先日テレビで見たのですが、バミューダ海域で突然行方不明になった飛行機が、35年後にブラジルの空港に突如現れ管制塔の指示に従わず勝手に着陸しその機中を調べれば乗客は、白骨化した死体だったそうなのですが・・・ちょっと信じられません。この飛行機の機体は、その後どうなったのでしょうか?いったいどういったことが考えられるにでしょうか?誰か教えて下さい。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

この話には後日談がありません。

つまり、このようなこと
が起こった証拠が、地球上のどこにも残っていないのです。

どっかの国のタブロイド紙の捏造と考えるのが普通です。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ありがとうございました。やっぱりUSO(ウソ)でしたか。

お礼日時:2001/09/20 10:15

makochiさんの意見と重複しますが、ネタでしょう。


先日国内で漁船だかの船長が1ヶ月遭難し無事に生還したニュースがありましたが、海外とはいえ35年ぶりの帰還なんて話があるなら各メディアで話題にならないわけがありません。
つくづつNTVってこういうの好きですね(笑)
あ、NTVにメールで問い合わせるというのはどうでしょうか?反応が気になりますね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

番組で紹介されていた。機体を調べているモノクロの写真ですが、当時ジェット機といえば、やっとコメットが飛んだ頃でしょうから、そういった意味からも当時では、まだ存在しない筈の機体が行方不明になるとは、なんとも恐ろしい・・・どうもありがとうございました。

お礼日時:2001/09/20 10:31

その話が真実であれば、世間はとっくに大騒ぎでしょう。

でも誰も騒いでない。
100歩ゆずって、世間に知られては困るというので政府や何らかの秘密機関がその事実を隠蔽したとしましょう。
でも、そんな極秘のことをどうして日本のテレビ局がスクープできるのでしょう。
それに、スクープにしては扱いがお粗末じゃないですか。どうせなら特番組んで大々的にやられなければ。

で、結局はそういうことです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

番組を信じかけてしまった私が、バカでした。ありがとうございました。

お礼日時:2001/09/20 10:18

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qバミューダトライアングルについて

カテ違いかもしれませんが、宜しくお願いします。

昔話題になった「バミューダトライアングル」の原因は、結局何だったのですか?
今では、さっぱり聞きませんが、同じような事件は今も起きているのでしょうか?

Aベストアンサー

バミューダトライアングルの名を広めたローレンツ・D・クシュの「魔の三角海域 その伝説の謎を解く」には、明らかに他の場所で発生した事件等の関係ない事件や残骸などが発見されている一般的な遭難事件をバミューダでの事象とした捏造が多く、これらをスクリーニングすると、特に事故の多い海域ではないと言うことが明らかになっています。

そういう意味では、取っかかりが捏造だったことが判明してしまっているわけで、バミューダで起こっていない事故の原因を探ってもそれこそ謎になってしまいます。

Q福島第一原発周辺海域の放射線濃度

質問が2つあります。どちらかひとつだけでも結構ですのでお教えください。

(1)時々発表されています福島第一原発周辺海域の放射線濃度なのですが、いつもたいした変化はないようです。普通に考えて外海に繋がっているならばどんどん拡散されていきますので減少していくと思うのです。変化がないということは閉鎖海域で測定しているということなのでしょうか?それとも新たな流出が続いているということなのでしょうか?

(2)除染の作業をテレビで見ますと高圧洗浄器で建物や樹木を洗っています。そこで質問です。洗ったあとどんな作業をしているのでしょうか?

Aベストアンサー

原発から、或いは汚染された地下水から少しずつ現地海域に漏れ出しているでしょうが、海水調査で検出されている放射能は今では殆ど「海底土」から来ているものでしょうね。
海底土に蓄積された放射性物質の由来は、「大気から」と、流出した「汚染水から」の2通りです。
海水に混じった放射性物質は多くが海流によって遠方に拡散され、一部が海底に沈殿してその場に留まっています。
この海底に蓄積された放射性物質が舞い上がって海水中で検出されてます。

今後の魚介類汚染の元と成るのがこの海底土の放射能汚染ですね。

Q芝(バミューダ)について

50cm×50cm位の生えた状態で、後は貼るだけの芝をホームセンターで見かけますが、ああいう状態でバミューダという種類の芝は販売されていないのでしょうか?
種で販売されているのは見かけるのですが・・・。

芝には全く無知なので、どうやって調べれば良いのかわかりません。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

>バミューダが「緑茶」で
テフトンが「おーいお茶」がっていう感じでしょうか?

