先日、出産一時金の請求用紙を頂きに行ったら、「出産手当金請求書」と書かれた用紙を頂きました。出産一時金と出産手当金の請求用紙は同じものなのでしょうか?
また本年度の医療費控除申請はいつから出来て、用紙はどこへもらいにいったらよいのでしょうか?
どうかアドバイスをよろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

出産一時金と出産手当金は一枚の用紙で、該当する項目を丸で囲むようになっていませんか。



医療費控除については、支払った医療費から、健保(出産一時金と出産手当金)や生命保険からの給付金を控除することになっています。
その金額から10万円または所得金額の5%(どちらか少ない額)を医療費控除の対象金額になります。

医療費控除は税務署から用紙をもらって、確定申告で行ないます。
通常の確定申告は2月16日から3月15日ですが、医療費控除などで税金が戻る場合は、1月4日から受け付けています。
この時期は、税務署もすいていますから、必要書類を持っていけば、その場で書き方を教えてもらえます。
早めに提出すれば、当然ですが税金が早く戻ってきます。

必要な書類は、印鑑・医療費の領収書・源泉徴収票と、還付金を振り込んでもらう銀行口座の番号です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お返事ありがとうございます。
用紙は「出産手当金」となっていて、事業主の欄(カレンダーのようなもの)があります。これはみなさんの言う通り、確認した方がいいと思いました。医療費控除は早くてもいいのですね。実は12月にシングルマザーになるので、それ以降はなかなか自由がきかない思い。出来ることは出産前に・・・と思っていました。
詳しいアドバイスありがとうございました。

お礼日時:2001/09/16 17:30

なお、還付申告書ですが、年末だとまだ税務署に届いていないことも考えますから、取りに行かれるときに電話で確認されるのをお勧めします。


それと、回答にあるのですが、「出産手当金」というのは、会社から給与の支払いを受けられないときに給付されるものですから、医療費控除から差し引かねばならないものか疑問です。確か、「日経マネー」のような雑誌で、一時金と手当は別々のものだと書いてあった記憶があります。わたしも、毎年、医療費控除をしているのですが、疑問に思うことは国税相談所などに電話で聞かれるといいと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お返事ありがとうございます。
「出産手当金」は退職して6ヶ月以内でないと貰えないとか。残念ながら私はそれには該当しないので「一時金」の方の請求を・・・と思いました。だから貰った用紙を書いていて「これでいいのかな?」と疑問に思った次第です。
分からないところは電話で聞いてみようと思います。
適切なアドバイスありがとうございました。

お礼日時:2001/09/16 17:34

え~っと、ご自分で保険証をお持ちでしょうか?それとも夫の人の扶養家族でしょうか?


文面から察するに前者ですね(^-^)。

ご自分で保険証をお持ちの場合、「出産育児一時金」と「出産手当金」に両方が給付されますよね(^-^)。
提出先は同じですし、書く内容も変わらないので、請求書は便宜上、1枚で両方の申請になっていることが多いのですが、お手持ちの請求書に「兼出産一時金請求書」とか書いてないですか?
まー出産手当金の請求をすれば自動的に一時金も出るのかもしれませんね。
どちらにしろ、やっぱり一度確認した方がいいとオイラも思います。

医療費控除は確定申告の時期(2~3月)に出来ますが、その時期は税務署も市町村役場もかなり混雑しますので、還付をそんなに急いでなかったら、その時期は用紙を貰うだけにして、確定申告が終わった頃に相談に行かれるとゆっくり丁寧に教えてもらえますよ。
還付申告は確定申告の時にやらなくても別にOKなので、税務署へ行けばいつでも教えてくれます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

分かりました。申告はあとからの方がいいのですね。
参考になりました。
ご丁寧なお返事ありがとうございました。

お礼日時:2001/09/16 17:24

「出産育児一時金」は、手当金と別だと思われます。

一度確認された方がいいでしょう。
で、医療費控除に伴う所得税の還付申告は、翌年になれば提出できることになりますが、還付申告書や書き方の手引きなどの用紙が各税務署に届いてないことがありますから、もらえるかどうか確認されてから行かれたらよいでしょう。税務署においてあります。また、確定申告時期(2~3月初頃)に市町村でも無料税務相談などが開かれる場合があります。書き方が分からない場合は、そういうところでも教えてもらえます。もちろん税務署でも書き方などの相談はできます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

とてもご丁寧なアドバイスありがとうございました。
早速明日にでも確認したいと思います。
還付申告書は年末くらいに取りに行ったらいいですね。
ありがとうございました。

お礼日時:2001/09/16 07:28

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q出産一時金の医療機関直接支払制度が利用出来ない

現在妊娠5ヶ月です。
今通っている産院では、出産一時金の医療機関直接支払制度が
利用できない事になっているため、先にまとまった金額を
病院に払う事になっています。

患者側の負担を減らすために出来た制度だと思うのですが
その制度が利用出来ないのは病院側にどのような事情があるのでしょうか?

