最新閲覧日:

かなり前のことですが、奈良の橿原神宮の駅から當麻寺まで歩いたのですが、
そのあたりの家の門に、しゃもじと、墨を手に塗って紙に手形をつけたものが
貼り付けられている、というのがすごくたくさんありました。
これは一体なんの風習なんでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

googleで「しゃもじ 手形」を検索したらヒットしました。


「天理ふしぎ発見5」
最新ページはなくなっているようなので、「キャッシュ」を見てください。ちょっと時間がかかるかも。
http://www.google.com/search?hl=ja&q=%82%B5%82%E …

『しゃもじと一緒に手形を押した半紙も貼ってあり、「八十八」「八八」という漢数字が記されている。米寿を迎えたしるし。
 半紙の手形はテハン(手判)と言い、門口に貼っておくと、さらに長生きすると言われている。ちなみに男性の手判は左手、女性は右手と決まっている。
 しゃもじは飯をすくうもの。飯は米であり、八十八なのである。しゃもじそのものが米寿の祝いを意味』

参考URL:http://www.google.com/search?hl=ja&q=%82%B5%82%E …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます!
おかげさまで長年(10年くらい)疑問に思っていたことが解決しました!

お礼日時:2001/09/19 11:07

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報