バミューダが「緑茶」でティフトンが「伊藤園」でティフトン419が「おーいお茶」って感じ。
品種はティフファイン(Tiffine)、ティフグリーン(Tifgreen Tifton328)、ティフウェイ(Tifway Tifton419)、ティフドワーフ(Tifdwarf)などがあります。
下の参考URLを見てください。

参考 芝生の基礎知識
芝生の品種 バーミューダグラス類
http://www.chibagreen.co.jp/basic/basic_knowledge_4.html

ネットで売っているのはティフウェイ(Tifway Tifton419)が多いようです。
検索 ティフトン
http://www.google.co.jp/search?hl=ja&q=%E3%83%86%E3%82%A3%E3%83%95%E3%83%88%E3%83%B3&lr=

Q冷却塔の性能と外気湿球温度との関係

こんばんは。

今、冷却塔の選定をしていて疑問に思ったのですが、たとえば定格性能が次のような場合、
○冷却塔の冷却能力1000kW
○入口温度37℃ → 出口温度32℃
○@外気湿球温度27℃

外気湿球温度が30℃になったら冷却能力はどの程度落ちるのでしょうか?(入口温度と流量は一定として、出口温度はどの程度下がらなくなるのでしょうか?)

考え方だけでも結構ですので、教えてください!<(_ _)>

Aベストアンサー

ほんとうに、大雑把な考え方としてですが、

冷却水の入り口温度と流量が変わらず、外湿球温度が、定格よりも高い条件でしたら、湿球温度と出口温度の温度差(アプローチ)が変わらない、と仮定することが出来ます。

御質問のケースでは、アプローチが5℃で変わらないと仮定すれば、冷却水は35℃までは冷却できると考えられます。

実際には、冷却熱量が少なくなるので、もう少しは温度が下がる(アプローチが小さくなる)とは思いますが、「安全側」で見るのでしたら、それが一つの考え方です。
ほかにもいろいろありますが、簡単なのはこの方法だと思います。

もちろん、一番確実なのは冷却塔メーカーに問い合わせることですけど。

御参考まで。

Qバミューダトライアングルについて

20年程前、小学生の頃「学研の科学」という本に「バミューダトライアングル」のことが載っており、「この海域に船が入ると、消息不明になってしまう。」と説明してありました。
・・・・これって、ホントウでしょうか?

Aベストアンサー

残念ながら、嘘です。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%90%E3%83%9F%E3%83%A5%E3%83%BC%E3%83%80%E3%83%88%E3%83%A9%E3%82%A4%E3%82%A2%E3%83%B3%E3%82%B0%E3%83%AB

Q飛行機と鉄道

北海道まで新幹線が建設されたとします。どちらが環境への負荷が大きいですか。ただし新幹線は建設時も含めるものとします。

Aベストアンサー

 
  数値的根拠がありませんので、あくまでアナログ的な考察です。
 
  答えとしては、新幹線の方が環境に対する負荷は大きいと思います。
  その根拠は :
 
  1)飛行機機体・空港などに必要な物質資材と、新幹線列車・鉄道線・幹線駅の建築に必要な資材を考えれば、新幹線の方が、物質資材を多く消費するように思える。(これは、廃棄物となった時、環境への負荷となるのです)。
 
  2)自然環境へのストレートな影響・負荷で考えると、航空路線は、飛行場の建設により、その地域の自然環境を破壊するでしょう。しかし、これは、無闇に不要な地方空港を造らなければ、比較的に環境破壊の程度は小さいでしょう。また、航空ジェット燃料を航空機は大量に消費し、排気ガスを大気に放出し、環境汚染・環境負荷を与えることは間違いありません。しかし、これは、新幹線との比較で考える必要があるのです。
 
