陸上競技の応援は決まって「ファイト!」ですが、あれは応援の言葉としては和製英語なのでしょうか。米英では何といって応援するのでしょうか。また、Fight!!といったらネイティブはどういう印象を受けるのでしょうか。
 力士・高見山が挫折して故郷に帰ったとき、母から言われた言葉がFight to the last! だったと昔中学校で習った教科書にかいてありました。(15年くらい前のプリンスという検定教科書です)あれは力士だからFight なのでしょうか。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (7件)

回答者の方で高見山の話に言及された方がいらっしゃいませんでしたが、bruceleeさんのご推察のとおり力士だからfightという言葉です。

もちろんここでは日本語でいうところの頑張ったと意味的には同じようにも思えますが、fightという単語には頑張るという意味は含まれません。なのでマラソンの掛け声を聞いて喧嘩だと思うのは当然です。
Go for it!やGo ahead!はまさしく日本語の「頑張れ!」に当たるフレーズです。同じ意味で別の表現ではHang in!やHang in there!もよく使います。
Do your best!も勿論同じ意味で使われることがありますが、少し違うのは「無理しなくてもいいよ。」のときにもこう言います。前向きな表現で「自分の限界まで全力を出し尽くす」とでもいいましょうか。みなさんはどう思われるかわかりませんが、日本語の「頑張れ!」には「限界を越えてもっと」というニュアンスがあるような気がするのです。余談になりますが失敗したときの慰めの定番としてYou did your best.があります。以前私は褒め言葉のつもりでYou did your best.と言ったことがありますが、褒め言葉とは解釈してもらえなかったようです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

昔、米国人の友人に、Do your best. といって、I am doing my best! と反発されたことがあります。直訳って怖いですね。

お礼日時:2001/09/20 11:50

こんにちは。



全然自信なしなんですが・・・・・
No.1の方へのお礼に書かれている「Break your legs」ですが
英会話で習った時の記憶では、Break a leg! で、意味は
「頑張って」だと思います。
たしか舞台に上がる前などにかける声だったかと・・・・
足が折れるくらい頑張れ、なのではないかと思います。
a leg なのは両足折れたら困るから???
    • good
    • 0

まったくの余談ですが。



よく運動部なんかが「ファイト!ファイト!」って言いながら、
ジョギングしてたりしますよね。
それを見たカナダ人の知り合いが
「ケンカだ!ケンカだ!」っていってると思って、
進行方向を一生懸命見てしまったと言ってましたよ。
少なくとも、女の子だけのクラブで、
「ファイト!ファイト!」って言って走ってるのは、
ものすごく変だからやめた方が良い、とも言ってました。
    • good
    • 0

私も go に関連した表現がぴったりだと思います。



Do your best! の件ですが、これは
「結果はともかく自分なりにできるだけのことはやれ」
といったようなニュアンスになります。
「金メダルを目指せ!」ほど積極的なニュアンスではありません。
    • good
    • 0

記録などを競うもの(陸上など)では、


"Go for the gold!"などを使うようです。
語源はオリンピックから来ているらしいです。
直訳で、「金メダルを目指せ!」。
こなれた訳だと「ベストを尽くせ!」と言う意味になるでしょう。
ここで"Do your best!"を使うかはちょっと分かりません。
tweetieサンがおっしゃっていた"Go ahead!"も使うようですよ。

"Fight!"だと「闘え~!!」見たいな感じでしょうか?(笑)
日本語的に訳すと、「がんばれ~!」でしょうか。
でも、すごく変に聞こえると思います。
実は「頑張れ」に相当する言葉は見当たらないですが。

この辺は日本的考え方が違うので、難しいですよね。
少なくとも文法の世界ではないと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。ネイティブの意見では、Do your best. といわれると、ちょっとムッとくるそうです。「ちゃんと全力ださんかい」というようなニュアンスに聞こえるそうです。

お礼日時:2001/09/19 13:45

すみません・・・下の回答中、faightとありますが、fightの間違いです・・・。

タイプミスでした・・・。
    • good
    • 2

一般にfaightというと、格闘技や対戦試合の開始の合図に使われるようですね。

ボクシングとか空手とか・・・。応援ではあまり耳にしたことはありません。
日本語のファイトは、闘志がある、闘志をだして!みたいな意味合いがあるように思えます。英語で言うのとはちょっとニュアンスが違う気がするなぁ。

英語では正しい言い方があるのかどうか走りませんがgo!、go ahead!(イケイケ~!みたいな感じ?)、などのかけ声を私は使います。他にどういう言い方があるのか、他の方の回答が私も楽しみです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

なるほど。よくわかりました。
所で私はオリックスファンですが、グリーンスタジアム神戸の電光掲示板にでてくる「頑張れ」は、Go for it. です。Go ahead は知りませんでした。アメリカ人の知り合いに聞くと、Break your legs. と答えましたが、???です。

お礼日時:2001/09/19 13:43

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q格言「Generals are always preparing to fight the last war.」の出典は?