Aベストアンサー

年間100以上の分娩を行っていない病院では、直接支払制度は導入できないそうです。

Q出産手当金、出産一時金の記入用紙。

現在、任意継続健康保険に加入中。(前職を退職したため)
夫の扶養には入っていません。国民年金も自分で支払っています。

来月出産予定です。

出産後、手続きがあると思いますが、出産手当金及び一時金の記入用紙は、どこでもらいますか?
両方とも前職の人事部に問い合わせて確認すべきでしょうか?(もしくは健康保険組合でしょうか?)

Aベストアンサー

両方とも、今現在任意継続している健康保険の保険者(保険証に記載されています。)より取り寄せて記入することとなります。

今現在任意継続被保険者となっているのが、政府管掌健康保険(社会保険事務所の健康保険で、保険証に「○○社会保険事務局」と記載さています。)の場合は、社会保険事務所か、お近くの用紙配布所(社会保険事務所に聞いてみてください。)にてもらうことができます。

今現在任意継続被保険者となっているのが、健康保険組合である場合は、原則的に健康保険組合独自の用紙である必要がありますが、政府管掌健康保険の用紙でも可としている健康保険組合もありますので、このあたりは健康保険組合に聞いてみるとよいでしょう。

ここでひとつ得になるワンポイントアドバイス。

出産手当金は、医師の証明が必要ですが、出産育児一時金は医師もしくは市区町村のいずれかの証明が必要です。
出産育児一時金の用紙に、医師に証明してもらうと数千円かかりますが、市区町村に証明してもらうと数百円(市区町村によってはタダである場合も!)で済みます。
どっちの証明でも良いようになっていますので、市区町村に出生届を提出するときに、一緒に証明してもらうようにしましょう。

両方とも、今現在任意継続している健康保険の保険者(保険証に記載されています。)より取り寄せて記入することとなります。

今現在任意継続被保険者となっているのが、政府管掌健康保険(社会保険事務所の健康保険で、保険証に「○○社会保険事務局」と記載さています。)の場合は、社会保険事務所か、お近くの用紙配布所(社会保険事務所に聞いてみてください。)にてもらうことができます。

今現在任意継続被保険者となっているのが、健康保険組合である場合は、原則的に健康保険組合独自の用紙である必要...続きを読む

Q出産育児一時金 直接支払制度について

出産育児一時金 直接支払制度について

企業で社会保険の事務担当をしている者ですが、
今般、平成21年10月1日からの出産育児一時金の見直し以来はじめて、出産予定の社員が控えています。

改正以前の場合には、事前申請にするか通常の申請にするか選択が出来て、それによって申請書が異なるものだったと思うのですが、改正後の手続き方法についていまいち把握できていません。
出産費用が42万円未満で済んだ場合、申請によって差額を請求できることは分かるのですが、そもそもこの制度の利用にあたっては、被保険者が病院で直接支払制度を利用する意思表示さえすれば、(企業の事務担当者による)今までのような申請手続きは不要になったのでしょうか。

Aベストアンサー

ご質問の件ですが、厚生労働省のサイトに
たいへん詳しい資料が用意されていますので、
まず、以下のURLを参照なさるとよろしいかと思います。

http://www.mhlw.go.jp/bunya/iryouhoken/iryouhoken09/07-1a.pdf
http://www.mhlw.go.jp/bunya/iryouhoken/iryouhoken09/07-1.html

直接支払制度(平成23年3月末までの時限措置)ができたことで、
医療機関で被保険者が申請・受取に関する代理契約締結手続をするだけで、
窓口で出産費用を現金で支払わなくても済むようになりました。
(したがって、事業主側としては、基本的には何も行なう必要がありません。)

