お世話になります。
扶養控除のことでお聞きしたいことがあります。どなたか教えてください。
今日、社会保険事務所に電話をして聞いてみたのですが、対応が悪く理解の出来る説明を得られませんでした。扶養控除と特別扶養控除の違いはなんですか?税金の扶養103万以内と健康保険料の扶養が130万円以内で特別扶養控除の141万円未満というのがよくわかりません・・・扶養の種類は3つあるのでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

税金のことなら税務署に聞くのが筋で、社会保険事務所に訊くのはお門違いだと思うのですが。



しかも制度の名称が間違っています。
あなたのおっしゃる、
・税金の扶養→配偶者控除(控除対象配偶者)
・特別扶養控除→配偶者特別控除
ついでに
・健康保険料の扶養→被扶養者

社会保険の扶養(正確には「被扶養者」)の基準は、確かに年収(見込み)130万円未満です。

所得税では、配偶者がいる人が使える控除に、「配偶者控除」と「配偶者特別控除」があります。「扶養控除」というのは、配偶者以外の家族がいる場合の控除の名前です。

配偶者控除は、その配偶者の合計所得金額が38万円以下の場合(収入が給与収入のみである場合103万円以下)なら対象となります(この条件に当てはまる配偶者を「控除対象配偶者」という)。
配偶者特別控除は、配偶者控除の対象にならない配偶者について、合計所得金額が76万円未満(収入が給与収入の場合141万円未満)の場合、対象となります(他にも条件がありますが省略)。

参考URL:http://www.taxanswer.nta.go.jp/1195.htm
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お返事ありがとうございます。最初、市役所の税務課に問い合わせをするつもりだったのですが、上司に、税務課は市民税等の管理だけで扶養等の質問には無関係だから、社会保険事務所に問い合わせをするように言われたので、そうしたのですが、社会保険事務所にTELした後に、いちお、税務課にも電話はしてみました。でも、あまり丁寧には説明してくれず、不明だったのでこちらで質問させていただきました。丁寧なお答えありがとうございました。

お礼日時:2005/05/09 23:19

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q確定申告にて同居している親の扶養控除について

年金受給者の両親と同居している娘(独身)です。
今まで父の確定申告で母の配偶者控除38万円(21番)を申告していましたが、それをはずし
22年分から私の確定申告で母を扶養控除(23番)に入れたい(同じく38万円の申告)
をしたいと思っています。
そこで・・・

父が年金にかかる所得税の源泉徴収額に母を「扶養親族申請」しています。

それでも問題なく私の確定申告で母を控除できますでしょうか?

父は年金のほかに不動産所得がありますが、他に控除できるものが多額にあります。
私は一人者なので、ほとんど控除できるものがなく、税金が多めなので、
せめて母の分だけでも私が控除できればと思ったのですが・・・

どなたか、教えてください。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

>それでも問題なく私の確定申告で母を控除できますでしょうか?
問題ありません。
同一人物を2人で控除を受けない限り、「生計が一(同居していれば生計が一)」であれば誰が控除を受けてもいいですし、去年と今年控除を受ける人が変わってもいいです。
有利になる方で控除を受ければいいでしょう。

Q年末調整【配偶者特別控除130万以内の場合】

今、フルタイムのパートに出ていて
今年の年収が、約126万ほどになります。
旦那の年末調整の記入・控除について質問です。

【1】我が家の場合、126万から必要経費(65万)を引くと
61万円となります。つまり、【配偶者特別控除】となります。
その年末調整の資料用紙を見ると、この61万という金額に対して
【控除額16万】と書かれているのですが、
この金額は、具体的にどのようなものなのですか?
(お金がもらえるの?それとも旦那の課税対象から引かれる金額?)

【2】旦那の会社は、扶養手当がなく
『旦那の会社の保険に入れるだけ』と聞いています。
こんな事ってあるのでしょうか?ケチすぎませんか?
皆さんのご意見が伺いたいです。(叩かれ覚悟で書きました)

【3】旦那の会社の人からは
[103万は考えなくて良いから130万のことだけ考えなさい]といわれました。本当でしょうか?
よく聞く【103万の壁】【130万の壁】【141万の壁】が
良くわかりません。教えてください。

【4】旦那の会社状況(扶養手当なし)で
パートで主婦が働く場合、
どの金額に設定して働くのが一番、利口なやり方なのでしょうか?

