前に富士山頂上の空気の缶詰とかあったみたいなんですが。失敗だったらしいですよね

あれは何が失敗でどういう風にすればよかったのでしょう?
この2点について教えてください

1、何か問題でもあったのですか?

2、どうすればうまくいったのでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (10件)

いくらなら買いますか。

コストに見合う価値評価を得られなかったという事だと思います。
天然水と比較すると、水は水分補給としてのどの渇きを潤すなどの効果が得られるが、空気には実感が無い。
天然水は水道水と比較して味の違いが分かるが、空気は判別しにくい。しかも量が少なく何度も味わえない、空気は周りの空気と混じってしまうので開封後の保管が困難、空気を吸うときも缶の中の空気だけを吸うには特殊な器具が必要。
さらに、本当に富士山頂で採取した空気であると言う保証が出来ない。山頂で採取した空気を缶に詰め替える時に他の空気が混入しないか保証が無い。
空気に健康上の効能をうたう事が出来ない。
空気を吸ったからといって、富士山頂に上った気分になれるわけではない。
富士山の上でも空気がかなり汚れている事が最近分かってきた。
など。理由はいっぱい挙げられます。
どうすれば上手くいったかですが、まず缶詰では無理でしょう。最近は「空気質]への感心も高まっており、空気清浄機、加湿器なども良く売れています。アロマテラピーも広義ではその部類に入るでしょう。
もう一歩踏み込んで、密閉した室内で、富士山頂やアマゾンの奥地、ひのき林の中などの環境、空気質を自工的に再現できるシステムを作ってみてはどうでしょうか。実際にその場での空気質(各種気体成分の濃度、)を測定したデーターを掲示し、それと同じ環境下あることをモニターで表示する。できれば可能な範囲で温度・湿度・気圧もコントロールできれば良いでしょう。気圧については急激な変化は体に負担がかかりますので問題が出るかもしれませんが。
人工的に酸素濃度を低くした部屋で運動を行うシステムはすでに実用化されています。それを応用してリラクゼーションに使用する方法を考えてはどうでしょうか。「都会で高原の空気を満喫する」といった感じです。
缶詰めのように広く流通させるのは空気では難しいと思います。

参考URL:http://dic.yahoo.co.jp/tribute/2005/04/21/2.html
    • good
    • 1

時代を反映してそれなりに売れたようですよ。


まあ、いまさら考えると、空気なんてどうやって詰めたのか・・・。

それはそうとして、儲けを主体として販売ではなく、アピールのための事業ですね。
第3セクの現状見ればそれも理解できるかと。

なお、酸素缶詰の発展系で酸素バーとかもちらほら見られますよね。

屋台で買う風船みたいな感じでいいと思いますが。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

まとめて御礼を差し上げたいと思います

みなさんありがとうございました。

大変参考になりました。

お礼日時:2005/05/12 20:39

時代を反映してそれなりに売れたようですよ。


まあ、いまさら考えると、空気なんてどうやって詰めたのか・・・。

それはそうとして、儲けを主体として販売ではなく、アピールのための事業ですね。
第3セクの現状見ればそれも理解できるかと。

なお、酸素缶詰の発展系で酸素バーとかもちらほら見られますよね。

屋台で買う風船みたいな感じでいいと思いますが。
    • good
    • 0

未だやっているようですよ。



本気で大量に売るのが目的ではなく、珍しいものとしての商品位置づけでしょうね。

他にも面白そうなものがあり、ちょっと興味を引くのもありますね。それで良いのではないでしょうか。

参考URL:http://www.a-ku.com/timecan/timewhat/timerei3/
    • good
    • 0

何がどう失敗だったのでしょうか。



そもそもが、「空気の缶詰」などというのは、ジョーク商品です。
「ウケ狙いで買ってもらおう」というものです。
もし、制作者が「都会人の健康のために、きれいな空気を缶詰にして供給しよう」
と本気で考えていたとしたら、はっきり言って「バカ」です。

現在でも、空気の缶詰は土産物屋で多少は売られているそうです。
かならずしも失敗とは言えないのではないでしょうか。
「思ったより売れなかった」というのであれば、
・ジョークのわかる客が少なかった。
・ジョークとしてたいしておもしろくなかった。
という理由でしょう。
    • good
    • 1

 違いが分からなかったんじゃないかな?


自分の部屋の空気と缶詰を開けた際の空気の違い「お!すげー」という実感が得られなかったからかも。

 でも、以前は水もお茶も売れるわけがないと言われてましたよね。かのカルピスウォーターだってそうです。だからこれからも「空気の缶詰」が売れる時代がこないとも限りませんね。

 何かの空気というので在ればやはり「それ」と分かる匂いじゃなければ駄目だと思います。

 缶詰じゃなくても酸素が売れる時代だから、空気のパックはどうでしょうね。1時間体感できる富士山の空気パック・・・。駄目か?
    • good
    • 0

空き缶の飲み口にシールを張って、登山者に持って帰ってもらうってやつね、あれ失敗だったの。



ポイ捨ての空き缶を減らそうというのが動機だったのでしょう。
マナーが良くなった?
多岐なごみが増えた?
ヘリコプターで降ろすようになった?

