一応検索して、何もひっかかりませんでしたが、以前にも同じ様な質問があったらすみません。

till until by
…どれも「~まで」という意味ですが、いまいち使い分けが出来ません。
tillとbyに関しては、till-継続 by-完了と問題集に説明されていたのですが、頭悪いのでよく理解出来ませんでした。
更に、塾の先生曰く「tillとuntilは差程変わらない」…。
じゃあ、何で存在しているんだ。tillもuntilも同じ意味なら二つもいらんだろう。という状態です。

受験生なので、「もし入試に出て来たらどーすんだよ~」と胃がキリキリ痛む日々を送っております。
どなたか助けて下さい。よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

辞書はどこのを使ってますか?


ジーニアス英和辞典で調べたら載っていたので、書き出してみます。
「 byとuntil
byは『<未来のある時>までに(は)』という動作・行為の完了の時点で示すのに対し、
untilは『<未来のある時>まで』継続した状態の終点を示す。
したがってbyは継続を表す動詞と、untilは瞬間をあらわす動詞と共には用いない。」
要するに、
A by B.だと「Bの時点までにすでにAで、その後もA」で、
A until B.だと「Bの時点までA、その後はAではない」という感じです。
例文を出すと、
I will have finished my homework by 10 o'clock.
「十時までには宿題を終わらせているだろう。」
By the time that we had walked 2 miles, he was tired.
「2マイル歩いた時点で、彼はすでに疲れていた。(2マイル歩くまでに疲れた状態になった。その先も疲れている。)」
I ate fish until I was full.
「私は魚をお腹いっぱいになるまで食べた。(お腹がいっぱいになってからは食べてない。)」
Wait here until your mother comes back.
「あなたのお母さんが戻って来るまでここで待っていなさい。(お母さんがきた後は待たなくても良い。)」
となります。
tillとuntilは、
「意味の差はなく、英米とも今は一般にuntilが好まれる。
特に文頭や正式の書き言葉ではuntilが普通。
強めてup untilともいう。」
とのことです。
英語にはこの他にもthoughとalthoughのように意味の使い分けの殆どないものがあるので、その点はあまり気にする必要はないと思います。
ジーニアスは有名だし使ってる人も多いので知っているかもしれませんが、英和辞典としてはダントツに使いやすいので、お薦めですよ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。助かりました!

辞書はCROWNを使っています。
ジーニアスの様に細かくは説明してありませんでした…。ジーニアスに変えてやろうかな(苦笑)

by-完了の時点 until-継続した状態の終点
実はこれがよく解らなかったのですよ。しかし今は、()内の説明のおかげで理解出来ました! 
そうか、次の時点でそれが終わるのか、それとも続くのか、という違いだったのか。すごく納得。

tillとuntilに関して。
>特に正式の書き言葉ではuntilが普通。
同義語に何故こだわったのかというと、“正式の書き言葉”、これがどちらか解らなかったからなのです。
“untilが普通”というのを見て安心しました。

再度言わさせて頂きます。ありがとうございました。感謝ッ!

お礼日時:2001/09/17 18:35

ご質問への回答は、いたって簡単なのですが、どうしてこの程度の問題が、学校で解決しないのか、私には不思議でなりません。

(あなたの頭が悪いと言っているのではありませんよ。)

こんな初歩的な疑問にさえ、うまく生徒に答えられない(説明できない)ほど、今の学校や塾の「先生」と称する人種のレベルは低いのかと、改めておどろきました。

さて、あなたのご質問への回答です。

まず、tillとuntilは使い分けが書いてある辞書もあるようですが、まったく同じ意味の前置詞・接続詞として考えてください。同じ意味の単語が2つあると、そんなにおかしいですか。

次にtill・untilとbyの意味の違いです。例文で説明します。

“Please stay here till (until) 6:00 p.m.”
この文は、「6時までここに居てください。」という意味です。
つまり、「6時まで『居る』という動作を『継続』してくれ。」と言っています。

