クマのプーさんについて、作者や生まれ故郷とか、、、、、、、、、なんでもいいです。知っているかた教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

すでに回答が出ていますし、プーさん、Poohなどで検索をかければいやというほど出てきますが、ひとつだけ補足させてください。


現実のChristopher Robinは、あまりにも有名になった自分の名前に辟易としていたそうです。実際の自分と物語の中のクリストファーを混同する人たちが後を絶たず、彼の人生はあまり幸せなものではなかったそうです。
また、A.A.Milneとの親子関係も「幸せ家族」とは程遠かったようです。Milneは厳格な父親で、子どもと一緒に時間を過ごすより、部屋にこもって書き物をしている時間のほうが多かったそうです。
以上、Christopher Robinのobituaryに詳しく出ていたのですが、残念ながらURLはわかりません。ごめんなさい。
    • good
    • 0

では、私は、ちょっときれいなページを知っているので、その紹介を。


英語ですが、見ているだけでも楽しいです。

参考URL:http://www.just-pooh.com/home.html
    • good
    • 0

面白いHPを見つけたので


参考まで

参考URL:http://www.asahi-net.or.jp/~KA3I-MZTN/
    • good
    • 0

クマのプーさんの作者はAlan Alexander Milne アラン・アレクサンダー・ミルン(1882~1956)。


ロンドン生まれのイギリスの作家です。
多彩な履歴をもった人で、プーさんを書く前はジャーナリスト、有名な諷刺雑誌「パンチ」編集者を経て、推理小説・随筆・戯曲などをこなす人気作家だったようです。
ケンブリッジ大の数学科を出てるってのもすごいかも。
ちょっと「アリス」のルイス・キャロルを彷彿させますね。

「プーさん」は、長子クリストファー・ロビン・ミルン(本名です)が生まれてから彼のために作った童話です。
ロビンが生まれてからのアランの作品を並べてみると、
1924 クリストファー・ロビンのうた
1926 クマのプーさん
1927 クマのプーさんとぼく
1928 プー横丁にたった家
…という感じで、いかに彼が息子を愛していたかわかります(笑)。
プーさんはじめ登場キャラクターたちはすべて彼の部屋に実在(?)したぬいぐるみたち。
だからプーさんたちの故郷は「クリストファー・ロビンの部屋」といえばいいのかもしれません。

もしもっと深くふれたければ、下記の諸書が参考になると思います。

原昌・梅沢時子訳『ぼくたちは幸福だった―ミルン自伝』1975・研究社出版
小田島雄志・若子訳『クリストファー・ロビンのうた』1978・晶文社
小田島雄志・若子訳『クマのプーさんとぼく』1979・晶文社
クリストファー・ミルン著、石井桃子訳『クマのプーさんと魔法の森』1977・岩波書店
(↑息子ロビンの作品です!!)
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q作者名を知りたいです

ある作家さんの名前を知りたいのですが

デビューが10年以上前
何か賞を取った。
ハードボイルドの探偵もの。
かなり寡作。
お名前が「**寮」に近い感じ。

こんな情報でですがおわかりになられる方お願いします。

Aベストアンサー

原寮さんでしょうか?
http://www.amazon.co.jp/s/ref=nb_sb_noss_1?__mk_ja_JP=%83J%83%5E%83J%83i&url=search-alias%3Dstripbooks&field-keywords=%8C%B4%97%BE

Q30年以上前に読んだ本の作者名を知りたい

30年以上前、小学校の図書室で読んだ本が忘れられません。タイトルは「今日も生きて」です。小学生の読む本にしては2段組で分厚かったことを覚えています。続編が「天の風船」なのですが、検索で調べても出てきません。絶版になっていると思います。作者名を知りたいし出来ればもう1度読みたいのです。調べ方を教えてください。ストーリーは母と子供2人が貧しい中、一生懸命生きていく話でした。

Aベストアンサー

漢字でhitしなかったら、ひらがなで調べてみましょう!

「きょうも生きて」(偕成社、坂本遼著)
第1部が「父のいない家」、第2部が「天のふうせん」となっていて、対象は小学生です。

参考URL:http://www.honya-town.co.jp/

Q作者、タイトルがわかる方いますか

かれこれ20年以上前に読んだ本ですが、作者もタイトルも忘れてしまいましたが、最後の部分だけが印象に残っています。ジャンル的にはSFだと思います。

内容は、
戦争後の平和な日常にいる主人公が、何かの理由で、まだ戦争が続いている別世界に飛ばされてしまい、そこで兵士としての生活を余儀なくされてしまいますが、最終的には戦死してしまいます。その瞬間視点は元の世界の主人公に戻るのですが、その場所(別世界の自分が死んだ場所?芝生のようなところ?)で別世界の自分が身につけていた桜だか錨だかのボタンのようなものを見つける。。。。

うろおぼえなので実際の内容とは違うかもしれませんが、どなたかこのような内容の小説をご存知の方は作者とタイトルを教えてください。

Aベストアンサー

 その話、読んだことあります。最後のボタンを見つける場面も記憶にあります。
 でも、書名の記憶が不確かなんですが、作者は小松左京でよかったはずです。
 作品名は、「地には平和を」じゃなかったのかな。
 間違ってたらごめんなさい。

 電子書店パピレスとアマゾンのURL、挙げておきます。

参考URL:http://www.papy.co.jp/act/list/auth/m/dl/42/21/,http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4797490721/qid=1070421956/sr=1-

Q「雨が降れば傘さして、傘が無ければ・・」の作者は?

15年ほど昔、焼酎か、ウイスキーのCMの中で
「雨が降れば傘さして、傘が無ければ濡れて行く」という詩が朗読されていた記憶があります。
いい詩だと思ったのですが作者は誰なのか教えて下さい。

Aベストアンサー

松下幸之助氏の名言に「雨が降れば傘をさす」という言葉があります。
CMではその後に「傘が無ければ・・」と続いています。
私が調べた限りでは松下氏の言葉にそのあとの言葉はありません。
もしかしてCM製作の際に松下氏の言葉に
コピーライターがつけたしたのでは。(と想像しました)
あるいは全く別の人が作った詩があるのかもしれませんが・・。

Qクマとイチゴ

もう何年もなやんでいます。
うちの妹が幼稚園児だったころの話なので、20年以上前の絵本だと思うのですが、こぐまがイチゴを摘んできて、母くまにイチゴケーキを焼いてもらうという話があったはず。
いろいろ調べても、出てくるのは「くまのこウーフ」。
でも、違うんです。
どなたか、お心当たりありませんか?

Aベストアンサー

なんとなく、こどもチャンレンジで読んだような気もするのですが、違うかもしれません。イチゴケーキですか…。ホットケーキなら、こぐまのたろ きたむら えり
【福音館書店】というのがあったのですが…。とりあえず、福音館書店で検索をしてみては?

参考URL:http://www.fukuinkan.co.jp/index2.html


おすすめ情報