わからないが、動機はごみ減らしの一環でした。
    • good
    • 0

富士山頂で空気をどうやって集めていたのでしょう?



本来、缶詰工場が山頂にあれば、納得しますが、そんな工場があった、という話も聞いたことがありませんし、ましてや工場を許可するわけもありません。

そういう疑問を持ち始めると中身が嘘っぽくなってきます。

ラベルだけの一種の詐欺商法です。

starrevolutionさんは空気の缶詰をまた作りたいわけですか?

それなら、匂いのある空間の缶詰にすればいいのでは?

例えば、大阪・鶴橋の空気。

ここは焼肉が有名な町で、駅のホームに立っているだけで、焼肉の匂いがしてきます。
    • good
    • 0

富士山頂で空気をどうやって集めていたのでしょう?



本来、缶詰工場が山頂にあれば、納得しますが、そんな工場があった、という話も聞いたことがありませんし、ましてや工場を許可するわけもありません。

そういう疑問を持ち始めると中身が嘘っぽくなってきます。

レベルだけの一種の詐欺商法です。

starrevolutionさんは空気の缶詰をまた作りたいわけですか?

それなら、匂いのある空間の缶詰にすればいいのでは?

例えば、大阪・鶴橋の空気。

ここは焼肉が有名な町で、駅のホームに立っているだけで、焼肉の匂いがしてきます。
    • good
    • 0

>何か問題でもあったのですか?



商品の魅力、価値に尽きるのではないでしょうか?
あなたは富士山の空気の缶詰を買いたいですか?
仮に、珍しさに魅かれて買ったとして、もう一度買いますか?
リピート顧客を期待できない商品でビジネスは成立しないのではないでしょうか?

>どうすればうまくいったのでしょうか

空気の缶詰に「もう一度買いたい」と思わせる「味付け」?をできるかどうかでしょう・・・。
    • good
    • 2

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q失敗しない!失敗しにくい!

短刀直入にいいます。

失敗しないビジネスモデルってありますかね。

まず仕入れなし
在庫なし

う~ん。後は自分の経験から洗いだした
ビジネスモデルで時流にのってて。。。。

なんて理屈だけは一人前なんですけど。

やっぱり、コンサルかな!
儲かるのは。

まぁ怒らないで聞いてください。

こんなビジネスモデルなら面白いじゃ~ん
的な商材でも、何でもあったら主観でいいので
お答えくださ~い。

説教はよしてね。
アイディアがいいですよね~。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

↓を読み漁って考えてみては?
http://chiebukuro.yahoo.co.jp/special/special_list.php?dnum=2078334407&type=solve&order=ansnum&sort=desc
http://chiebukuro.yahoo.co.jp/special/special_list.php?dnum=2078334407&type=&order=ansnum&sort=desc

Q行動する前に、とりかえしのつかない失敗を他人の失敗から学ぶと思いますが、どの程度情報収集したらよしとしますか?

行動する前に、とりかえしのつかない失敗を他人の失敗から学ぶと思いますが、どの程度情報収集したらよしとしますか?
実際これを実践しているかたアドバイスください!

Aベストアンサー

”どの程度”情報収集というのは、よくわかりませんという答えしかないと思いますが、今まで起業された方々の経験談や失敗談を直接あるいは本などを通して”参考”にするしかないと思います。そうすれば、起業時、事業拡大期、成熟期などを通して、会社などが直面するさまざまな問題(資金繰り、人事、社内コミュニケーションなどなど)などがわかると思います。
しかし、それらは、参考にしかなりません。100人いれば100通りの経験があり、失敗があるので、失敗”情報”を数集めたとしても、自分の経験しようとしていることにちょうど当てはまるものはほとんど期待できないでしょう。
経営者は孤独とは言われますが、ある意味で、どんなに他人の失敗談などを集めたとしても、役に立たないからです。結局は、自分の目の前にでてくる”経験”に自分の頭で考えて答えをだしていかなければならないからです。
起業とは、ある意味でその勇気や意志があるかで成否が分かれるという面もあると実感しています。失敗情報よりも、寧ろそれが失敗を回避あるいは乗り越える原動力になるからです。
リスクという言葉がありますが、ひとつ言えることは、リスクと事業へのコミットメントは反比例すると思っています。やる気がない人は、あれやこれやと、出来ない理由を並べたがりますが、やる気がある人は、どうやったらその問題を解決できるかと、出来る理由を考えます。最近感じるのは、リスクを考えるということは、出来ない理由を並べるのと同義語ではないかと感じています。
確かに、リスクをよく考えるということは大事ですが、リスクは主観的であるとも言えます。リスクを考えだすと無限だからです。それを考えるのも大事ですが、自分の事業としてのシナリオを考え、それをどう実現していくかを徹底的に考えるしかないです。
ある事業家の本では、ひとつやふたつの視点で出来ないと判断しない、100通り考えてから判断するというようなことがかかれています。
もっとも大事なことは、やり遂げようという強い意志とその事業に対するコミットメントをいかに大事にするかです。

