私の実家は、飲食店をやっています。
一週間ほど前に家にいらしたお客さんからお宅が原因で
食中毒になったといわれたのですが、他のお客さんから
は、なにも言われていないし、保健所からの指導や立ち入り検査などもありません。
お客さん曰く「お宅で食べてから、仲間みんなが食中毒になって、医者に行って、点滴を受けたりしているんだが」
と言われたのですが・・・。
もし本当ならば、誠意ある対応をとは思うのですが、反面本当に食中毒だったら、医者から保健所へ通報が行って、保健所から何らかの指導があるはずであり、また、他のお客さんにも影響があるはずなのに、なにもないので、どう対処していいかわかりません。家としてどう対応するのがよいのかを教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

医者は、食中毒患者を診察しても集団的なものでないと届け出ない人が多いです。

他のお客さんも、下痢した程度では医者にもかからず我慢する人が多いし、いつの食事かは特定できないことが多いので店や保健所にいうことも少ないです。自宅の食事が原因のことも多いですからね。

すぐに、管轄の保健所に連絡してください。苦情者に行かせるよりも営業者自ら届け出た方が保健所に対するイメージはいいですよ。調査の結果、食中毒ということになれば店の名を傷つけることになるかもしれませんが、本当に食中毒かどうかは保健所が調べないとわかりません。すすんで調査指導をうけるのが「誠意ある対応」への第一歩だと思います。もし、不幸にしてそのお店が食中毒のもとだった場合、何が原因かもわからずに営業を続けると再び同じようなことを起こしてしまいます。

事実無根のいいがかりのような場合も、保健所に調査に入ってもらったほうがすっきりしていいのではないでしょうか。
    • good
    • 0

苦情を言っている客に対して、


 「誰がどの病院にかかってるのか?」
 「どうぞ、保健所に届けてほしいと」言ってみればいかがでしょうか?

事実無根であれば、
 「名誉毀損」・「恐喝」等として、
 警察に相談してみなしょう
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q食中毒予防

食中毒を予防する食材(梅干、わさびなど)っていろいろあると思うのですが、では1回の食事でどれくらい食べればいいのでしょうか?また、お刺身なんかには日本酒を少しふりかければ、食中毒の予防になると聞いたのですが、本当でしょうか?食中毒を衛生管理や加熱処理にて予防する以外の方法を具体的に知りたいのですが。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

>梅干
効果があるくらいになると「すっぱくて食べられない」状態です。ph4以下にする必要がありますから。カドがない食用酢の方が使いやすいです。

>わさび
辛くて食べられない程度まで入れれば.腐りにくくなりますが.食用酢のほうが使いやすいです。

>日本酒を少しふりかければ
「少し」ではなくて.「流れるほど」です。なお.アルコールが飛んでしまえば効果がなくなります。昔の「酒」は.辛口でしかも.即じょうしゅであり.かなりの乳酸が残っていました。つまり「すっぱい」のです。ですから.酸により殺菌高かが期待できたのですが.今の酒には酸の効果はあまり期待できません。したがって.アルコール単体による殺菌効果を期待しますので.目安としては.アルコール濃度7-10%以上です。つまり.食べると酔っ払ってしまうのです。

みょうが・ささ等は.殺菌成分が合成殺菌剤とおなじです。最大添加量がたしか0.01%で.きんたい数が2000以下でないと効果がありません(2000-5000ぐらいの場合.細菌の生育を促進する場合がある)。つまり.クーリーンルーム内で製造した時に限り効果が期待できます。

楽なのは.「酢を振り掛けてすっぱくしてしまう」です。湖の場合.腐っても乳酸発行か酢酸発酵なので食中毒になりませんから。

>梅干
効果があるくらいになると「すっぱくて食べられない」状態です。ph4以下にする必要がありますから。カドがない食用酢の方が使いやすいです。

>わさび
辛くて食べられない程度まで入れれば.腐りにくくなりますが.食用酢のほうが使いやすいです。

>日本酒を少しふりかければ
「少し」ではなくて.「流れるほど」です。なお.アルコールが飛んでしまえば効果がなくなります。昔の「酒」は.辛口でしかも.即じょうしゅであり.かなりの乳酸が残っていました。つまり「すっぱい」のです。ですから.酸に...続きを読む

Q食中毒の患者を診断した医師は保健所長に届け出することについて

食中毒患者を診断した医師は、最寄りの保健所長へ届けないといけないと思うのですが、食中毒患者の疑いがある者を診断した場合も、届け出る必要はあるのでしょうか?

