ガンダムシリーズの「逆襲のシャア」についてですけれど最後のほうでいったい何が起こったのか、正直わかりません。サイコフレームによって何かが起きたようだ、と言うようには思えるのですが。
アムロの彼女であるチェンが腰に下げていたT字型のものがそうだということですが、あれはすでに単体ですでに出来上がったシステムだったのですか?そうでないとすれば何故あの形に?あの巨大な光はなんだったのでしょう?
疑問が多すぎて感動がイマイチです。
わかりやすく説明していただける方、もしくはそういったサイトをご存知の方、つまらない質問かもしれませんがよろしくお願いします。

A 回答 (2件)

ニュータイプの精神波を物理的なエネルギーに変換し、ビットやファンネルをコントロールするシステムが「サイコミュ」ですが、この制御装置は原子炉のように巨大な装置で、これを搭載するにはモビルアーマーやサイコガンダムのような巨体が必用でした。



サイコフレームは設計上の発想を変えて、感応素子を組み込んだ洗濯バサミのような無数の「セル」をモビルスーツの装甲フレーム部分にびっしり取り付けることで「表面積」を稼ぎ、モビルスーツの機動性を損なうことなく、サイコミュを実現するもののようです。

チェイン・アギが持っていたのはその「セル」のサンプルで、これ1個がシステムとして機能し、ニュータイプの精神波に感応するようです。
・・・が、劇中では全く説明されていませんね。(笑)

ラストの「光」は謎ですねぇ。

1.「サイコミュ」は精神を物理的なエネルギーに変換する。
2.「精神」に体が死んでいるか生きているかの区別はない。
3.「サイコミュ」を搭載したMSは不可思議な現象を起こせる。
というのが「ガンダム」の約束事のようですが。

アムロとシャアの生存の可能性を担保するために、最後に1発「奇跡」を起こしておこうという意図でしょうか。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お礼が遅れてすみません。

こうやって体系的に説明していただけるとイマジネーションも広がるものですね。
ありがとうございます。(^^)
なにしろ情報不足で観たものですから。(^^;)

原作を読まないと分からない性質の作品だったのでしょうか。だとすれば残念です。「F91」は原作をあとから読んでもそれぞれに楽しめたように思います。まるで原作と映画の「ハンニバル」の関係のように。

お礼日時:2001/10/07 21:11

「GUNDAM MASTER WEB」というサイトがあります。


ここには質問コーナーあります。

利用してみては?

参考URL:http://ha3.seikyou.ne.jp/home/kzt/
    • good
    • 0
この回答へのお礼

御礼が遅くなってすみません。
ありがとうございます(^^)

お礼日時:2001/10/07 20:51

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング