液体培地に細菌(バクテリア)を培養すると、指数関数的に細菌の濃度が増えていきますが、ある濃度から増えなくなりますよね。この濃度が飽和してしまっているときには、細菌は細胞分裂をしているのでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

以下の参考URLサイトは参考になりますでしょうか?


「細胞の増殖と生体システム」
これ以外にも「微生物学」関連の成書を図書館等で探されては如何でしょうか?

ご参考まで。

参考URL:http://www.jssp.co.jp/f_med_zool/saibo_zoshoku.h …
    • good
    • 0

指名されたので,再度,登場します。


B. circulanceですね? Bacillus属ですね?(ちゃんと二名法で,省略なしに書いてください!)
Bergey’s Manual には詳しい記載がありませんが,Manual of Clinical Bacteriologyには,写真入りで出ていますね。
まず,「生細胞」と「死細胞」の区別ですが,これはあくまで「便宜的」なものです。複数の蛍光色素で染め分けして,一応,「生死」を区別しているだけです。観察は落射蛍光顕微鏡でやります。Gram-negative bacteriaでは,ごく普通に行われるようになりました。ただし,Gram-positive bacteriaでは,どうなのか,調べないと分かりません。下記,URLを検討してください。
えーと,胞子形成と増殖の関係ですね。私のカンで言わせてもらえば,増菌が終わって,定常期に入って以後,胞子形成は盛んになるのではないでしょうか…?私よりも,実際に観測している貴君の方が分かるでしょう。血球計算盤を使って計数しているということなので,「全菌数」と「胞子形成中または胞子形成した細菌数」を区別して計測しているのでしょう?おもしろい結果が得られるといいですね。

参考URL:http://www.probes.com/
    • good
    • 0

一般論として言えば,細菌は分裂増殖をやめた(または増殖速度を低下させた)と考えて良いでしょう。


実際に増殖曲線を実験的に求める時には,増殖量を知るために「細胞数を実測する」「濁度で代替する」等いくつかの方法があります。細胞数と言っても,「生細胞数」「全細胞数」など測定方法によっても増殖曲線のパターンは違ってくるでしょう。当然,細菌の生理状態は微視的には「個々」違っていますから,定常期の細菌群を顕微鏡観察すれば「一部」の細菌は分裂しているはず。
以上の小生の見解を参考に自分なりの回答を考えてください。

この回答への補足

すみませんが、生細胞数と全細胞数の違いがわかりません。現在は血球計算版を用いて細菌の個数をカウントして濃度をはじき出しているのですが、それはどちらにあたるのでしょうか?あと、分裂増殖をやめたということは芽胞形成もやめていると考えてよいのでしょうか?B. circulanceという細菌を使って実験をしています。

補足日時:2001/09/18 17:19
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q寒天培地上で培養した細菌の細胞濃度の計算

先日、寒天培地で納豆菌を10^6倍に希釈したものと10^8倍に希釈したものを培養しました。
シャーレに注いだ液量はそれぞれ0.3mlです。

一週間培養を続けたところ、10^6倍ではシャーレ全体に広がった細菌が確認できました。
一方、10^8倍のほうでは直径1mm程度の小さな点が端に一つ観察されただけでした。

ここから細胞濃度を計算しなければならないのですが、計算式すら分かりません。
どうも平板塗抹法というらしいのですが、探し方が悪いのか検索しても見つからず困っています。

どなたか教えていただけないでしょうか?
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

「希釈平板法」で探しましょう。

コロニーの大きさは関係なく、単にコロニーの数に 希釈率を掛け合わせます。

統計的な確率が関係しますから、コロニーが一つだけだったりした場合には、
やり直さなければならないかもしれません。

ところで、「10^6倍ではシャーレ全体に広がった細菌が確認できました」というのは、
コロニーが一つと言うことですか? それともとても多いという意味ですか?

Q体細胞分裂と細胞分裂と分裂ってどうちがうの?

テスト勉強をしていて、問題集にやたらと、似通ったいろんな言葉が出てきます。で、なにがちがうの?教えてください。試験は、あさってです!よろしくお願いします。

Aベストアンサー

>体細胞分裂と細胞分裂と分裂

 まず「分裂」ですが、生物関連の文章で出てくるときは「細胞分裂」のことと同じと考えていいでしょう。文章中に「細胞分裂」という言葉が何回も出てくるとき、いちいち「細胞」をつけるとくどく感じるときなど、省略して「分裂」ですます、という感じでしょうか。
例:「○○の細胞分裂を観察して……この分裂において……」

 次に「細胞分裂」、これが一番一般的な言葉で、要するに細胞が分裂することですね。(まんまです)

 細胞分裂に、いくつか種類があり、分裂して分裂前と同じ細胞が二つになるのが「体細胞分裂」です。生物が成長して体が大きくなるのは、体細胞分裂を繰り返して細胞の数が増えるからです。

 体細胞分裂と違う細胞分裂に「減数分裂」があります。これは生殖細胞(卵や精子)ができるときに起きるもので、分裂の結果できる細胞が、分裂前の細胞(母細胞といいます)と違うものができます。

 減数分裂をまだ学習していないのでしたら、教科書の先の方をちょっと見てみるといいですよ。「減数」では、染色体の数が減るとかの説明もあるはずです。(体細胞分裂では染色体の数が減らない)

