鉄には永久磁石とそうでないものがあるといいますが、
この双方の違いってなんでしょうか??知っている方、宜しくお願いします。

A 回答 (3件)

鉄を構成している原子の磁気モーメントが同じ方向にそろっているか、いないか、だけがその違いです。


磁鉄鉱が自然状態で磁化しているのに対し、純鉄などは一見、磁力がないように見えます。
これは、鉄内部が細かな領域に分かれ(これを磁区といいます)、それぞれの磁区がばらばらの磁気モーメントを持っているため、全体としては打ち消されて磁気がないようにふるまうのです。
そうした磁力のない鉄に強い磁場や電場をかけて叩く、などの行為は、この磁区のモーメントを同じ方向にそろえる働きをします。
その結果として、クギが磁力を持ったりするのです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

なるほど。大変参考になりました。ありがとうございました。

お礼日時:2001/09/19 11:45

永久磁石かどうかは単に磁化の有り無しだけではなく、保磁力が有るかどうかで決まります。


保磁力がなければいくら磁化してもその磁力は残らないので永久磁石とは呼びません。
もちろん磁化しなければ磁石材料ですら有りませんが。

純粋な鉄には保磁力がないので永久磁石ではありません。
不純物を含むと保磁力が発生します。
また、永久磁石の開発はいかに保磁力を高めるかという点です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。永久磁石はなかなかおもしろい素材ですね。
参考になりました。

お礼日時:2001/09/19 11:42

 毎度どうでもいい補足ですが。



 地球上では、地球の磁力によってすべての鉄がほんのわずかずつ磁化しているので、厳密な意味で完全に永久磁石ではない鉄というのは存在しないそうです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

それは盲点とゆうべきか(笑)。よく考えればそうですよね。

お礼日時:2001/09/19 11:44

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q材化石の薄片観察について

材化石の薄片観察についての論文(文献)等をご存じの方は教えて下さい。できれば写真による説明があれば・・。新生代の化石を扱っているのですが,どの組織が道管なのか詳しく調べたいのですがわからず困っています。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

こんにちは.

同様な薄片を基に古生代のサンゴ化石を研究している者です.

ご質問についての答は,植物は専門外なのでわかりません.
ただし!
新生代であれば,植物も現世の植物と,
構造上はほとんど変わらないものと認識しています.
そこで,現世の植物標本から,
各器官の形態など植物構造の基本的知識をまず得られる方法が好いのではないでしょうか.

薄片化石研究は,対象試料を検鏡する事から始まりますが,
もちろん薄片製作も研究に違いありませんが,
検鏡の数を重ねていけば,構造などは理解できるものと思います.
しかも新生代であれば,観察に適した化石標本が入手し易いはずですから,
わたしも研究初期は,一枚の薄片試料を何時間どころか,
数日覗いて分類の基礎的理解を進めました.

目的の文献を探すのならば,
大学など図書館の担当者に問い合わせて探される方が,
よろしいかと思います.
なお大学などに在籍していれば,
大学図書室で担当者が検索してくれるはずですが…

ご質問者さまの参考の一助になれば幸いです.

Q鉄に磁石を当てると一時的に鉄が磁石になるのでしょうか?

鉄のワッカにやはさみの切る部分に強力な磁石を当てると、鉄のものがくっつくようになるんですが。偶然なんでしょうか?それとも、一時的に磁石になるのでしょうか?気になって仕方がありません。

Aベストアンサー

 磁石をくっつけるだけで、はさみなどが磁石になる。・・・不思議だと僕も思います。

 下記のURLを見てください。
http://www.ne.jp/asahi/shiga/home/Lecture/ferromagnet.htm

 特に「3つの疑問の解答」の項、この中でも「III なぜ純鉄は永久磁石にならないのか?」の項も参考になると思います。

 もし、上記のURLの内容が難しいと思うのであれば、極単純には、次のようなことです。

 強磁性体の性質(原理)
 鉄原子の電子は 電荷と質量を持つ粒子です。
 また、鉄原子は、一定速度で回転しており(スピン運動)、電荷を持つ粒子が回転すると、コイルに電流が流れるのと同じ原理でまわりに磁場を発生します。

 この磁場が、鉄原子の小さな磁石です。(電気が流れると、磁場が生じる:基本の電磁界原理)

 この小さな磁石の方向をそろえれば(磁石を近づけてエネルギーを与えることにより方向がそろう)鉄全体が磁石になるわけです。

 ただし、永久ではなく、徐々に、方向がばらばらになり、磁力がなくなります。

 磁石をくっつけるだけで、はさみなどが磁石になる。・・・不思議だと僕も思います。

 下記のURLを見てください。
http://www.ne.jp/asahi/shiga/home/Lecture/ferromagnet.htm

 特に「3つの疑問の解答」の項、この中でも「III なぜ純鉄は永久磁石にならないのか?」の項も参考になると思います。

 もし、上記のURLの内容が難しいと思うのであれば、極単純には、次のようなことです。

 強磁性体の性質(原理)
 鉄原子の電子は 電荷と質量を持つ粒子です。
 また、鉄原子は、一定速度...続きを読む

Qこのカーボンフフォーク、危ない?

