派遣社員として2年間勤めていましたが、今から2ヶ月前に、事業縮小により解雇されました。
 1週間前に突然言われましたが、残りの(1ヶ月ー1週間=23日)23日分の解雇手当と消化しきれなかった有給を次の、その次の給料日に払うと言っていましたが、払われません。電話をしても「申し訳ない」と営業所の管理担当者は言うだけです。
 有給は仕方がないとして、23日分の解雇手当は付かないのでしょうか。また、失業中にバイクで事故を起こし、鎖骨骨折のため仕事ができません。この泣きっ面に蜂のような状態で、失業給付は受けられるでしょうか?突然3つの問題が起きて混乱しています。暇なときにでも回答して下さい。あわわわ
 

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

1有給とは、労働日に休むからこそ発生します。

解雇という事はすでに「労働日」がないわけですから請求するのは難しいでしょうね。

2解雇予告手当に関しては間違いなく頂けるはずです。「申し訳ない」ではすませれません。ただ気になったのが、会社側が職安に対しあなたの退職理由を勝手に「自己都合」なんて書いて出している可能性があります。その為「申し訳ない」ですませようとしているかもしれません。なぜそのようなことをするかというと、会社は従業員を解雇した場合その前後半年間の助成金がでなくなるからです。これを恐れて本人に黙って「自己都合」なんて出す事があります。もしそうなると・・・

3失業給付自体、3ヶ月の制限期間が設けられます。でもこれは職安の人に事実を話せばたぶんOKです。問題なのはケガをして仕事につけないという事です。失業給付というのは「労働の意志及び能力」があって初めて支給されるものです。今の状態ですと「意志」はあっても「能力」がないという事になりますので失業給付は無理でしょう。ただし、まだ職安の手続きをしていないなら受給期間(普通1年)の延長が可能です。もし手続きが済んでいるなら医師の診断で15日以上職安に出頭できないという証明をもらえたら「傷病手当」というものをもらえます。額は失業手当と同じです。結論を言うとなんらかの形で給付は受けれるという事ですね。

説明が難しくなりましたが・・・わかりましたでしょうか?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 回答ありがとうございます。
 怪我について「傷病手当」というものがあるとは知りませんでした。それから離職票には事業の縮小のため、と書かれています。会社によって「自己都合」にしてしまう所があるのですか、恐ろしいですね。わわわ
 

お礼日時:2001/09/17 21:40

1.解雇手当ては請求できますが、その会社がつぶれれば、すぐというのは難しいですね。


2.職安へ行ってください。会社から「離職票」来てませんか。会社都合なら、待機期間なしで、失業給付可能です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 回答ありがとうございます。
 よく退職時にこういったトラブルを聞きますが、まさか自分がなるとは思いませんでした。自分だけでなく他の派遣社員も悩んでいるので、回答していただける皆さんには本当に感謝します。

お礼日時:2001/09/17 20:56

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q解雇予告手当23日前の金額請求か、休業手当か?

去年解雇され、12日後に同じ派遣元でB社を紹介され就業したので、空いた8日間分の「休業手当か解雇予告手当」請求をしたところ双方却下されました。

実は解雇についてGOOで相談した後の続きです^^;参考↓※タイトル:一週間後に解雇予定です  http://oshiete1.goo.ne.jp/qa4339428.html
「解雇予告手当」か「猶予通告22日前の金額請求か」「休業手当か」

本題にもどりますが
●休業手当の場合は8日間分の請求金額となります。
●解雇なら(離職票2通届いてるため私は解雇と受け取ってる)、
契約解除・か解雇 の通告日が8日前でしたので猶予通告というのを考えた場合は「22か23日分の解雇予告手当」になると思うのですが。

-------上の↑URL回答抜粋・dogdayさん---------
「あなたが受け取れるのは、解雇予告手当のみです。
休業手当とか損害賠償は、★派遣社員雇用は期間雇いなので★発生しません。仕事の期間が短くなる場合の賠償契約が猶予通告だからです。

猶予期間はどこでも一律30日。雇用終了日から30日分以上の手当が要求できます。」
---------------------

しかし会社と4ヶ月に渡り労基をいれて指導した結果やっと8日間分の給料金額の60%までは出す、とこぎつけました。

しかし2通の離職票から私は解雇だとおもっているし、
私に説明してた理由や説明が労基を入れた途端コロっとかわってしまい、派遣法を悪用してるとしかおもえない返答です(経営不振→私のスキル不足が解除理由)。
(受付らは会社が損をするから解除したといっていたのが、労基を入れた途端、担当の手違いで離職票を送っただけと変化)

「みんな同じです、雇用保険料がかかって派遣元会社が損をするから、中途契約解除の人は、いったん解雇して、再雇用するんですよ(次の就業先がきまったときに 新規 の雇用者としてあつかうつもり)」という返答。

納得がいかないので休業手当なら100%の請求をしたいのですが、
猶予通告が8日前でしたので22日分、もしくは23日分の解雇予告請求の<100%請求>は可能でしょうか?

