会社が不渡りを出しますと、子会社と銀行との銀行取引約定書5条2項4号の規定に基き、子会社は銀行からの請求により、全ての債務の期限の利益を失うこと(銀行取引停止)があります。

参考URL:http://www.kinoshita.com/lawarchive/masteragt.html
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
銀行取引約定書等、大変参考になりました。

お礼日時:2001/09/18 08:26

手形又は小切手の不渡りを出して、銀行取引停止処分を受けて、親会社は別個の法人として銀行取引をしているわけですから、親会社まで銀行取引停止処分を受けるようなことは有り得ません。



ただ、銀行がその事実を知ると、取引には気をつけるようになることは有ります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
大変参考になりました。

お礼日時:2001/09/18 08:26

 そういう話は聞いたことがないです。


 不渡処分は、法令上の制度ではなく、手形交換所が定める制度ですので、ご質問のような制度があるとすれば、手形交換所規則やその施行細則に規定があるのかもしれません。私が調べた限りでは、見つかりませんでした。
 実質的に考えても、子会社が不渡を出せば親会社も不渡処分を受けるとすると、別法人を設立する意義がなくなってしまいますよね。
 「困り度3」とのことですので、参考URLの全銀協のサイトから、「銀行よろず相談所」の連絡先をお調べになって、お問い合わせになるのが一番確実ではないでしょうか。

参考URL:http://www.zenginkyo.or.jp/
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
大変参考になりました。

お礼日時:2001/09/18 08:29

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q株式の信用取引で、制度信用と一般無期限信用の違いは?

株式の信用取引で、制度信用(6ヶ月以内に反対売買)と一般無期限信用の違いは何ですか?
どのように使い分けるのですか?
建玉がある間の金利あるいは諸経費が違うのですか?

Aベストアンサー

#2です。
>イートレード証券は一般信用でも逆日歩があるみたいな感じですが
制度信用取引では、証券金融会社は、空売りした人に株券を貸すわけですが、手持ちの株券で足りないと、大株主からオークションで株券を借ります。この時に大株主に払う利息を日歩といいます。で、日歩は証券金融会社が負担してくれるのではなく、空売りしている人全員で払います。これを逆日歩と言います。なお、信用買いしている人は、買った株券を証券金融会社に貸してるわけですから、日歩がもらえます。

一般信用では、株券が足りなくなっても大株主から借りたりせずに、空売りできなくなるので、逆日歩が発生することはありません。
なお、イートレード証券の一般信用では、空売りできません。
(https://newtrading.etrade.ne.jp/ETGate/WPLETmgR001Control?getFlg=on&burl=search_home&cat1=home&cat2=lineup&dir=lineup&file=home_lineup_margin.html のサービス概要の無期限信用(一般信用)取引の売買の項目に、新規売建の記載がありません)。無期限信用で空売りできる証券会社は、ごく一部です。

#2です。
>イートレード証券は一般信用でも逆日歩があるみたいな感じですが
制度信用取引では、証券金融会社は、空売りした人に株券を貸すわけですが、手持ちの株券で足りないと、大株主からオークションで株券を借ります。この時に大株主に払う利息を日歩といいます。で、日歩は証券金融会社が負担してくれるのではなく、空売りしている人全員で払います。これを逆日歩と言います。なお、信用買いしている人は、買った株券を証券金融会社に貸してるわけですから、日歩がもらえます。

一般信用では、株券...続きを読む

Q手形不渡り

手形を2回不渡りにすると差し押さえ、とはよく聞きますが、
1回目の場合はどうなるのですか?
やすやすともう一回発行してもらえるものでもないと思うのですが。

Aベストアンサー

手形の不渡りというのは2回目まであります。
不渡りを一回出した段階で、銀行は取引を縮小して、貸付金の回収などに回り、新規や追加の融資は断られますが、この段階では、銀行取引停止にはなりません。
ただ、信用はなくなり、取引先は用心して品物を納めてくれなくなったりします。

