コンサルティング会社で経理を担当しています。

勘定科目のことで、教えてください!!
借入金の保証金の科目名は、営業外費用でいいんでしょうか。それとも販管費に
なるのでしょうか。

どうぞよろしくお願いいたします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

借入に際して保証協会へ支払う保証金との前提で記入いたします。

保証金は通常戻らないので、営業外費用に適当な名称の科目を設定するか、既存の科目で適当なものがあればそこに集計すればよいと思います。

ただ、借入期間が2年以上に及ぶ場合は月数按分し、当期以降の分は前払費用とするのが原則です。
例えば借入期間が3年、当期借入期間が3か月の場合、当期の費用に算入できるのは、保証金額×3/36となります。

実際の経理処理としては支払時に「営業外費用」として処理し、決算時に翌期以降分を前払費用に振り替えるか、支払時に資「前払費用」とし、決算時に当期分のみ営業外費用に振り替えても良いと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

wildpetさん。

「営業外費用に適当な名称の科目を設定するか、既存の科目で適当なものがあればそこに集計すれば」いいのですね。

非常に分かりやすく丁寧な回答、ありがとうございました!!
早速参考にさせていただきます。

お礼日時:2001/09/18 15:51

借入金の保証金とのことですが、保証金の性質として、通常は、借入金を返済すると戻ってくるものですが、戻ってこないのですか。


保証金ではなく、保証料でしょうか。
これは戻ってきませんね。

戻ってくる場合は、貸借対照表の資産に計上します。
勘定科目は「差入保証金」として処理します。

戻ってこない場合は、営業外費用で処理して、勘定科目は「保証料」となります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

kyaezawa様

2つのご回答、ありがとうございます。
なにせ超初心者なもので…。
今、勉強中なんですが、また分からないことが出てきたら、
書きこみにきます。
ぜひ、そのときもご指導くださいますように。

お礼日時:2001/09/18 15:56

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q経理の用語で勘定科目とありますが、前受金・預かり金・現金・普通預金・当

経理の用語で勘定科目とありますが、前受金・預かり金・現金・普通預金・当座預金・売掛金・買掛金…などたくさんありますが、
(1)費目は何がありますか?
(2)勘定科目が大分類で、その中に費目があると考えてよろしいでしょうか?

よろしくお願いします<m(__)m>

Aベストアンサー

〇先ず経理の用語ではなく会計用語といいます。
〇(1)と(2)の考え方を少し書いてみます。
(1)は企業が収益を上げるために消費した財の価値や借りた資本の利子などの総称です。
例えば損益勘定科目の中に,売上高・仕入高・給料手当・法廷福利費・福利厚生費・旅費交通費・通信費・事務用品費・雑費等々沢山あります。
(2)はhisoft39さんが記入されたような勘定科目をいいます。
資産勘定科目=現金・当座預金・普通預金・売掛金等です。
負債勘定科目=買掛金・前受金・預り金等をいいます。
(1)(2)をここで書くのは大変です。勘定科目・仕訳事典と会計用語辞典を買って見てください。

Q入会金と会費の勘定科目を教えて下さい。経理税務

お世話になっております。
質問させてください。
一般社団法人の経営○○支援センターに、
入会金50000円、会費70000円を支払う事に
なりました。
勘定科目はどのように処理すれば良いでしょうか?
入会金は繰り延べ資産に計上しなければいけないので
しょうか?
少額ですし、共に会費で処理して問題ないでしょうか?
ご指導の程、よろしくお願いいたします。

お世話になっております。

Aベストアンサー

その支出の性格が不明ですが、仮にその性格が繰延資産に該当する内容であっても20万円未満であれば支出時の損金とすることができます。(法人、個人とも)

したがって、会費でも雑費でも問題ありません。

Q前期借入しました。今期返済日も使う科目は【短期借入金】でよい?

H17年5月に、保証協会の保証をうけて銀行から500万円を返済期間5年で借入れました。借入金が普通預金に振り込まれた時は
下のページのような仕分けをしていました。
http://www.maps-keiri.gr.jp/html/siwake/3.html

そして、毎月の返済日(H17年6月~12月まで)は

短期借入金 83,000円/普通預金 90,000円
支払利息   7,000円 

という仕分をしていました。

先月の12月決算を迎えましたが、
今月1月からの返済日には、前年度と同じような仕分けでいいのでしょうか?
(科目は短期借入金のままでよいのか?)
そしてH18年度の今期決算時に何か処理が必要なのでしょうか?
また、H19年度以降の科目は長期借入金にするのでしょうか?
質問が多くなってしまいましたが、
具体的に教えていただけると助かります。よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

#4です。
正解です。お判りになったようでほっとしてます。
残高が合えば問題ありません。よかったですね。

Q個人事業の借入後の勘定科目

今回 初めて銀行で借入をしました。
個人事業の経理でつまっています。
借り入れた場合、事業主借で処理してよいのですか?
それとも他に方法がありますか?

Aベストアンサー

>個人口座の場合、事業主貸になるということは、翌年繰越は0円になると言うことですよね?
>借入金で処理したい場合は、口座を替えないといけませんか?

あっ、いえいえ、借入金の相手科目が事業主貸になるだけであって、借入金そのものは、きちんと残高が残ってきますので、口座を変えなくても大丈夫です。

ただ、いずれにしても、その借入れしたお金は事業用に使われるのでしょうから、いったん借り入れた金額を事業用口座に預け代えたほうが処理はしやすいかもしれませんね。

仕訳で言えば次のような感じですね。

事業用口座へ預けた日の仕訳

預  金/借 入 金  摘要:○月○日 △△銀行より借入
支払利息/
租税公課/

直接借入金で処理して、摘要に実際に借入れした日を入れておけば良いと思います。

Q法人の経理(勘定科目)

例で説明します。

売上高が100万円 売上原価は0円
営業外収益が10万円(雑収入)

上記の雑収入の内、洗剤を販売しているのですが、この洗剤を仕入れた時の勘定科目は何になりますか?
仕入高(売上原価)でいいのでしょうか?

それとも営業外費用のところに仕入高という科目を作って処理しますか?

わかりずらかったらすみません、よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

仕入です。なお、商品販売の対価なら、雑収入ではなく売り上げとして計上すべきです。雑収入は営業活動外で経営分析上重要度の低い収入を計上する科目であり、仕入れてまで販売することによる収入は「雑」ではあり得ません。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報