『~の国のアリス』とゆう名前だったと思うんですけど、
小学校の時、読んでもう一度見たいなーと思っています。
知ってらっしゃる方がいらしたらお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

kanonBさんの読まれたものかわかりませんが、小・中学生向け、というとこちらでしょうか。


「ふしぎの国のアリスの算数パズル」「鏡の国のアリスの算数パズル」の2冊があるのですが・・・。
どちらも山崎直美著でさ・え・ら書房から出ています。
参考URLで表紙がちょっと見れますので、御確認ください。

参考URL:http://www.ruralnet.or.jp/~NCL/set/37800063.htm
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答、有難うございます。
多分、小学生の時に読んだのは『鏡の~』の方だと思います。
どうもありがとうございました。

お礼日時:2001/09/21 22:23

otowahibikiさんが書かれているように、私が思うのは、


「算数(?)の国のアリス」ではないでしょうか?
私も小学生の時に読んで、アリスと一緒になって、答えを考えたように記憶しています。
ただ、かなり以前の事ですので、算数の国のアリスは古本屋にしかないかもしれませんね。

懐かしい本を思い出させてくださって、有難うございます。
確かに、みなさんが書かれているように、講談社のX文庫から出ていました。多分、今でも続刊が出ているのではないでしょうか?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

小学生の時は、かなり必死に考えましたけど
大人になった今、見ると簡単なものなのかも・・・。
ご回答、どうも有難うございました。

お礼日時:2001/09/21 22:30

すみません。

No2でのURLは表示されなかったようなので、新しく講談社の検索ページを張っておきます。
署名の所に「アリス」。
ジャンルの2の「X文庫」をチェックして検索してみてください。
それから、題名をクリックすると、表紙などが見られます。
何度もすみません。

参考URL:http://www.bookclub.kodansha.co.jp/search/index. …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

どうも律義に何度も有難うございます。
ご回答ありがとうございました。

お礼日時:2001/09/21 22:24

こんにちわ。

アリスって聞いて一番先に思いついたのが下記のシリーズ。
出版社:講談社 X文庫
著者:中原涼
作画:かやまゆみ
シリーズ名(例):イジワルの国のアリス/料理の国のアリス/王様の国のアリス
         など。

まだまだあります。私が検索した結果を張っておきます。見てみてくださいね。  

参考URL:http://www.bookclub.kodansha.co.jp/Scripts/bookc …
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q不思議の国のアリスについて

不思議の国のアリスが好きになり、本を探しているのですが…
☆英語文と日本語文が載っている(英語の横に日本語解説がある)本
☆大人向けの本(日本語)
☆装丁が綺麗な本

はありますでしょうか?
私なりに検索してみたのですが、児童書が多くなかなか見つからなくって…
特に一番上の本を探しています
子供向け以外でお勧めがありましたら、ぜひ教えてください

Aベストアンサー

そうですね
1)対訳本:
 現在は、対訳本は出ていません(過去に研究社と旺文社から出ていましたが、どちらも絶版です)
2)大人向けの翻訳
 詳細な註釈本という点で一押しなのが石川澄子訳『不思議の国のアリス』(東京図書)
 逆に訳註をいっさいつけずに、原文の洒落を徹底して日本語にしたのが柳瀬尚紀訳『不思議の国のアリス』(ちくま文庫)
 イラストが金子國義で、訳文も読みやすい矢川澄子訳『不思議の国のアリス』(新潮文庫)
 日本におけるルイス・キャロル研究の草分けによる達意の日本語訳として高橋康也・迪訳『不思議の国のアリス』(河出文庫)
3)装丁が綺麗な本
 値段が張るものの、オールカラーの全訳本として脇明子訳『不思議の国のアリス』(岩波書店......岩波少年文庫版ではないのでご注意を)
 アーサー・ラッカムのイラストが美しい高橋康也・迪訳『不思議の国のアリス』(新書館......河出文庫版は、これの改訳です)
 番外編ですが、『不思議の国のアリス』の元になった話の完全翻訳『地下の国の
アリス』(安井泉訳、親書館)
こういったところがおすすめです。
この20年ほどに出ていた『アリス』の全訳を、(おそらく)全種類レビューした記事を自分のサイトに載せています。ご参考までに。