1回目が出てから半年経たないうちに2回目の不渡りが出たら、銀行取引停止処分になり、以後2年間は、手形交換所に加盟しているすべての銀行と当座取引や、貸付取引などができなくなるという厳しい制裁処分です。

ここで、債権者や、借入金のある銀行などが、返済を求めて、財産の差し押さえなどをしてきます。

Q制度信用取引について

 サイバー・コミュニケーションズ(CCI)<4788.T>のニュ-スで「日証金が制度信用取引の新規売りおよび買いの現引きに伴う申し込みで停止措置を解除」というのが有りました。実際には、どうゆうことなのか知りたいのですが?具体的に教えて欲しいのですが?
 また日証金とは何ですか?、株価にはどう影響しますか?
 よろしくおねがいします。

Aベストアンサー

CCIの制度信用取引ができるようになったと言うことです。
信用が上がったと言うことなので株価に影響はあると思いますが、すでに織り込み済みって事も多いです。

Q手形の不渡り倒産後について

主人の実家は自宅兼個人商店となっています。その商店は祖母と叔母が始めたもので、祖母の死亡後、主人が商店の代表となりました。商店と自宅の建物の所有者義父になります。

商店とは別に義父が経営する株式会社があります。
主人は商店の代表というのは名前だけで実際は義父の会社の社員として働いています。
商店は叔母が運営していました。しかし叔母も亡くなり商店経営がうまくいってないことが発覚。主人名義で手形も振り出しています。
さらに義父の会社も経営がうまくいっておらず一度不渡りをだしています。毎月手形の支払いに追われ知人などから借金してなんとか乗り切ってるという感じです。
商店、株式会社どちらも主人には給料払っていると申告しているようですが、商店の方は一円も貰っておらず、株式会社の方は給料以上の申告をされていたり、もらえなかったり。ちなみに今年に入ってからは、ほとんど貰えていません。

そこで質問です。
このままでは、いつかうまくいかなくなると思うのですが、給料貰えないのであれば転職も考えています。しかし辞めさせてもらえません。
法的に辞める方法はありますか?

株式会社の方は不渡り出すと二回目なので現金取引ができないようであれば実質倒産になると思います。倒産後の流れが知りたいです。
主人が転職したとしても、実家が倒産となると家族なので主人も動かないといけなくなるのなら転職先にも迷惑かかりますし。

あと、商店の方ですが、建物が株式会社の借金の抵当になってるので、不渡り一度目でも株式会社と共倒れになると思います。
その場合の手形の支払いは主人にかかってくると思いますが、許可なく叔母が勝手に振り出したものでも支払い義務はあるのでしょうか?
 
あと、市民税ですが、実際貰ってない給料以上の申告のせいで毎年高いお金を払っています。
手渡し、明細なし、貰ったお金を手帳にひかえてるだけなんですが、貰った額の納税だけですむ方法はありませんか?

長くなりましたが回答よろしくお願いします。

主人の実家は自宅兼個人商店となっています。その商店は祖母と叔母が始めたもので、祖母の死亡後、主人が商店の代表となりました。商店と自宅の建物の所有者義父になります。

商店とは別に義父が経営する株式会社があります。
主人は商店の代表というのは名前だけで実際は義父の会社の社員として働いています。
商店は叔母が運営していました。しかし叔母も亡くなり商店経営がうまくいってないことが発覚。主人名義で手形も振り出しています。
さらに義父の会社も経営がうまくいっておらず一度不渡りをだしていま...続きを読む

Aベストアンサー

 2番回答者です。

> この前まで主人の実印を持っていましたので

 まずいと言えばマズいです。

 「筆跡が違えば」ということですが、ふつうの人間には筆跡鑑定は出来ませんし、筆跡鑑定を生業としている人さえ、比べられる(間違いなく本人が書いた)文書が手元に無ければ鑑定はできません。

