Apple IDログイン機能メンテナンスのお知らせ

これから核戦争の時代に突入しますね。
ではICBMやSLBMが無理な日本はどーすればよいでしょうか?
答えはあります。
答えは日本式の核爆弾、つまりカミカゼ核を持つことです。
カミカゼ核は日本が得意な軽薄短小型の核兵器です。
カミカゼ核は小さな小さな核兵器で車のトランクやオートバイの荷台、はたまた自転車の荷台にさえ搭載可能です。
いざとなったら日本人はカミカゼ核を車のトランクに載せて特攻するのです。
日本人が核戦争を生き抜くためにはカミカゼ核で特攻する以外ないのではありませんか?

A 回答 (2件)

>カミカゼ核は小さな小さな核兵器



安全に小型化することが、いかに難しいかを御存じないようで。

>いざとなったら日本人はカミカゼ核を車のトランクに載せて特攻するのです。

核は幾ら小型化しても威力があるので、車両で特攻させる必要はありません。

ま・さ・か

衝撃で核反応が起きると思っているのですか? 草が生えて密林になりSDGsに大貢献ですね。さすが、人になる道を歩いている、まだ人に成り切れない存在ですね。
    • good
    • 0

日本の自衛隊は



ICBM

の配備をしていると思いますよ。

神風特別攻撃隊を組織する前に

海上自衛隊
航空自衛隊


仮想敵国からの核ミサイルは迎撃できると思いますよ。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A