調理師試験の練習問題にあるのですが、テキスト等をみても疑いがある者に関しては何も書いていないので、ひっかけ問題と解釈するべきか、被害が拡大するのを防ぐのが目的ということで正解と解釈するべきか迷っています。どなたかアドバイスお願いします。

Aベストアンサー

届け出る必要がありますね。
【食品衛生法第58条】
食品、添加物、器具若しくは容器包装に起因して中毒した患者若しくはその疑いのある者. (以下「食中毒患者等」という。)を診断し、
又はその死体を検案した医師は、
直ちに最寄りの保健 所長にその旨を届け出なければならない。

http://www.mmjp.or.jp/yokojyuu/low/low/low_043.html#id_58

Q食中毒予防について

食中毒予防で、「よく加熱する」とあります。細菌性食中毒予防では、75℃、1分以上、ノロウイルス食中毒予防では、85℃、1分以上、あるいは、肉など、中心部が75℃以上でokなど、書かれてあることが多いです。75℃、85℃、という温度は何が基準になっているのでしょうか?食品安全委員会のホームページをみていたら、さらに、食肉では65℃以上とか、腸炎ビブリオでは、60℃、10分間、などなど、いろんな温度がばらばら出てきて、どういうことなのか、分からないのですが・・・

Aベストアンサー

つまり、その温度以上で規定時間加熱すれば、全ての細菌は死滅しますよ。
という温度です。

中にはもっと低い温度でも死滅する菌もいますので、個別の菌ごとに温度をみると、低温の表示もあります。
が、一番高温に耐える菌まで死滅させる事を想定し(これは、実験して決めています)
更に、少々の余裕をみて切りの良いわかりやすい数字に切り上げて表示しているのだと思います。
(たとえば「73.456度以上に加熱」とか書かれても、判りにくいだけですからね。(数値適当デス))

また、低温で時間が長いものについては、高級な牛乳のパッケージでよく書いてありますが、
「高温で短時間加熱」「中温で中時間加熱「低温で長時間過熱」が、
同様の殺菌効果を持つ場合があります。

ご家庭でしたらとにかく、
・刺身用の魚以外は生、半生で食べない。
・手、食器、調理器具はしっかり洗い保管時はよく乾燥させる
・生肉、魚を切った包丁、まな板ですぐに生で食べる野菜を切らない。(熱湯で殺菌する)
・フキンは1日使ったらよく洗い乾燥させる。
などに注意すればよいと思います。

つまり、その温度以上で規定時間加熱すれば、全ての細菌は死滅しますよ。
という温度です。

中にはもっと低い温度でも死滅する菌もいますので、個別の菌ごとに温度をみると、低温の表示もあります。
が、一番高温に耐える菌まで死滅させる事を想定し(これは、実験して決めています)
更に、少々の余裕をみて切りの良いわかりやすい数字に切り上げて表示しているのだと思います。
(たとえば「73.456度以上に加熱」とか書かれても、判りにくいだけですからね。(数値適当デス))

また、低温で時間が長...続きを読む

Q保健所の保健師の介入権限

身内に特定疾患の難病になり保健所の保健師がつくことになりました。

介護している者のことを想ってだと思うのですが・・・
・家の跡取りがなぜ長男でないか?
・長男がなぜ介護をしないか?
・(介護している者に対して)フルタイムで働く気か?
・パート位しかできないじゃないか!
とかいう家の中の事に介入してきます。
長男にも介護をさんざん頼みましたが仕事を理由にほとんど手伝ってはくれないので介護している家族でこの世にはいない者として出来る者でやっていこうとしていた矢先でしたのでショックでした。
仕事の件にしても生きていくには働かなければいけないのです。

保健師とは公務員なのですか?
こういう生活状況に指示を出す権限はあるのですか?
あるのなら長男へ命令してくれたり、都合よく働くパート先を紹介してくれる力(権限)をお持ちなのでしょうか?

特定疾患の権利を受けていくには言うことを聞かないと不利になるのでしょうか?
できたら専門家のかたにアドバイスいただけましたらありがたいです。

Aベストアンサー

保健師自体は
保健師助産師看護師法に基づく国家資格で厚生労働大臣より免許を受けた資格者です。
そして、保健所に所属する保健師は、地方自治法による地方公務員です。

保健師の職務は
第二条  この法律において「保健師」とは、厚生労働大臣の免許を受けて、保健師の名称を用いて、保健指導に従事することを業とする者をいう。
であり、
“在宅で病人を抱えている家族への家庭看護方法の教育、保健情報の提供”もその職務に含まれているとされます。
“生活状況に指示を出す権限”については当然に強制力を持つことはありませんが、指導、教育の範囲内で必要な行動を取る権限はあります。

“不利になる”直ちに何らかの権利が剥奪されることはありませんが、看護者との間に協力関係ができなければ、患者自身によい影響があるとも思えません。

“家の中の事に介入”、保健師が職務を超えて干渉しているのであれば、当該保健師を監督している保健所に相談するか、法を越えて干渉しているのであれば、警察なりに相談すべきでしょう。
仮に、その“介入”が質問者の気に入らないことでも、職務として必要であり、社会通念上妥当であれば、受け入れざるを得ません。