 つまり取引の相手は、筆跡を頼りにして、本人が作った文書・手形かどうか判別することはできないのです。

 他方、本人(旦那さん側)は、実印という重要なものを真剣に管理していなかったという落ち度が認められます。

 ということは、通常の取引では相手方が保護され、実印が押されていて、印鑑証明書が添付されたら「本人が書いた」と見なされなければならない、ということです。

 「いちいち鑑定しろ」なんて言っていたら、取引なんてできなくなりますからね。

 お気の毒ですが、何かの契約書で、旦那さんの名前が書かれ、実印が押され、印鑑証明書が添付されていたら、「有効」となると言って間違いないでしょう。


> 倒産後未払い給料を八割国が助けてくれる

 残念ながら、その制度は知りませんが、援助を受けられるのはおそらく一般の労働者の場合だと思います。

 生活保護だって、申請したからと言って100%の人が保護してもらえるわけではないのはご存じだと思います。というか、援助をもらえないで餓死するようなケースもあります。

 会社でも、例えば「同族会社」は、ふつうの会社よりも厳しい取り扱いを受けます。私の会社も同族会社ですので、いつも実感しています。

 これは、「株主社長一族と会社が、なあなあ・ズブズブの関係になりやすい」からです。もっとわかりやすく言えば、会社と株主一族が結託して、いろんな制度を悪用しそうだからです。税務署というか、財務省はそういう疑いの目で同族会社を見て法律を作るのです。

 旦那さんの場合、商店はご自分の商店ですし、勤めている会社も実の親の会社です。親が経営する同族会社です。会社と旦那さんは、ふつうの会社とふつうの従業員の関係ではありません。

 旦那さんはもらおうとすればもらえる立場です。「自分の判断でもらわないのですから、ご自由に」ということで、おそらく、そういう場合にまで援助の手はさしのべてくれないと思います。

 くどいですが、借主が失業などで払ってくれない家賃でも、「建築資金の借金返済が大変でしょう」とかいって国はその分を大家に援助してくれるどころか、払ってもらえない家賃分の税金"も"盗るのです。

 裁判をやって負けるか、勝って執行をかけてもムダだったということを証明したら、払った税金を返してくれます。が、別な言い方をすれば、訴訟で負けるか財産が無いことを確認しないと税金は盗ったまま返さないのが、日本です。援助なんてとんでもない。

 旦那さんも「好きで請求しなかったのでしょ」とか言われないように、親御さんを給料不払いで労基署に告訴するとか、会社に対して未払い給料の請求訴訟を起こすとかしないとダメだと思います。

 そこまでやれないとなれば、さっさと辞表を出して別な仕事をなさるべきですね。

 財産も、こまめに贈与したりして、旦那さん名義ではなく、質問者さん名義になさることをお勧めします。贈与税は高いですが、旦那さん名義にしておいて全部差し押さえられたりするよりマシでしょうから。
 

 2番回答者です。

> この前まで主人の実印を持っていましたので

 まずいと言えばマズいです。

 「筆跡が違えば」ということですが、ふつうの人間には筆跡鑑定は出来ませんし、筆跡鑑定を生業としている人さえ、比べられる(間違いなく本人が書いた)文書が手元に無ければ鑑定はできません。

 つまり取引の相手は、筆跡を頼りにして、本人が作った文書・手形かどうか判別することはできないのです。

 他方、本人(旦那さん側)は、実印という重要なものを真剣に管理していなかったという落ち度が認めら...続きを読む

Q信用取引制度について

少しわからないところがあるので質問させていただきます。
委託保証金は30万円は必要ですよね。
30万円で始めたとしたら、90万円くらいまでの取引ができるってことでいいんですか?
それとも、30万とは別にお金が必要ですか?
たとえば33万あって、30万は委託保証金で、残りの3万が信用取引として利用でき、9万まで利用できるようになるとか。

あと、30万で信用取引をやって90万の株を買って、その株が60万まで落ちてしまったとき、委託保証金は最低30万は無ければいけないので、
60万の3分の1の20万が今の財産だとして10万を新たに振り込まなければならないとか(ここはうまく説明できなくて言ってることわからなかったらすいません。)

どうぞよろしくお願いします。

Aベストアンサー

評価損は保証金から差し引かれるので、90万円の株が60万円になったら、保証金ゼロです。10万入れてもだめです。その前に評価損5万程度で追証がかかります。
レバレッジがかかるとこういうとき怖いです。

Q大至急! 手形の不渡り!!