法律で6割請求まで認められてるのは知ってますが、派遣元は6割までは出すということにはなりました(先週までは労基に絶対ださない!と感情的な態度だったという)。しかし それ以上は払う義務がない という回答。法律で保障されてるのは6割までだから、という言い分です。

しかし派遣元の対応に憤慨してます(遅い、嘘つく、人のせいにする。また訴訟をおこすのも辞さないとまでいわれた)。民事をおこすつもりですが、どのように攻めれば(憲法●条など)有効かご教示願いますm(_^_)m。

ちなみに労基では、休業手当ではないか?といわれ、その線で指導をしましたが、
派遣法をとりしきってる海岸の住所の職員からは、解雇予告手当の請求ではないか?といわれました。(根拠は離職票が2通発行されたため)

去年解雇され、12日後に同じ派遣元でB社を紹介され就業したので、空いた8日間分の「休業手当か解雇予告手当」請求をしたところ双方却下されました。

実は解雇についてGOOで相談した後の続きです^^;参考↓※タイトル:一週間後に解雇予定です  http://oshiete1.goo.ne.jp/qa4339428.html
「解雇予告手当」か「猶予通告22日前の金額請求か」「休業手当か」

本題にもどりますが
●休業手当の場合は8日間分の請求金額となります。
●解雇なら(離職票2通届いてるため私は解雇と受け取ってる)、
契約...続きを読む

Aベストアンサー

No.1です。
おっしゃるように、労基法26条と民法536条2項では帰責事由の範囲が違います。しかしながら見落としてはならないのは、そもそも賃金全額の請求権はあるということです。そのうち、平均賃金6割は強行法規たる労基法で支払いを強制しているにすぎません。そして残りは536条2項の解釈によってはその部分は請求棄却されるかもというだけです。ですから、全額請求をすることは何ら妨げられていません。しかしながら、平均賃金6割が回収できれば、まあ、よしとするという心積もりも必要になってくるだろうと思います。また、少額訴訟を望み、全部請求だと少額訴訟の金額に収まらなければ最初から休業手当のみの請求に抑えるのも一つの手段です。


>民事訴訟ではなく、「少額訴訟」といわないと、会社はこいつ法律にくわしくないな、と見て強気でとおしてくるそうですが
どうなんですかね、、ちょっと分かりません。私の場合は、私が提訴を決意してから、逆に法律に詳しくないフリをしましたけど。油断させておいて一気に提訴してたたみかける作戦をとりましたが、訴状を出してから口頭弁論期日まで少し期間がありましたし、私の作戦は意味無しだったかなとも思います。
ご参考になりましたでしょうかね。

No.1です。
おっしゃるように、労基法26条と民法536条2項では帰責事由の範囲が違います。しかしながら見落としてはならないのは、そもそも賃金全額の請求権はあるということです。そのうち、平均賃金6割は強行法規たる労基法で支払いを強制しているにすぎません。そして残りは536条2項の解釈によってはその部分は請求棄却されるかもというだけです。ですから、全額請求をすることは何ら妨げられていません。しかしながら、平均賃金6割が回収できれば、まあ、よしとするという心積もりも必要になってくるだろうと...続きを読む

Q突然、今月から冷暖房費1年分徴収 習い事で、今月初日に、今月から冷暖房費1年分払うよう集金袋を渡さ

突然、今月から冷暖房費1年分徴収

習い事で、今月初日に、今月から冷暖房費1年分払うよう集金袋を渡されました

受講費は別途、銀行引き落としです。

他の習い事では数ヵ月前に値上げの告知などしますし、毎月の受講費と一緒に引き落としです。何年の何月から何月までの1年分かも明示せずに、突然現金で集金、強引だなと感じました。

もう受講しはじめちゃっている月から、問答無用で1年分の諸経費を追加請求ってアリなのですか。

大根買って、4分の1食べちゃってから、値上げしたから追加で払ってね、今後の分も1年まとめて、と言われたような気分なのです。事前に年会費のように告知されていたならともかく。