 テストがんばってください。

>体細胞分裂と細胞分裂と分裂

 まず「分裂」ですが、生物関連の文章で出てくるときは「細胞分裂」のことと同じと考えていいでしょう。文章中に「細胞分裂」という言葉が何回も出てくるとき、いちいち「細胞」をつけるとくどく感じるときなど、省略して「分裂」ですます、という感じでしょうか。
例:「○○の細胞分裂を観察して……この分裂において……」

 次に「細胞分裂」、これが一番一般的な言葉で、要するに細胞が分裂することですね。(まんまです)

 細胞分裂に、いくつか種類があり、分裂して分...続きを読む

Q水の一般細菌の検査で、培地による培養検査と、簡易法である一般細菌試験紙

水の一般細菌の検査で、培地による培養検査と、簡易法である一般細菌試験紙の検査をやり、比較実験をしたところ、培地の方では約2000CFU/ml、試験紙の方では約100CFU/mlという誤差が生じてしまいました。これはなぜなのでしょうか?

Aベストアンサー

検体中に含まれる菌の培地選択性により
誤差が出たものだと推定されます。

一般細菌用の培地であっても、培地により(普通寒天か標準寒天かSCD寒天か)
同じ検体であっても結果が異なります。
また同じ培地であっても、メーカーにより異なる場合がありますので、
培地の場合は報文でも必ずメーカー名が記載しておくので一般的です。

だから、この場合は、このメーカーのこれを用いた場合はこの結果であると報告すればいいのです。

Q大腸菌培養の液体培地

大腸菌で目的タンパク質を発現させる時の液体培地ですが、LB培地のほかに何がありますか?プロトコルに選択培地と書いてあるのですが、やっぱり培地はベクターやコンピテントセルの種類などで変えたほうがいいのでしょうか。

Aベストアンサー

以前に大腸菌に作らせた組み替え蛋白の可溶化効率が悪くて困ったことがあります。そのときは、培養温度を25℃に下げたところ少々改善されました。蛋白質の生産が緩やかな方が可溶化効率はよいようです。
可溶化の際にバッファーに界面活性剤を入れておられますでしょうか。TritonやNP-40も試しましたが、オクチルグルコシドが比較的良好でした。

Q【細胞分裂】皮膚の劣化は遺伝子情報の劣化とは関係がない? 人間って生きている間はずっと細胞分裂をし続

【細胞分裂】皮膚の劣化は遺伝子情報の劣化とは関係がない?


人間って生きている間はずっと細胞分裂をし続けているのでしょうか?

年を取ると正しい遺伝子情報がコピーされなくてちょっとずつズレてコピーされるので人体は劣化していくということですか?

けど赤ちゃんのときに既に障害を持って産まれてくる子供がいるってことは人間の赤ん坊は産まれたときには既に完璧な遺伝子情報で産まれてくるわけでないってことですよね?

産まれた段階で既に遺伝子情報がいっぱい壊れている子供と結構完璧な遺伝子情報を持った子供がいる。

で徐々に大人になるに連れて遺伝子情報がコピーミスでシワが出てくる?

人間は年を取るとシワはみな出るのでシワは遺伝子情報のコピーミスの長年の蓄積ではなく、最初から人間の遺伝子情報に年を取ると皮膚にシワが出来るようにプログラムされていると考える方が自然だと思う。

もし遺伝子情報が完璧な状態で産まれてきた子供は年を取っても劣化が最初から遺伝子情報が壊れて正常でない子供より遅れるはずだから。

質問:

皮膚の劣化は遺伝子情報の劣化とは関係がない?

Aベストアンサー

実は、人が老化するのは何故か、という事自体が、まだ科学では解明出来ません。

正しく新陳代謝していると、ずっと若くてお肌も綺麗なままのはずなのです。

これは、遺伝子に、老化するプログラムがセットされているからだろう。という事になっています。

聖書には、初めの人間アダムが神に背いた事が原因で、歳をとり、死んでしまうのだ、という事が説明されています。

そして、神との関係が完全に修復された時、元のように若いまま死なないで生きられるようになる。としています。

ですから、アダムが罪を犯す前は、老化するようになっていなかったし、それが医学的にも一番説明がつきます。

その罪を犯した時から、おそらく遺伝子が傷付き、老化するという遺伝子が子々孫々まで受け継がれているのです。

だから、遺伝子情報が劣化するのは、人が生まれる時であり、
アダムから生れた時代の人達のコピーは、まだアダムに近く、先々の後の世代になればなるほど、コピーが劣化しています。

生れてから死ぬまでに、その人の遺伝子が劣化するのでは無いはずです。詳しくないですが、確かそう。

生れた時から持っている、劣化した遺伝子によって、人は老化が進み、老化に伴って、皮膚が劣化するんだと思います。

実は、人が老化するのは何故か、という事自体が、まだ科学では解明出来ません。

正しく新陳代謝していると、ずっと若くてお肌も綺麗なままのはずなのです。

これは、遺伝子に、老化するプログラムがセットされているからだろう。という事になっています。

聖書には、初めの人間アダムが神に背いた事が原因で、歳をとり、死んでしまうのだ、という事が説明されています。

そして、神との関係が完全に修復された時、元のように若いまま死なないで生きられるようになる。としています。

ですから、アダムが罪を...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報