貰った手形が不渡りになりました。私が裏書をしています。しかしその手形には振出日が無記入になっており、記載不備で手形としての効力がないと聞きました。当然、振出人は支払い義務があるはずですが、裏書人である私が支払う義務があるのでしょうか?もし訴訟された場合、私に勝ち目は?ちなみに呈示期間である3日は経過しております。

Aベストアンサー

回答遅くなりました。

>ただこの場合、債権は債権として私が支払わなければならないのか?
>もし支払わなければならないのなら、手形を廻した時に頂いた領収書が意味のないものになるのでは?

白地手形の遡及権の有効・無効は、無効であるとの最高裁判例があります。ただ善意無重過失の手形所持人を
どう保護するのか、ということで見解が分かれている部分もあります。

ただし、言える事は貴方が負っている債務(代金支払)は、遡及権の行使に関係ありません。
債権者つまり手形の所持人は、貴方に対し債権を有しておりますので、これの弁済請求・訴訟提起が可能です。

Qイートレード信用取引について

初めまして。
イートレードで今回信用取引をしようと
勉強しております。
ですが、わからないことがあります。

(1)なぜ制度信用取引(6ヶ月)と無期限信用(一般信用)
 というものがあるのですか?
その制度信用と無期限信用との違いは?
どちらが取引するのにいいのでしょうか?

(2)イートレードにて信用を開始すると、「取引残高報告  書」と「同意書」が送られてくるとあります。
 それは確実に期日までに返送しなくてはいけませんか?
 しないとどうなりますか?
 毎月いつごろ送られてくるものでしょうか?

まだわからないことが一杯です。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

(1)については、#1さんのおっしゃるとおりです。両方できる場合は、制度信用を利用するのが普通です。決済期限が来たら、いったん手仕舞って、また買建(売建)れば良いのですから。その方がコスト的に安い場合がほとんどです。

(2)は、多少遅れてもとにかく提出すれば良いようです。遅れると、早く提出してくれという督促の手紙が来ます。

Q手形の不渡りってなに?

橋本弁護士が学生時代に商売で失敗し、不渡りを出し200万円の借金を背負ったという失敗談を話していましたが、不渡りとはなんでしょうか?。

彼は皮ジャンの商売をしていたそうですが、どういう経緯でだまされたんでしょうか?

Aベストアンサー

手形には「約束手形」と「為替手形」と2種類があり、どちらも手形の支払い期日に、手形の支払人が、手形に記載された金額を支払うことを約束した有価証券です。

通常は、手形の受取人が取引銀行を通じて、支払い期日に取立てを依頼し、支払人が自分の当座預金から支払をします。

この時にも支払人の当座預金に支払手形の金額ぶんの残高が無いと、手形の決済が出来ません。
そのために、入金を予定していた手形の受取人に多大な迷惑がかかります。
このように、手形の決済が出来ないことを不渡りと云います。

また、6ヶ月間に2回不渡りをだすと、銀行取引停止処分となり、支払人は、今後銀行との当座取引が出来なくなり、支払人はもちろん、そのような取引先と取引をしている銀行も信用を落とします。
不渡り一回出しただけでは、取引停止処分にはなりません。

そのようなことから、銀行で当座預金口座を開設するには、ある程度の信用がないと出来ません。

手形を受け取るときは、支払人の信用力を良く確かめて、受け取らないと不渡りになったときに、その代金の回収に苦労することとなります。
橋本弁護士も、そのような被害に遭ったのでしょう。

手形には「約束手形」と「為替手形」と2種類があり、どちらも手形の支払い期日に、手形の支払人が、手形に記載された金額を支払うことを約束した有価証券です。

通常は、手形の受取人が取引銀行を通じて、支払い期日に取立てを依頼し、支払人が自分の当座預金から支払をします。

この時にも支払人の当座預金に支払手形の金額ぶんの残高が無いと、手形の決済が出来ません。
そのために、入金を予定していた手形の受取人に多大な迷惑がかかります。
このように、手形の決済が出来ないことを不渡りと云います...続きを読む

Q信用取引で買った株を現物株にするには?

