経済のことについて無知なので教えて頂きたいんですが・・

湾岸戦争の際に日本は多額の資金援助をしたみたいですが、当時、それが直接日本経済にどう影響したのでしょうか??

また、今回、中東戦争が起ったとして再び日本が資金援助するとしたら、今の日本経済衰退は更に加速しますか?

長期的に見て、今回のテロによって起る戦争によってアメリカの経済は良くなりますよね?日本もそれに影響受けて良くなりますか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

湾岸戦争のときは.たしか.短期で不況になったと記憶しています


長期で今回の戦争の状況を見ると.多分.米国への資本集中によって(実質的に日本が武器を購入したことになる).景気は悪化します。

武器を購入すると確実に不況になります。武器を輸出した場合に限って景気がよくなります。

海外での戦争に対しての資金援助は.日本経済を破綻させることはあっても.回復させることはありません。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q戦争は武器商人などが儲けるためにしてるんですか?

戦争は武器商人などが儲けるためにしてるんですか?

Aベストアンサー

米国34代大統領のアイゼンハワーは、それを指摘して
いました。軍産複合体といいまして、
大統領でもどうしようも無いみたいです。

戦争の原因は色々ありますが、現在では資源と領土が
主な原因になっています。

イラク戦争は石油を巡る戦争であったし、パレスチナ問題は
宗教対立のように見えますが、本質は領土問題です。

資源や領土で戦争の火種が起こる。
そこへ、武器商人が政治家に、献金や票で
圧力を掛けると、
戦争になりやすくなる、ということは考えられます。

Qバブル経済における湾岸戦争の存在

湾岸戦争の始まり、日本ではバブル経済が起こっていました

しかし、原油高騰がおこり、直後、バブル経済が崩壊。
多額の資金援助もおこなったようですが、これらはバブル崩壊にかかわってくるのでしょうか?


原油の高騰は、~だから、バブル崩壊に関わる
資金援助は、~だから、バブル崩壊に関わる

など、理由をつけて回答してくれるとうれしいです
お願いします

Aベストアンサー

http://oshiete1.goo.ne.jp/qa142136.html
http://www.haitou-check.com/t-h/007.html

上のサイトにある情報を使えば簡単にできます。
ご覧ください。

Q戦争末期の中国戦線への武器弾薬の補給について

太平洋戦争末期の中国戦線(日中戦争)への武器弾薬の補給に
ついてですが、戦争末期になると米潜水艦の暗躍により、
商船を安全に送り込む余裕もなかったと思いますが、(最悪略奪すれば・・・な)食料はともかく、戦車や小銃などの武器や弾薬は
どのようにして日本本土から補給してたのでしょうか?
それとも日本海経由である程度終戦まで補給は継続していたのでしょうか?

Aベストアンサー

 太平洋戦争末期ということですが、1944年(昭和19)4月から発起した一号作戦という大作戦時でいえば、それまで中国にある兵器補給廠や貨物廠に貯蔵していた軍需物資がありました。(当時上海の第13軍参謀だった曲寿郎氏の回想による)また、内地からは朝鮮沿岸沿い経由で上海までは海上輸送で補給ができました。つぎに物資を補給する輸送部隊として満洲の関東軍から野戦輸送司令部2、独立自動車大隊7、独立自動車中隊2、独立輜重兵大隊3、独立輜重兵中隊6、野戦自動車廠移動修理班1が編入されています。これ等の部隊はなし得る限りの予備資材や燃料を携行することとされていました。このほかに中国には支那派遣軍野戦造兵廠があり、各種兵器や弾薬の製造を行なっていました。本廠、教育部を南京に設置、支廠を漢口、上海におき、天津と南京に製造所がありました。南京製造所は金稜工廠とよばれていました。

 45年に入ると、門司から釜山までの海上ルートにせばまり、しかも人のみとなり釜山からいったん満洲に入り兵器や軍馬、車輌を受領して鉄道で中国へ輸送されるのが主となりました。というのも満洲には1941年7月に行なわれた軍需動員(関特演)による蓄積があったためで、このころになると日本本土防衛のために満洲から部隊や軍需品が内地へ逆輸送されるようになっていました。

 太平洋戦争末期ということですが、1944年(昭和19)4月から発起した一号作戦という大作戦時でいえば、それまで中国にある兵器補給廠や貨物廠に貯蔵していた軍需物資がありました。(当時上海の第13軍参謀だった曲寿郎氏の回想による)また、内地からは朝鮮沿岸沿い経由で上海までは海上輸送で補給ができました。つぎに物資を補給する輸送部隊として満洲の関東軍から野戦輸送司令部2、独立自動車大隊7、独立自動車中隊2、独立輜重兵大隊3、独立輜重兵中隊6、野戦自動車廠移動修理班1が編入されてい...続きを読む

