最新閲覧日:

1、司馬遼太郎さんの本で和歌山弁について書かれてるものがあると聞きました。
2、The cloud of unknowing(関係ないかもしれませんが、遠藤周作さんがこの英訳に携わったそうです)の、日本語訳本。
 以上二点のタイトルをご存知の方は教えてください。どうぞよろしくお願いします。

このQ&Aに関連する人気のQ&A

A 回答 (1件)

>2、The cloud of unknowing


について回答します。

不可知の雲―キリスト教神秘体験の不朽の古典 ヘーシベック文庫
ウイリアム ジョンストン (著), William Johnston (原著), 斎田 靖子 (翻訳)
単行本: 267 p ; サイズ(cm): 19 x 13
出版社: エンデルレ書店 ; ISBN: 475440257X ;(1995/11)

ではないでしょうか。ただし、遠藤周作氏がこの本の翻訳に関わったのではなく、この本の著者が遠藤氏の「沈黙」を英訳されたのではないでしょうか

沈黙―Silence Japan’s modern writers
遠藤 周作 (著), William Johnston
-: 306 p ; サイズ(cm): 19
出版社: 講談社インターナショナル ; ISBN: 4770010141 ; (1982/01)

もっとも、遠藤氏が翻訳に関わった縁で、氏の本の翻訳を著者が行なったということも考えられますが。

参考URL:http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/search-handl …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速のご回答ありがとうございました。興味深いコメントも頂戴しまして、とても参考になりました。

お礼日時:2005/05/09 22:21

このQ&Aに関連する最新のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報

カテゴリ