ちょっと意地悪(だけど切実な)質問をさせて下さい.

国内において税金の使途が厳しく問われる昨今ですが,
果たして哲学者(ここでは国立大の哲学科の教官)は
納税者にどのようなメリットを還元しているのでしょうか?

ここでメリットとは
「病気が治る」「危険な作業から人を解放する」などの
「現時点で納税者の多くの人が期待すると思われる便益」であるとします.

私の仮説は
1)哲学者に具体的な何かを期待していると明言できる人がほとんどいないと思われる
2)過去(例えば戦後50年,あるいは,維新後130年)に哲学者がメリットをもたらした具体的実績がほとんどないと思われる(つまり,メリットを供給する能力が哲学者には備わっていない)
ゆえに,哲学者を税金でまかなう時代は過ぎた
というものです.哲学者の人件費を他分野の奨学金にまわしてはどうでしょう?

勿論,哲学自体は否定しません.色々反論があるかと思いますが,哲学の役割を「具体的に」説明できる能力を有す方のみ,ご返答おねがいします.

少々,過激かもしれませんが,お許しください.

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (13件中11~13件)

医療分野の話なんですが、「人の死とは何か」という哲学の問題が大きく取り上げられていますでしょう? (脳死の問題ですよ) 死と生のことでは死生学という哲学分野も生まれました。

性に関して、女性解放、男性開放などのジェンダー運動も哲学運動だし、性同一性障害に代表される性の境界の問題も哲学として語られます。また教員になりたい人は、大学で「教育とは何か」という切実な問題を教育哲学者の教授から突きつけられます。更にアメリカのあのテロ事件に関連して、政治の分野では「正義とは何か」という政治哲学が語られます。報復が正義か、法的な処置が正義か、アメリカも思想界も揺れています。言語とは何か(言語学)、認知とは何か(心理学・生物学)、時間とは何か(物理学)などの問題は基本的には哲学の問題です。哲学は、他分野と密接に係わりながら息づいています。従って「哲学」が不要になることはないと思われます。大学の哲学科のようなところは、そんな根本問題の「考え方」を学ぶ学科なのでしょう。いわば「哲学の基礎」を、じっくり学ぶといったところでしょうか。

この回答への補足

ご回答有難う御座います.
私も哲学が不要になるとは思いません.仰られるとおり医療,政治,物理…いろんな分野で現実に新たなテーマが浮上しているのは分かります.しかしこのこと自体は昔から変わりありません.常に各分野で新たな難題が出てきているのは今に始まったことではありません.

私の論点は,そのようなこれまでの現実の問題を哲学の手法で解決し,納税者に具体的メリットを還元した実績があったのだろうか?ということです.現実の問題をまず検討しないといけないことは言うまでもありません.しかし,具体的に解決した実績が例えば過去50年,130年にないような手法に今後も投資しないといけないのだろうかということです.哲学科で根本問題の考え方を学んだ卒業生でなくとも,現実の諸問題を解決した諸先輩は一杯おられると思います.

補足日時:2001/09/19 21:17
    • good
    • 0

 「哲学なき社会」を望むなら、哲学者の存在は無駄でしょう。

少なくても、国立大学において、哲学の授業は必要ないでしょう。
 しかし、哲学は真理を究める学問、人の生き方、本質を追及する学問です。それは、効率のもとには、必要ないのでしょうか。
 工学や医学のような、すぐに人の役に立つ学問が優遇され、人間としての行き方を探求する哲学や文学が軽視されていいのでしょうか。
 私は、哲学はもっと重視されるべきだと思います。哲学は、すべての学問のベースになければならない学問です。

この回答への補足

ご回答に感謝いたします.有難うございます.
人に生き方,本質を追求するということ
人間としての生き方を探求するということ
は哲学者の目的そのものなのでしょうか?
それとも納税者の幸福を目的とした手段なのでしょうか?

私は納税者の一人として前者の立場の公務員を尊敬する気にはなりません.現実の諸問題を尻目に,他人のお金で安定な生活を送る人に,人間としての生き方を追求できるとは思えないからです.多くの人が私の意見を支持してくれるのではないでしょうか?後者の立場の場合,哲学の手段の有効性が問われます.哲学者という職業ができてから数十年経ったにも関わらず,具体的メリットを社会に還元していないならば,哲学者が用いている手段に今後も投資を続けるのは無駄ではありませんか?

