SE(システムエンジニア)が主人公やまた登場する映画と、フラワーアレンジメントや花屋が舞台のものを探しています。邦画・洋画は問いません。メインでなくてもちょこっと登場でも構いません。よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (7件)

今晩は


とりあえず花屋のほうだけですが、
「マンハッタン花物語」という作品は
主人公(クリスチャン・スレーター)がお花屋さんのオーナーです。

http://movie.goo.ne.jp/movies/PMVWKPD10558/

参考URL:http://direct.nagase.co.jp/dvds/ItemTBDL-1009.html
    • good
    • 0
この回答へのお礼

はじめまして。ありがとうございます。この映画予告見た覚えがあります。ナンテコッタ…。まったく記憶にない自分に情けないです。助かります。実は仕事で探していまして、ガツンガツンリストアップしなくてはならなくて……。本当に助かりました。図々しいですが、まだまだ見つかりましたらご連絡ください。

お礼日時:2005/05/11 00:34

 はじめまして。


ロバート・レッドフォード主演の『スニーカーズ』はどうでしょう?
たしか、エンジニアっぽい人がいいキャラ味出してたように記憶しております。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。早速見てみます。助かります

お礼日時:2005/05/17 22:42

#2ですが再び失礼します。


花屋を舞台とまではいかないけれど、花屋のシーンが印象的(個人的に?)な映画はけっこうありますね。

○レティシア・コロンバニ監督の「愛してる、愛してない・・・」。
冒頭で花屋のシーンがあるのですが、後半にフィルムがこの冒頭の花屋のシーンに巻き戻り、違う角度から見るという手法が使われています。

○「ローマの休日」。ヘップバーンが花屋のおじさんの差し出す花をありがとうと受け取るシーンがかわいらしいです。

○ゲイリー・マーシャル監督の「恋のためらい/フランキー&ジョニー」。花屋さんの前でのキスシーンは色味もとても奇麗で印象的です。

○ベティ・トーマス監督の「28DAYS」。ラストの男性が花屋で犬を 連れて泣きわめく姿は抱きしめてあげたくなるようなかわいさがありました。

○ともさかりえ主演の「クロエ」。花屋さんとはちょっと違いますが、全編花があふれまくりの作品です。

とりあえず、思い浮かぶのはこんなかんじでしょうか。
結構他にもあるように思うんですが、思い出せません。ごめんなさい。

SEに関しては、映画で登場するSEもどきってどうもハッカーのような役が多く(例えば、主役ではないですが、ミニミニ大作戦の主役グループのセス・グリーン扮するライルは天才ハッカーで、自称ナップスターの作者とか)本当のSEの職業を前面に出したものって少ないかも。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

たくさんありがとうございます。わくわくしてきました。

お礼日時:2005/05/12 19:53

Independence Dayは、いかがでしょう?


天才的なコンピューター技師のデイヴィッドが活躍しますよ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

あああ、インデペンデンスデイがありましたね。ありがとうございます。助かります~。

お礼日時:2005/05/12 19:51

「サベイランス」


コンピューターの開発会社の話です。出てくる人がことごとくコンピュータ関係の人だった気がします。

「ザ・インターネット」
主人公のサンドラ・ブロック、コンピューターアナリストという職業らしいです。

「回路」
観葉植物の販売会社を主人公(?)役の麻生久美子が経営していたと思います。イメージする花屋っていう感じではないかもしれないけれど・・・。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。助かります。花屋はまったくもって……浮かばなくて…。

お礼日時:2005/05/11 12:29

『街の灯』 チャップリンの映画で盲目の花屋の女性との恋愛ものです。



『奇蹟 ミラクル』 ジャッキー・チェンの映画です。花屋のおばさんのためにジャッキーが奮闘します。

『必殺!ブラウン館の怪物たち』 「花屋の政」という殺し屋が登場します。表向きは花屋で花の枝で刺殺します。

映画でぱっと思いつくのはこんな感じです。テレビドラマでもよければ『古畑任三郎』の山口智子さんがゲストの回は彼女がフラワーアレンジメントの先生役でした。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ドラマも大歓迎でした。ありがとうございました。