<被保険者自身で行なわなければならないこと>
1.被保険者証を医療機関に呈示する
2.医療機関の窓口で、申請・受取に関する代理契約を締結する

なお、帝王切開等の手術や入院加療(切迫流産等)を要する場合等、
高額な保険診療を要することが明らかな場合は、
あらかじめ、被保険者の加入する健康保険の保険者(健康保険組合等)から
限度額適用認定証や限度額適用・標準負担額減額認定証の発行を受け、
医療機関に併せて呈示する必要があります。
(事業主として、その旨をあらかじめ伝えておくと良いと思います。)

<直接支払制度を利用しないことも可能>
従来どおり、出産育児一時金等の支給申請を行なうことも、法令上可能です。
但し、その場合には、退院時に、出産費用を負担すべき全額、
医療機関に支払わなければなりません。
なお、手続方法は以下のとおりです(ウとエが追加されました。)。

1.申請書(出産育児一時金等請求書を含む)に併せ、次の書類を添付
(ア)医師又は助産師が発行した出生証明書等、出産の事実を証明する書類
(イ)又は市区町村長が発行した戸籍謄本(抄本)
(ウ)医療機関等から交付される代理契約に関する文書の写し
(エ)医療機関等から交付される出産費用の領収・明細書の写し
(オ)その他、保険者が必要と認める書類(事前に確認しておくこと)

ウには「直接支払制度に係る代理契約を医療機関等と締結していない旨」と
申請先となる「保険者名」が記載されています。
直接支払制度が利用されていないことを確認し、かつ、
重複申請を防止することが目的で、必ず添付されなければいけません。

エには「直接支払制度に係る代理契約を医療機関等と締結していない旨」と
「産科医療補償制度の加算対象出産(+3万円)」であるか否かが
記載されています。
ウと同様の目的があり、必ず添付されなければいけません。

※ 注
 産科医療補償制度に加入している医療機関は、ほぼ100%です。
 したがって、通常、+3万円が加算されます。
 なお、この制度の利用の可否にかかわらず、被保険者が行なう手続は同じです。

<差額支給>
例えば、直接支払制度によって医療機関に支払われた額が41万円だったときは、
42万円との差額の1万円は、被保険者から保険者に請求することによって、
被保険者が現金で受け取ることができます。
医療機関から交付された「費用内訳が記載された領収・明細書」の写しや、
その他必要な書類の添付が求められますので、
被保険者から保険者へ問い合わせるよう、事業主が指導するようにして下さい。
なお、「費用内訳が記載された領収・明細書」には、
「直接支払制度を用い、専用請求書の内容と相違がない」旨が、
必ず記載されることになっていますので、たいへん大事な書類となります。
 

ご質問の件ですが、厚生労働省のサイトに
たいへん詳しい資料が用意されていますので、
まず、以下のURLを参照なさるとよろしいかと思います。

http://www.mhlw.go.jp/bunya/iryouhoken/iryouhoken09/07-1a.pdf
http://www.mhlw.go.jp/bunya/iryouhoken/iryouhoken09/07-1.html

直接支払制度(平成23年3月末までの時限措置)ができたことで、
医療機関で被保険者が申請・受取に関する代理契約締結手続をするだけで、
窓口で出産費用を現金で支払わなくても済むようになりました。
(したがって、事業主側...続きを読む

Q出産一時金、出産育児一時金、出産手当金の受給方法

娘の初産について質問致します。娘、社会保険事業所通算2年以上加入→妊娠を機に先日退職、夫、社会保険事業所通算1年以上加入、現在も勤続中。娘はまだ夫の扶養に入る手続きはしていません。この場合、上記、出産一時金、出産育児一時金、出産手当金を受け取るには、どのような選択、手続きをする事が一番賢いやり方となるのでしょうか。出産一時金と手当金の違いなど調べてみましたが、具体的にどのような選択をすれば良いのか、アドバイスできる程は理解できませんでした(okwave質問:No.1001178も参照致しました)。具体的に選択、手続き方法を教えてくだされば、大変ありがたいのですが。又、こういった具体的な内容はどこに尋ねれば良いのでしょうか。身近に適当な社労士がおりませんので、ハローワークとかで、詳しい内容や賢い選択方法を指導して頂けるのでしたら、娘にその方法もアドバイスしてあげたいと思います。初めての事で戸惑い困っております、どうか宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

