明帝国についてなのですが、アカプルコ貿易による、中国社会の変動として、銀本位制が成立したことと、中国を頂点とする国際貿易体制ができあがったとならったのですが、中国ってその時代そんなにすごかったのでしょうか。スペインや、他のヨーロッパ諸国より強大な国家だったのでしょうか。少しイメージがわかないのですが。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

14世紀後半の勢力分布ですね。

当時の明帝国は、世界最強・最大の国家であったと同時に、最も進んだ国家であったと言えるでしょう。この頃のヨーロッパには、世界レベルで見たときに強国なんて存在しません。トルコ帝国が東ローマを滅亡させた時期であり、更にその後のトルコの侵攻に対して、恐れ慄くことしかできなかったのが事実です。そのトルコでさえ、ちょっと前にはチムールが率いるモンゴル軍に一旦は壊滅させられています。そのモンゴルの本体である元帝国を中国本土から駆逐したのが明ですから、その力たるや想像に難くないでしょう(ちょっと極端な言い方をしてますが)。
例として、明の武将(?)が大艦隊を率いて世界中を闊歩しています。ヨーロッパの大航海時代よりも随分前の話です。
この明を以ってしても、中国史上最強ではありません。次の清やだいぶ前の唐の方が強大だったと思います。恐らく、清の前半が最強だったと思います。
最後によく言われる逸話ですが、清末の頃西欧の使節が蒸気機関車などの最新技術を中国の地方官僚に見せた時のハナシです。「そんなものは北京にある。」という反応だったそうです。これは中華思想の現れと思いますが、19世紀末という時期においてこれは荒唐無稽な反応ですが、数千年においてこの感覚は正しかったのです。中国は世界の中心であり、最も進んでいて強い場所であったわけですから。
日本では西欧から見た世界史を教えている、との批判を良く聞き、私も同調しますが、本件レベルのハナシであれば、教科書を見ればわかりますよ。正確な年号を記憶する前に、世紀レベルで、且つ地域レベルで、どこで何があったか、その当事者が誰であたか、をよ~く見てみましょう。きっとピンと来るはずです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お返事していただいてどうもありがとうございます。すいません、ちょっとヨーロッパと明の時代感覚がずれていました。中国では明のあとは清と中華帝国しかないのでどうしても
17,8世紀のようなあとの時代をイメージしてしまうのですが、14世紀となると、ヨーロッパの情勢もだいぶ違いますね。どうも、世紀ごとのイメージが把握できていないようです。大航海の時代の約50年前にもう既に同じような鄭和の南海遠征が始まっていたのですね。ヨーロッパもまだ絶対主義の初期の時代で、まだ国レベルで繁栄していなかったんですね。そういえば、アヘン戦争の前に中国が眠れる獅子と形容されていたことも思い出しました。そういうイメージだったのですね。
お返事どうもありがとうございました。大変参考になりました。

お礼日時:2001/09/19 00:29

歴史上世界帝国や、特定地域の経済システムは、数多く存在したそうです。


(たとえばインド洋から東アフリカにかけての沿岸経済圏など)
西欧の歴史がわれわれ日本人の目につくので、西欧だけが世界の中心で
あったように錯覚しているだけだそうです。(某雑誌のエッセイで)
ちょっと、ご参考までに
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございました。なるほど、高校の歴史を学ぶとどうしてもヨーロッパが中心になってしまいますね。普段学習していると気づかないことですが、そのようなことに気づけて良かったです。どうもありがとうございました。

お礼日時:2001/09/19 00:19

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qモンゴル帝国の成立から元の成立まで・・・

最初に、、
幼名テムジンのチンギス・ハンが出てくるところまでは
わかるのですが・・・
そこから何があってクリルタイが起きたりしたのでしょうか?
どこからがモンゴル帝国成立ですかね?
そして元の成立まで単語単語はわかるのですが
どのようにつなげていけばよいのかさっぱりで・・・

ほんとに馬鹿な質問ですみません

Aベストアンサー

簡単に。

テムジンは、モンゴルの豪族、乃至は有力者の息子として生まれますが、早くして父を亡くし、苦境に陥ります。
その後、がんばって勢力を拡大し、モンゴルを武力統一します。日本でいうところの徳川家康か豊臣秀吉みたいなものです。
そして、クリルタイでモンゴルの王位(ハン)につきます。日本でいうと、征夷大将軍になったり関白になったりするようなものです。
このハン位についたときがモンゴル帝国成立となります。

チンギスハンの死後に、孫のフビライが中国へ侵入し(このときは大元蒙古帝国)、中国の宋(南宋)を滅ぼして中国を統一します。そして(蒙古帝国は分裂していたので)自分の領土である中国の領土を、中国風に元と名付けました。これが1271年のことで、丁度元寇の頃です。

Q朝貢貿易による明にとっての利益について

よろしくお願いします。

明が対外政策として朝鮮・日本などに冊封させることによって、
中華思想のもと君臣関係を結び朝貢させる・・・とまでは分かり
ます。しかし、わずかな朝貢でも何倍ものお返しをする明にとっ
てメリットはあったのでしょうか?また具体的には、どのような
ものを朝貢し、何をおかえししていたのでしょう?