Q資金援助と発展途上国の経済

チャイルドスポンサーをしていてふと気づきました。
私は経済は初心者ですが、
GDP=C+I+G+(X-M) という関係は知っています。
しかし、日本をはじめ先進国は膨大な額を発展途上国に対して毎年援助しています。しかし貧困の絶対数は増えていると聞きます。 上記の式を考えると、日本政府は発展途上国のGにお金を援助し、援助された国は乗数効果などにより経済は発展してもおかしくはないと思います。つまりいずれは援助などしなくてもいい時代がきてもいいと思います。
しかしなぜ発展途上国の経済は発展しないのでしょうか?
自分が考えるに、その国にその資金を効率よく運用できる制度や政策がないからだと考えます。
しかし、その効率よく運用できる制度や政策とはなんなのでしょうか? もしくは他の理由があるのでしょうか?
わからないことだらけなのですが宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

別の回答者の方からは、「日本の経済援助は物に援助します……しかし、人に投資してません」という指摘がありましたが、私は必ずしもそうは言えないと思います。まず、日本のODAの一部は、技術訓練や留学・研修の受入れに回っています。その割合をもっと増やすべき、というのなら私も賛成ですが。また、ハードを提供し、それを相手国に引き渡して運営させる段階で、相手国の人間は技術を学ぶ(はず)わけで、ハードが人を育てる部分もあります。(ただし、実態においては、かつてよりは世間の目が厳しくなって改善しているとはいえ、まだ現地ニーズを反映しない援助案件が無くなったとはいえません。この問題にはいまは詳しく触れませんが。)

援助しても思うように発展しないのが、「その国にその資金を効率よく運用できる制度や政策がないから」というのは、とりあえず正しいですが、「途上国は、良い制度や政策がないから、発展しないのだ」というだけでは、ほとんど同義反復です。「途上国は途上国だから途上国なんだ」と言っているのと変わりません。(但し、東アジア、東南アジアの現在の経済的離陸、経済発展には、日本の援助の効果も大きかったと現在では認められているので、全ての途上国で援助の効果が出なかったわけではありません。)

「その効率よく運用できる制度や政策とはなんなのでしょうか?」 この問いこそ大事な問いですが、答えは一見簡単(=「教育」)ですが、しかし現実に何をすべきかを議論するには満足できる答ではありません。結局、「教育を高めることができる制度や政策とはなんなのでしょうか?」という問いがすぐに出てくるからです。
教育が発展に必要なことは、ほとんど自明です。援助する先進国政府だって途上国側だって、そんなことは知っています。
大学を作り、先進国への留学機会を増やしても(でも、それだけでは経済発展にはあまり役立たないと思います。大学が整備され、かなりの数が欧米留学していても、国民経済は低い水準に留まる途上国は多いです。)、その能力を活用するには、多くの場合、社会の改革が必要です。
コネ優先社会からの脱皮、経済活動の自由化は必須だと思いますが、そのためには、政治では自由・デモクラシー・公正な司法、経済では経済統制を廃止して自由市場経済化、が必要です。民主主義・自由が先か、経済発展が先か、という議論にもなります。
でも、政治経済の体制変革そのもの(ほとんど革命)を援助国が要求するのは、今の世界では乱暴すぎて無理ですね。
長くなったので、この辺で止めますが、要するに簡単な解決策は無く、発展に○○○が必要と言うだけでもまだ解決にはならない、フクザツな問題なのです。

別の回答者の方からは、「日本の経済援助は物に援助します……しかし、人に投資してません」という指摘がありましたが、私は必ずしもそうは言えないと思います。まず、日本のODAの一部は、技術訓練や留学・研修の受入れに回っています。その割合をもっと増やすべき、というのなら私も賛成ですが。また、ハードを提供し、それを相手国に引き渡して運営させる段階で、相手国の人間は技術を学ぶ(はず)わけで、ハードが人を育てる部分もあります。(ただし、実態においては、かつてよりは世間の目が厳しくなって改善し...続きを読む

