どうも初めまして。

今まで洋書の小説は文章が硬くて読んでいなかったのですが、日本の小説家で読むもののなくなってきたので、洋書を薦めてもらいたくて投稿しました。
英語、中国語であれば原書でもかまいません。

日本の小説家で好きなのは
村上龍、村上春樹、福井晴敏、藤原伊織、金城一紀等です。
海外の作家で好きなのは、
サリンジャー、ヘミングウェイ、レイモンド・カーヴァー等です。

出来れば現在世界的に流行っている作家、新しい文体を作った作家を薦めてもらえれば幸いです。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

私も村上龍、村上春樹、福井晴敏すきです。


「愛と幻想のファシズム」「世界の終わりと…」「亡国のイージス」がそれぞれのベストです(関係なくてすみません)

で、おすすめは
「ジェイムズ エルロイ」の「ホワイトジャズ」
結構古い作品ですがこの衝撃はいまでも思い出します。
なんていうか文章が散文詩のようです。
内容もダークですが文章にもそれが表れてます。
bluecolourさんは原書で読めるみたいなのでうらやましいです。
あの文章あの熱あの衝撃をそのまま感じられるんですもの。
是非挑戦してみてください。

「カート ヴォネガット」の「スローターハウス5」
基本はSFなんですが内容も文章もクールです。
でも表面的なものでなく、ユーモアがあり軽くのに深い作品多いように思います。
私の知っている文学部出身者はなぜか好きな人が多いです。

エルロイとヴォネガットは真逆に位置してる作家と言えるかもしれません。
「現在世界的に流行っている」とは言いがたいですが
どちらも有名で面白いことは世界的に証明済みです。
腰をすえてエルロイ、何かの合い間にヴォネガットなんて良いかもしれません。
これがbluecolourさんの参考になればうれしいです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

なんか好きな作家の好きな小説も一緒ですね。
僕も村上龍は「愛と幻想のファシズム」「5分後の世界」「イン・ザ・ミソスープ」が好きで、
村上春樹は「世界の終わりと・・」「パン屋再襲撃」が好きで、
福井晴敏は、「亡国のイージス」「6ステイン」が好きです。
紹介してくれた洋書はかなり期待できそうですね。
ありがとうございます。
是非、読んでみます。

お礼日時:2005/05/08 18:11

原書も探せばありそうですが、


リリアン・J・ブラウン /ハヤカワ ミステリー文庫
ココ シリーズ 『猫は手がかりを読む』「The Cat Who...」

上に書いたのは、シリーズ一作目です。
題名通りミステリーです。娯楽小説としてかなり読みやすく訳してあります。
かなり早いペースで出版されているらしく、読者も多いので原文でも
比較的読みやすいと思います。
一度、検索されてみるのも良いですよ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ミステリーは、森博嗣くらいしか読まないのですが、
せっかくの機会ですから読んでみます。
ありがとうございます。

お礼日時:2005/05/10 15:43

こんにちは。


私は今現在の流行作家の本にはあまり詳しくありませんが、近代以降で、新しい文体を作った作家という観点からアドバイスできれば…と思います。

*Italo Calvino…20世紀におけるイタリアの作家。原書はイタリア語ですが英語に翻訳されたものや日本語に翻訳されたものがあります。一作ごとにかなり作風が異なり、一見すると風変わりな、でも奥の深い小説を書きます。文体のみならず構成そのものが面白いものが多いです。私は特に『冬の夜ひとりの旅人が』が好きですが代表作は他にも色々あります。
http://homepage3.nifty.com/syosei/books/modern/c …

*James Joyce…言わずと知れたアイルランドの大作家。研究者も多数。20世紀の文学、新しい文体はジョイス抜きでは語れないと言われています。去年、一昨年にかけて文庫版の翻訳本が幾つか出ましたが、非常に翻訳作業は難しく、日本語版は新しい小説の如く…と言われていますので、英語が得意でしたら是非原書で!

