現在C言語の勉強をしています。
参考書を購入する資金が少なく、
どの参考書を買えば迷ってしまいます。
多くの開発者のお勧めは、署 林 晴比古 氏の「改訂シリーズ」がわかり易いと聞いていいます。

現在コンパイルなどの作業は、Visual Studio6.0の
VC++6.0を利用してやっています。
MSDNのヘルプを検索してもイマイチ理解に苦しみます。

覚えたい概要は・・・
外部から入力されてくるデータを
タイムスタンプ、時間などを取得し、
テキストファイルに格納させ、
なおかつ改行する。
テキストファイルがない場合は新しく作成する・・・

上記の内容が入ったDLLの作成方法。

内容は一つ一つ理解は出来てきているのですが、
基本的なDLLの作成方法、が詳しく説明しているような
文面が記述しているものか、

ヘッダファイルの作成方法が詳しく記述している・・・
参考書を探しています。

現在本当にお金が少なく、一冊ぐらいしか
買えそうもありません。

よろしくお願いします

A 回答 (2件)

私は、高専の情報工学科の者です。


自分も授業の課題を部屋で行うのにVC++6.0を用いています。
利用しはじめてから、クラスの友人たちから薦められたのはまさしく
林 晴比古 著 「VC++6.0入門 -ビギナー編ー 」です。
これには、他にもシニア編とスーパービギナー編があります。
「とりあえず何か簡単なアプリケーションが作りたい」
とか
「VC++6.0の使い方がちょっと・・・」
という時は、ビギナー編が良いと友人に薦められました。
この本の巻末にはC++について書いてあるので、これも勉強になります。
ちなみに学校の授業でしようしているのは
椋田 実 著 「はじめてのC」(技術評論社)
          ↑(たしか最新版は第4版だったかと思います。)
これは、リファレンス的にはとても役に立ちます。
    • good
    • 0
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報

カテゴリ