Q抗日戦争、中国側の武器(戦闘組織・手段・支援)について

日中戦争時、抗日中国人の組織、戦闘手段(武器とその使用)、武器支援(購入方法)、について教えて下さい。

日本側は日中戦争中年間2万人ほどの死傷者がでていたそうですが、中国兵は強力な武器を持っていたようだという話しか知りません。

中国兵の所有はあくまでもライフル・機銃、拳銃だけであったとして、日本兵が所有していたライフルとの性能を比較して、知っておきたいです。

Aベストアンサー

>「当時の日本兵は蒋介石の軍隊とは戦ったが、共産党の軍隊と戦った記憶が無い」
それは地域による違いでしょう。山東地区では共産党軍の主力である通称「八路軍」が日本の59師団と戦っています。(もっとも、彼らの戦果報告は明らかに過大ですが)また、弾薬の乏しい八路軍は徹底的にゲリラ戦術でしたので、軍ではなく匪賊という認識だったのかもしれません。なお、戦後の国共内戦では国共両軍に旧日本兵の一部が強力、捕獲された戦車や戦闘機の扱いを教えたり、自ら操作して参戦したこともありました。

>ドイツのI号戦車A型
三国同盟以降に日本軍に捕獲(リンク先の一番下の画像参照)され、内地に持ち込まれ展示されましたが、気を使って「ロシア製」という説明表示になっていたそうです。
http://www2.ttcn.ne.jp/~heikiseikatsu/mokei/CAMARA.htm
他にも国民党軍は3.7cm対戦車砲PAK36や8.8cm高射砲(有名なFLAK18や36/37ではなく、海軍の沿岸砲)も使われており、後者は日本軍にコピーされ九九式八糎高射砲として生産されました。
http://www.warbirds.jp/kunimoto/type51/88-1.htm

参考URL:http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%85%AB%E8%B7%AF%E8%BB%8D

>「当時の日本兵は蒋介石の軍隊とは戦ったが、共産党の軍隊と戦った記憶が無い」
それは地域による違いでしょう。山東地区では共産党軍の主力である通称「八路軍」が日本の59師団と戦っています。(もっとも、彼らの戦果報告は明らかに過大ですが)また、弾薬の乏しい八路軍は徹底的にゲリラ戦術でしたので、軍ではなく匪賊という認識だったのかもしれません。なお、戦後の国共内戦では国共両軍に旧日本兵の一部が強力、捕獲された戦車や戦闘機の扱いを教えたり、自ら操作して参戦したこともありました。

>ド...続きを読む

Q地方経済活性化による日本経済の影響

はじめまして

僕の家の近くには商店街があります。しかしそこは半分ぐらいの店がシャッターを降ろしています。小さいころからお世話になっている店もあります。なので将来税理士になって事務所を建て助けたいです。

私がこれをすることによって地方経済は活性化されますか?そして活性化されれば日本経済全体の影響はでうなりますか?

文章能力低いのに最後まで読んでいただきありがとうございます。わかる方教えてもらってよろしいですか?

お願いします

Aベストアンサー

地元を助けたいと思うお気持ち、立派ですね。しかし、貴方が税理士さんになられても、街は活性化しないですし、貴方の地元を救うことは出来ないかと思います。
地方の街が潤うのには、観光とか、企業誘致など、人口の増加が不可欠ですね。仕事があれば人は来ます。人が集まれば経済が発展します。
こういうメカニズムが回るような政策が大切です。

Qベトナム戦争の頃、米軍とベトナム軍が使っていた武器はそれぞれどんなもの

ベトナム戦争の頃、米軍とベトナム軍が使っていた武器はそれぞれどんなものがあるでしょうか?
M16やAK47などのメジャー処は知っているのですが、もっとマニアックな銃が知りたいです。
URLだけ貼るというのはナシでお願いします…

乱文失礼しました

Aベストアンサー

北ヴェトナム軍が使用していた消音器内蔵の中国製拳銃「六四式微声手槍」はどうでしょう。

中国の人民解放軍特殊部隊に1964年に制式採用され、専用の7.65ミリ弾を採用。
音を極力出さないことを主眼に設計されたため、ほとんど音を出さないとか。
ベトナム戦争でアメリカ軍に捕獲されて、初めてその存在が知られました。
のちに小型軽量化された六七式微声手槍も開発されました。

中折れ式のグレネードランチャーM79もヴェトナム戦争がデビュー戦です。

小ネタとして、AK47のマガジンが不足気味だったため韓国でも製造されていたそうです。
アメリカ側に兵士を送り、ソ連側に武器を供給してたわけですな。

Q年金資金の株への投入増額 今回の株暴落の影響は ?