*William Faulkner…こちらも20世紀の巨匠ですが、ジョイスらに始まる意識の流れを用いた文体の見事な『響きと怒り』(The Sound and the Fury)やその他諸々の作品群を残しました。原書で読むべき作家の一人に挙げられるのではないでしょうか。

*John Barth…Post Modernismを代表するアメリカの作家。新しい文体は60~70年代の作品群に集中しているかと思われますが代表作として手に入れやすいのは50年代の『旅路の果て』。この作品はサリンジャーの『ライ麦畑でつかまえて』に共通した時代的な精神の匂いを感じることができて面白いかもしれません。但し、原書で読んだ方がずっと楽しく、また日本語版を手に入れるのが困難なのはやはり60~70年の作品ではないかと思われます。
http://grid.let.rug.nl/~usa/LIT/barth.htm

*Thomas Pynchon…この人もPost Modernismの作家ですがバースと違い寡作です。短編集は英語でも楽しくすらすら読めるかもしれませんが長編、特に『重力の虹』など英語だとやたら難しく、長く、しかも日本語ではあまり意味がないので読むのが大変。私としては『競売ナンバー49の叫び』は日本語で読んでもいいのでは、と思います。廃刊が多く翻訳を手に入れようとすると難しい作家です。
http://www.nagasaki-gaigo.ac.jp/ishikawa/amlit/p …

…ごめんなさい。他にも紹介したい人はいますが長くなりすぎますね…。
最後に、質問者さんと似た趣味の友人が好きな作品を挙げます!Bret Easton Ellis(80年代以降、ゼロ・ジェネレーションとして話題になり、me-ismの旗手でもある。現代における世界的な流行作家)の第一作目~第三作目(Less than Zero, American Psycho, Rules of Attraction)まで。映画にもなっていますがストーリーも文体も原作はやはり面白いとのこと。私も現代における病理的状況を冷たく直視している点が興味深いと思いましたが、英語のネイティブである友人が面白いと言っていますから、きっと参考になるのではと期待しています!!
    • good
    • 0
この回答へのお礼

良いですね。こういうのを待っていましたよ。早速紀伊国屋で探してみます。
もし、よろしければ他にも薦めてください。

お礼日時:2005/05/07 12:53

私もヘミングウェイは好きです^^


「現在世界的に流行っている」かどうかは微妙ですが、
ほかの作家とは少し変わった文体という意味で
O・ヘンリはどうでしょうか?
短編ですが、有名なもので「賢者の贈りもの」
「手入れのよいランプ」「最後の一葉」などがあります。
bluecolourさんは興味あるか分かりませんが、
私はO・ヘンリ独特の意外な結末が大好きで、本当におもしろいと思います。
原文もあまり難しくなく、短編なので気楽に読めると思いますよ。
機会があればぜひ読んでみてください^^
私のオススメは「一ドルの価値」です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

O・ヘンリは読んだことないですが、
映画で言えば「蜘蛛女」みたいな感じですかね?
それとも「ビューティフル・ガールズ」みたいなほのぼのした感じですかね?
一ドルの価値という題名には魅かれるものがあるので、読んでみます。

お礼日時:2005/05/06 13:37

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qおすすめの洋書

英検準2級レベルで読める、ミステリー・推理系の洋書を探しています。知っている方いたら教えて下さい。また、おすすめの洋書とジャンルでも良いです!

Aベストアンサー

ペンギンブックスのペンギン・リーダーズだと英検準二級(TOEICスコアなら400点台)はレベル3に該当する。
1 コナン・ドイル『ボヘミアの醜聞』
Sir Arthur Conan Doyle, "A Scandal in Bohemia"
2 コナン・ドイル『ボスコム渓谷の惨劇』
Sir Arthur Conan Doyle, "Sherlock Holmes and the Mystery of Boscombe Pool"
3 コナン・ドイル『シャーロック・ホームズの帰還』
Sir Arthur Conan Doyle, "The Return of Sherlock Holmes"
4 ジョン・バカン『三十九階段』
John Buchan, "The Thirty-nine Steps"
5 エリック・ケストナー原作(元々はドイツ語)英訳版『エーミールと探偵たち』
Eric Kaestner(aeはaウムラウトの代替表記), "Emil and Detectives"