参考URL:http://www.hp-alice.com/lcj/g_contents.html

そうですね
1)対訳本:
 現在は、対訳本は出ていません(過去に研究社と旺文社から出ていましたが、どちらも絶版です)
2)大人向けの翻訳
 詳細な註釈本という点で一押しなのが石川澄子訳『不思議の国のアリス』(東京図書)
 逆に訳註をいっさいつけずに、原文の洒落を徹底して日本語にしたのが柳瀬尚紀訳『不思議の国のアリス』(ちくま文庫)
 イラストが金子國義で、訳文も読みやすい矢川澄子訳『不思議の国のアリス』(新潮文庫)
 日本におけるルイス・キャロル研究の草分けによる達意の日本語...続きを読む

Qいままで読んで一番よかったと思う漫画

たくさん読んでいるとは思うのですが、まだまだ私の知らないマンガがあると思うのです。
皆さんが読まれた中でこれは良かった!
おもしろかった!オススメです!といったマンガがあれば是非教えてください。

私の現在、持ってる漫画は、ベルセルク、20世紀少年、バカボンド、サイコ、風と木の歌、動物のお医者さん、花よりだんご、ブラックジャック、ブラックジャックによろしく、ハッピーマニア、彼氏と彼女の事情、ホムンクルス、きみはペット、MONSTER、からくりサーカス

ジャンルは問いませんので暇な時に教えて下さい。

Aベストアンサー

こんにちは
少し昔の漫画です。どれも20巻以上の長編ですが。

(1)六三四の剣
 漫画:村上もとか 全24巻
 6月3日の4時に生まれたから六三四。
 剣道とともに成長する六三四の物語。

(2)拳児
 原作:松田隆智 漫画:藤原芳秀 全20巻
 祖父に八極拳をならった拳児の物語

(3)うしおととら
 漫画:藤田和日郎 全33巻
 「うしお」という男の子と、妖怪の「とら」
 1人と1匹による妖怪退治の物語。

お暇なときにでも。

Q以前読んだ本をもう一度読みたいと思っているのですが、肝心の本の題名が思

以前読んだ本をもう一度読みたいと思っているのですが、肝心の本の題名が思い出せずに困っています。


幸せな恋人生活の後に、最終的には彼女が彼氏を殺してしまう話だった気がします…はっきりとしておらずすみません。


その本には最後に結構なページ数を割いた番外編のようなものがついていました。
本編から何年か経った後、彼氏を殺してしまったことを悔い、北海道の宗谷岬に旅立つ話です。

番外編の題名は「イヨマップ」でした。
『アイヌ語で「愛してる」って意味なんだよ』みたいなことを言っていたのがやけに印象的で、そこだけはっきりと覚えています。


学校の図書館に新書として入ってきたのを読んだのが三、四年ほど前なので、発刊もそれくらいだと思われます。



僅かな情報ですが、ほんの少しでも心当たりのある方の書き込みをお待ちしてます。

Aベストアンサー

「ラストスマイル」菊池誠(2004年発売)

この作品の第二部の題が「イヨマップ」です。

質問者様の記憶と同じく北海道が舞台になっていますので一度ご確認ください。

お探しの本だといいのですが・・・。

Q「不思議の国のアリス」のオリジナル

絵本になっている物語は大抵はもっと奥の深い話になっていると思います。
(浦島太郎、桃太郎、赤ずきんちゃん、etc)
そこで、自分が気になったのは 「不思議の国のアリス」 です。
きっかけは友人との会話。彼はARMSという少年サンデーに連載されていた漫画の登場人物(モンスター)が不思議の国のアリスの登場人物の名前だというのです。
話を聞いていくうちに、騎士、ドラゴン、ジャバウォック(?)などの聞いたことのないキャラ達を耳にし、本物の「不思議の国のアリス」を知りたくなりました。
もしストーリーを把握している方、もしくは紹介しているサイトをご存知の方、お知らせください。お願いします。

