先日himiko2001さんが質問していた件に似ているのですが、以前私が聞いていた話では昭和62年の50円硬貨が数万円すると聞いておりました。
実際はどうなのか教えてください。
私は数年前にその話を聞いてから、現在まで50円硬貨を見ると必ず何年製か確認するようにしていますが、今だに発見できておりません。
今後もその作業の価値があるのか知りたいのです。
宜しくお願いします。

関連URL:http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=137126

このQ&Aに関連する最新のQ&A

記念硬貨」に関するQ&A: 500円記念硬貨は今

A 回答 (3件)

この情報は誤りではありませんが、その努力が報われることは先ず有り得ません。

と言うのも、この年度は流通用の50円硬貨は不発行でした。では何故77万5千枚の発行が記録されているのかというと、記念用の意味合いが強い貨幣セットの中に収められていたからです。
 どの年度の物が発行数が少ないのか、といったことは以下のページから、データ&データをご覧下さい。

 

参考URL:http://www.mint.go.jp/menu/index.html
    • good
    • 0

昭和62年製造の50円硬貨についての詳しい経緯は、


#1でredbeanさんが回答されている通りです。
しかし、einoriさんがされている作業の価値については、
私は「ある」と申し上げます。
その理由は、そのプルーフセットをバラして流通している
50円硬貨が僅かではありますが存在しているからです。
実際に私も、手にした50円硬貨の製造年は必ず確認しています。
ただ、それに巡り遭う確率は非常に小さいです。しかしゼロではありません。
もし、einoriさんが手にした50円硬貨が62年製だったとして、
それを知らずに使ってしまったとしたら・・・、そのように
考えただけでも悔しいですよね。
誰に迷惑をかけるわけでもないのですから、これからも堂々と
その作業を続けていって構わないと思います。
    • good
    • 0

昭和62年の50円硬貨は、造幣局発行の「ミントセット」、


「プルーフセット」の中に組み込まれた形でのみ発行
されました。したがって単独では流通おらず、年度を
確認する作業は残念ながら報われることはありません。

価値としては、小売価格ベースで2万円ぐらいになると
思います。

「ミントセット」、「プルーフセット」とは造幣局が
販売している貨幣セットのことです。参考URL(造幣局
サイト)の以下のリンク先で紹介されています。

●販売(貨幣セット・金属工芸品)

参考URL:http://www.mint.go.jp/menu/index.html
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q100円玉の材質について

テレビで、「100円玉は昔は銀が使われていたが、ある年から合金に変更された」と言っていましたが、何年までか忘れてしまいました。もしそうなら、銀100%なのでしょうか?スゲー価値がありそうなら、銀製の100円玉ばかり集めたいと思うのですが、コインに詳しい方お願いします!

Aベストアンサー

残念ながら
銀60パーセント(銅30パーセント、亜鉛10パーセント)
昭和32年~41年

昭和42年から白銅(銅とニッケル)になりました。

※銀相場1グラムあたり仮に50円とした場合の百円銀貨に含まれる銀の価格は
(50x4.8x0.6)=144円となり額面金額を超えます\(^^;)...マァマァ

Q1円玉は一円?10円玉は10円?50円玉は50円?

1円玉は
材料費、加工費、銀行までの運送費をすべてたしたら1円?それとも1円以下?一円以上?

10円玉は?50円玉は?100玉円は?、500円玉は?
、以下同文~

Aベストアンサー

はいどうぞ
http://www.nikkei.com/article/DGXNASDJ1900X_R20C11A5000000/

世の中そんなに単純ではない

Q100円玉での支払い上限

スーパーの支払い2500円を100円玉25個でしようと思いました。

ところが100円玉での支払いは2000円(100円玉20個)までといわれてしぶしぶ一万円札でしました。

100円玉の支払いは2000円までという法律はあるのでしょうか。

Aベストアンサー

元は
1938年(昭和13年)に試行された臨時通貨法第3条の「一円ノ臨時補助貨幣ハ二十円迄ヲ限リ法貨トシテ通用スル」
です。

後に、
通貨の単位及び貨幣の発行等に関する法律7条「貨幣は、額面価格の二十倍までを限り、法貨として通用する」
として規定されました。

皆さん「硬貨は20枚以上」という書かれ方をされていますが、「同一種類の硬貨について20枚以上」というのが正しいです。
つまり、10円玉10枚+100円玉12枚=1300円 なんてのはOKです。