“Please come here by 6:00 p.m.”
この文は、「6時までにここへ来てください。」という意味です。
つまり、「6時までには『来る』という動作を『完了』しておいてくれ。」と言っているのです。ですから、5時に来ようと、5時半に来ようと構いません。

ここまで、理解できましたか。

一般にはtillとuntilは「~まで」と訳し、byは「~までに・~までには」と訳します。

この説明で、まだ分からなければ、「補足」で知らせてください。

それから、これくらいのことで、「胃がキリキリ痛む日々」を送っていたら、将来が思いやられますよ。それにしても、あなたは「先生」に恵まれない環境にあるようで、同情させられます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。
例文、とても解り易かったです。

今思えば、先生方はかなり解り易く説明して下さっていました。只、英文上の“継続”と“完了”の差という根源的なことが解らなかった“私”が理解するには、もう1段階必要だっただけです(決して、先生の説明が悪かった訳ではありません)
今回、その1段階を皆さんが埋めて下さりました。すごく感謝しています。

ここからは私の勝手な考えです。読み流して下さっても構いません。

私は常々、世の中に“全く”同じ意味の言葉なんてないのではないか、と考えております。2つあるからには、双方の間に何か微妙な違いがあるのではないか。tillとuntilにも同じ様ことが言えると思っていました。
では、その“微妙な違い”とは何処なのだろう、イギリスやアメリカ・英語圏の人々は使い分けしているのだろうか、どちらがより一般的なのだろう…。
これ等の疑問が、今回私が質問するにまで至った一因です。
回答を拝見し、疑問は解消されました。
今のところ、英語に関してはもう腑に落ちない点はありません。
当分は胃も安泰です。
唯一の疑問を解消して下さり、ありがとうございました。

お礼日時:2001/09/17 19:11

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qby とuntilの使い方

午前中までにのまでにはbyでしょうか?
untilでしょうか?

The ticket is on sale at the Registration desk by in the morning of May 9.

また 席は限りがありますとは下記でよろしいでしょうか。
Seats available is limited!
英文添削をお願い申し上げます。

Aベストアンサー

こんにちは。4/3のご質問ではお礼のお返事を有難うございました。

既に回答は出ていますが、理由をご説明します。

ご質問1:
<午前中までにのまでにはbyでしょうか?untilでしょうか?>

ここはuntilになります。

1.untilは動作・状態の「継続」を表す場合に使います。
例:
I’ve been studying until the evening.
「夕方までずっと勉強していた」
ここでは「勉強していた」という行為の継続に呼応するので、untilが適切です。

2.byは動作・状態の「完了」を表す場合に使います。
例:
I’ve finished the homework by the evening.
「夕方までに宿題を終えてしまった」
ここでは「終えてしまった」という行為の完了に呼応するので、byが適切です。

3.ご質問文はis on saleがポイントになります。このonは「動作・状態が継続している状態」を表す前置詞です。
例:
on fire「燃えて(いる)」
be on strike「スト決行中」

4.このon saleは「セール中」「売出し中」という、販売期間が継続している状態を表しています。従って、前置詞は「継続」とともに用いられるuntilが適切となるのです。


ご質問2:
<また 席は限りがありますとは下記でよろしいでしょうか。>

以下の点に訂正が必要です。

1.主語はseatsと複数なので、be動詞はareになります。

2.availableが限定用法として後置修飾されていますが、このような場面では、前置修飾します。
例:
The available tickets are sold.
「チケットは売切れだ」

3.以上を踏まえて訂正例は
The available seats are limited.
「席には限りがある」
となります。

4.他にも、availableを叙述用法で用いた表現もあります。
例:
Few tickets are available.
Not so many tickets are available.
「手に入るチケットは多くない」

以上ご参考までに。

こんにちは。4/3のご質問ではお礼のお返事を有難うございました。

既に回答は出ていますが、理由をご説明します。

ご質問1:
<午前中までにのまでにはbyでしょうか?untilでしょうか?>

ここはuntilになります。

1.untilは動作・状態の「継続」を表す場合に使います。
例:
I’ve been studying until the evening.
「夕方までずっと勉強していた」
ここでは「勉強していた」という行為の継続に呼応するので、untilが適切です。

2.byは動作・状態の「完了」を表す場合に使います。
...続きを読む

QUntilとByの違いを覚えるには?