補足日時:2001/09/19 20:53
    • good
    • 0

あなたの意見の背景には、法学、経済学という社会科学、


工学、理学、医学などの自然科学は「メリット」はあるが、
哲学には「メリット」はない、ということですね。

同じように、文学も芸術系の学問も「メリット」は
ない、ということになりますか。

ところで「メリット」とは何でしょうか。
生き方、行動の指針という部分などなど、
実は最も哲学がその役割としている部分を除外しても、
人々の経済活動への貢献というメリットなら、なくもないかもしれません。微々たるものですが。

彼ら哲学の教官も、また、哲学を学んだ学生も後々
哲学書を書いたとします。
それが買われることで、印刷業者、
出版社、書店にお金が入ってきます。
あと、彼らが私学で講義をするとしますと、
それを学ぶ学生の授業料から、私学という産業にもお金が入ります。
また、哲学の教官も消費をします。
彼らに払われた俸給で、彼らは旅行をするかもしれない、
レストランにいくかもしれない、家を立てるかもしれない・・・・。それぞれの、業者にお金が渡ります。

そこに、哲学を学びたい学生がいる、
そして、研究し、後生に伝えたい哲学者(教官?)がいる。
彼らの自己実現の道を、国がある程度担保している。
そして、国の「やっかい」になって得た財物を
消費行動や創作行動で少ないかもしれないが
関連業界に「メリット」をもたらしている。

私の想像力からは、その程度ですが、
さて、その程度の「メリット」で哲学の教官を
国費で養う必要があるのか、という問題ですが、
そうなると、価値観に従ってということになるでしょう。
あなたのような考えが、大勢を占めれば
「役立たずの哲学など教えるものに、国費は払わない。
そっこく国公立大学の哲学科は閉鎖すべき」となるでしょう。

私個人は、学問は、基本的にアカデミック(空論的)なものが好きですね。
ただ考えたい、ただ知りたい、ただ創造したいということを
根本の欲求として生活できる、そして、それを国がある程度養っている国って、すてきだと思いますけど。
それに、哲学って、別に、過去の偉い人が誰がどういった
なんてことを学ぶだけじゃないと思います。
人は、なぜ生きなぜ死ぬのか、
いかに生きればいいのか、いかに生きることがよりよい
生き方なのかを探求する学問だと思っています。
根本にその考えがなければ、医学だろうと、工学だろうと意味がない。
哲学以外の学問をする人は、哲学を履修せよとは
言いません(私もしてませんから)。が、
医学にしても、ただスパゲティ状態で心臓が動いていればいいのか、工学にしても核兵器は幸福をもたらすのか、など
根本に「哲学」がからんでいるのではないでしょうか。
ですから、国家が国民の生活向上を考えるのなら、
哲学の教官を国費で養ってもいいと思いますけど。

後段は、蛇足でしたね。すみません。

この回答への補足

有難う御座います.
ご回答に感謝いたします.

微々たる経済活動をしているというのは当然理解できます.
ただし
>根本に「哲学」がからんでいるのではないでしょう
>か。 ですから、国家が国民の生活向上を考えるのな>ら、 哲学の教官を国費で養ってもいいと思いますけ>ど。
に関してですが,これが哲学科の創設時の意見ならば理解できます.しかし,既に国民の生活向上のために,これまで国費をこの分野に投資してきました.にもかかわらずメリットをもたらした実績がないではないかというのが,私の論点なのです.
蛇足に対する(意地悪な)蛇足でした.

補足日時:2001/09/19 20:51
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

関連するカテゴリからQ&Aを探す

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q分析哲学と政治哲学どちらが論理能力はつくでしょうか

論理能力といっても「思考する際の(正しい)道筋」、「誰もが納得できる考え方」といったような日常で使うような論理能力を磨くということです。
回答お願いします

Aベストアンサー

分析哲学は、結構数学的論理に近いというか数学的論理でしょうね。ラッセルなど読まれたら分かると思います。ラッセルのもとをウィトゲンシュタインが自分の書いたものを持参して訪れて「自分は数学者になるべきでしょうか、哲学者になるべきでしょうか?」と尋ねたそうです。