お礼日時:2005/05/12 19:54

ジョン・ウー監督の「ペイチェック」は主人公のベン・アフレックがシステムエンジニアの役だったと思います。



フランク・オズ監督の「リトルショップ・オブ・ホラーズ」は主人公のリック・モラニスが花屋の店員です。
ただ、宇宙からやってきた奇妙な植物と巡り会うという変わった話ですが(笑)

花屋さんではないですが、ジョエル・ハーシュマン監督の「グリフィンガーズ」は囚人たちがガーデニングにハマり、コンクール出場を目指し奮闘するというお話で、色味のとても奇麗な映画で、個人的に好きです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。助かります~。仕事で探してたのですが、映画はあんまり得意じゃないく。早速調べてみます。

お礼日時:2005/05/11 00:27

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q京都・大阪・神戸のおしゃれな花屋を教えてください。

京都(四条・烏丸周辺)、
大阪(梅田周辺、難波・心斎橋周辺)、
神戸(三宮周辺、三宮~御影・芦屋間周辺)

でここはおしゃれだと思うお花屋さんを教えてください。
外観・アレンジどちらでもご存知の情報で結構です。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

私はここが好きです

花次郎
http://www.hanaya87.com/shop/

参考URL:http://www.hanaya87.com/shop/

QPUNKROCKな洋画★ドラキュラ洋画★ゴシックな洋画★スクール物のTeenワルの洋画 教えてください。

PUNKROCKやバンドのドキュメンタリー映画ではなく、
●PUNKROCKやゴシックなファッションが出てきたり
●PUNKバンドが出てきたり
●十代の地元で連んでる悪達が出てきたり
●ROCKな感じのドラキュラが出てきたり
●上記の条件に入ってなくても私が好きそうなら教えてください。
お気に入りの洋画は…
●サーティン
理由:年齢が近いし、地元の悪って感じで共感できる部分もある。(http://www.foxjapan.com/movies/thirteen/)
●エイプリルの七面鳥
理由:年齢が近いし、ROCKな服装が好き。
(http://www.gaga.ne.jp/april/)
●クィーン・オブ・ザ・ヴァンパイア
バンドもかっこいいし、ゴシックなファッションがいい。(http://www.unzip.jp/review/0210/queenofthevampire.html)
●チアーズ
ROCKな部分は少ないけど、クリフとミッシーのROCKな姉弟が素敵!(http://www.toho-a-park.com/video/new/cheers/d_index.html)

PUNKROCKやバンドのドキュメンタリー映画ではなく、
●PUNKROCKやゴシックなファッションが出てきたり
●PUNKバンドが出てきたり
●十代の地元で連んでる悪達が出てきたり
●ROCKな感じのドラキュラが出てきたり
●上記の条件に入ってなくても私が好きそうなら教えてください。
お気に入りの洋画は…
●サーティン
理由:年齢が近いし、地元の悪って感じで共感できる部分もある。(http://www.foxjapan.com/movies/thirteen/)
●エイプリルの七面鳥
理由:年齢が近いし、ROCKな服装が好き。
(http://www.gaga.ne...続きを読む

Aベストアンサー

「インタビュー・ウィズ・ヴァンパイア」
ROCKな感じではないけれど、ROCKなミュージックがエンディングでかかっててスゴクかっこいいです。ゴシックはもはや完璧かと。あれ? 全然違うかな?
http://movie.goo.ne.jp/movies/PMVWKPD10635/index.html

「ザ・クラフト」
これなんか年齢と設定なんかはいいんじゃないかしら。前に見た作品なので大分忘れてしまったんですが、面白かったです。
http://movie.goo.ne.jp/movies/PMVWKPD10450/index.html

「ツインズ・エフェクト」
香港映画はイメージ違うかな? ROCKな雰囲気は全然ないけれど、ドラキュラ役のエディソン・チャンがとても似合っていて素敵。主人公の女の子たちの衣装もなかなかかわいらしいですよ。
http://moviessearch.yahoo.co.jp/detail?ty=mv&id=319435