日本の年金資金が、半分株にまわっていると聞いていますが、今回の株暴落の影響はどうでしょうか。
 年金資金が、四分の一から二分の一に増やした直後の暴落ですので心配しています。

Aベストアンサー

非常に大きい損失のはずです。

しかし、時期的には去年10月の追加金融緩和ころからも、割合を変えています。すなわち、追加金融緩和とほぼ同時に株式を多くした部分がありますので、その後の追加金融緩和に伴う大幅な株価上昇に伴い、大きな利益分があるでしょう。どれだけそれらと打ち消しあったか?は次の報告まで待たなければいけません。たぶん、まだプラスだと思う。(今年分は現時点でプラスマイナス0くらい)

年金機構はその辺はプロですので、むしろ急落後に株を買ったりしている(今後儲かるので)かもしれません。

Q日中戦争の頃の中国の武器はどのようなものでしたか?

日中戦争の頃の中国側の武器はどのようなものでしたか?
古い映画をみて、機関銃と迫撃砲くらいしか出てこないので、貧弱だったのかなと想像しています。
戦車や飛行機、戦艦、潜水艦などなかったのでしょうか?
飛行機などあれば日本本土を空襲したはずですよね。

中国の装備が貧弱であったので、日本はやすやすと侵入できたと考えてよいでしょうか?

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

当時の中国軍の装備はドイツの軍事顧問の指導により改善の途中でした。
チェコより輸入した機関銃は当時の最高級で、揚子江河口地区の防御陣地はトーチカなど近代陣地の装備でした。
この為上陸した名古屋師団はこの陣地に肉弾戦を挑み大損害をうけました。

当時中国軍は蒋介石の政府正規軍と軍閥の私兵からなっており、正規軍はかなりの近代装備を有していましたが軍閥の私兵は貧弱な装備でした。
正規軍は37ミリ以下程度の対戦車砲も有しており日本軍の軽戦車は撃破されたのです。
しかしこれらの装備を有していた正規軍が初期の防衛戦で消耗すると、彼我の兵器差は大きく開きました。

中国空軍は海外の義勇軍の混成で機種も2戦級でしたが奥地の重慶に遷都しての防衛ではかなり活躍し日本の護衛のない爆撃機は大きな損害をうけました。
開発直後のゼロ戦が護衛についてからは日本軍の一方的な勝利になったのです。

中国戦線での迫撃砲の脅威は唯一の大口径砲として日本軍を悩ませました。

しかし戦争末期にはビルマ経由の援将ルートで米英の近代重火器が到着しこれを装備した中国軍に北ビルマの防衛拠点を次々に奪われ玉砕が続きました。

中共軍とはゲリラ戦で困らせられ、かなりの兵力を貼り付けざるを得なかったのですがここでも戦争末期に
中共軍の百団大戦攻勢で板垣師団は大損害を受けました。
決して中国戦線では勝利だけではなかった事実は知っておく必要があります。

当時の中国軍の装備はドイツの軍事顧問の指導により改善の途中でした。
チェコより輸入した機関銃は当時の最高級で、揚子江河口地区の防御陣地はトーチカなど近代陣地の装備でした。
この為上陸した名古屋師団はこの陣地に肉弾戦を挑み大損害をうけました。

当時中国軍は蒋介石の政府正規軍と軍閥の私兵からなっており、正規軍はかなりの近代装備を有していましたが軍閥の私兵は貧弱な装備でした。
正規軍は37ミリ以下程度の対戦車砲も有しており日本軍の軽戦車は撃破されたのです。
しかしこれらの装備...続きを読む

Q【日本の経済成長率が鈍化】日本の経済成長率はIMF世界経済見通しによると0.5%の成長だそうです。

【日本の経済成長率が鈍化】日本の経済成長率はIMF世界経済見通しによると0.5%の成長だそうです。

日本は人口が減っているのに0.5%もなぜ成長出来ているのでしょうか?

正社員は23万人減って、非正規労働者は172万人も増加しています。

貧困層が増加する一方なのに経済成長率は0.5%でも伸びているのが不思議です。

普通は貧乏人が増えれば増えるほど消費は鈍化して経済成長率はマイナスになると思うんですが逆にプラスになっているのが不思議でなりません。

どういう仕組みですか?

人口も減って、非正規労働者の貧困層が増加して、どうやって+0.5%の経済成長率になるんですか?

Aベストアンサー

たぶん、今も量的金融緩和をやっているからです。年間80兆円。

アメリカでは、量的金融緩和で3年間も経済が成長し続けました。
日本は、1年間ちょっとだけで、あとは消費税アップで頭打ち。
それでも、莫大な金融緩和のせいで、なんとか0.5%という数字が保たれている、と思われます。

消費税アップさえしなければ、経済がもっと成長し、一般税収もあがり、財政再建もできていたでしょう。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報