他カテゴリで「違法ではない100円の大根が120円になっただけ」「謝ってほしいんでしょ」「そういう世の中、モラルの問題ですらない、辞めましょう」という回答を頂きました。

お金は、事前の金額提示と同意ありで支払いたい気質なので、今回の件の法やモラルの面での位置付けをはっきり知りたいです。

どうぞよろしくお願いします。

Aベストアンサー

習いごとであっても、毎月月謝を払い、継続して契約関係が続く場合、
特定継続的役務取引となり、特定商取引に関する法律の対象となり得ます。

ただ、学習塾、英会話、エステなどは法で定義されていますが、ピアノ教室・書道教室は
規定されていない、グレーゾーンに入ります。

次に考えられるのは、消費者契約法ですが、消費者に不利な契約を認めておりません。

その観点からは、当該教室が冷暖房費を契約時に説明し、書面で契約内容が明示されていない限り、
突然の告知で、納金を請求することは不親切であり、消費者にとって不利益な行為ですので、
消費者センター・国民生活センターなどに、ご相談されては如何ですか。

ただ、そのことで、習い事の教室に行きづらくなったり、嫌な思いをされる可能性はありますので、
退会も視野に入れて、次のアクションを検討されれば宜しいかと思います。

一言で言うと、法を無視した、昔ながらの上から目線の教室としか言いようがありません。

その教室が、何らかの団体・組織に所属している場合、本部や事務局に問い合わせるのも、
一つの方法です。

参考までに。

習いごとであっても、毎月月謝を払い、継続して契約関係が続く場合、
特定継続的役務取引となり、特定商取引に関する法律の対象となり得ます。

ただ、学習塾、英会話、エステなどは法で定義されていますが、ピアノ教室・書道教室は
規定されていない、グレーゾーンに入ります。

次に考えられるのは、消費者契約法ですが、消費者に不利な契約を認めておりません。

その観点からは、当該教室が冷暖房費を契約時に説明し、書面で契約内容が明示されていない限り、
突然の告知で、納金を請求することは不親切であり...続きを読む

Q解雇手当とその場合の有給休暇について

同じような質問を読ませていただいた上で、自分の場合がどうなるのかやはりよくわからなかったので質問させていただきます。

私は小さなケーキ屋に勤めている販売員(社員)です。
まだ未定なのですが、先日オーナーが社員を一人ずつ呼び出し、「従業員に熱意が感じられないので給料を下げるか店を閉めるかしようと考えている」と言われました。
一生懸命働いてきたつもりですし、パティシエなどは労働基準法外のサービス労働をしていますが
「お前ら公務員か」「ここは無法地帯だ」などの暴言を吐かれました(普通に働いているだけです。週休二日もありません)。
正式に解雇通告されたわけではないですが、バイトの子がちらっと聞いた話によると、7月いっぱいで(今は7/11)やめようかなとオーナーが漏らしていたと聞きました。
更に、店を閉めたあと、新しい従業員を一斉に雇ってリニューアルするとの予定を立てているようです。
これは全員がオーナーの口から聞いています。
この状況でもしも7月末までという解雇通告を受けたら、恐らく解雇手当をもらえると思うのですが、全員、有給が11日残っています。
ですが消化しようとすると全員が残りの半月をほぼ休むこととなり、店は機能しなくなります。
こうした場合、有給休暇はどうなるのでしょうか。店が機能しようがしなかろうが強引に申請していいものなのでしょうか?
また、解雇を通告された時点で何かしておくべきことはありますか?
また、解雇ではなく減給だけの場合、不当だとして今まで通りの給料を請求することは出来ますか?
その場合、減給の通告があった場合となかった場合で何か差は出てくるのでしょうか。
あれもこれもと申し訳ありません、詳しい方、是非よろしくお願いします。

同じような質問を読ませていただいた上で、自分の場合がどうなるのかやはりよくわからなかったので質問させていただきます。

私は小さなケーキ屋に勤めている販売員(社員)です。
まだ未定なのですが、先日オーナーが社員を一人ずつ呼び出し、「従業員に熱意が感じられないので給料を下げるか店を閉めるかしようと考えている」と言われました。
一生懸命働いてきたつもりですし、パティシエなどは労働基準法外のサービス労働をしていますが
「お前ら公務員か」「ここは無法地帯だ」などの暴言を吐かれました...続きを読む