”どの程度”情報収集というのは、よくわかりませんという答えしかないと思いますが、今まで起業された方々の経験談や失敗談を直接あるいは本などを通して”参考”にするしかないと思います。そうすれば、起業時、事業拡大期、成熟期などを通して、会社などが直面するさまざまな問題(資金繰り、人事、社内コミュニケーションなどなど)などがわかると思います。
しかし、それらは、参考にしかなりません。100人いれば100通りの経験があり、失敗があるので、失敗”情報”を数集めたとしても、自分の経験しようと...続きを読む

Qどうすれば・・・・

悪徳フランチャイズ店を撲滅したいのですが、
何か良い方法は無いですか?
FC募集広告を載せてるのですが、
自分以外にはもう被害者を出したくないので

Aベストアンサー

つぶすというのは穏やかではないですね。

本当に悪徳なのであれば、自分と同じ目にあった
仲間を探して裁判に持ち込むことですね。
つぶせはしなくても、国から業務改善命令を
出させることぐらいはできるかもしれません。

あとは、ホームページを作って、自分や
その他被害にあった人たちの体験談などを
公開するとかですね。

とりあえず、一人では才能がなかったの一言で
終わる可能性が高いので、同じ被害にあった人を
探して、どんな問題があって被害を受けたかを
証明することが重要ですね。

Q初めての独立。時期をどうすれば・・・

初めまして。
独立にあたって質問なのですが、下記に示す僕の状況から、アドバイスを頂けたらと思います。

今年の8月に会社を退職。
10月頃からホームページ運営による利益が月額50万円
になったので独立を目指す。

という状況です。
開業届けを出す時期と今年度の申告を白色か青色か
など、時期を迷っています。

独立していくぞ!というのは決定しているのですが、
この場合、どのような順序でしていくべきなのでしょうか?

Aベストアンサー

ご質問の場合は事業所得になります。

事業所得は、収入から経費を引いた額が利益(事業所得)となります。
事業所得から、基礎控除38万円・配偶者控除・社会保険料控除(国民健康保険・国民年金)などを引いた額が課税所得となり、これに所得税率を掛けたものが納付する所得税です。
今年の分については、事業所得と給与所得を合せて所得税の計算をすることになります。

納付する所得税がある場合に確定申告が必要になります。
このように、納税が必要な場合に納税すれば、特に開業届を提出しなくても問題はありません。

経費については、光熱費など生活と共通するものについては、使用面積比など合理的な基準で按分して、事業分は経費として処理できます。
又、パソコンなどの備品は、10万円以下なら購入時の経費に、10万円以上20万円未満なら3年間で均等償却となります。
但し、青色申告をしていれば、30万円以下の場合は、一括して購入した年の経費に出来ます。
又、賃貸の場合の家賃・自己所有の場合の建物の減価償却費も使用面積比で按分して経費に出来ます。

その他、事業所得の経費については、下記のページと参考urlをご覧ください。
http://www.taxanser.nta.go.jp/2210.htm

又、青色申告にすると、記帳方法によって最大55万円の青色申告特別控除など、税制上の特典がありますから、最初から青色申告にされた方が有利です。

青色申告の特典と申請方法や申請時期は、下記のページをご覧ください。
http://www.joho-yamaguchi.or.jp/icci/html/zeimu/aosin.html

なお、お近くの商工会議所へいくと、起業・記帳や経費についての指導や相談を無料で受けられます。

参考URL:http://www.taxanser.nta.go.jp/1350.htm

ご質問の場合は事業所得になります。

事業所得は、収入から経費を引いた額が利益(事業所得)となります。
事業所得から、基礎控除38万円・配偶者控除・社会保険料控除(国民健康保険・国民年金)などを引いた額が課税所得となり、これに所得税率を掛けたものが納付する所得税です。
今年の分については、事業所得と給与所得を合せて所得税の計算をすることになります。

納付する所得税がある場合に確定申告が必要になります。
このように、納税が必要な場合に納税すれば、特に開業届を提出しなくても...続きを読む

Q福祉機器で起業はどうすれば出来るの?

福祉機器で起業はどうすればいいんでしょうか?
現在、福祉住環境2級の資格は持ってます。
ヘルパー2級と福祉機器相談員の資格も取ろうと思ってます。
今まで福祉の仕事はしたことがありません。

出来れば、インターネット上で販売、レンタルをしたいと思ってます。

具体的な手順がわかりません。

アドバイスをよろしくお願いします。

Aベストアンサー

そうでしたか。
それですと、下記の名称で検索してみてはいかがでしょうか。
ヒントが得られるかもしれません。

福祉用具専門相談員

参考URL:http://www.lec-jp.com/fukushi/yogu/


人気Q&Aランキング

おすすめ情報