IBCパブリッシングのラダーブックスだとレベル3相当。
1 A Study in Scarlet
シャーロック・ホームズ/緋色の研究
コナン・ドイル (著者)
2 The Hound of the Baskervilles
シャーロック・ホームズ/バスカヴィル家の犬
コナン・ドイル (著者)
3 From the Files of Sherlock Holmes
シャーロック・ホームズ傑作短編集[改訂版]
コナン・ドイル (著者)
4 The Return of Sherlock Holmes
シャーロック・ホームズの帰還
コナン・ドイル (著者)
5 The Memoirs of Sherlock Holmes
シャーロック・ホームズの思い出[改訂版]
コナン・ドイル (著者)
6 Three Stories of Fear and Madness
エドガー・アラン・ポー傑作短編集
エドガー・アラン・ポー (著者)
7 Adventures of Sherlock Holmes
シャーロック・ホームズの冒険
コナン・ドイル (著者)
8 The Case Book of Sherlock Holmes
シャーロック・ホームズの事件簿
コナン・ドイル (著者)

どちらのシリーズもミステリ以外のジャンルのものもあるから、気に入りそうな本がないかあたってみるといい。

ペンギンブックスのペンギン・リーダーズだと英検準二級(TOEICスコアなら400点台)はレベル3に該当する。
1 コナン・ドイル『ボヘミアの醜聞』
Sir Arthur Conan Doyle, "A Scandal in Bohemia"
2 コナン・ドイル『ボスコム渓谷の惨劇』
Sir Arthur Conan Doyle, "Sherlock Holmes and the Mystery of Boscombe Pool"
3 コナン・ドイル『シャーロック・ホームズの帰還』
Sir Arthur Conan Doyle, "The Return of Sherlock Holmes"
4 ジョン・バカン『三十九階段』
John Buchan, "The Thirty-nine Steps"
5...続きを読む

Qお薦めの作家さんを教えて下さい

私は、一冊面白いとしばらく続けて同じ作者の本を読みあさり、一通り読み尽くすと次の作家へ…という感じの読み方をしているのですが、今はちょっと途切れてしまっています。というわけで皆さんのお薦めの作家さんを教えて頂けたら嬉しいです。
今までハマった作家は…

島田荘司/京極夏彦/山田宗樹/東野圭吾/逢坂剛/
福井晴敏/恩田陸/唯川恵/乃南アサ/加納朋子/
荻原規子/小野不由美/宮部みゆき/篠田節子/
五條瑛/茅田砂胡/桐野夏生…こんなとこでしょうか。

ちなみに読み始めたものの挫折したのは、
村上春樹/江國香織/新堂冬樹さんでした。(ファンの人がいらっしゃったらごめんなさい)

勝手なお願いで恐縮ですがどうぞよろしくお願い致します。

Aベストアンサー

こんにちは。
質問者さんのはまった作家を見てみると、
うちの妹の本棚のようです。
・・そういううちの妹に私が勧めた作家は
「奥田英朗」サンです。

空中ブランコだったかインザプールで
直木賞取った作家さんです。

私も最初は「空中ブランコ」から入りましたが、
島田荘司さんや恩田さん好きであれば、
「最悪」「邪魔」から読むのもお勧めです。
また、上のタッチの軽いバージョンが「真夜中のマーチ」です。

また、エッセイも面白いです。

いろいろな切り口を持つ作家サンなので、
出来るだけ1冊で終わらずに読んで欲しいと思います。

「連作短篇集」であれば、空中ブランコ・ララピポ・インザプール・マドンナ

「犯罪小説」であれば、最悪・邪魔・真夜中のマーチ

「エッセイ」であれば、延長戦に入りました・東京物語

各ジャンルの書いた順番が
私が独断で面白いと思った順番です。

かなりお勧めです。

参考URL:http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/search-handle-form/249-4244423-6718753