ただし、実際に拒否するかどうかはその店の裁量次第ですね。

Q古い50円硬貨の価値は

 昭和30年から40年までの50円硬貨を持っています。これらはコイン取扱い店に持参したらどのくらいの価格で引き取ってもらえるのでしょうか。また銀行や郵便局で両替はしてもらえるのでしょうか。

Aベストアンサー

あのでかいニッケル貨ですね。懐かしい。

コイン商に売る場合に額面プラスアルファがあるのは次の
年度のものだけでしょう。他のは50円でしか引き取ら
ないと思います。

昭和35年・・・標準的な小売価格3000円
昭和33年・・・標準的な小売価格400円
昭和36年・・・標準的な小売価格450円

上のはあくまで小売価格なので、買取はぐーんと安くなり
ます。なお、保存状態が特別によいものは話は違って
きます(造幣局の封を切っていないとか)。

Q10円玉,50円玉,100円玉の問題

 10円玉,50円玉,100円玉,あわせて30枚ある。合計金額は2000円である。10円玉と50円玉の合計枚数は、100円玉より2枚多い。10円玉,50円玉,100円玉はそれぞれ何枚ずつあるか?
という問題があるのですが、
10円玉の枚数をx、50円玉の枚数をy、100円玉の枚数をzとして、
 x+y+z=30
 10x+50y+100z=2000
という連立方程式をつくったりしてみたのですが答えが導くことができません・・・。
ヒントでいいので分かる方いらっしゃいましたら御願い致します。

Aベストアンサー

「10円玉と50円玉の合計枚数は、100円玉より2枚多い」からx+y=z+2という式が出てきますね。

ちゃんと解けますよ。

Q昔の50円硬貨(穴あき、穴無し)の価値をおしえて

おばあちゃんが集めていた昭和30年頃の、50円玉を、
ほしい方がいたら売りたいと言っているのですが、
どのくらいの価値があるのか、また、何処へ持っていけば
良いのか、わかりません。
詳しい方がおいででしたら、どうぞ教えてください。

Aベストアンサー

 「昔の50円」という事は昭和41年までの50円という事ですよね。

  昭和30年~昭和33年:穴無し
  昭和34年~昭和41年:穴有り

 となっていますが、一般の家庭にあった物として判断した場合、昭和35年
以外の50円にはプレミアは付かない、と思って間違いありません。
 (最近は収集家も少なくなっており、市場に大量に残っているのが実情です。)


※理由と現在の引取価格目安

 昭和35年:発行枚数が少なく、プレミア対象になっている。
       おおよそ500~2500円程度で引き取ってもらえる。
       (状態によって価格差有り)

 その他年号:プレミア無し(存在量が多く、どのお店にも大量の在庫有り)
       額面通りの価値


 その他に、一般年号でもプレミアが付く可能性があるのは、俗に言う
「エラーコイン」です。一般的なものは下記です。

・角度ズレ
 表裏の角度がずれているもの。
  通常は±10度以上ずれていないと、「角度ズレ」として評価してもらえない
 場合がある。

・穴ズレ(昭和34年~昭和41年)
  穴が中心になく、ずれているもの。
  穴の縁が切れる程ずれていれば確実。
  少々のズレでは評価してもらえない場合が多い。

・穴なし(昭和34年~昭和41年)
  穴が無いもの
  前述の二つよりも評価が高い。

 エラーコインの場合、エラーの度合いにより評価が異なります。
 (価値もピンからキリまでです。)


 処分の方法ですが、下記の方法が考えられます。

1.古銭屋さん
  買取価格は何処でもほとんど同じと思って良い。
  当然プレミアも加味した金額となるので一番無難です。

2.骨董屋さん、リサイクルショップ屋さん
  古銭が弱いお店の場合は、全て額面という場合があるので注意。
  リサイクルショップ屋では引取らないお店もある。
  通常は高値の期待はしない方が良い。

3.インターネットオークション
  熱くなってくれる人が入札してくれると高値になる場合がある。
  (出品方法に一工夫が必要)
  自分だったらこの方法を選びます。

