血液検査により、「プロラクチン」がほんの少しだけ多いせいだといわれました。精密検査の心配はないくらいに微量に多い、とのことです。
それからお薬を処方されています。
「プロラクチン」おっぱいをだすのに関係あるということ以外まったくわかりません。また、なにが原因で増えたのでしょう?
どなたか教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

プロラクチンはご承知のとおり、本来なら出産後にお乳を出すホルモンです。


哺乳動物は授乳中に次の妊娠をしないようにするため、授乳中はプロラクチンの働きで排卵が止まります。
ですのでプロラクチンが過剰になると排卵が乱れて生理不順になるわけです。

プロラクチンが増える理由は原因不明のことが大半です。
まれに、脳腫瘍が原因のこともあります。

脳腫瘍が原因でない原因不明の高プロラクチンには特効薬がありますから
処方されたお薬はきちんとお飲みになるのが良いですよ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お返事ありがとうございます。 
原因不明なんですか・・・。
ホルモンのバランスって、食生活などを見直すことによって改善できないものでしょうかねぇ。 
とりあえず、ご助言いただいた通り、まじめにお薬飲みます!

お礼日時:2001/09/18 20:27

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング

おすすめ情報