Untilは継続、Byは期限を表す前置詞です。中学の時に英語の授業で「UntilまでByまでに」と習ったおかげで、文法問題ではまず間違えませんが、会話をするときにとっさにどちらがどちらかわからずに困ってしまいます。面白い語呂あわせなどで脳に強烈に印象付けて、会話でUntilとByを使いこなしたいのですが、何とかなりませんか?

Aベストアンサー

until
って英語話していても大した使わないですよ。

全部byを使う勢いでどうぞ

Q完了形と接続詞until, by the time

untilはそれまで継続を表し,by the timeはそれを期限としてそれまでの完了を表すものだと理解しています.
そこで「私がお昼を食べ終わるまで,彼女はずっと待ってくれていた」という例文について考えたいのですが,接続詞untilを使えば,
She waited for me until I finished eating lunch.
となると思います.waitedは単なるwaitの過去形ですが,これで「ずっと待っていた」の継続の意味が生じるのは接続詞untilがあるからということでいいのでしょうか.

一方で,過去完了進行形は「過去のある時点を基点に,それまでの動作の継続」を表すものです.until以下は過去のある時点というよりは幅を持った期間の意味だと思うので,この場合は使えなくて,代わりにthe time I finished eating timeと過去の1点を明確に指し示し,それまでの継続(この期限の「まで」の意のbyを加えてby the timeという接続詞となる)として
She had been waiting for me by the time I finished eating lunch.
と言う感じで過去完了進行形でも表せると思います.

untilとby the timeの違い,完了形(継続用法)の理解は上記のようであっていますでしょうか.

よろしくお願いします.

untilはそれまで継続を表し,by the timeはそれを期限としてそれまでの完了を表すものだと理解しています.
そこで「私がお昼を食べ終わるまで,彼女はずっと待ってくれていた」という例文について考えたいのですが,接続詞untilを使えば,
She waited for me until I finished eating lunch.
となると思います.waitedは単なるwaitの過去形ですが,これで「ずっと待っていた」の継続の意味が生じるのは接続詞untilがあるからということでいいのでしょうか.

一方で,過去完了進行形は「過去のある時点を基...続きを読む

Aベストアンサー

>主節が完了形の継続用法ならばuntil,完了用法ならばby the timeということになるのでしょうか.

完了形であるから継続用法と考えないで、日本語で考えてください(どんな言語でも理論性が無いといけないということです。)
until(〜まで)by the time(〜の時間までに)が直訳です。
She have been waiting for you by the time I finished eating. (食事が終わった時間までに、彼女は貴方を待っていた。)
She have been waiting for you until I finished eating. (食事が終わってしまうまで、彼女は貴方を待っていた。)

の意味の違いが出てくるために前者は理論性に欠けると言うことです。

下記が文法解釈になります。

>1.:「私が食べ終わるまで」という期間におけるwaitという動作の始まりから終わりまでをひとまとまりと見て,単にwaitedという過去形で表したもの.
>2.:「私が食べ終わったとき」という過去の時点を基点として,それまでにおけるwaitという動作の始まりから終わりまでをひとまとまりと見たwaitedの継続を,継続用法の過去完了形を用いて表したもの.