今、フルタイムのパートに出ていて
今年の年収が、約126万ほどになります。
旦那の年末調整の記入・控除について質問です。

【1】我が家の場合、126万から必要経費(65万)を引くと
61万円となります。つまり、【配偶者特別控除】となります。
その年末調整の資料用紙を見ると、この61万という金額に対して
【控除額16万】と書かれているのですが、
この金額は、具体的にどのようなものなのですか?
(お金がもらえるの?それとも旦那の課税対象から引かれる金額?)

【2】旦那の会社は、扶養手当が...続きを読む

Aベストアンサー

【1】旦那の課税対象から引かれる金額です。

【2】今のご時勢、ケチとは言えないでしょう。大企業以外は、無いほうが多いのでは。

【3】
【103万の壁】 給与所得が103万円を超えると、自分で税金を払わなくてはいけません。103万円未満なら無税です。

【130万の壁】 旦那の社会保険の扶養から外れて、自分で社会保険料を納めないといけません。

【141万の壁】 103万円を超えると、140万円までは配偶者特別控除の範囲になります。103万1円から最高控除額38万円、140万9999円で3万円と段階的に旦那の控除額が減っていきます。141万円になると控除額が0円になります。

【4】103万円の壁はあまり気にしなくて良いと言われますね。超えたからといって、払う税金は微々たる物ですから、稼げるならその方が得です。また、103万円が会社の扶養手当をもらえるかどうかの境になっていることも多いのですが、もとから扶養手当が無いのなら関係ありませんね。
130万円の壁は気にしたほうが良いかも知れません。自分で社会保険料を払うのは結構大きいです。
140万円の壁も気にしなくて良いでしょう。超えるかどうかで違うのは、旦那の控除額が3万円違うだけ。税金でいったら数千円です。それ以上に稼げばいいだけです。

上記のことから、一般的には130万円以下に抑えるか、超えるならとことん稼ぐでしょうか。

【1】旦那の課税対象から引かれる金額です。

【2】今のご時勢、ケチとは言えないでしょう。大企業以外は、無いほうが多いのでは。

【3】
【103万の壁】 給与所得が103万円を超えると、自分で税金を払わなくてはいけません。103万円未満なら無税です。

【130万の壁】 旦那の社会保険の扶養から外れて、自分で社会保険料を納めないといけません。

【141万の壁】 103万円を超えると、140万円までは配偶者特別控除の範囲になります。103万1円から最高控除額38万円、140万9999円で3万円...続きを読む

Q兄と同居中の、僕とは別居している親の扶養控除

現在、74歳の父(無職・年金暮らし・健康)が兄と同居しており、
兄の扶養として健康保険などにも入っています。

別居している僕からも、今月から10万円/月で父親宛に仕送りすることになったのですが、その場合は僕の所得税や住民税での扶養控除は可能でしょうか?

また可能な場合はどのような手続きをしたら良いでしょうか?
(僕は現在、会社員です)

解答宜しくお願いいたします。

Aベストアンサー

>別居している僕からも、今月から10万円/月で父親宛に仕送りすることになったのですが、その場合は僕の所得税や住民税での扶養控除は可能でしょうか?
可能です。

>また可能な場合はどのような手続きをしたら良いでしょうか?
同じ人を2人で扶養にすることはできませんので、お兄さんが会社にお父様の扶養をはずす申告をし、貴方が会社にお父様を税金上の扶養にする届を出せばいいです。
来年から扶養を変えるなら、お兄さんがこれから会社に出す「扶養控除等申告書」にお父様の名前を記入しなで、貴方が職場からもらう「扶養控除等申告書」の「扶養親族」の欄にお父様の名前を書いて出せばいいです。
どちらが扶養にするか、お兄さんとよく話し合ってください。

Q130万円の壁の「130万円」は、手取り額のことですか?

フリーで翻訳の仕事をしています。今年の「収入」は160万円前後になる予定です。いまのところ、源泉徴収で上記の金額の1割を税金として払っていますが、経費がかかっているので確定申告をする予定です。経費を除いた「所得」は100万円前後になると思われます。現在はサラリーマンである夫の健康保険に入っていますが、私のこの収入だと、社会保険は自分で払うことになってしまうのでしょうか。「130万円の壁」の「130万円」が、収入の額なのか、所得の額なのか、ということがわかっていないので、教えていただければありがたいです。また、もし夫の扶養をはずれるとなると、社会保険関係で、自分から何か手続きをする必要があるのでしょうか。ご存知でしたら教えてください。よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