保健師自体は
保健師助産師看護師法に基づく国家資格で厚生労働大臣より免許を受けた資格者です。
そして、保健所に所属する保健師は、地方自治法による地方公務員です。

保健師の職務は
第二条  この法律において「保健師」とは、厚生労働大臣の免許を受けて、保健師の名称を用いて、保健指導に従事することを業とする者をいう。
であり、
“在宅で病人を抱えている家族への家庭看護方法の教育、保健情報の提供”もその職務に含まれているとされます。
“生活状況に指示を出す権限”については当然に強制力...続きを読む

Q外食時の食中毒予防策はあるのでしょうか?

不衛生な環境で食べざるを得ないとき、
たとえばキャンプ場での食事、屋台の食事、発展途上国での食事など。
感染してる可能性があるものを口にしなければならない状況下での予防策です。

最近のユッケ食中毒の件でも、たくさんの方が食したにもかかわらず、
食中毒で亡くなった方がいます、この命の分かれ目はなんだったのでしょう?

お酒と一緒だと大丈夫だとか、梅干やショウガを一緒に食べたり、
クエン酸のドリンクなど飲めば防げるといった話もききますが、これらは本当でしょうか。

Aベストアンサー

>お酒と一緒だと大丈夫だとか、梅干やショウガを一緒に食べたり、
>クエン酸のドリンクなど飲めば防げるといった話もききますが、これらは本当でしょうか。

食中毒予防効果については全部気休め程度の効果しかありません。
食材は食事の材料であって、お薬のように効能が定まっているものではありません。
お酒(アルコール)は肝臓に負担をかけ、免疫力を低下させます。
キャンプで怪我をした傷がある場合など、傷の消毒には使えますが飲むのは悪化のもとです。

クエン酸ドリンクより胃液のほうが酸性度は段違いに凄いです。
大事な胃液を薄めるだけなので食中、食後の水分はほどほどに。

食中毒予防の3原則は食中毒菌を「付けない(清潔)」「増やさない(迅速・冷却)」「やっつける(加熱)」です。
予防には可能な限り心がけるのが大事です。


過去の回答例です。
同じものを食べても何故食中毒にならない人がいるの?
http://oshiete.goo.ne.jp/qa/5339654.html

参考リンク
家庭でできる食中毒予防の6つのポイント
http://www1.mhlw.go.jp/houdou/0903/h0331-1.html

>お酒と一緒だと大丈夫だとか、梅干やショウガを一緒に食べたり、
>クエン酸のドリンクなど飲めば防げるといった話もききますが、これらは本当でしょうか。

食中毒予防効果については全部気休め程度の効果しかありません。
食材は食事の材料であって、お薬のように効能が定まっているものではありません。
お酒(アルコール)は肝臓に負担をかけ、免疫力を低下させます。
キャンプで怪我をした傷がある場合など、傷の消毒には使えますが飲むのは悪化のもとです。

クエン酸ドリンクより胃液のほうが酸性度は段...続きを読む

Q文化祭での模擬店の仮設設備が保健所の検査不要な理由

文化祭での模擬店の仮設設備が保健所の検査不要な理由



こんにちは。
学校の文化祭での仮設調理場(模擬店)は、販売行為はあるわけですが、
検便を行うよう決まられているだけで、設備の検査は行わない理由を教えてください。

※ 出来れば、検査の除外となる根拠の法令の条文や通達があるのなら知りたいです。

Aベストアンサー

http://www.city.tokyo-nakano.lg.jp/reiki/reiki_honbun/q6000908001.html
http://www.pref.ibaraki.jp/bukyoku/hoken/mitsuhc/weekly/faq/mogiten2.html

条例ですね。行わない理由というか、「原則として食品を提供する場合は検査が必要だが、簡易な営業の場合は必要ない」という考えですね。

Q食中毒の原因になる菌の予防について

ちょっとした疑問なのですが、o-157やサルモネラ菌など、食中毒の原因になる菌は、人の頭髪にも付着するものなのでしょうか?
また、普段家庭で使用しているボディソープなどで殺せるものなのでしょうか?