上記解釈は間違いです。
1.と2.は前に申したように同じ意味です。単にformalかinformalかの違いだけです。before、after、until等の時間を示す接続詞を持つ文には、主文と従属節に時間の違いが明確にでる。 故に、
She waited for you until I finished eating.
と主文と従属節の時制を変える必要はない。
she had waited for you I finished eating.
しかし、formalな文章は主文に過去完了を使うことで主文と従属節の時制の違いを明確に示すということです。

一般的に時間を示す接続詞を持つ文は時制の一致を必要としない(1.の文体)というが、formalなwritingになると時制の一致が必要になる。ということです。大過去と同じと思ってもよいです。

>3.:「私が食べ終わるまで」という期間におけるwaitという動作の継続を過去進行形で表したもの.
>4.:「私が食べ終わったとき」という過去の時点を基点として,それまでにおけるwaitという動作の継続を過去完了進行形を用いて表したもの.

1.と2.同様に同じ意味です。formalか否やの問題です。

しかし、1と3の違いはあるでしょ。と言うことです。主文3の進行形には時間の幅があるために主文1よりも継続性を示す。または1.にlongをつけることで継続性を表すことができるのではないか、と言うことです。

>主節が完了形の継続用法ならばuntil,完了用法ならばby the timeということになるのでしょうか.

完了形であるから継続用法と考えないで、日本語で考えてください(どんな言語でも理論性が無いといけないということです。)
until(〜まで)by the time(〜の時間までに)が直訳です。
She have been waiting for you by the time I finished eating. (食事が終わった時間までに、彼女は貴方を待っていた。)
She have been waiting for you until I finished eating. (食事が終わってしまうまで、彼女は貴方を待...続きを読む

Q以前塾で英語の受動態の単元を習った時、 byのあとの省略について、 by us, by you,

以前塾で英語の受動態の単元を習った時、

byのあとの省略について、

by us, by you, by people, by someone

は、省略可能で

by a lot of peopleとby many people

は、省略不可と教えてもらいました。

なぜ a lot of や many が付くと省略できないんですか?

Aベストアンサー

○by us, by you, by people, by someoneというのは「一般的」だから省略可能なのです。

 たとえば、日本語でも、「ベニスは水の都と呼ばれている。」、「ライオンは百獣の王と呼ばれている。」・・・これらは「誰が」ということではなく一般的に呼ばれているから明示する必要がないのです。

 これに対し、a lot of people,many peopleは「限定的」なのです。数の多少とは関係なく、限定された人々なのです。だから、受動態になった時、省略は一般にしないのです。

Qtill the world endsの訳は?

ブリトニースピアーズの曲に「Till the world ends」というタイトルがあって、パソコンで翻訳すると、「世界端まで」と「世界が終わるまで」となっています。

どちらが正しい訳でしょうか?

すみませんが、お教えいただけましたら助かります。

よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

See the sunlight, we ain't stopping
Keep on dancing till the world ends
→ダンスをし続けるわけです。いつまで?世が終るまでーーもちろん、時間のことに他なりません。
till the world endsなら、世の終りまでずっとという意味になります。たとえば、天動説で、地が果てしなく続いているとします。その地にもやがて終りがあるーーという場合、
We will walk from here till the end of the world.
(tillよりもtoを使いたいのですが、これもありかと思います)
というようになります。この場合、世界の端までの意味になります。しかし、till the world endsではないのです。世界はまだ終らない、終りに近づいた、世界は終ったーーみたいに、動詞を使うことで、世界が主語になり、それが終るのは、時間的な意味にしかなりません。距離をイメージした意味の場合、"till the end of the world(この表現は時間・距離どちらにも使える)となります。

ですから、till the world endsは
1.歌詞を見ても「世界が終るまで」の時間的な意味
2.使い方からいっても「世界が終るまで」の時間的な意味
ということになり、「世界が終るまで」が正解です。

以上、ご参考になればと思います。

See the sunlight, we ain't stopping
Keep on dancing till the world ends
→ダンスをし続けるわけです。いつまで?世が終るまでーーもちろん、時間のことに他なりません。
till the world endsなら、世の終りまでずっとという意味になります。たとえば、天動説で、地が果てしなく続いているとします。その地にもやがて終りがあるーーという場合、
We will walk from here till the end of the world.
(tillよりもtoを使いたいのですが、これもありかと思います)
というようになります。この場合、世界の端まで...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報