株初心者です。信用取引(6ヵ月の制度取引)で買った株を現物株にしたいのですが、どのようにすればよいのですか?
また、その場合、例えば信用取引で買った時の株価が10,000円とします。その株が現在12,000円になっていたとしても、現物株に変える時は買った時の値段(10,000円)でいいのでしょうか?

Aベストアンサー

現引きすれば良いのです

信用で1万円で買った株は、たとえ現在1万2千円になっていたとしても、1万円で良いのです

正確には

 「 買建値×現引き数+諸経費 」( 諸経費に金利分も含む )

となります。

信用買いは、お金を借りて株を買う行為ですので、
基本的に、
借りたお金を、金利を付けて払えば良い
と言う理屈になります。

値上がりして、良かったですね

Q不渡りの約束手形で倒産・・・

長年お付き合いしていた会社が5月の半ば頃、倒産しました。さかのぼる事半年以上前、それまでは小切手で売掛金を回収していたのですが、約手を渡されるようになり、心配はしていたのですが、案の定銀行から連絡が入り「手形が割れず、あの会社は倒産しました。」との連絡が入りました。急いでその会社に駆けつけた所、倒産を知らせる告知書が事務所(借家)に貼り付けてあり、とうの本人達はもういません。持ち家が別のところにあるのですが、後で調べたところ倒産する3ヶ月前から売りに出されているようでした。風の便りに聞くと本人達はまだ、地元から出ていないようです。そりゃそうですよね。破産宣告を出せば弁護士さんが守ってくれるし、別の名義で預貯金(資産)を溜め込んでいる可能性もある訳ですから。「早くに差し押さえの承諾書に判子を押してもらえば」と今でも後悔していますが、長年の付き合いもあるし、信じたいと言う気持ちも有りました。ですが、よくよく考えてみると計画的だったと言うことが分かります。「弁護士が入ったら何も出来ないよ」と皆、口を揃えて言いますが、何か少しでも現金及び資産が回収出来る方法はないでしょうか? 債権者集会でそれぞれにその会社が残した資産で割り振られるようですが、そこまでの事をする会社ですから、資産なんて無いに等しいです。結局は泣き寝入りするしかないのでしょうか? 得意分野、専門分野の方、何か良いアドバイスが有りましたらお教え下さい。

長年お付き合いしていた会社が5月の半ば頃、倒産しました。さかのぼる事半年以上前、それまでは小切手で売掛金を回収していたのですが、約手を渡されるようになり、心配はしていたのですが、案の定銀行から連絡が入り「手形が割れず、あの会社は倒産しました。」との連絡が入りました。急いでその会社に駆けつけた所、倒産を知らせる告知書が事務所(借家)に貼り付けてあり、とうの本人達はもういません。持ち家が別のところにあるのですが、後で調べたところ倒産する3ヶ月前から売りに出されているようでした...続きを読む

Aベストアンサー

倒産ですが、不渡りによる銀行取引停止処分、破産申立受理、民事再生法申立受理等いろいろな経営破綻の総称です。具体的に法的措置がされるまでは債権者の取立ても可能です。支払督促等の法的請求を簡易裁判所に申し立てし、債務名義を取得することを考えられたらどうでしょう。行方不明でも公示送達の方法もあります。手続きは最高裁判所のHPに書式記入例まであります。また、住所地の簡易裁判所でも本人申請の指導をしてくれます。費用も数万円とそれほどかかりません。

参考URL:http://www.courts.go.jp/img/tetuduki_red.gif


人気Q&Aランキング

おすすめ情報