申し訳ありません。
一部訂正させて下さい。
当初、雑所得と思い回答を書きましたが、その後の補足で継続的にお仕事をなさっているようで、この場合は明らかに事業所得になります。従って、収入から必要経費を差し引いた所得で判定する「習慣」があります。

「習慣」という表現をしたのは、実は、社会保険の被扶養の判定には、130万円以下の収入という明文規定があるのですが、給与の場合は130万円以下の「収入」で判定するのに対して、例えば事業所得の場合は、実務上は必要経費を引いた後で判定しているのです。ただ、これについての明文規定はないはずです。そのように「解釈する」というだけのことです。そして、雑所得については、税務上の必要経費は社会保険の上では必要経費とは認められず、従って「収入」で判定されることが多いようです。

ですから、あなたの場合は、一昨年来このぐらいの所得ならば、扶養のままでOKになります。

ご参考までに、もし「所得」が130万円を超えそうになったら、その時点でご主人の会社の方へ手続きをすればいいです。つまり、130万円を超える見込みとなった時点で扶養からはずれるということです。
ただし、もしご主人の給料に扶養手当が付いていると、その手続きによって1年分の扶養手当の返還を求められる可能性はあります。

申し訳ありません。
一部訂正させて下さい。
当初、雑所得と思い回答を書きましたが、その後の補足で継続的にお仕事をなさっているようで、この場合は明らかに事業所得になります。従って、収入から必要経費を差し引いた所得で判定する「習慣」があります。

「習慣」という表現をしたのは、実は、社会保険の被扶養の判定には、130万円以下の収入という明文規定があるのですが、給与の場合は130万円以下の「収入」で判定するのに対して、例えば事業所得の場合は、実務上は必要経費を引いた後で判定しているの...続きを読む

Q扶養控除廃止で年老いた親と子1人の場合

来年早々にも扶養控除廃止が決定的ですが
例えば
70代の親1人、年金収入70万のみ
同居しながら親の面倒をみている子、
給与300万の場合ですが

やはりそのままいけば増税になりますか?

Aベストアンサー

>来年早々にも扶養控除廃止が決定的ですが…

再来年からでしょう。

>やはりそのままいけば増税になりますか…

間違いなく増税です。
おおむね増税にならないのは、0歳から 18歳までの子供がいる家庭だけです。

>70代の親1人、年金収入70万のみ…

来年までは、障害はないとしても「同居老親等」として 58万円の控除。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1180.htm

>給与300万の場合ですが…

税率 5%ランクでしょうから所得税で 29,000円の増税です。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/2260.htm

住民税にも反映されるとしたら、さらに 45,000円の増。
(某市の例)
http://www.city.fukui.lg.jp/d150/siminzei/jumin/kojin/kojin.html#03_keisan

子ども手当だけのために庶民の多くから税を絞り、公共事業の大半を中止などと、誰が鳩山民主なんかに票を入れたんでしょうね。

>来年早々にも扶養控除廃止が決定的ですが…

再来年からでしょう。

>やはりそのままいけば増税になりますか…

間違いなく増税です。
おおむね増税にならないのは、0歳から 18歳までの子供がいる家庭だけです。

>70代の親1人、年金収入70万のみ…

来年までは、障害はないとしても「同居老親等」として 58万円の控除。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1180.htm

>給与300万の場合ですが…

税率 5%ランクでしょうから所得税で 29,000円の増税です。
http://www.nta.go.jp/ta...続きを読む

Q青色申告特別控除65万円と配偶者控除の関係について

私は個人事業主で、青色申告をする予定です。
20年度は
事業所得270万円、
経費180万円です。

この場合、
事業所得270万-経費180万=90万円
となりますが、
この場合、
ここから青色申告特別控除分の65万円をひくと、
25万円ですので、
配偶者控除は38万円以下なので、
私の場合、配偶者控除を受けられるということで
いいのでしょうか?

青色申告特別控除分をひく前の額か、
ひいた後の額で考えればいいのか悩んでいます。

また20年度は旦那の給料(会社員)が2000万円を超えてしまい、
配偶者「特別」控除はうけられないという話を聞いたのですが、
配偶者控除の方は大丈夫なのでしょうか?