接触事故で、前のホィールが少し歪んでしまたのを、自分で調整しなおしたのですが、良く見ると、カーボンフォークに2ヶ所小さな(さし渡し2mmくらいの)浅い欠け(薄片が剥れたような感じ)が見えます。

ずっとクロモリで、カーボンの様子が良くわかりません。やはりこのまま走るのは危険でしょうか。
ちなみに、叩いても気になるような音はしていません。

Aベストアンサー

うん。あぶないあぶない。
ぶつけたフォークこわいこわい。
使わないなら俺がもらっとく。


このへんでたちごけしたKUOTAが怖い
テケテンテン(´・ω・`)

Q永久磁石って永久?

永久磁石は永久なのでしょうか?
昔、質量保存の法則ってあったと思いますが、成り立たないのではないですか?
もしかしたら永久にエネルギーがとれれば無限エネルギーになったりして。
何かご存知でしょうか?

Aベストアンサー

これは、トンデモ話として読んで下さい。本気で主張すると恥をかきますよ。
実は、同じ様な発送で永久に動き続ける、電源不要のモーターを作ったと主張する人が存在していました。
確か、靖国1号と言いましたかね。
かなり前のムーやトワイライトゾーン(その筋で有名なあの雑誌)に記事が載っていました。

Q貫入岩特殊な産状について

はじめての質問投稿失礼します。

自分は今、貫入岩について調べているのですが、
何か貫入岩というための決定的証拠、あるいは溶岩というための決定的証拠。
もしくは、決定的とまではいかないけれどこれだけの証拠があれば貫入岩あるいは溶岩と言っていいだろうという産状などはないでしょうか?

「など」というのは薄片観察からのアプローチも含めているからです。

自分が見た露頭では、深成岩の岩片をゼノリスとして含んでおり、泥岩の円礫を含んでいました。また非成因的分類をすると凝灰角礫岩に当てはまります。岩質は流紋岩です(一部パーライト)。

いろいろ本でも調べたのですが模式的な産状しか載っておらずこのような産状を示す成因がわかりません。



質問が分かりづらくて大変恐縮ですが、どなたかお応えしていただけると幸いです。

Aベストアンサー

ゼノリスの定義についてはその通りですね。大変失礼いたしました。
質問者様のいう、貫入岩とは流紋岩ダイクのことかと思いましたが、要するに、噴いているのか噴く以前の火道部の産状なのかという議論ですね。
確認ですが、流紋岩とは広域酸性凝灰岩のことを含み、かつコヒーレンスとは流紋構造ではなく層状構造があるということでしょうか?もしそうならば、成因的には堆積岩ですから、コールドロン等を埋没した際に周辺基盤から円礫が混在していてもおかしくありませんし、凝灰角礫岩のような惨状を呈することもあるかと思います。あるいは噴出していないまでもハイアロクラスタイト化したものかも知れませんね。私の理解では、パーライトの存在自体が貫入岩を否定するものかと思いますが。

Q永久磁石について

磁力は弱くても良いのですが 錆びない金属 例えばステンレス等で永久磁石は作れるのでしょうか 何方かよろしくお願いします

Aベストアンサー

錆びない鉄(合金)とかコバルトを使って錆びない磁石は作れます。また、ステンレスについては、磁性体もあり非磁性体もあると、下記のサイトに書かれていました。
http://www.nisshin-steel.co.jp/nisshin-steel/product/market/32stainless/stn009.htm

Q医療系論文の和訳の添削(その3)

かなりの苦戦です.どなたか添削(解説)をお願いします.

In all Raman maps BCC was clearly separated from its surrounding nontumorous tissue by the KCA. This was not the only distinction noticed. In a number of cases KCA resulted in several clusters of Raman spectra, within the tissue surrounding the tumor, reflecting regional variance in biochemical composition. In four Raman maps of nodular BCC, KCA formed separate clusters for dermis in the vicinity of the tumor (=50-150 mm) and dermis further away from the tumor (Fig 3a). The microscopic image shows a collagen-poor dermis immediately adjacent to the tumor (Fig 3b). The remaining Raman maps (11) did not show a similar distinction. In three of the 15 frozen sections a dense inflammatory infiltrate was present in the area of interest, resulting in a separate cluster of Raman spectra (Figs 3c,d). As Raman spectra are a direct reflection of the molecular composition of the tissue, a comparison (Fig 4).