すでに娘さんは退職されているので、旦那さんの扶養になられる手続きを急がれるのがいいかと思います。
妊娠を期に退職ということは、これからもしばらく妊婦検診にも通うはずです。その際、助成項目もあり、診察代は安くなりましたが、個人の産院は助成項目だけでは賄いきれません。その際も、無保険(日本ではあり得ませんが…)だったり、国保扱いで受けてしまうと、国保も支払わなければならなくなります。
娘さんの退職日によって被保険者の資格がいつまで有効か変わりますので、それを調べられて、旦那さんの扶養に切り替えられるのがいいと思います。出産一時金も旦那さんの方で請求(最近は病院が直接やられる場合も増えているので、そういった病院なら差額だけ退院時に払うこともできます)かわりなく必要な制度は使うことができます。退職されてから半年以内にご出産なら娘さんの退職された会社で出産一時金の請求ができます。
相談される窓口としては健康保険の適応なので、社会保険加入なら協会けんぽにご相談されるのがよいかと思います。

Q出産育児一時金の直接支払制度を利用しない場合

出産育児一時金の直接支払制度を利用せず、
退院時に全額を自費で支払い、
あとで健康保険組合に出産育児一時金を請求する場合に関して
お尋ねします。

加入している健保組合では下記の3つを提出する必要があります。
(1)出産育児一時金請求書
(自身で記入+医師助産師or市区村長による出生の証明欄あり)
(2)病院で発行される合意文書の写し
(直接支払い制度にかかる代理契約を病院と締結していない旨・申請先の組合名が記載されているもの)
(3)出産費用の領収書・明細書の写し
(直接支払い制度にかかる代理契約を病院と締結していない旨が記載されているもの。産科医療保障制度下の出産に該当する場合スタンプ押印)

この場合、
(1)の証明欄は病院で記載してもらわず、
役場で市区村長による出生の証明を受ければ病院での文書料がかからないかと思います。
(2)(3)は病院で発行してもらう際、一般に文書料が請求されるものでしょうか?

また、直接支払い制度を利用する場合であっても
42万円だけが直接病院に支払われたのち、
別途健保組合独自の付加給付があるようです。
それを受け取るために
(1)出産育児一時金請求書
(2)病院で発行される合意文書の写し
(直接支払い制度にかかる代理契約を病院と締結している旨・申請先の組合名が記載されているもの)
(3)出産費用の領収書・明細書の写し
の提出をする必要があります。
この場合の
(2)(3)も病院で発行してもらう際、一般に文書料が請求されるものでしょうか?

必要書類等は健保組合によって若干異なるかとは思いますが、
ここでお聞きしたいのは、
これらの書類に発行手数料や文書料がかかるものか否か・・・ということです。
もちろん病院にもよるかとは思いますが、
一般的な産婦人科併設の総合病院を想定しています。

厚生省のサイトには
「直接支払制度の合意文書や専用請求書の作成について対価を得ることは、関係法令に反し認められません」
と書かれていましたが、
調べてみたところ
「出産育児一時金請求書 文書料」
なるものを設定している病院は少なくないようです。
ここで設定されている文書料とはどういったものなのでしょうか?

もちろん出産する病院にも聞く予定ですが、
一般的にはどうなっているか是非知りたいです。
お詳しい方からのご返答をお待ちしております。
よろしくお願いいたします。

出産育児一時金の直接支払制度を利用せず、
退院時に全額を自費で支払い、
あとで健康保険組合に出産育児一時金を請求する場合に関して
お尋ねします。

加入している健保組合では下記の3つを提出する必要があります。
(1)出産育児一時金請求書
(自身で記入+医師助産師or市区村長による出生の証明欄あり)
(2)病院で発行される合意文書の写し
(直接支払い制度にかかる代理契約を病院と締結していない旨・申請先の組合名が記載されているもの)
(3)出産費用の領収書・明細書の写し
(直接支払い制度に...続きを読む

Aベストアンサー

私の場合は3年前の出産だったので今と少し違う
所もありますが、総合病院出産で
(1)は病院で記入しましたが、費用はかかりませんでした。
(2)わからないです
(3)支払いをする時に渡されるのでそれを残しておけばいいです。
  無くしてしまわない限り費用は発生しない。
  コピー代はどこでコピーするかで発生しますが。

付加給付の手続きは出産育児一時金請求書
と同時進行で行えば二重に用意する必要は、
うちの保険組合ではなかったです。

Q傷病手当金と出産育児一時金 私は退職した会社の社保で 傷病手当金を受給しています。 現在は国保に

傷病手当金と出産育児一時金

私は退職した会社の社保で
傷病手当金を受給しています。

現在は国保に加入していますが
その場合は、出産育児一時金は
いただけるものなのでしょうか?