よろしくご回答お願いします。

Aベストアンサー

>事業所得270万-経費180万=90万円…

「所得」とういうのは、仕入と経費を引いた数字です。
「売上 = 収入」からその仕事をするのに要した「仕入」と「経費」を引いた「利益」。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1350.htm

>私の場合、配偶者控除を受けられるということで…

はい。

>青色申告特別控除分をひく前の額か…

青色申告特別控除はサラリーマンの給与所得控除などと同じ「収入」からの控除であって、「所得控除」の仲間ではありません。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1100.htm

>また20年度は…

個人の税金は 1/1~12/31 がひとくくりで、「年度」(4/1~3/31) ではありません。

>配偶者控除の方は大丈夫なのでしょうか…

問題ありません。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1191.htm
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1195.htm

税金について詳しくは、国税庁の『タックスアンサー』をどうぞ。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/index2.htm

>事業所得270万-経費180万=90万円…

「所得」とういうのは、仕入と経費を引いた数字です。
「売上 = 収入」からその仕事をするのに要した「仕入」と「経費」を引いた「利益」。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1350.htm

>私の場合、配偶者控除を受けられるということで…

はい。

>青色申告特別控除分をひく前の額か…

青色申告特別控除はサラリーマンの給与所得控除などと同じ「収入」からの控除であって、「所得控除」の仲間ではありません。
http://www.nta.go.jp/taxansw...続きを読む

Q同居老親の扶養控除。

同居老親の扶養控除について質問します。
現在、両親と同居しており、父親72才、母親71才共に年金受給者です。
(父親、年金190万-120万=70万)
(母親、年金54万-120万=0万)
母親は父親の配偶者控除されています。

私の会社での年末調整で平成26年分給与所得者の扶養控除等(異動)申告書には母親の名前を記入し、父親宛に送られ来た平成26年分公的年金等の受給者の扶養親族等申告書には変更ありにして、適用欄には「26年度、妻は息子の扶養」と記入してもらい送付しました。

平成25年度分で12月に母親を私の同居老親として扶養控除できないのでしょうか?
父親の配偶者控除になっているから絶対に駄目なのでしょうか?
会社に話したのですが、重複してなければ出来るとのことでした。

会社ではなく個人で修正申告?公正申告?出来るのでしょうか?

Aベストアンサー

長いですがよろしければご覧ください。
(※不明な点はお知らせください。)

>…平成25年度分で12月に母親を私の同居老親として扶養控除できないのでしょうか?

問題なく「扶養控除」を適用できます。
なお、以下のような手続きが必要になります。

---
○OKROLAさん

勤務先の「平成25年分の年末調整」がまだ完了していない場合は、勤務先に『【平成25年分】給与所得者の扶養控除等【異動】申告書』を提出して、適用してもらってください。

『[手続名]給与所得者の扶養控除等の(異動)申告 』
http://www.nta.go.jp/tetsuzuki/shinsei/annai/gensen/annai/1648_01.htm
>>…当初提出した申告書の記載内容に異動があった場合には、その異動の日後、最初に給与の支払を受ける日の前日までに異動の内容等を記載した申告書を提出してください。

もし、「年末調整の処理が完了済み」であれば、勤務先で「年末調整のやり直し」をしてもらうか、あるいは、自分自身で「所得税を還付してもらうための確定申告(還付申告)」を行なってください。

『年末調整の後に扶養親族等が異動したとき』
http://www.nta.go.jp/taxanswer/gensen/2671.htm
>>…年末調整のやり直しをしない場合には、役員や使用人本人が、確定申告によって所得税の還付を受けることができます。…

『確定申告』
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/2020.htm
>>所得税の確定申告は、毎年1月1日から12月31日までの1年間に生じた所得の金額とそれに対する所得税の額を計算し、源泉徴収された税金や予定納税額などがある場合には、その過不足を精算する手続きです。

『還付申告』
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/2030.htm

---
○お父様

「控除対象配偶者」を【記載せずに】、「【平成25年分】所得税の確定申告書」を作成して「所轄の税務署」に提出します。(郵送などでも提出できます。)

『国税局・税務署を調べる』
http://www.nta.go.jp/soshiki/kokuzeikyoku/chizu/chizu.htm

*****
(備考1.)

「税務署の個人課税部門」は、この時期から徐々に相談する人が増え、「2/16~3/15」はものすごい混雑になる税務署がほとんどです。
もし、直接相談に出向く場合は、混み具合を確認してからが良いです。