「コヨーテ・アグリー」
ロックっていうかポップかな? でも何となくいい感じ。ワルって感じはあまりないけど・・・。
http://movie.goo.ne.jp/movies/PMVWKPD32296/index.html

「クロウ~飛翔伝説~」
とにかくブランドン・リーがかっこいい。墓場からよみがえったロック歌手が主人公です。設定はばっちりですが、年代は合わないかもです。
http://movie.goo.ne.jp/movies/PMVWKPD10664/index.html

「17歳のカルテ」
全然違うかな・・・。でも女の子で10代だったら共感できることが多いかな、と思う作品。主人公は、ちょっとワルっぽい子だったりします。
http://movie.goo.ne.jp/movies/PMVWKPD31960/index.html

いっぱい上げちゃってすみません。どれか一つでも気に入ってもらえる作品があれば幸いです。

「インタビュー・ウィズ・ヴァンパイア」
ROCKな感じではないけれど、ROCKなミュージックがエンディングでかかっててスゴクかっこいいです。ゴシックはもはや完璧かと。あれ? 全然違うかな?
http://movie.goo.ne.jp/movies/PMVWKPD10635/index.html

「ザ・クラフト」
これなんか年齢と設定なんかはいいんじゃないかしら。前に見た作品なので大分忘れてしまったんですが、面白かったです。
http://movie.goo.ne.jp/movies/PMVWKPD10450/index.html

「ツインズ・エフェクト」
香港映画はイメ...続きを読む

Q大阪の求人情報について質問です

こんばんは。
仕事で大阪のアルバイトについて調べています。
私が見た求人情報ですと、服装・髪型・ネイル等自由という求人がとても多い印象を受けました。
東京ですと限られた職種にしかそのような自由はないように思うのです。
単に土地柄の問題なのでしょうか?
大阪に住んでいらっしゃる方、どう思われますか?

Aベストアンサー

私は生まれも育ちも大阪です。
大阪の求人、特に営業関係や正社員の事務なんかは服装や髪型自由なんてのは書いてなかったような……。
ネイル自由も飲食店にはないですよ!
そら、イメージ悪いように見える大阪の人でも、飲食店にネイルバリバリの店員や頭ボッサボサの束ねてもいない店員おったら二度と行かへんし、大半(私は出来ない…小心者やから)は店長呼びつけて注意すると思うし、薬局や医療関係のとこでも、ちゃんとした一般常識な格好した人を採用しますよ。
多分、そんな格好で店出ようとしたら私は注意するし、店長や他のスタッフも注意するはずですよ。


服装自由、髪型自由、ネイル自由はアパレルとか雑貨屋とか一部のコンビニなら見掛けるます。

Q邦画のホラーと洋画のホラー

こんにちは。
質問なのですが、邦画のホラーと洋画のホラーの違いについて、皆さんどう思われますか?
自分が感じたのは、「洋画は悲鳴が多い。」「邦画は水の演出が多い。」などです。
そしてできれば、違いとその理由(社会性、恐怖への対象、歴史、宗教観…)について教えていただきたいです。
どうかよろしくお願いします。

Aベストアンサー

これはあくまで個人的な主観ですが、

洋画の恐怖の源泉は「理不尽」
邦画における恐怖の源泉は「因果」

なんかではないかと思っています。

洋画にも幽霊は出てきますし、見えない恐怖を扱った映画も多々あります。
しかし、出てくるにしても、新しく住む家だとか、バカンスに来たホテルだとかに唐突にやってきます。
現れることに理由なんて殆どありません。
邦画ではあまり見かけませんが、異界への恐怖というものを扱ったものに「ウィッカーマン」というものがありますが、これも自分の知っている世界とは違う世界に言ってしまうことが恐怖のキーになっています。
「ウィッカーマン」には、怪物どころか、幽霊も出てきません。
明らかに違う場所に行ってしまったことが怖いのです。

