CDとカセットとラジオが聴ける、音質とデザインに優れたオーディオを探しています。
B&Oも考えてはいるのですが、ちょっと高いなぁ。と。
CDのレンズは消耗品なので高いものを買ったからといって一生持つわけでもないし。
手頃な価格でオシャレで音質の良いオーディオってありますか?教えてください。MDは必要ありません。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

 ちなみに音質については、ここでは何も保証できません。



 なぜなら、お住まいの部屋の音響効果の影響が大きすぎるんです。ある程度質のいいスピーカーだと、音響効果のいい部屋と悪い部屋とでは、全く別の商品のように聞こえます。
    • good
    • 0

BOSEのWaveRadio/CDはいかがでしょうか。



通信販売による直販のみで、店頭では手に入らないのが玉にキズですが、音にうるさい友人が購入して感激していました。

ただ、カセットはついていないので、m1230さんの条件には合わないかもしれませんね。

参考URL:http://www.boseexp.com/wrcd/introduction.html
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QCDの音質とmp3オーディオのWAVファイルの音質

ミニコンポ等にCDを入れてイヤホンで音楽を聴くのと、
mp3オーディオにWAVファイルのデータを入れて音楽を聴くのでは、音質は変わりますか?また変わるならば、素人が聞いてもすぐわかるほどの物なのでしょうか?教えて下さい。

Aベストアンサー

オーディオマニアに言わせるとCD-Rに焼いたコピーと市販されている元のCDでは音質が明らかに違うそうですよ(^ ^;

mp3オーディオにWAVEを入れるにはCDをリッピングしてWAVEデータへ変換。
それをメディアにコピーしてそれをmp3オーディオで再生となりますので、理屈では音質の劣化があることになりますね。
デジタルコピーも厳密に言えば100%ではありませんから・・・。
ま、これは実際に感じられないと思いますが(少なくとも私にはわからない^^)、ミニコンポとmp3オーディオの再生能力には明確な違いがあると思います。
単純にコストの問題もありますが、CD等のデジタルデータをイヤホンで聴けるアナログ信号に変換するにはDAC(デジタルアナログコンバータの略)という物を必ず通します。
このDACがイヤホンやヘッドフォンが大前提のポータブル用とスピーカーが前提の据え置き用では味付けが違うという記事を読んだことがあります。
この違いならよ~く聴けば感じられるかもしれません(^ ^;

長々とウンチクを垂れましたが、でもその程度です。
ご参考までに。。。

オーディオマニアに言わせるとCD-Rに焼いたコピーと市販されている元のCDでは音質が明らかに違うそうですよ(^ ^;

mp3オーディオにWAVEを入れるにはCDをリッピングしてWAVEデータへ変換。
それをメディアにコピーしてそれをmp3オーディオで再生となりますので、理屈では音質の劣化があることになりますね。
デジタルコピーも厳密に言えば100%ではありませんから・・・。
ま、これは実際に感じられないと思いますが(少なくとも私にはわからない^^)、ミニコンポとmp3オーディオ...続きを読む

QCD音質と空気音質? 

MP3は320Kbps で CDのビットレートは1400Kbpsぐらいじゃないですか。 で、MP3は高域がカットされているわけですが、数字的にはかなりのデータ削減だと思います。では実際の私達が聞いている、空気を伝導している、楽器や声から直接発生されているのを忠実に再生するのにはどれぐらいのビットレートが理論的に必要なんでしょうか?

スピーカーの問題などはないものとします。

Aベストアンサー

納得のいかない回答が出てきているようなので・・・

科学ドキュメンタリー番組などの説明でご存知かもしれませんが、
たとえば、バイオリンの音に関して
その音圧をセンサーで測りながら、
動的にモニタリングすると

大小2つの扇が新体操競技の「クラブ演目」を模すかのごとく
飛び回ることが確認されます。

確かに
音波の総体としての忠実再現は
理論的にかなり難しいのかもしれません。

しかし、人並みの聴覚でMP3と16ビットWAV音源の差が、
知覚できることも事実です。

いい音楽を聞き込んでいる人は、
16ビットと24ビットの違いも多くの場合、
少なくとも雰囲気として感じ取ることができるようです。
(特にプロでピアノ専門の方)

また、
擬似20ビット/もしくは純粋24ビットの再生を
有意義なものとするべく、
スタジオにも24ビット録音機器がセッティングされてきています。
(20ビットで16Hz-22kHz また24ビット20Hz-50kHz)

回答
実用的には
デジタルなら16ビット
アナログならダイナミックレンジ72デシベル(FMラジオレベル)
(個人的には85dBぐらいからでしょうが一般的に・・・)

程度を、目安とすればよいのではないでしょうか?