こんにちは。
質問者さんのはまった作家を見てみると、
うちの妹の本棚のようです。
・・そういううちの妹に私が勧めた作家は
「奥田英朗」サンです。

空中ブランコだったかインザプールで
直木賞取った作家さんです。

私も最初は「空中ブランコ」から入りましたが、
島田荘司さんや恩田さん好きであれば、
「最悪」「邪魔」から読むのもお勧めです。
また、上のタッチの軽いバージョンが「真夜中のマーチ」です。

また、エッセイも面白いです。

いろいろな切り口を持つ作家サンなので、
出...続きを読む

Qおすすめの洋書(ジャンル不問)

おすすめの洋書について知りたいです。(^^)今探しているのですがなかなか見つかりません。洋書の中でのジャンルは不問です。文法等のレベルも問いません。ですができればその本が上、中、下のどのクラスかは独断で良いので教えて下さい。よろしくお願いします<(__)>

Aベストアンサー

No.2さんと同じ回答になってしまいますが・
不思議の国のアリスは文章が素晴らしいらしいですね。
人から聞いたのですが、教師がその人のレポートを盗作と疑ったほど
素晴らしいな英語を使う同級生がいて、
話を聞くと不思議の国のアリスのファンでその原作を繰り返し読んでいただけだそうです。

あとおすすめは、Animal Farmで、淡々とした
普通の英語ですが、風刺が面白いですよ。

Q日本人作家のSF小説

日本人作家の書いたSF、エンタテインメントが読みたくて探しています。
「ガダラの豚」中島らも
「八月の博物館」瀬名秀明
「カムナビ」梅原克文
「神は沈黙せず」山本弘
・・・といった読み応えのある小説がありましたら紹介してください。

Aベストアンサー

神林長平さんの「膚の下(はだえのした)」をお勧めします。
「あなたの魂に安らぎあれ」「帝王の殻」に続く3部作の最終作で、時系列としては「膚の下」が始まりの話なのでこれだけを読んでも問題ありませんが、できれば「あなたの魂に安らぎあれ」の後に読まれるといいと思います。(「帝王の殻」は直接ストーリーに関係しませんのでいつ読んでも、または読まなくても問題は無いと思います。)

Qハリーポッターの洋書版のおすすめは?

こんばんは。夏休みにハリーポッターの洋書版を読んでみようかと思うんですが、現在はTOEICが500点くらいしかありません。。。
こんな私でも辞書を使えばなんとか読めるでしょうか?
シリーズで何冊もあるのでどれがいちばんおもしろくて読みやすいのか迷っているんですが、
洋書版を読んだことがある方どれがおすすめでしょうか?

Aベストアンサー

こんにちは
私も一冊目から読まれることをおすすめします。
理由は、もちろんこれがすべての物語のはじまりになるわけですし、ボリューム的にもシリーズの中では少なめ。話も完結しています。ストーリーも比較的わかりやすいかと。
特に4話のゴブレット以降は一気に物語りも複雑になってページ数もどんとアップするのでさけたほうがよいと思います。

たしかに、文章事態はさほど難しくはないのですが、会話内の省略や物語特有の魔法やグッズなんか辞書にない言葉もたくさんでてきます。学校英語しか学んでいないとそういうところでつまづいちゃうかもしれません。

ただ、ネットで検索すると、ハリポタを原書で読むためのヒントや手引きになることを書いたサイトがたくさんありますので、そういうのを参考にされるとよいと思います。
http://www.pottermania.jp/

もしくは、どうしてもわからないところは、日本語訳の本を参考に。

Q金城一紀さんの『フライ、ダディ、フライ』で

金城一紀さんの『フライ、ダディ、フライ』で、

「おっさん、空を飛んでみたくはないか?」

というセリフがありましたよね?
以前図書館で借りて読み、今日もう一度借りて読んだんですが、そのセリフがどこにあったのか見付けられません。どの辺りで出てきたセリフだったでしょうか?
ちなみに、前に読んだのも今回読んだのも2003年刊の水色の表紙の本です。

Aベストアンサー

質問を拝見して、気になったので、手元にある『フライ,ダディ,フライ』(質問者さまと同じく2003年刊行の水色の表紙(装幀・挿画/加藤伸吉のものです)パラパラっと読みかえしてみました。