Aベストアンサー

すみません、参考URLで、ARMSちょこっと勉強して出直してまいりました。
ははぁ、ずばりアリスという登場人物がいて、クィーン・オブ・ハートだの白兎だの、三月兎だの、帽子屋だの、チェシャ猫だのがでるんですね。(しかし、その中にキャロルってネーミングされると、作者のルイス・キャロルが思い浮かんじゃいますが、用語辞典で見る限り、それは関係なさそうな…。この並びでドロシーなんて名前を見つけると、オズの魔法使いかな、なんて勝手に想像してしまったり)
ちなみにスナーク狩りというの、これもルイス・キャロルの小説のタイトルです。
トランプがクロケットのゲートをするってシーンは、不思議の国のアリスにありますね。
プログラム・ハンプティーダンプティー・・・ハンプティーダンプティーも不思議の国のアリスに登場しますが、もとはマザーグースですね。ハンプティーダンプティーが塀から落っこちてくだけたら、王様にも戻せない、という内容の詩ですから、滅びのプログラムのネーミングとしてはなるほど、という感じです。どうせならプロジェクト・モアはプロジェクト・ドードーと名づけてほしいところ。モアもドードーも絶滅した鳥なんですが、ドードーは不思議の国のアリスに登場しますので。(モアって、その意味ではないのかな)

他にも「アリス」とは関係ないですが、キクロプス(サイクロプスという日本訳の方が多いかな)、アイギスの鏡(Aegis Shield、RPGのゲームでイージスの盾と訳されてるアイテムですね)なんてギリシア神話系のネーミングもあるんですね~。
こちらに関しては、とあるファンサイトで詳しく用語解説しているのを検索してみつけたんですが、著作権侵害にひっかかりそうなんで、紹介できない…
と、ARMSを読んでいないのに勝手に書きましたが、詳しい方、突っ込んでやってください。

参考URL:http://websunday.net/arms/ar_index.html

すみません、参考URLで、ARMSちょこっと勉強して出直してまいりました。
ははぁ、ずばりアリスという登場人物がいて、クィーン・オブ・ハートだの白兎だの、三月兎だの、帽子屋だの、チェシャ猫だのがでるんですね。(しかし、その中にキャロルってネーミングされると、作者のルイス・キャロルが思い浮かんじゃいますが、用語辞典で見る限り、それは関係なさそうな…。この並びでドロシーなんて名前を見つけると、オズの魔法使いかな、なんて勝手に想像してしまったり)
ちなみにスナーク狩りというの、これも...続きを読む

Q『鏡の国のアリス』の出版社と訳者

『鏡の国のアリス』を昔読んだ装丁の本でまた読みたくなったのですが、
出版社・翻訳者の名前を忘れてしまいました。
色々なサイトで調べたのですが、イメージが載っているものが少なく
これだ!という物が見つかりませんでした。

15センチほどの大きさのハードカバー本で、挿絵がジョン・テニエルでした。
最初の2,3ページにはカラーの挿絵が入っていました。
本の厚みは1センチだったと思います。
活字が小さく、漢字も多用されていたので小学校高学年以上が対象だと思います。

これだけの情報ですみませんが、どなたか御存知の方、教えてください!

また、原語版でも読んでみたいので「この出版社がいいぞ」というのがあれば
あわせて教えていただけたら嬉しいです。

Aベストアンサー

参考になるテニエルの挿絵の画像がありませんね。
とりあえず分かる部分だけ挙げておきます。
…もう出会えたかな?

●『鏡の国のアリス』北村太郎訳(王国社) 204P 20cm
  二人の男の子?が上着の裾を持ち上げ、並んで正面を向いているいる表紙

●『カラー版 鏡の国のアリス』高山宏訳(東京図書)197P 19cm
  横顔のちょっと大人びたアリスの表紙 カラー挿絵が16点と豊富

参考図書:『不思議の国のアリス』求龍堂グラフィックス

参考URL:http://webcatplus.nii.ac.jp/


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報