邦画の場合は、怪談であれば、怨み辛みのような人間関係の崩壊をキーにしてやってきます。
出てくるには理由があり、決して部外者には影響を及ぼさないのです。
最近は、「呪怨」「リング」のように、なんら関係のない人間に対しても恐怖の対象となっていますが、
それゆえでしょうか怪談とか呼ばれず「ホラー」と呼ばれている気がします。
そうは言っても、「リング」は、貞子は家族に愛のなさで殺されており、又、「呪怨」でも「一家惨殺」などの事件がきっかけです。
突き詰めるところに理由があります。
事件は身近で起こり、舞台は身近な場所であることも気になります。
巡り巡ってやって来るところは因果という感じです。

ここには、欧米的個人主義と日本的ムラ社会の差が見られるような気がしないでもないです。
あくまで私の個人の感想ですが

これはあくまで個人的な主観ですが、

洋画の恐怖の源泉は「理不尽」
邦画における恐怖の源泉は「因果」

なんかではないかと思っています。

洋画にも幽霊は出てきますし、見えない恐怖を扱った映画も多々あります。
しかし、出てくるにしても、新しく住む家だとか、バカンスに来たホテルだとかに唐突にやってきます。
現れることに理由なんて殆どありません。
邦画ではあまり見かけませんが、異界への恐怖というものを扱ったものに「ウィッカーマン」というものがありますが、これも自分の知っている...続きを読む

Q大阪なんば周辺の花屋さんを教えて下さい。

大阪なんば周辺の花屋さん(花束を作ってくれる)を教えて下さい。
いろいろ調べたのですが、以外と日曜日が定休日というところが多いです。
最終手段は「なんば高島屋」があるんですが、
(百貨店なので高いというイメージだけです。別に嫌いではないです)
できれば、リーズナブルでもおしゃれな花束を渡してあげたいのです。
予算は5千円~です。
宜しくお願いします。

Aベストアンサー

タウンページで検索したら、いかがですか?
駅をなんば駅と入力し、業種で花屋といれれば、結構ありますよ?
定休日は書いてないので、電話して聞いてみてください。

参考URL:http://itp.ne.jp/

Q50~60年代ぐらいの名作教えて下さい洋画邦画

こんにちは。サンタともうします。
ネットにて、名作を探して、レンタルして楽しんでいます。

最近になりまして、50~60年代ぐらいの映画は名作が多いと耳にしました。自分が見た古いものといえば、
「風と共に去りぬ」
「ベンハー」

70~80年代では、
ロングウェイホーム
など、最新技術でなくても、心にとても伝わってきます。そのような映画が大好きです。

洋画邦画、どちらでも構いません。

ネットでもブログなどで詳しく紹介されているのですが、これは絶対に、これは先に観ていたほうが良い!!というものがありましたら、ズラズラ通して頂けましたら、とても嬉しいです。
早速、、、借りに行きたいと思います。

何十本も構いません。皆様のお時間を少し拝借させていただきます。
よろしくお願い致します。
失礼いたします。

Aベストアンサー

1923年から発行され続けているアメリカのニュース誌TIMEが2005年に映画史上の100本という特集を組んでいます。
けっこう新しい映画も入っているのですが、選出作品はバラエティに富んでいて参考になると思います。
邦画では「東京物語」「雨月物語」「生きる」「用心棒」などが入っています。

下記TIMEのページでタイトルのABC順ですが。
http://www.time.com/time/specials/packages/0,28757,1953094,00.html

これを邦題にしたファンのページです。年代別に紹介されています。
http://kousyoublog.jp/?eid=391


映画評論家でもっとも映画を多く見たといわれている双葉十三郎さんの著書が鑑賞のガイドブックになるのではないかと思いますので紹介しておきます。

2万本以上は見ているそうで、そこから500本+300本を選んだものです。
外国映画ぼくの500本
http://www.amazon.co.jp/%E5%A4%96%E5%9B%BD%E6%98%A0%E7%94%BB%E3%81%BC%E3%81%8F%E3%81%AE500%E6%9C%AC-%E6%96%87%E6%98%A5%E6%96%B0%E6%9B%B8-%E5%8F%8C%E8%91%89-%E5%8D%81%E4%B8%89%E9%83%8E/dp/4166603132