あまりにさらっと読みかえしたせいか、質問者さま同様、お尋ねのセリフを作中に発見することができませんでした。
まぁ、読み落とした可能性も大アリなのですが…(「おっさん、空を飛んでみたくはないか?」と言うセリフ回しからして、作中に登場するならば舜臣のセリフと思われるので、舜臣と鈴木の会話を中心に読みかえしたので)。

で、ちょっと思ったのですが、
このセリフ、一番最初に目にするのって、水色『フライ~』の「帯」なんですよね。
なので、実はコレ、帯用のコピーなのかな、と。
(ちなみに裏表紙の帯部分は「はい、とりあえずやってみます…。」となっており、これも作中には登場しないような…?)

単純な読み落としかもしれない(コアな金城ファンの方の回答を期待!!)上に、推測の域をでない回答となってしまってスミマセン。

少しでも参考になれば幸いです。

Qおすすめの洋書

私は中学3年生の女の子なんですが、最近洋書が読みたくなってきました。しかし、洋書といってもどの本が面白いのか、今の自分はどんな本を読んだほうがいいのか分かりません。ジャンルは、ファンタジーでお願いします。
でも、ハリポタゎごめんなさいです・・・。
皆さんのおすすめを教えて下さい!!

Aベストアンサー

 以前他の方にも薦めさせていただいたものですが、Kate Constable著の「The Singer of All Songs」は読みやすく、面白いファンタジーです。歌という形をとる呪文を、分厚い氷の壁で外部の人間から守り続けている巫女達の町に、ある日Darrowという男が瀕死の状態で入り込みます。彼を殺すべきだと言う上位の巫女に同意せず、彼を見つけた少女Calwynは、何者かに追われているという彼を助けてあげようと壁の外に共に脱出するのですが・・・。という、全体が歌に包まれた、冒険あり戦いあり友情、そして恋愛ありのとても充実した話だと思います。私はこの本をたまたま手に取り、魅せられました。興味をもたれましたらぜひどうぞ。
 No.1さんの「ナルニア国物語」もとても良いです。こちらのほうが読みやすいかもしれませんね。

Q福井晴敏の作品について

福井晴敏の著作『オペレーションローズダスト』は、『亡国のイージス』を読まないと理解できないのでしょうか?
『亡国のイージス』に出てくる組織が『オペレーションローズダスト』にも出てくると聞いたのですが。

Aベストアンサー

理解できないということはないです。
でも、読んでいると、つながりが見えておもしろいですよ。
ちなみに、福井晴敏さんの本は、組織名や人物名、その他いろいろな所で、互いにつながっているものが多いので、そのつながりを見るのもおもしろいですよ。

Q原文で読む、おすすめの洋書を教えてください。

最近、洋書に興味があります。英語が原文の、現代文学でおすすめを教えてください。

カズオ・イシグロの「わたしを離さないで」のような「不思議な感じのする面白い本」が好きです。

Aベストアンサー

次のサイトは無料英語学習サイトを紹介している「リンク集サイト」ですが、このHP右側に「洋書ベストセラーランキングin the US」と言うコーナーがあります。ほぼ月一更新されます。参考にして下さい。このサイトは私のお気に入りサイトの一つですが、「読み物朗読サイト」等も利用できると思います。

http://english.chakin.com/

Q金城一紀!対話篇についてぇ

以前も同じ質問をさせて頂いたのですが、回答が得られなかったので質問し直させてくださいm(_ _)m

金城一紀さんの作品の『対話篇』が今度映画化されると聞きました。そのことは、『GO』の文庫本を買ったときに帯に書いてあったのですが、それ以外の情報は全くありません…
どなたか、対話篇映画化について知っている方はいませんか??困っています(×_×)

Aベストアンサー

『対話篇』に収録されている『花』が、この秋にテアトル新宿などで上映されるようです。

http://www.yomiuri.co.jp/hochi/geinou/aug/o20030808_20.htm

http://www.sanspo.com/geino/top/gt200308/gt2003080906.html

参考URL:http://www.yomiuri.co.jp/hochi/geinou/aug/o20030808_20.htm


人気Q&Aランキング

おすすめ情報