Aベストアンサー

全員解雇し、 
すぐ新規の従業員を雇うことは、 
違反行為とされています。

労働基準監督署などに相談を

Q30日前の解雇と30日分の支払いの違い

質問するこの時点で6/3です。
先月くらいから、営業成績が出ないなら5/31で辞めてと言われてました。
6/2に社長面談に行ったところ、

・(1)5/31日付けで解雇にして30日分の給料は支払うと言われました。
・(2)どうしても強く望むなら今から解雇通知として後30日いてもらい、有給と振り替え休日を
 充てても良いと言われました。

 私としては、どちらが有利なのでしょうか

 ・素人の感覚ですが
 健康保険のことを考えると(1)のほうが得と考えられる
 離職票をもらって失業保険ののことを考えると(1)が得と考えられる。

 その他、私のしらない知識などがあればアドバイスして頂きたいのですが
 よろしくお願いします。

Aベストアンサー

> 先月くらいから、営業成績が出ないなら5/31で辞めてと言われてました。
これは条件付なので労基法の解雇予告には該当致しません。
> 6/2に社長面談に行ったところ、
文面を読むと、この時点で「解雇予告もしくは解雇予告手当」を考える事となります。
◎社長が提示した1番目の方は「解雇予告手当」による即時解雇ですね。
・5/31付けで解雇するのであれば、同日に支給していないので選択できません。
 結果、解雇予告手当を改めて30日分を支給して支給日に解雇するか、28日後(6/30)の解雇なので、2日分の解雇予告手当を支給する必要が有ります。
・しかし、実務では往々にして法律を無視しています。5/31付けで解雇を受け入れた場合
 1 雇用保険の被保険者期間は5月までとなりますが、それによる給付日数を導く為の加入年数はどう変わりますか?
 2 健康保険や厚生年金の保険料・加入月数を考えれば、こちらを選択するのは不利
◎社長が提示した2番目の方は「解雇予告」ですね。
・法律上成立させるためには2日分の予告手当てが必要と言う事は説明済みですね。
・こちらを選択した場合
 1 雇用保険の被保険者期間が1ヶ月増える。
   且つ、離職理由はどちらを選んでも同じになるので、受給(可能)額に差は無い。
 2 健康保険や厚生年金の保険料・加入月数を考えれば、こちらを選択するのは有利。
 3 個人住民税の徴収は6月分から開始なので、退職金又は6月の給料から一括徴収されてしまう可能性が有るが、その様な取り扱いが為されれば失業中に個人住民税の納付は生じない。

以上の事から、私は2番の方が良いと考えます。
但し、これは一般論なので個々の事情によって結論は当然変わりますよね。

> 先月くらいから、営業成績が出ないなら5/31で辞めてと言われてました。
これは条件付なので労基法の解雇予告には該当致しません。
> 6/2に社長面談に行ったところ、
文面を読むと、この時点で「解雇予告もしくは解雇予告手当」を考える事となります。
◎社長が提示した1番目の方は「解雇予告手当」による即時解雇ですね。
・5/31付けで解雇するのであれば、同日に支給していないので選択できません。
 結果、解雇予告手当を改めて30日分を支給して支給日に解雇するか、28日後(6/30)の解雇なので...続きを読む

Q有給って、1日取ったら1日分の給与が出ますよね?

有給って、1日取ったら1日分の給与が出ますよね?
バイトの有給で質問させてもらった者ですが
聞いたら入社6ヵ月後の来月8月に10日間の付与をするそうです。

何か怪しいので、1日 有給を取ったら1日 8時間勤務なので
8時間分の時給が支給されるんですよね?
と聞いてみた。
そしたら、うーん・・・と考えられて
1日分の半分くらいなら出せるかなぁ、という感じでした。
それって半休だよね・・・。

有給を1日取って、1日分の給与が出ないってあるの?

Aベストアンサー

東京労働局のパート・アルバイト向けのサイトです
http://www.roudoukyoku.go.jp/seido/kijunhou/shikkari-master/pdf/part.pdf

ここにはアルバイトでも有給を取得する権利があることをうたっています。
逆に現実には付与しない会社がかなりあるということです。

第一、日本の場合役所からして安上がりに使うために派遣労働者を多数雇用しているくらいですから、民間がいろいろ法の網の目をくぐるのは多いです。
質問者さんの主張は正しいですが、それをあくまで押し通そうとすると何らかの理由をつけてアルバイトの打ち切りを言い出すかもしれません。そのあたりを気をつけて交渉してください。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報