電子書籍の厳選無料作品が豊富!

岡山の最低気温の予想がこの時期になると大幅に下方修正される日が多くなっています。今日の現在の最低気温は3℃で、予想は当初は9℃とだいぶ高い予想で、6℃も下方修正されました。
24日は特に強い寒気が入ってくる予想なのに、24日の最低気温は3℃と、今日と同じ予想です。寒気が入ってくるのなら、寒気が入ってきていない今日よりは低く予想しなければならないはずです。
24日のも、これからもっと下方修正されると思っていますが、
例年、寒い時季になると、寒気が入ってきていない日の実際の最低気温と、寒気が入ってくると予想されている日の最低気温との差があまりなかったり、同じだったりすることがよくあり、結局、観測結果は下方修正され、最低気温は寒気が入ってきた日の方が低くなるということが起きています。このように予想に対して観測結果がこうなるということを気象庁も毎年同じ時期に経験していて分かっているはずなのに、なぜ初めからもっと低い気温を予想しないのでしょうか。

A 回答 (2件)

気象庁は予報の精度(誤差)を検証して詳細結果を公表しています。


公表内容を確認して、不審な点や改善すべき点があれば問い合わせもしくは申し入れてみてはいかがでしょう。

気象庁本庁 天気相談所
https://www.jma.go.jp/jma/kishou/intro/tenso_ind …

大阪管区気象台 天気相談所(近畿2府4県、中国四国8県を管轄)
https://www.data.jma.go.jp/osaka/an-nai/an-nai.h …

ご意見・ご感想はWebメールでも可
https://ds.data.jma.go.jp/opinion.php/index.php

--------------

気象庁
ホーム > 各種データ・資料 > 天気予報の精度検証結果
https://www.data.jma.go.jp/yoho/kensho/yohohyoka …

■予報精度検証結果の詳細
・天気予報の検証結果(今日、明日、明後日の予報)
・週間天気予報の検証結果(天気予報で予報する範囲を除く、向こう7日間の予報)
 ※予報精度の検証結果は月に1回更新します。pdfファイルで提供している資料があります。
・検証方法の説明

■月毎の精度の例年値
・降水の有無の適中率の例年値
・最高気温の予報誤差の例年値
・最低気温の予報誤差の例年値
・天気予報の精度の例年値とその特徴
    • good
    • 0

転機を予測する事がどれほど難しい事かご存じない。



>このように予想に対して観測結果がこうなるということを気象庁も毎年同じ時期に経験していて分かっているはず

ならば、貴方が天気予報から読み取って自己判断すればよいですね。
    • good
    • 1

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A