緊急ではないのですが、もやもやするので、困り度最大にします。

Aベストアンサー

当然、付着します。
ボディーソープでは殺せませんが、物理的に洗い流して除去するという考え方になりますので、洗髪は有効です。

Q墨田区在住の人が新宿区で飲食店を開く場合は、墨田区の保健所ではなく新宿

墨田区在住の人が新宿区で飲食店を開く場合は、墨田区の保健所ではなく新宿区の保健所に飲食店営業許可を取るのでしょうか?
宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

運営する人の居住する区の申請は、住んでいる区での店舗経営の時だけです。
ですから、居住していない区での店舗経営なら、店舗がある区での申請は当たり前です。

Q食中毒

各種施設の中で食中毒が発生した経験のお持ちの方、又は食中毒に詳しい方でその対処方や経験等を教えて下さい。例えば以下のようなことです。

・営業自粛や行政処分の間の食事提供方法。
・危機管理マニュアル作成上特に重要なポイント等・・

以上宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

保健所の指導により即日営業停止です。その間に食事提供はできません。
以前働いていた宿泊施設で食中毒が起こった際は、知らずに泊まりにお客様が来られるので、そのお客様を近所の宿泊施設に頼んで振り分けて勿論車で送って。電話でもその後の予約のお客様に事情を説明して他の宿泊施設に振り分けたり。ひたすら、従業員全員で平謝りでした。

Q保健所による強制的な児童の保護について

友人が、先月出産しました。

彼女は、自律神経の病気があるので、大学病院で神経科と産婦人科同時ににかかりながら無事出産しました。
出産後、まだ2か月弱なので、肉体的・精神的に彼女にはまだ辛そうで、寝込むことも多いですが、ヘルパーさんの協力を得ながら夫婦で頑張って育児をしています。

傍で見守り、たまに赤ちゃんを預かったりもしますが、細かい育児ノートをつけて丁寧に子育てをしていると思います。とても可愛がっています。

ところが、突然保健所からの連絡で、虐待をする可能性が高いので施設に引き取ると言われたそうです。
保健所の方々が旦那さんの会社に来たりご自宅に来たり、最終的には週明けに強制的に引き取ると言い渡されたそうです。
大学病院からのつながりで出入りされていた保健婦さんの考えなのでしょうか。

赤ちゃんは本当に体にも傷ひとつないし、可能性ありというだけで、強制的に母子が引き離されてしまうのでしょうか。
そうなったときに彼女が絶望して自傷行為に走ってしまうことは想像にかたくないです。
近くにいて、どうすればいいのか悩み困っています。
どなたか詳しい方アドバイスいただけますか?

友人が、先月出産しました。

彼女は、自律神経の病気があるので、大学病院で神経科と産婦人科同時ににかかりながら無事出産しました。
出産後、まだ2か月弱なので、肉体的・精神的に彼女にはまだ辛そうで、寝込むことも多いですが、ヘルパーさんの協力を得ながら夫婦で頑張って育児をしています。

傍で見守り、たまに赤ちゃんを預かったりもしますが、細かい育児ノートをつけて丁寧に子育てをしていると思います。とても可愛がっています。

ところが、突然保健所からの連絡で、虐待をする可能性が高いの...続きを読む

Aベストアンサー

> 赤ちゃんは本当に体にも傷ひとつないし、可能性ありというだけで、強制的に母子が引き離されてしまうのでしょうか。
・精神疾患の持病がある場合、過去の事例と主治医の判断、処方されている抗うつ剤や安定剤などの薬が基準となり子供を親から引き離すことはあります。

児童相談所長、保健センター長などの判断により強制力はありませんが、子供は施設に保護されます。
なお、親が子供の引渡しを拒否した場合、児童相談所長、保健センター長の申請により、裁判所から正式な命令書(強制力あり)が発行されます。
ただし、緊急避難や一次保護の場合は、裁判所の命令書なしで保護できます。

> そうなったときに彼女が絶望して自傷行為に走ってしまうことは想像にかたくないです。
・明言できませんが、亭主の考え方次第だと思います。
奥さんに精神疾患の持病があっても、亭主が奥さんに代わって育児を申し出れば通常は引き離すことは無いと思います。
モチロン、亭主が会社へ出社の際に0歳児保育所へ子供を預け、亭主が帰宅の際に子供を連れ帰ることなどが条件になると思います。
なので、亭主の心ひとつだと思います。
ここら辺は、経済的な問題もあるので悩ましいですね。

なお、夫婦共に精神疾患がある場合は、残念ながら、かなり厳しいでしょうね。
夫婦共に精神疾患がある夫婦の子育ての例はありますが、極めて稀です。

> 赤ちゃんは本当に体にも傷ひとつないし、可能性ありというだけで、強制的に母子が引き離されてしまうのでしょうか。
・精神疾患の持病がある場合、過去の事例と主治医の判断、処方されている抗うつ剤や安定剤などの薬が基準となり子供を親から引き離すことはあります。

児童相談所長、保健センター長などの判断により強制力はありませんが、子供は施設に保護されます。
なお、親が子供の引渡しを拒否した場合、児童相談所長、保健センター長の申請により、裁判所から正式な命令書(強制力あり)が発行され...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報