ウィトゲンシュタインがもってきたものを読んで、ラッセルは「君は哲学者になるべきだ。」と言ったそうです。そのウィトゲンシュタインは、前期に「論理哲学論考」を表し、後期にそれをすべて覆す「哲学探究」を弟子たちがまとめました。最後の締めくくりにウィトゲンシュタインは「語り得ぬものには沈黙しなければならない。」という有名な言葉を残しています。つまり語り得ぬ世界には立ち入らないという態度が分析哲学に連なるものには存在します。のちカルナップやポパーなど論理実証主義者などに連なっています。言語そのものを重視し、基幹にあるものは科学的実証主義だと思ってよいでしょう。

その意味では論理力は分析哲学系に連なる学派の方が厳密な意味での論理力はつくと思います。しかし他の哲学のように発想による飛躍はないと思います。

政治哲学は、マイケル・サンデル氏のようなものが代表的とは言いませんが、人間世界の矛盾・非合理な世界の中での論理になりますので、いきおい道徳よく言えば実践哲学的雰囲気をもちます。非常に道徳的な側面からは長期に渡る論理力も含むと思いますが、目の前の問題解決を強く迫られる性質をもつため、ある意味の論理力は当然ですが、論理の範囲に含まれない決断力を強く迫る学問でもあると思います。

論理力に限って言えば以上のようになりますが、哲学自体のおもしろさは上記以外のものに多すぎるくらい見つけることができます。

回答が気にはなっていたのですが、どなたか私よりいいものをお出しになるだろうと思い、今までお答え致しませんでした。もっと早く参入すべきでした。

分析哲学は、結構数学的論理に近いというか数学的論理でしょうね。ラッセルなど読まれたら分かると思います。ラッセルのもとをウィトゲンシュタインが自分の書いたものを持参して訪れて「自分は数学者になるべきでしょうか、哲学者になるべきでしょうか?」と尋ねたそうです。

ウィトゲンシュタインがもってきたものを読んで、ラッセルは「君は哲学者になるべきだ。」と言ったそうです。そのウィトゲンシュタインは、前期に「論理哲学論考」を表し、後期にそれをすべて覆す「哲学探究」を弟子たちがまとめました...続きを読む

Q論理能力なき者が哲学を考える意義はあるのだろうか?

論理能力のない者が哲学や倫理を考えいくら論じようとも、哲学的論理能力の優れている者には歯が立たないのでは?
倫理学や科学哲学を学ぶよりも哲学的論理学をちゃんと学ぶのが先ではないだろうか?
論理を無視した哲学はただのたわごとか?

Aベストアンサー

「論理能力のない者が哲学や倫理を考えいくら論じようとも、哲学的論理能力の優れている者には歯が立たないのでは?」
歯が立たないでしょうね。しかし歯が立たないことは意義がないことと同義ではありません。議論を勝ち負けだけから評価はしませんが、かりに歯が立たないとしても、その議論や議論相手から学ぶことができます。議論することよりも、議論の後にその議論における自他の意見をあらためて吟味することのほうが大事です。
したがって、質問に答えをるなら、意義はあると私は答えます。厳密に言えば、歯が立たなかった議論でもそれを意義があるものにするか否かが重要です。敗北や挫折や緻密な批判から学べることは多いですから。

「倫理学や科学哲学を学ぶよりも哲学的論理学をちゃんと学ぶのが先ではないだろうか?」
倫理学や科学哲学ではまさに論理的な論が展開されているわけですから、倫理学や科学哲学を学ぶなかでも論理的な思考は養われるでしょう。メジャーな古本屋の倫理・哲学コーナーによくあるうさんくさい著書だとそうもいかないでしょうけれど。哲学的論理学と言われてますが、哲学書や思考のさいにそういう特別な論理は不可欠だとは思いません。私はいくつか哲学書を読んだり教授と議論したりしましたが、そこに論理的思考や批判的思考はあっても哲学的論理というものがあったとは思いませんし、哲学的論理学ってなんだろ? と素朴な疑問をもちます。

「論理能力のない者が哲学や倫理を考えいくら論じようとも、哲学的論理能力の優れている者には歯が立たないのでは?」
歯が立たないでしょうね。しかし歯が立たないことは意義がないことと同義ではありません。議論を勝ち負けだけから評価はしませんが、かりに歯が立たないとしても、その議論や議論相手から学ぶことができます。議論することよりも、議論の後にその議論における自他の意見をあらためて吟味することのほうが大事です。
したがって、質問に答えをるなら、意義はあると私は答えます。厳密に言えば、...続きを読む