納得のいかない回答が出てきているようなので・・・

科学ドキュメンタリー番組などの説明でご存知かもしれませんが、
たとえば、バイオリンの音に関して
その音圧をセンサーで測りながら、
動的にモニタリングすると

大小2つの扇が新体操競技の「クラブ演目」を模すかのごとく
飛び回ることが確認されます。

確かに
音波の総体としての忠実再現は
理論的にかなり難しいのかもしれません。

しかし、人並みの聴覚でMP3と16ビットWAV音源の差が、
知覚できることも事実です。

いい音楽を聞き込...続きを読む

Q音楽CDをCD-Rに焼く時の音質劣化と環境

音楽CDをCD-Rに焼くときの音質劣化についてなのですが、
家のパソコンはeMacines N4680でそのパソコンについている、
ドライブを使用して焼こうと思っているんですが、
焼く際に生じる音質劣化はどれくらいのものなんでしょうか?
CDを再生する環境は
CDプレイヤー    DENON DCD-755AE
プリメインアンプ  DENON PMA-390AE
スピーカー     TANNOY MERCURY F2
を購入予定ですので、これになると思いますが、
この環境だと普通にわかってしまうくらい音質は劣化するんでしょうか?
あまり劣化するようなら、PlextorのPremium2等を
買ってみようかと思っているんですが...

Aベストアンサー

人に聞くより、まずやってみましょう。
オーディオでも人それぞれであるように、CD-Rの音質についても感じ方や環境は
人それぞれなので、結局は、自分で確かめるしかありません。

気にならなければそれでよし、気になれば環境整備はそれからでも良いでしょう。
まずはオーディオの購入が優先なのではないですか?


以下、個人的意見ですが
圧縮さえしなければ、理論上の劣化はありません。
しかし、いろんなことでいろんな違いが出てきます。
試しやすいところでは、メディアやドライブ、書き込み速度、に始まり、
パソコン環境や家庭電源環境にまで及びます。オーディオと同じです。
興味があれば、以下をどうぞ。
http://www.toshis.net/
http://juubee.org/

また、以下の書籍もお勧めします。
森康裕著 三才ブックス刊 「DVD/CD‐Rパーフェクトデータ」
http://www.amazon.co.jp/DVD-CD%E2%80%90R%E3%83%91%E3%83%BC%E3%83%95%E3%82%A7%E3%82%AF%E3%83%88%E3%83%87%E3%83%BC%E3%82%BF%E2%80%95%E7%84%BC%E3%81%8D%E3%83%9F%E3%82%B9%E3%82%88%E3%81%95%E3%82%88%E3%81%86%E3%81%AA%E3%82%89-%E6%A3%AE-%E5%BA%B7%E8%A3%95/dp/4915540839/ref=sr_1_1/250-6734266-5130600?ie=UTF8&s=books&qid=1186186796&sr=8-1

たしかに、Premium2は現行ドライブでは一番のドライブだと思います。
中域が薄く感じる場合は、PX-760Aでもいいのですが、これはもう新品では入手難です。
私はいまだに、PlextorのPX-R820TやSONYのCDU948Sといった古いSCSIドライブがメインです。
最近のDVDドライブではCD-Rは2の次ですし、メディアも誘電の32倍速ぐらいしかまともなものがないし、
オーディオとしてのCD-Rをこれから始めるのは、状況が厳しいです。

PCでなく、オーディオ用のCDレコーダーという選択肢もあります。

人に聞くより、まずやってみましょう。
オーディオでも人それぞれであるように、CD-Rの音質についても感じ方や環境は
人それぞれなので、結局は、自分で確かめるしかありません。

気にならなければそれでよし、気になれば環境整備はそれからでも良いでしょう。
まずはオーディオの購入が優先なのではないですか?


