最新閲覧日:

とんかつ屋さんに行くとキャベツが一緒にお皿にあるけど、栄養学的に関係があるのですか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

栄養学的には良く分かりませんが、他の野菜に比べ、キャベツの千切りはかみごたえ(シャキシャキ感が持続する)があり、またなかなかまとまらずに口の中を動き回ることによって、歯を擦り、口の中のとんかつの油をさっぱり洗い流してくれる効果があります。



又、キャベツには独特の辛味成分があり、これはワサビなどアブラナ科に属する植物にある「アリルイソチオシアネート」と言う物質です。
「アリルイソチオシアネート」は「シニグリン」と言う物質が酵素によって分解されてできており、キャベツには「シニグリン」がワサビのおよそ100分の1含まれていて、このほのかな辛味が口の中をさっぱりさせる効果があります。
(「アリルイソチオシアネート」を含む野菜は今のところキャベツ以外は発見されていないそうです。)

これらのことから、とんかつを食べた後の口の中の油を落とし、キャベツのおいしさを保つために一番キャベツがあっているためだと考えられます。
    • good
    • 0

キャベツには多くのビタミンUが含まれており、


これが肝臓の代謝機能を助けます。
細かく刻み、とんかつなどに刻みキャベツを添えるのは、
肉類の毒を緩和する働きがあるからです。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード


人気Q&Aランキング

おすすめ情報