全てのラマンマップにおいて,KCAを使用することよりBCCは周辺の非腫瘍組織から明瞭に分離された.これはただの識別ばかりではない.
いくつかのケースにおいて,KCAは 生化学的構成物ラマンスペクトルのそれぞれのクラスター(腫瘍周辺の組織を含め)に起因し,生化学的局部の変化を反映している.
小結節性BCCの4つのラマンマップにおいて,KCAは腫瘍の近接の真皮(50~150mm)に関するスペクトルのクラスターを形づくった(図3a).
顕微鏡画像は,腫瘍と直接に隣接したコラーゲンの少ない真皮を示す(図3b).残っているラマンマップ(11)は,同様の特色(鮮明度)を示さない.15の冷凍薄片3つについて,極端な炎症性浸潤物が,関心の(興味の)領域に存在し,結果として生じるラマンスペクトルの独立したクラスター(図3c,d).ラマンスペクトルは組織の分子の組成(構成)の直接的な反映なので,←??

かなりの苦戦です.どなたか添削(解説)をお願いします.

In all Raman maps BCC was clearly separated from its surrounding nontumorous tissue by the KCA. This was not the only distinction noticed. In a number of cases KCA resulted in several clusters of Raman spectra, within the tissue surrounding the tumor, reflecting regional variance in biochemical composition. In four Raman maps of nodular BCC, KCA formed separate clusters for dermis in the vicinity of the tumor (=50-15...続きを読む

Aベストアンサー

相変わらず頑張っていますね。

当方は医療関係も済み、自動車で遊んでいます。
コピー&ペーストの手直しです。あくまでも参考です。

In all Raman maps BCC was clearly separated from its surrounding non-tumorous tissue by the KCA.

全てのラマンマップにおいて,KCAを使用することよりBCCは周辺の非腫瘍組織から明瞭に分離された.

This was not the only distinction noticed. In a number of cases KCA resulted in several clusters of Raman spectra, within the tissue surrounding the tumor, reflecting regional variance in biochemical composition.

(この英文が何か変だとは思いますが、語順通りに訳してみました。)
これが観察された唯一の差異ではない.いくつかのケースにおいて,ラマンスペクトルの数個(いくばくか)のクラスター中で、(かつ)腫瘍周辺の組織内で,生化学組成物の局所的変動を反映している、KCAが結果として起こった。


In four Raman maps of nodular BCC, KCA formed separate clusters for dermis in the vicinity of the tumor (=50-150 mm) and dermis further away from the tumor (Fig 3a).

小結節性BCCの4つのラマンマップにおいて,KCAは腫瘍近傍の真皮(50~150mm)と腫瘍から更に離れた真皮に関する分かれたクラスターを形づくった(図3a).

The microscopic image shows a collagen-poor dermis immediately adjacent to the tumor (Fig 3b). The remaining Raman maps (11) did not show a similar distinction.

顕微鏡画像は,腫瘍と直接に隣接したコラーゲンの少ない真皮を示す(図3b).これ以外のラマンマップ(11)は,同じ様な差異を示さない.

In three of the 15 frozen sections a dense inflammatory infiltrate was present in the area of interest, resulting in a separate cluster of Raman spectra (Figs 3c,d).
As Raman spectra are a direct reflection of the molecular composition of the tissue, a comparison (Fig 4).

15の冷凍薄片の内の3つについて,濃い炎症性浸潤物が,関心対象領域に存在し,結果としてラマンスペクトルの独立したクラスターと成っている(図3c,d).ラマンスペクトルは組織の分子組成の直接的な反映なので,比較(図4)は←??(後続文欠け)

相変わらず頑張っていますね。

当方は医療関係も済み、自動車で遊んでいます。
コピー&ペーストの手直しです。あくまでも参考です。

In all Raman maps BCC was clearly separated from its surrounding non-tumorous tissue by the KCA.

全てのラマンマップにおいて,KCAを使用することよりBCCは周辺の非腫瘍組織から明瞭に分離された.

This was not the only distinction noticed. In a number of cases KCA resulted in several clusters of Raman spectra, within the tissue surrounding the t...続きを読む

Q磁石と鉄

磁石に鉄を着けていると鉄が磁石

みたいになりますよね。これって磁

石の磁力が鉄に分けられたって事

ですか?そうなると磁石の磁力は、

半分になってしまうのですか?

回答お願いします!

Aベストアンサー

磁石みたいになることもあるし、実際に磁石にもなります。
鉄は強磁性体なので、磁石なっていない鉄は小さな磁石がバラバラの方向にむいているのです。
それが磁石なると、整列しているので別の鉄を引き付けるようになります。
これを磁化と言っています。
さて、元の磁石の力を分け与えたのでなくて、鉄の持ってる磁石を整列させただけなので、自分は弱くなるのではありません。
でも、外部から強力な磁力を与えると消えたり、逆になったりすることもあります。

Q砂鉄とはなんですか

普通の鉄は、屋外・地中にあると酸化第二鉄(赤さび)になって
雨に溶けて流れて行ってしまい、そのうち無くなってしまいますが、
その一方で、自然界から砂鉄が採取されます。

なぜ砂鉄は、赤さびになって溶けてなくならないのでしょうか?

よろしくお教えください。

Aベストアンサー

鉄は自然界では、様々な化合物として産出します。
酸化鉄III Fe₂O₃ 赤鉄鉱 褐鉄鉱
酸化鉄II 四酸化三鉄 磁鉄鉱
硫化鉄  FeS₂  黄鉄鉱、白鉄鉱
 などがあります。砂鉄は、酸化鉄II(四酸化三鉄)磁鉄鉱を含む鉱石が風化で砕かれて、川の水などで流されて堆積した物です。

 ここで、ちょっと復習ですが、中学校で同素体を学んだはずです。硫黄を加熱して溶かして橙色のうちにろ紙に流しいれて広げると単斜硫黄の針状結晶が、さらに高温にして水で急冷するとゴム状硫黄、放置しておくと元の斜方硫黄に戻る実験。あるいは、炭素には無定形炭素、グラファイト(黒鉛)、ダイヤモンドのような同素体があること。
 同素体は同じ元素で出来ていますが、化合物であってもそれが生成する温度や条件で異なった物質として生成することはとても多いです。
 鉄の化合物も同様で、磁鉄鉱が出来る条件で磁鉄鉱を含む鉱石が出来、それが最終的に砂鉄になります。磁鉄鉱は極めて安定な化合物ですから、それが四酸化三鉄には低温では変化しないと言う事です。
 一方、「屋外・地中にあると(酸化第二鉄)酸化鉄III(赤さび)になって」と、赤鉄鉱 褐鉄鉱は全く異なる物です。鉄が錆びてできる酸化鉄IIIは水和物で水酸化鉄にも変化しますが、赤鉄鉱はそんなことはありません。

 要は、それぞれが生成過程が異なると言う事です。

鉄は自然界では、様々な化合物として産出します。
酸化鉄III Fe₂O₃ 赤鉄鉱 褐鉄鉱
酸化鉄II 四酸化三鉄 磁鉄鉱
硫化鉄  FeS₂  黄鉄鉱、白鉄鉱
 などがあります。砂鉄は、酸化鉄II(四酸化三鉄)磁鉄鉱を含む鉱石が風化で砕かれて、川の水などで流されて堆積した物です。

 ここで、ちょっと復習ですが、中学校で同素体を学んだはずです。硫黄を加熱して溶かして橙色のうちにろ紙に流しいれて広げると単斜硫黄の針状結晶が、さらに高温にして水で急冷するとゴム状硫黄、放置しておくと元の斜方硫黄に戻る実...続きを読む

Q発電機で使う(永久?)磁石の作り方

発電機には永久磁石?が必要です。その永久磁石は電気で作っているという認識を持ってます。
その理論だと卵が先か鶏が先かという感じです。
私が考えられるのは2つあって、一つは、磁石が必要のない発電機があって、それで電気を作って、その電気で磁石を作っているのでしょうか?もう一つは、永久磁石は一度作ったら次は電気いらないので、磁石の祖先(天然の弱い磁石)みたいのがあって、それで発電機を作って、2代目の強い磁石を作って、今はその何代目かの子孫で強力な磁石を作っているのでしょうか?
どっちとも違う気もしますが…教えてください。

Aベストアンサー

自励式の発電機では磁石を使わないで、回転させるだけで、鉄材のわずかな残留磁気や地球磁場で少し電流が流れ始めて強い磁場になってゆきます。

地球磁場と書きましたが電磁気の学分野ではどうか知りませんが、物理学では磁場と言う言葉は素粒子の世界の言葉ではなく普通に使いますよ。


人気Q&Aランキング