「昭和19年の秋、太平洋戦争中ですね、ベトナムの北部で気候のせいか不作になり
当時、日本軍に米を供出していたベトナム北部の人は食べるものがなく、飢饉となり200万人が死んだ。」
というのは、ほんとうなのでしょうか?

この数字、戦後のベトナム政府の発表だそうですが、正しいのでしょうか?
(日本の原爆の比をはるかに超えてますが、、、)

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

くわしくは覚えていないのですが、数年前に放送した


NHKの『ドキュメント太平洋戦争』という番組の中、
ベトナム北部(もしくは全土という表現だったかもしれません)で、
大規模な飢饉が起こったという場面の映像が流れていました。

大戦末期の状況から判断してみても、考えられないことではないので、
おそらく飢饉は起こったのでしょう。ただ、200万という
数字については、あまり鵜呑みにしないほうがよいかと思われます。
その発表がいつの時期かはわかりませんが、共産党政権によって
統一された後に発表されたのなら、日本に対する賠償責任等を
考慮して、数字に誇張を加えた可能性も考えるべきでしょう。
外交的なかけひきとして、自国の事件を使用するのは
諸外国では一般的ですからね。(事実のあるなしは別として)

なんだか乱文になってしまいすみませんでした。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

そうなんです、私もそのNHKの番組をみて、このことを知ったんです。

「200万」は、どうかなぁ~?とずーと疑問に思っていたんですが、
「教えてGOO」さんにお世話になることを思いついて、思い切って質問しました。

とすると、ベトナム大使館なんかに問い合わせても、この数字が帰ってくるんですかねぇ?
国連とかは、関係してないでしょうし、、、。

200万ねぇ、、、。
真実は、どうなんでしょう?

どうも、ありがとうございました。

お礼日時:2001/09/19 05:51

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング

おすすめ情報