Aベストアンサー

国内的には国民に服属してきた外国使節を見せる事で皇帝の徳の高さを示し、また皇帝の権威を高めるという目的がありました。
対外的には敵を減らし味方を増やす事で、四方から異民族に攻められたり、国内が戦乱で荒れ果てる事を阻止するメリットがありました。

明の使者が日本を訪れ、明の建国と日本の服属を求めた時、倭寇の取り締まりも求めています。当時は明の沿岸を倭寇が荒らし回っており、明にとり大きな問題となっていました。
また、日本との朝貢貿易では、日本の輸出品は硫黄、銅、刀剣等です。
硫黄は火薬の原料です。硫黄は戦争の絶えない明にとり必需品でした。
明の永楽帝は北方のタタールやオイラートを叩く為に、5回も親征していますし、内乱もありました。
こうした戦いに明軍は火器を大量に使用しました。火器が中国の軍において大量に装備されたのは明の時代からだという説もあります。
大量の火器を使用する為には、大量の火薬が必要であり、その原料として硫黄も大量に必要でした。
勘合貿易においても主要な輸出品は硫黄でした。
つまり明は日本と朝貢貿易を始める事によって、倭寇の脅威を抑えて沿岸部を安定させる事を望み、そして戦争に必要な硫黄の流通先を確保する事に成功したのです。
明は硫黄の調達の為に日本と貿易したという説もあります。

朝鮮が成立したのは1392年であり、すぐに明に服属しています。この頃より50年間で朝鮮は朝貢貿易で明に馬を4万頭、牛を2万頭も朝貢しています。
この頃は、前述したように永楽帝がタタールやオイラートを叩く為に親征していた時代でもありましたし、親征以外にも軍の遠征がありました。また国内では内乱もありました。
朝鮮が北方民族と結びついて敵に回らないようにするだけでも大きなメリットがありました。
そして戦争している明にとり朝鮮から朝貢される大量の馬は大いに役立ったでしょうし、内乱で荒れた土地を耕したり食料としても牛は大変役立ったでしょう。

朝貢貿易において明から日本に送られたものは銅銭、生糸、絹織物などでした。
特に生糸や絹は高級品であり、明は朝貢に来た国への主要な送り物としていました。そしてそれはどこの国でも喜ばれました。
また、明に来た使節には国に送られる品とは別に、金や銀が与えられ、その金、銀で使節は明で色々な品物を買い付け本国に戻ってそれを売却し利益を上げたという話です。

ちなみに琉球では朝貢貿易で、赤の染料となる蘇木や夜光貝、宝貝という貝や、刀、銅、硫黄を送っていたそうです。
チベットの国々(当時チベットでは小国が乱立していました)では、馬、ヤクの毛織物、甲冑、仏画や宗教系の用具などを送っていたそうです。

また明は鄭和の艦隊を南海に送り出しています。鄭和の艦隊は遠くアフリカにまで到達していますが、それにより色々な国と朝貢貿易する事になり、明にとって珍しい動物を送られています。
マリンディ(現在のタンザニアあたりにあった国)からはキリンが送られ、その首の長い珍しい動物に人々は驚いたそうです。
モガデシオ(現在のソマリアにあった国)からはシマウマとライオンが送られ、ブラワ(この国も現在のソマリアにあった国)からは駱駝とダチョウが送られ、ホルムズ(現在のイランにあった国)からは、ヒョウ、アラビア産の馬が送られたそうです。

国内的には国民に服属してきた外国使節を見せる事で皇帝の徳の高さを示し、また皇帝の権威を高めるという目的がありました。
対外的には敵を減らし味方を増やす事で、四方から異民族に攻められたり、国内が戦乱で荒れ果てる事を阻止するメリットがありました。

明の使者が日本を訪れ、明の建国と日本の服属を求めた時、倭寇の取り締まりも求めています。当時は明の沿岸を倭寇が荒らし回っており、明にとり大きな問題となっていました。
また、日本との朝貢貿易では、日本の輸出品は硫黄、銅、刀剣等です。
...続きを読む

Q大韓帝国は「清の冊封体制脱却」「日本への対抗」を目指した?

1897年、朝鮮半島にて史上初となる「皇帝」が統治する
「帝国」である大韓帝国が誕生しました。
この当時清帝国が弱体化していたため、冊封体制を維持する
必要性が無くなったのは理解できますが、それだけでしょうか?

当時の日本も「天皇」が統治する「帝国」です。
日本に対して対等な関係になろうとする意図もあったのでしょうか?