Aベストアンサー

傷病手当金と出産手当金(出産育児一時金とは別物。混同しないように。)との間では併給調整があります。
しかし、傷病手当金と出産育児一時金との間ではそのような調整は何らありません。

出産育児一時金を受ける場合は、在職時の健康保険の資格喪失後給付として受ける場合と、国民健康保険の側で受ける場合と、どちらか一方を選択します。
重複して受けることはできません。
在職時の健康保険の側から出産育児一時金を受けたい場合は、以下の要件を全て満たす必要があります。
また、病院への直接支払制度を出産時に利用する場合には、合わせて、在職時の健康保険の側から発行される「健康保険被保険者資格喪失等証明書」を用意する必要があります(病院へ呈示すること)。

◯ 妊娠4か月(85日)以上による出産であること
◯ 資格喪失日の前日(退職日)までに連続1年以上の被保険者期間があること
◯ 資格喪失日(退職日翌日)から6か月以内の出産であること

在職時の健康保険の側から出産育児一時金を受けられる場合には、原則として、そちらのほうで受けます。
上述した全ての要件を満たしているか否かをご確認下さい。

傷病手当金と出産手当金(出産育児一時金とは別物。混同しないように。)との間では併給調整があります。
しかし、傷病手当金と出産育児一時金との間ではそのような調整は何らありません。

出産育児一時金を受ける場合は、在職時の健康保険の資格喪失後給付として受ける場合と、国民健康保険の側で受ける場合と、どちらか一方を選択します。
重複して受けることはできません。
在職時の健康保険の側から出産育児一時金を受けたい場合は、以下の要件を全て満たす必要があります。
また、病院への直接支払制度を出...続きを読む

Q出産育児一時金直接支払制度についての質問です。

出産育児一時金直接支払制度についての質問です。
11月に初めての子供を出産の予定があります。
この制度を使って、オーバーした端数分だけ現金で払うようにしたいのですが
この制度を利用するためにいつ頃手続きをする必要があるのかがイマイチよくわかりません。

状況としては

・里帰り出産を希望。今週お産の予約をしに一度帰省の予定がありますが、その後は30週過ぎる頃まで帰る予定はない。
・手続きの際、健康保険証が必要と記載があるが、今はまだ勤めているため夫とは別々の保険に加入しています。
 里帰りするタイミングで退職する予定のため、その後夫の扶養家族に入ります。
 その為、出産するタイミングで入っている健康保険の保険証は出産ギリギリにならないと入手できない予定です。

この様な状態でいつ手続きを行ったらいいか、どなたかわかる方教えてください。
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

初めまして。6月出産予定の者です。

私の通う病院では、最初の妊婦検診(12週以降)の時点で入院説明を受けました。その際に直接支払いの制度を使用するかしないかも確認されました。

やはり病院によって手続きは違いますし、そもそも直接支払いを受け付けてない病院もありますから、今週末にお産の予約をされる病院で事情の説明と、手続きの確認をされた方が良いと思います。

まだ体調も優れない頃ですよね。お身体大事になさって下さいね。

Q出産育児一時金、出産手当金、失業給付金について

3月8日付で、店舗閉鎖に伴い、解雇となり失業しました。
只今、妊娠5か月で、8月末に出産予定です。

現在、任意継続の形を取っているのですが、こういう場合出産育児一時金、出産手当金、失業給付金はどうなるのでしょうか?

全くわからないので、教えて下さい。宜しくお願いします。

Aベストアンサー

社会保険庁のHPで見れば詳しく分かります。

任意継続では、出産手当金や出産育児一時金は出ません。
ただ、資格喪失時に継続給付の要件を満たしていれば支給されます。
資格喪失時の前、継続して1年以上加入していれば健康保険から出ます。

出産手当金・・・一児につき、35万円。
出産育児一時金・・・出産予定日の前42日間プラス出産予定日後56日間の分がでます。

雇用保険では、出産後8週間後から、育児給付金?(こんな名前だったかな?)の請求できると思います。
ただこの場合、会社からの書類が必要だから、別な請求になるかな?