格言で、「将軍は一つ前の戦争を戦う。」と言うようなことを、先日テレビで聞きましたが、この格言がいい言葉ですし気に入りました。
そこで、これの出典とか、言った方、原語(英語など)を質問しましたら、下記の回答を頂きました。
------------
2通りの表現が使われています。
Generals are always preparing to fight the last war.
Generals always prepare for the previous war.
出典は、チャーチル説と、G.B.ショー説があって、確認できませんでした。英語のカテゴリーなら達人がいるのでは。
-----------
出典等詳細が解かりましたら教えて下さい。

Aベストアンサー

いつ頃か判らないが誰ともなく言われるようになったようです。
次のようなバージョンも有るようです。
Generals always prepare for the last war, while diplomats
try to avert the war they fear at the moment.

下記URLに同じ様な質問が有りました。
http://forum.quoteland.com/eve/forums/a/tpc/f/99191541/m/1351951995

QIn the last yearとLast year

In the last year, they have learned that there are many more species of amphibians in existence than had previously been known. This definitely undermines environmentalists' claim that pollution is eliminating many of these species every year.

In the last year=Last yearと文法的意味的同じですか?
In last yearとは言わないですか?

Aベストアンサー

in the last year だと「この一年間」なので現在完了,
last year だと「去年」になるので過去時制を使うのが普通です。

意味は異なります。
I have learned English in the last year. 「私はこの一年間英語を勉強してきた(今までしてきた)」
I learned English last year. 「私は去年英語を勉強した(今はしていない)」

似ていますが区別が必要ですね。

Qthe last time , last time

最後に(人)の祖母に会った時
the last time to see someone's grandmother,~
最後に行った時は、行列がとても長かった。
Last time I went, the lines were too long.

The last time や Last timeは when~文のような 「~の時」と訳せる 副詞節の文として使うことができる。  という考え方は あっていますでしょうか? ご意見がほしいです。よろしくおねがいいたします。

Aベストアンサー

Every time SV,
Next time SV,
と同じように
Last time SV,
と接続詞的に副詞節として使えます。

The last time SV,
でもいいです。

SV が続いて接続詞のようになるからいいのであり,
不定詞の場合は無理があるように思います。

Q米英の学校の校歌

アメリカ、カナダ、イギリス、オーストラリア、などの小、中、高校にも校歌というのはあるのでしょうか。それは日本のように入学式、卒業式に歌うのでしょうか。

Aベストアンサー

オーストラリアの大学院生でした。

校歌はありませんでした。

入学式・卒業式には、オーストラリア国歌「アドバンス・オーストラリア・フェアー」を歌いました。

Qthe ability to wage a major political fight, the kind 訳です

Google and Microsoft have the ability to wage a major political fight, the kind appreciated in Washington for the money it generates in lobbyist fees and political donations for lawmakers.

グーグルとマイクロソフト社は巨大な政治闘争をおこなうほどの手腕がある。
(この闘争とは)議員への寄付、ロビイストへの謝礼などの形で、その闘争によって生み出された金をもらうことで政治家たちの中で感謝されている類のものだ。

it generateのit は何でしょうか。
kindはappreciated~forの分詞から考えると「親切」でしょうか。

「種類」のほうでぼかして訳してみましたがその場合「種類」とはabilityの種類でしょうか、political fightの種類でしょうか。
闘争だとするとthe kind of political fight以下の分詞の中のit generatesのitをpolitical fightと取るのに多少抵抗があります。

Google and Microsoft have the ability to wage a major political fight, the kind appreciated in Washington for the money it generates in lobbyist fees and political donations for lawmakers.

グーグルとマイクロソフト社は巨大な政治闘争をおこなうほどの手腕がある。
(この闘争とは)議員への寄付、ロビイストへの謝礼などの形で、その闘争によって生み出された金をもらうことで政治家たちの中で感謝されている類のものだ。

it generateのit は何でしょうか。
kindはappreciated~forの分詞...続きを読む

Aベストアンサー

>the moneyが倒置されているということですね。
the money (that) it generates という関係代名詞目的格の省略です。
最初の解答は簡単に要約したものです。because を使ったのは簡単だからです。

この文は
fight, the kind で同格として fight = the kind
それ以降の分は
appreciated が過去分詞の節の始まりで the kind を修飾してます。
Whiz-Deletion と呼ばれるもので which is を入れるとわかりやすいです。
the kind (which is) appreciated in Washington for the money (that) it generates in....
in ... は「....の形で」でしょう。


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報