  そこで、新幹線の場合、建設途上において、東北日本の中心部当たりを恐らく貫通するであろうから、かなり森林等を破壊すると考えねばなりません。通常の鉄道よりも、新幹線建設の環境・森林破壊は大規模なはずで、路線の周囲10キロか20キロは、環境が破壊されるか劣化されると考えねばならないでしょう。日本列島の自然環境のなかで、東北の真ん中に人工の破壊を貫通的に行うと、列島の森林環境は、東北で亀裂を入れられることになり、路線面積やその周辺への直接影響だけではなく、東北地方全域の環境破壊を誘導する可能性があるということです。沿線駅が多数造られるでしょうし、東北の自然森林に打撃を与えるでしょう。そして、この破壊と打撃は、一旦行われると、回復しないでしょう。森林が残っても植生が変化してしまうことがあり、また、観光客などが、いままで人々の訪れなかった山奥などに入り込むでしょう。町興しとか地方振興と呼んでいるものは、環境の破壊と擬似都市化を意味するというべきです。エネルギー的には電気エネルギーが必要で、火力発電の排ガスの増大や、原子炉の稼働による環境負荷が生じるでしょうが、それは、新幹線を通さなくとも、その程度の電気エネルギー消費の増大は考えられることです。
 
  新幹線は、火力発電にせよ、原子力発電にせよ、未来展望がなく、おそらく、21世紀から22世紀にかけて、新幹線路線運行は破綻するでしょう。すると、残るのは、環境破壊だけになります。
 
  3)エネルギーの将来的展望が関係してくるのですが、航空機のジェット燃料は、後半世紀ぐらいしか、長くてもたないように思えます。新幹線の方が少し寿命が長いかも知れませんが、日本列島の経済的技術的繁栄は、21世紀には、従来のようには望めないでしょう。つまり、航空路線も新幹線も、21世紀半ばまでには、無用の長物となっている可能性が高いでしょう。特に新幹線は、路線自体が半世紀もたないでしょう。東北は、何かよほどの革新的イノヴェーションがない限り、経済的にも技術的にも衰退するでしょう。つまり、半世紀後には、北海道宛の航空路線も新幹線も、需要性がなくなるだろうということです。
 
  こういったことを考えると、永続的な環境インパクトをどちらの方が大きく与えるかと言えば、新幹線の方が大であるということになります。東北の自然を破壊してまで、遠からぬ未来に需要のなくなる新幹線を建設することは、無用な環境負荷でしょう。航空機の与える環境負荷も大ですが、比較的に、新幹線の方が、負荷は多きいように思えるということです。

------------------------------------------- 
  (かなり悲観的な未来展望ですが、20世紀の日本やアメリカ・西欧の繁栄が、後先を考えない、目先の利益だけ、現在の都合だけのその場しのぎの開発と破壊によって維持されて来たのであって、こういう消費過剰の文明は、あと半世紀の寿命を持たないと思え、経済システム、技術生産システム、世界貿易構造、地理的文化的政治的求心力の喪失と、世界文化の砂漠化(文化の荒廃化)による、現欧米中心世界文化オーダーは、破綻するだろうということです。破綻の可能性や兆候は幾らでもあるのに対し、それを回避するというより、新しい文明世界を築くための構想も技術も社会提携も、何も準備されていないのです)。
 

 
  数値的根拠がありませんので、あくまでアナログ的な考察です。
 
  答えとしては、新幹線の方が環境に対する負荷は大きいと思います。
  その根拠は :
 
  1)飛行機機体・空港などに必要な物質資材と、新幹線列車・鉄道線・幹線駅の建築に必要な資材を考えれば、新幹線の方が、物質資材を多く消費するように思える。(これは、廃棄物となった時、環境への負荷となるのです)。
 
  2)自然環境へのストレートな影響・負荷で考えると、航空路線は、飛行場の建設により、その地域の自...続きを読む

Q青木ヶ原樹海やバミューダ海域で電子コンパスは機能するか

最近Android携帯HT03Aを買いました。HT03Aには標準で羅針盤という電子コンパスアプリがインストールされています。
ふと、コンパスが狂うため迷い込んだら抜け出せないといわれる青木ヶ原樹海やバミューダ海域とかで同機を使ったら、やはり狂うのでしょうか?