『還付申告は混雑期を避け3月15日過ぎに』
http://www.ioka-youji.com/article/13617737.html

*****
(備考2.)

「所得税の確定申告」を行った場合は、「個人住民税の申告」は行う必要はありません。

『【確定申告・還付申告】>Q8 住民税や事業税の申告はどうなるのですか。』
http://www.nta.go.jp/tetsuzuki/shinkoku/shotoku/qa/02.htm#q08
(多摩市の案内)『個人住民税(市民税・都民税)の申告について』
http://www.city.tama.lg.jp/16853/11/14703/003807.html

※「個人住民税」の管轄は、(税務署ではなく)「住所地の市町村」になります。

*****
(備考3.)

「所得税」は「1月~12月」が【一年度】ということになりますが、「年度」を使うことは少なく「年分」で区別することがほとんどです。

『年度』
http://kotobank.jp/word/%E5%B9%B4%E5%BA%A6

一方、「個人住民税」も「1月~12月の所得」をもとに計算するのは「所得税」と同じですが、「年度」で区別していますので、少々分かりにくくなっています。

たとえば、「平成25年の所得」にかかるのは「平成25年分所得税」と「平成26【年度】個人住民税」となります。

『住民税とは?住民税の基本を知ろう』(更新日:2013年05月13日)
http://allabout.co.jp/gm/gc/14737/

*****
(その他参考URL)

『所得税・住民税簡易計算機』
http://www.zeikin5.com/calc/
※「収入が【給与のみ】」の場合の「目安」です。
『確定申告と年末調整はどう違うの?』(更新日:2013年01月21日)
http://allabout.co.jp/gm/gc/376430/
---
『腹が立つ国税局の税務相談室』(2009/07/15)
http://moriri12345.blog13.fc2.com/blog-entry-365.html
『税務署が親切』(2007/03/11)
http://blog.livedoor.jp/stock_value/archives/50363449.html
『税務署は意外と親切』
http://dorobune.chips.jp/?p=155
『国税庁>ご意見・ご要望』
http://www.nta.go.jp/iken/mail.htm

※間違いのないよう努めていますが、最終判断は各窓口に確認の上お願い致します。
※なお、ご紹介したサイトの信頼性についてはご自身でご判断ください

長いですがよろしければご覧ください。
(※不明な点はお知らせください。)

>…平成25年度分で12月に母親を私の同居老親として扶養控除できないのでしょうか?

問題なく「扶養控除」を適用できます。
なお、以下のような手続きが必要になります。

---
○OKROLAさん

勤務先の「平成25年分の年末調整」がまだ完了していない場合は、勤務先に『【平成25年分】給与所得者の扶養控除等【異動】申告書』を提出して、適用してもらってください。

『[手続名]給与所得者の扶養控除等の(異動)申告 』
http://www.nta...続きを読む

Q130万以内と130万以上、どちらがお得ですか?

8年間勤務した会社を辞める予定なのですが、
4月までにするか、5月までにするかを迷っています。
現在妊娠中で、5月には妊娠8カ月になります。
通勤も往復3時間はかかるので、体調も考えて、できれば4月ごろ退職したいのです。
ただ、家計のためには少しでも稼いでおきたいので、質問させていただきます。

■主人はサラリーマンで年収500万円ぐらい。

■現在の私の月々の総支給が、だいたい24万円。

■4月まで勤務したとすると、24万×4か月=96万円。
うちの会社は退職金が多くて10万程度なので、多く見積もっても今年に入ってからの総支給は110万円ぐらいになります。

■5月まで勤務したとすると、24万×5か月=120万円。
その場合、ボーナスも支給されます。多くても20万円ぐらいだと思いますので、退職金10万も合わせて150万円ほどだと思われます。

扶養控除について全く分かっていません。
そもそも、1月からの総支給額の計算でいいんでしょうか?

扶養に入ると金額的にどのぐらいのメリットがあるのでしょうか?
130万円以内の場合と、130万円以上になった場合で、控除額がどれぐらい違うのか、そのあたりを教えていただけないでしょうか。
もし4月末までの勤務での控除額が少なく、5月まで働いたほうが収入が多くなるのであればがんばって5月まで頑張って働こうと思っています。
もしくは、103万円以内になる、3月に退職したほうがいいのでしょうか?