以下、個人的意見ですが
圧縮さえしなければ、理論上の劣化はありません。
しかし、いろんなことでいろんな違いが出てきます。
試しやすいところでは、メディアやドライブ、書き込み速...続きを読む

QDVDオーディオとスーパーオーディオCD

今CDに変わるオーディオメディアとしてDVDオーディオとスーパーオーディオCDが戦っていますが、今のところどちらが優勢でしょうか?

Aベストアンサー

 こんばんは。 NNRさん。

 「今CDに変わるオーディオメディアとして・・・・」 この文面には「嘘」があります。 【DVD・AやSACD】は決してCDに取って代わるメディアになれないでしょう。  LP(アナログディスク)がCDに代わった様には 決してなりません。 理由はカンタンです。 CDに『不満』が無いからです。  「一般の方々に」ですが・・・ 数が売れなきゃ DVD・AやSACDが CDの様に一般的なモノにはなり得ません。  

 チョッと脱線気味の話題からでスミマセンでした。  どちらが優勢?と訊ねられれば SACDでしょうとお答えします。 大差は無いと思いますが・・・。  SACDは2chが主体ですから 今のシステムへの導入が簡単に出来ますし SONYは ソフトも作れる巨大な企業ですから。  DVD・Aに無理があるのは 当初から「マルチチャンネル」に主体を向けてしまった事が原因と思います。 AV環境(マルチスピーカーの環境・アナログマルチ入力及びマルチアンプの環境)がなけれな 導入が難しく DVD・Videoのプラスα的な DVD・Aの位置付けでは 発展はしていかないでしょう。(一般の方々には・・)  

 私は数枚所持しているDVD・Aのハイサンプリングのソフトが好きです。 【2ch192kHz24biT】ってヤツです。 対応のプレーヤーはP社の安物ですが ソフトの持つ「凄さ」は実感できます。  

 ソフト的な発展にはあまり期待が出来ませんが・・・  ハード的には双方とも「一般化」していくでしょうね。 低価格のDVDプレーヤーにも DVD・A対応は当り前になって来ていますし SONYでは CD専用機が姿を消していく傾向のようで これまた「SACD再生可」が普通になって来ていますから。 そして 双方とも 「ミニコンポへの導入」がスタートしてきています。 ユーザーはその本来の素晴らしさを知らずして 買ってしまうのでしょうね。  あー 情けなや・・・・・

   

 こんばんは。 NNRさん。

 「今CDに変わるオーディオメディアとして・・・・」 この文面には「嘘」があります。 【DVD・AやSACD】は決してCDに取って代わるメディアになれないでしょう。  LP(アナログディスク)がCDに代わった様には 決してなりません。 理由はカンタンです。 CDに『不満』が無いからです。  「一般の方々に」ですが・・・ 数が売れなきゃ DVD・AやSACDが CDの様に一般的なモノにはなり得ません。  

 チョッと脱線気味の話題からでスミマ...続きを読む

QデータCDに入っているmp3ファイルをオーディオCDに録音できない

mp3ファイルが入ったデータCDを持っているのですが、ステレオセットでも聴きたいので、これらのmp3ファイルをRecordNow!というソフト(バージョン3.1)を使ってオーディオCDに録音しようとすると、

「正しいフォーマットでないためにディスクに記録することができません」

というエラーメッセージが現れてオーディオCDを作成できません。

パソコンでは普通に聞くことができます。

OSはWindows XP、パソコンはHPです。

できれば24日中にお返事いただけると助かります。
よろしくお願いします!
ちなみに、こちらはパソコンにはあまり詳しくありません。

Aベストアンサー

Record Now! の「音楽 CD の作成」のような項目手順でやっても、
それを作成することできない、ということでしょうか?

既に、HDD 上にある MP3 ファイルを利用しての音楽 CD の作成だったなら、
恐らく、単に Record Now! が扱えないビットレートの MP3 ファイルなのではないでしょうか?

ヘルプやマニュアルなどから、音楽 CD の作成手順を確認すれば、
扱える MP3 ファイルのビットレートが示されているかも知れません。

もし、そのビットレートの差異が原因だったなら、
Record Now! で扱えるビットレートに変換しないと、音楽 CD は作れないと思います。

音源(CD 等)が手元にあるならば、MP3 ファイルからの作り直し。
その MP3 ファイルしかなかったなら、
何かのフリー等のソフトでビットレートの変換をするしかないでしょう。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報