4.フリーマーケット
  安く買い叩かれる場合や、売れ残ってしまう場合の方が多く、
  値付けが難しい。
  手間を考えると個人的には絶対にしません。

5.銀行
  プレミア等一切関係なく、額面で引取ってもらえます。


 こんな所でしょうか。
  




 

 「昔の50円」という事は昭和41年までの50円という事ですよね。

  昭和30年~昭和33年:穴無し
  昭和34年~昭和41年:穴有り

 となっていますが、一般の家庭にあった物として判断した場合、昭和35年
以外の50円にはプレミアは付かない、と思って間違いありません。
 (最近は収集家も少なくなっており、市場に大量に残っているのが実情です。)


※理由と現在の引取価格目安

 昭和35年:発行枚数が少なく、プレミア対象になっている。
       おおよそ500...続きを読む

Q自販機と100円玉について。

自販機と100円玉について。
自販機でジュースを買おうと小銭を投入したトコロ、
上手く認証されなかったんだか何だか知らんが、
お釣りの受け取り口にそのまま落ちてきた。

↑なんて経験、
皆さん少なからずあると思います。
あれって、
ほとんどの場合100円玉で起こる事が多いと思うのですが。
10円玉、50円玉、500円玉をそうやって突っ返された事って、
ほとんど無かったと思います。
なぜ100円玉はあんなにも自販機に嫌われるのですか?

Aベストアンサー

100円硬貨と500円硬貨は偽造が出来ます。500円硬貨は韓国の500ウォン硬貨と同じ大きさで、重さが少し重いだけでした。そのためドリルで削って同じ重さにすれば、自動販売機で使えました。
これが騒動になり新500円硬貨が発行されましたね。
しかし100円硬貨はそのままで、諸外国の良く似た大きさの硬貨に細工すれば、100円硬貨として自動販売機で使えてしまいます。
そこで自動販売機のメーカーは識別能力を上げたのです。これでニセ100円硬貨は使えなくなりましたが、本物の100円硬貨もニセ硬貨としてはじかれることも多くなってしまったのです。
10円や50円のニセ硬貨は作っても割に合わないので、この硬貨に対しては識別能力を上げる必要が無くちゃんと使えるのです。

Q使わない50円以下の切手 質問お願いいたします 家の中で50円以下の切手があります。 20円切手な

使わない50円以下の切手

質問お願いいたします
家の中で50円以下の切手があります。
20円切手などで、途中ですが計算すると1000円分にはなりました。

記念切手ではないようです。
使わなかった年賀葉書なら、交換したことはありますが、大量の額面が低い切手どのようにしたらよいか、アドバイスお願いいたします

Aベストアンサー

尚、切手は1枚5円の手数料を支払えば他の切手やはがき、
あるいはレターパックなどに交換ができます。
https://www.post.japanpost.jp/question/2.html

切手類等の交換手数料
http://www.post.japanpost.jp/fee/simulator/kokunai/charge.html

手数料が高くなってしまいますので、私のオススメは
使わない切手は、ゆうパックの発送料金の全部、又は一部に
充てることが出来ますので何かを発送する時のために
取っておいて、送るときに全部使うと良いと思いますよ!

Q100円玉だけで、貯金するのは可能ですか?

100円玉だけで、効率良く貯金する事は可能でしょうか?

また、有る程度、貯まった100円玉を、
お札に換金が可能な場所などは有りますか?

それでは回答、よろしくどうぞ。

Aベストアンサー

毎日100円玉貯金でも始められたらいいのではありませんか。
1ヶ月で3000円、1年続けば36500円です。
たまったら、そのまま銀行や郵便局に持って行ってご自分の口座に入金するのがいいと思います。両替だと手数料がかかる場合があります。

Q昭和三十二年の百円硬貨

タイトルのものがあったのですが、これは珍しいものですか?
珍しいものだとして、100円以上の価値はあるものなのでしょうか

Aベストアンサー

鳳凰のデザインされた百円硬貨ですか。
調べると銀60%。銅30%、亜鉛10%で、戦後初の銀貨の様です。
普通に使用すれば額面通りの100円でしか有りませんが、コインショップに持ち込めば120円~みたいです。
程度によって買取価格は異なる様ですが、美品であれば300円前後にはなる様です。
新品未使用で保管状態が良ければ1000~2000円ぐらいまでにはなるみたいですね。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報