Q愛と憎しみを研究した哲学者や哲学書が知りたいです。

愛と憎しみについて、哲学的考察を試みたいのですが、なかなか文献が見つかりません。
今のところ、見つかったのはデカルトの情念論などです。

愛については、アウグスティヌスやキルケゴール、フロムなどが思いつくのですが、憎しみについて論じているものがなかなか見つかりません。

愛と憎しみについて比較考察しようと思っているので、そういった感じのものがあればいいなと考えています。

愛と憎しみについて、どちらか一方だけでもいいので、論じている哲学者や哲学書などを知っている方がいらっしゃったら、ぜひ教えてください。

Aベストアンサー

片方を調べ、考察することで、もう片方は自然とあぶり出されてくるかもしれませんね。。。

手近に
「理性と愛」-スピノザの思想-、大津真作著、高文堂出版社
という本がありました。

スピノザの「エチカ」は、デカルトの「情念論」と対比されるもののようです。
上記は市民社会思想史IIIで、IとIIが別にあります。
よろしければ読んでみてください。

「スピノザ 思想 愛 憎しみ」などでググると、二人の思想および時代背景について、大まかなところを捉えることができると思います。

Q==哲学研究の成果は論理構成であるべきか、国立系の哲学研究者の方にお尋

==哲学研究の成果は論理構成であるべきか、国立系の哲学研究者の方にお尋ねします==
哲学は 人間を始め森羅万象のあらゆることを考察あるいは研究し、人間に役立つ成果(考え)を提供するものと思っています。その成果が 多くの人間に役立つためには その成果が多くの人間が説得され易い構成になっている必要があると思います。それは論理構成になっていることが有力手段です。つまり研究成果の哲学が論理構成であるべきではないかと言うことです。当然この論理構成は論理の限界のなかの展開となり 対象が異なるだけで 数学とか科学とかと同じ構成となります。
そこで、納税者の一人として お聞きしますが、国立系の哲学研究者の方は 研究成果を国民に説明し 納得してもらわないといけない という立場があると思いますが、哲学は論理構成であるべき とお考えでしょうか。いやそうではない 論理構成の元にあたる公理(原則)の成り立つ条件であるとか 公理の存在理由であるとか 別公理であるとか の議論の方が重要であり、 非論理展開もあって 納税者への説得は難しいが 言葉で説得する。
いずれにしても 税金で研究を続ける以上 納税者としては 研究者の研究に絡まるこれらの考え方を研究者から聞きたい と思います。

==哲学研究の成果は論理構成であるべきか、国立系の哲学研究者の方にお尋ねします==
哲学は 人間を始め森羅万象のあらゆることを考察あるいは研究し、人間に役立つ成果(考え)を提供するものと思っています。その成果が 多くの人間に役立つためには その成果が多くの人間が説得され易い構成になっている必要があると思います。それは論理構成になっていることが有力手段です。つまり研究成果の哲学が論理構成であるべきではないかと言うことです。当然この論理構成は論理の限界のなかの展開となり 対象が異な...続きを読む

Aベストアンサー

毎年の科研費の申請書において、論理構成にもとづいて、前年の成果と翌年の研究課題をそれぞれの項目に分けて論述しています。哲学がそうあるべき姿がこのようにあるのではなく、哲学がそうあるべき持続的営為を維持する管理とシステムの姿がこのようにあるのです。つまり、研究費を与える役職担当者に読解され、共感される文章を作成せねばなりません。そして担当者の裁量は納税者を代表しているにほかなりません。回答者の条件に適合しておりませんが投稿は自由なので回答させていただきました。他の適合者による回答をお待ちください。

Q哲学・哲学者は社会でどのような位置にいるのか、また、どのような位置にいるべきか?

哲学・哲学者は社会でどのような位置にいるのでしょうか、また、どのような位置にいるべきなのでしょうか?

Aベストアンサー

哲学・哲学者は昔からミネルバの森に住む梟の存在ですからね。
それは昔も今も変わらないんじゃないかな。
客観的に時代を見つめ、時代の行き先が見えなくなったときに森から出て来てほーほーと啼くんですね。
現代のような迷妄の時代には多くの梟がでて啼いているのでしょう。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報