よろしくお願いします。

8年間勤務した会社を辞める予定なのですが、
4月までにするか、5月までにするかを迷っています。
現在妊娠中で、5月には妊娠8カ月になります。
通勤も往復3時間はかかるので、体調も考えて、できれば4月ごろ退職したいのです。
ただ、家計のためには少しでも稼いでおきたいので、質問させていただきます。

■主人はサラリーマンで年収500万円ぐらい。

■現在の私の月々の総支給が、だいたい24万円。

■4月まで勤務したとすると、24万×4か月=96万円。
うちの会社は退職金が多くて10万程度なので、多く...続きを読む

Aベストアンサー

>扶養控除について全く分かっていません。
 そもそも、1月からの総支給額の計算でいいんでしょうか?
 ・上記の扶養控除は、ご主人の配偶者控除、配偶者特別控除を指します(税金の扶養控除は配偶者以外の場合を指します)
 ・貴方の収入(1/1~12/31の分)が103万までなら、ご主人は配偶者控除が受けられ、103万超141万未満なら配偶者特別控除が受けられます
  (受けられるのは、今年のご主人の年末調整時になります)
  141万以上の場合は控除はありません
>130万円以内の場合と、130万円以上になった場合で、控除額がどれぐらい違うのか、そのあたりを教えていただけないでしょうか
 ・130万以内、以上ではなく、103万を超えるか超えないか、141万を超えるか超えないかで、違ってきます・・・これは税金の話
  (130万前後の場合の配偶者特別控除の控除額は
   125万以上130万未満:所得税、住民税・・16万
   130万以上135万未満:所得税、住民税・・11万)
 ・130万は、ご主人の健康保険の扶養、国民年金の第3号被保険者に関する金額です・・扶養に入ると、健康保険の保険料、国民年金の保険料が掛からない・・保険料は0円・・・これは健康保険の扶養、国民年金の第3号被保険者の話
 

>扶養控除について全く分かっていません。
 そもそも、1月からの総支給額の計算でいいんでしょうか?
 ・上記の扶養控除は、ご主人の配偶者控除、配偶者特別控除を指します(税金の扶養控除は配偶者以外の場合を指します)
 ・貴方の収入(1/1~12/31の分)が103万までなら、ご主人は配偶者控除が受けられ、103万超141万未満なら配偶者特別控除が受けられます
  (受けられるのは、今年のご主人の年末調整時になります)
  141万以上の場合は控除はありません
>130万円以内の場合と、130万円以上に...続きを読む

Q扶養控除について質問です。去年、8月までの独身時代に、親を扶養控除に入

扶養控除について質問です。去年、8月までの独身時代に、親を扶養控除に入れていました。私は今、専業主婦で収入は0です。私の夫の扶養に、私の両親を入れる事は可能なんでしょうか?あと、もし出来るならどのような手続きが必要ですか?あと、扶養控除でどんな税金が安くなるのでしょうか?ちなみに、夫は会社務めです。色々、無知なので分かりにくかったらすみません。

Aベストアンサー

>私の夫の扶養に、私の両親を入れる事は可能なんでしょうか?
ご主人が両親と「生計が一(同居している。同居していない場合は、生活費を送金しているか余暇には寝起きを共にしている)」なら可能です。

>あと、もし出来るならどのような手続きが必要ですか?
ご主人が会社に出してある「扶養控除等申告書」の異動の届を出し、扶養親族の欄に両親の氏名を記載すればいいです。
その翌月から、給料から引かれる所得税が少なくなり、最終的に年末調整で所得税が精算されます。

>扶養控除でどんな税金が安くなるのでしょうか?
所得税と住民税
所得税は今年からですが、住民税は前年の所得に対し翌年課税なので来年からです。

Q住宅借入借入金等特別控除が83400円なのに源泉徴収票には0円になっています。

19年6月に新築しました。
そして昨年主人が転職し、20年度の源泉徴収額票には
給与所得控除後の金額が1,889,000円
所得控除の額の合計が2,309,500円で
源泉徴収額が0円です。
税務署から送られた給与所得者の
住宅借入金等特別控除申告書には83,400円
と記載されていますが、
源泉徴収票のその欄には0円となっています。
支払った税金よりも控除のほうが大きいので住宅借入の控除までする必要がないということでしょうか?

Aベストアンサー

給与所得控除後の金額が1,889,000円
所得控除の額の合計が2,309,500円
すると、課税される所得がゼロです。

毎月源泉徴収されてる金額は、この段階で「全額還付」されてます。
源泉徴収税額が「ゼロ」というのは「会社を通じて納めてる所得税はありません」ということです。

納めてる税金がある場合に、83,400円を限度に税額を減らしますよというのが「住宅借入金等特別控除」いわゆるローン控除です。

従って、税額ゼロの人にはローン控除の恩恵がないのです。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報