Aベストアンサー

確実に言える事は、日本への対抗路線を取った。
これが日露戦争の大きな理由です。

三国干渉の結果、思惑は外れ、ロシア寄りの政権が誕生します。
その後、ロシアは中国に進出します。
更に大韓帝国がロシアへ傾いた為に激突し、保護(植民地化)したのす。

↑ 結局、強い方へ付こうとしています。

この方程式を紐解けば、
日清戦争で日本海軍は負けるので清が良い。
となります。

当時の海軍力では鎮遠を撃沈させる事は不可能だったからです。

実際の流れは、

初期には事大党が反乱をを起こし開化派も攻撃を受けます。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A3%AC%E5%8D%88%E4%BA%8B%E5%A4%89

戦後。
開花派は政権を降ろされます。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%96%8B%E5%8C%96%E6%B4%BE

戦時中は開化派も日朝盟約の下に戦います。

Qイスラム帝国とローマ帝国について

例えば、エルサレムやアフリカの地中海沿いの地域なんかは
イスラム帝国の時代もあれば、ローマ帝国の時代もあった訳ですが
言葉があきらかに違います。

この地域にた普通に暮らしている住民はどう対応したのでしょうか?
支配国が代わる度に覚えさせられたのですか?

Aベストアンサー

言語は支配国が変わる度に変わるわけではない。変わるのは税金の納入先が変わるだけです。帝国とはそういうものであり、属州とはそういうものです。ただし個別の都市に限って論じれば、元の住民が追放されたり、虐殺されたり、自発的に他の地域に移住したりしてまるっきり中身が入れ替わってしまうこともあるので言語の継続性は保証されません。

世界的な人口の増加は、近代の産業革命や農業革命による飛躍的な食糧増産が可能になってからのことであって、古代においては現代人が考えるような人口じゃないんです。大規模な自然災害や伝染病の流行で、いともたやすく都市が廃墟になったり住民が入れ替わったりします。言語は、新しい住民の流入や新しい文化や新しい宗教の流入によって相互に影響しあい長い歴史によって自然と変わっていくものです。

Q中国が世界の頂点に立てなかった理由

近代以降ヨーロッパが世界の中心にありました。
中国の発明品である火薬、羅針盤そして中国の製紙技術、それまで世界の中心にあって周りからの視線と羨望を集めていた中国はどうして衰えたのでしょうか。

Aベストアンサー

簡単に技術だけで言うとシナのそれは確かに世界の最先端であり産業革命以前において対抗出来たのはギリシア・ローマの技術を擁していたイスラムしかありません。

しかしそのシナにも欠点がありました。儒教がそれです。この中では技術・商業・勤労・軍事は下賤の者がやる仕事。王侯貴族や官僚は天下国家の事を論じ漢詩を作れば良い。その為の学問として儒教を叩き込むという国是です。

今日ならば文学者や宗教家を国家のトップに付ける事と同じ事だと言えば深刻さが分かると思います。

近代化の前提条件の一つは国民(敢えてこの表現を使います)に境域が普及する事なんですが印刷技術がそれへの関門となります。
ヨーロッパではそれが普及するとまず何が印刷されたか?それは聖書です。それまでは手書きの写本(手間暇かかるから高価)だけだったから教会にしかありませんでした。それが安く出回ると熟読してカトリック(旧教)について批判する人々が現れます。教科書にでてくるルター等の改革者とプロテスタント(新教)がそれです。この新教は商業・勤労を肯定します。一方で旧教は軽視しています。で新教を受け入れた国は必然的に国力が上がります。その結果がイギリスの産業革命です。それに対抗する為に旧教の国も産業革命を導入し国力を上げる必要が出てきました。それが産業革命以後のヨーロッパとアジアの格差となっていくのです。

中国ではどうか?印刷は中国で生まれましたがそれは王侯貴族官僚の独占で終わりました。彼らは一流の文学者でもあるので本を出版するのですがそれらはあくまでも贈答品です。装丁・フォント・素材を厳選した為余りにも高価な代物です。それに書いてあるのはポエム(漢詩)。実際日本にも伝わってるそれらの本は国宝となってます。歴史的価値は勿論、単純に美術的価値を認められての事です。例えて言うならばコミケの同人誌(限定物)が数百年後の未来で国宝になってると思えば分かるかと思います。

簡単に技術だけで言うとシナのそれは確かに世界の最先端であり産業革命以前において対抗出来たのはギリシア・ローマの技術を擁していたイスラムしかありません。

しかしそのシナにも欠点がありました。儒教がそれです。この中では技術・商業・勤労・軍事は下賤の者がやる仕事。王侯貴族や官僚は天下国家の事を論じ漢詩を作れば良い。その為の学問として儒教を叩き込むという国是です。

今日ならば文学者や宗教家を国家のトップに付ける事と同じ事だと言えば深刻さが分かると思います。

近代化の前提条件...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報