Aベストアンサー

富士樹海で実用に耐えないほどにコンパスが狂うというのは都市伝説です。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%9D%92%E6%9C%A8%E3%83%B6%E5%8E%9F#.E9.9D.92.E6.9C.A8.E3.83.B6.E5.8E.9F.E3.81.AB.E3.81.BE.E3.81.A4.E3.82.8F.E3.82.8B.E4.BF.97.E8.AA.AC

また、実際に樹海でテストした携帯もあります。
http://plusd.itmedia.co.jp/mobile/0204/24/n_gpsk.html

Q飛行機の電気配線

飛行機の電気配線
飛行機の電気配線知っている方教えてください。飛行の中は、交流であると聞いていますが電源の行き返りの線はどちらもケーブルを使用しているのでしょうか。それとも車のようにシャーシをグランドにしてケーブルの線数を減らして配線しているのでしょうか

Aベストアンサー

最近のものはどうかと思いますが、30年くらい前は3相4線式の航空機で400HZ AC115Vで
制御系統については、車両と同じく帰り線はフレーム(ボディー)だったと思います。
ブレーカーは、当時、プル式の片切りブレーカでした。電線も被覆が薄く、キャプトンワイヤーと
呼ばれていたものもあり、爪でも被覆がはがれると聞きました。軽量化のためとか、また、
LANケーブルのようにねじってノイズ防止をしていたと記憶してます。

Qカー・オブ・ザ・イヤーの「ザ」は「ジ」ではないのか

あいうえおの前の「ザ」は「ジ」になると学校で習ったはずですが、カー・オブ・ザ・イヤーの「ザ」は、なぜ「ジ」ではないのかわかる方教えてください。

Aベストアンサー

口語ではあまり重要視されないというか、逆に強調したい時には「ザ」を使うようです。ネイティブの人でも知らない人が多い文法だそうで。
http://www.bk1.co.jp/product/02524556
http://chiebukuro.yahoo.co.jp/service/question_detail.php?queId=7561690

また、year の先頭は半母音という子音の一種なので、the year はどちらかといえば「ザ・イヤー」の方が正しいという説もあります。。(the ear ならジ・イヤーですが、year と ear とでは発音が違います

参考URL:http://chiebukuro.yahoo.co.jp/service/question_detail.php?queId=7561690

Q飛行機への落雷

飛行機に落雷した経験を人に話した時に、「どうして飛行機に落雷するの?」と聞かれ、「避雷針があるから」とあまり答えにならないような事を言ってしまいました。

避雷針が無かったら飛行機はどうなるのでしょうか?

Aベストアンサー

飛行機に雷は落ちます。

なぜ雷が落ちるのかというと、雷はただでさえ、電気の通りにくい空気の所を少しでも流れやすい場所を探しながら落ちます。

飛行機の機体は金属製で電気を流しやすいです。

電気が流れにくい所を無理やり通ろうとしている雷にとって、そばを電気の流れやすい飛行機が通れば、それに向かっていくことになるわけです。
空気の間を通るより、1cmでも電気の流れやすい所を通る方が楽なので、飛行機を通ってその先に落ちるところを探します。

ただ、飛行機自体も入ってきた雷を逃がしやすくするものが付いて居ますので、そこから出て行ってもらうようにはしていますけどね。

避雷器は、雷がそこから逃げやすくする様に設計されているので、そこを大きな電気が流れることを設計してあります。
それ以外の所から雷が勝手に逃げると、大きな電気ですから、機体にに穴が開いてしまうなどというトラブルが発生する可能性がありますので、それを少しでも下げるためにつけられています。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報