ちょっと不確かです。

Q中山間地直接支払制度継続について

中山間地直接支払制度の継続が復活折衝で決まりましたが、この継続は17年度のみでしょうか、また前回のように5年間継続されるのでしょうか教えてください。

Aベストアンサー

政府は中山間直接支払制度に代わる制度を検討しており、来年度の予算に反映できなかったことから、17年度のみの手当てです。
復活折衝で長期的予算が取り上げられることはありません。

Q◆出産育児一時金 ◆出産手当金 ◆育児休業給付金 ◆失業保険

◆出産育児一時金 ◆出産手当金 ◆育児休業給付金 ◆失業保険について伺います。
(1)失業保険は最大4年まで延長給付できるとききましたが この失業保険が出た場合◆出産育児一時金 ◆出産手当金 ◆育児休業給付金も条件を満たしていればもらえるのでしょうか?それともどれかもらえなくなるのでしょうか?
(2)◆出産育児一時金 ◆出産手当金 ◆育児休業給付金 ◆失業保険は
それぞれ支払い条件に 加入期間が一年以上や半年以上と条件があるようなのですが、今のご時世、一年継続の派遣仕事を探すのも難しいのですが例えば 三ヶ月の短期派遣仕事+二週間お休み+また三ヶ月派遣仕事をするなどといった働き方になってしまった場合、 継続して一年ないし 半年 続けて加入していなければ上記の給付金は絶対にもらえないのでしょうか
(3)加入条件が一年以上のものの給付金について、これは、 どの時点で一年たっていなければいけないのでしょうか?
例えば2011年2月出産予定だとしますと最低いつから いつまで加入していなければならないのでしょうか?

Aベストアンサー

今のご時世のことは置いておいて・・・

派遣で派遣勤務先が変わっても、社会保険を毎月払い続けているならば継続していますが、そこのところは派遣会社に条件が満たされるのか効いたほうが早いです。情報が少なすぎて答えようがないです。

わたしもすごく詳しいわけではないですが、
◆出産育児一時金
これは出産した時点で健康保険に加入または扶養になっていれば必ずもらえます。加入履歴は関係ないです。
◆出産手当金
加入条件は上記で解決してもらい、条件があることを前提ですが、
まずは産休をもらえるのかもらえないのかで違います。
産休をもらえず退職してしまったら、もらう権利はありません。
あくまでも産後復帰する人の手当です。
でもからくりがあって、産前42日の時点でまだ所属していて、
数日でも産休をもらい退職したら、全額もらえます。
◆育児休業給付金
これも条件を満たし、さらに育休をもらえるならば支給されます。
◆失業保険
これはあまり自信がないのですが、たしか・・・
妊娠して退職したら、失業保険の給付を待ってもらう手続きをします。
そして産後、職を探し始めたときに給付開始になると思います。
4年までと言うのは、手続きをして4年経つまでに求職活動をするならば子宮を受けられると言うことでしょう。4年間支給されるという意味ではないです。

(2)条件が満たされなければ絶対に支給されません。
ボランティアではないので。それに、そんなことできるならばちょっとだけ入って産休とりまぁす、お金下さぁい、って人が出てくるし、
払い続けて頑張って働いている人に、いざと言うときの環境を作っているので、払ってない人にあげれませんよね。

(3)確か、産休手当は産前42日時点、他は出産時点だったような気がします。一番自信がないです・・・

ちなみに・・・
産休手当をもらっている間(産後2ヶ月)までは、給付を受けていても社会保険料は支払いつづけなきゃいけません。
育児休業になってからは免除になります。

今のご時世のことは置いておいて・・・

派遣で派遣勤務先が変わっても、社会保険を毎月払い続けているならば継続していますが、そこのところは派遣会社に条件が満たされるのか効いたほうが早いです。情報が少なすぎて答えようがないです。

わたしもすごく詳しいわけではないですが、
◆出産育児一時金
これは出産した時点で健康保険に加入または扶養になっていれば必ずもらえます。加入履歴は関係ないです。
◆出産手当金
加入条件は上記で解決してもらい、条件があることを前提ですが、
まずは産休をも...続きを読む


人気Q&Aランキング