日本映画 ぼくの300本
http://www.amazon.co.jp/%E6%97%A5%E6%9C%AC%E6%98%A0%E7%94%BB-%E3%81%BC%E3%81%8F%E3%81%AE300%E6%9C%AC-%E6%96%87%E6%98%A5%E6%96%B0%E6%9B%B8-%E5%8F%8C%E8%91%89-%E5%8D%81%E4%B8%89%E9%83%8E/dp/4166603833/ref=pd_sim_b_1

ほかにも
淀川長治映画ベスト1000
http://www.amazon.co.jp/%E6%B7%80%E5%B7%9D%E9%95%B7%E6%B2%BB%E6%98%A0%E7%94%BB%E3%83%99%E3%82%B9%E3%83%881000-%E6%B7%80%E5%B7%9D-%E9%95%B7%E6%B2%BB/dp/4309270883/ref=pd_sim_b_4


映画の歴史を見ていくと、たくさんの人たちに指示され評価を受けた作品には、その国とその年代の社会を反映した作品も多く、そんな視点から鑑賞するのもまた面白いと思いますよ。

たとえば、
戦勝国であるアメリカの復員兵たちが日常生活に戻る姿を描いた46年の作品
「我等の生涯の最良の年」
http://www.allcinema.net/prog/show_c.php?num_c=26238

朝鮮戦争時に捕虜になり洗脳された米兵が、その後要人暗殺へと向かうサイコサスペンスで62年の作品「影なき狙撃者」(公開の翌年の63年にはケネディ暗殺がありました)
http://www.allcinema.net/prog/show_c.php?num_c=2405


敗戦国となった西ドイツが戦後初めて製作した1959年の戦争映画で、敗戦間近に参戦した少年兵たちの悲劇を描いた実話「橋」
http://www.allcinema.net/prog/show_c.php?num_c=17962

今日現在の中東情勢を予見したようにも思える作品でフランス占領下における独立戦争を描いた1965年の「アルジェの戦い」
監督や出演者はこの戦争の当事者たちで、2003年には米軍のイラク侵略の参考になるとされ、ペンタゴンで上映もされました。監督はまったく別の観点で作っているので、怒りの声明を出してました。驚くほどリアルな市民戦争映画です。
http://www.allcinema.net/prog/show_c.php?num_c=1459

「Z」
ギリシャが軍事政権で恐怖政治を行っていた60年代に起こった政治家暗殺を描いた実話です。この映画の世界的な成功もありギリシャの軍事政権は数年後に転覆しますが、当事者たちは監督をはじめ多くが亡命し、中には死刑宣告を受けたスタッフもいます。
http://www.allcinema.net/prog/show_c.php?num_c=12748

ベトナム戦争下の若い世代の将来への絶望感を取りあげた60年代末から70年代のニューシネマと呼ばれる作品群(イージーライダー、俺たちに明日はない、バニシングポイント、帰郷ほか)にも見応えのある作品がけっこうあります。

1923年から発行され続けているアメリカのニュース誌TIMEが2005年に映画史上の100本という特集を組んでいます。
けっこう新しい映画も入っているのですが、選出作品はバラエティに富んでいて参考になると思います。
邦画では「東京物語」「雨月物語」「生きる」「用心棒」などが入っています。

下記TIMEのページでタイトルのABC順ですが。
http://www.time.com/time/specials/packages/0,28757,1953094,00.html

これを邦題にしたファンのページです。年代別に紹介されています。
http://kousyo...続きを読む

Q大阪の求人に付いて

何で大阪って工場系の求人が少ないのですか?その代わり営業が目茶苦茶多いのですが。飲食のバイトも余り載ってません。

Aベストアンサー

ものが売れないから工場の求人が少なく、ものを売るために営業の求人が多いのです。
景気が悪いので、外食しないから、飲食の求人もない。

今は全国どこでもそうですよ。
大阪は商圏であって、工業地帯じゃないですしね。規模が小さいほど不況が直撃して余裕がありません。

Q洋画と邦画のDVDの値段差について

先日書店で洋画の新品DVDが800円で売られていました。洋画はちょっと古い作品になると1000円前後で買えるようになるのに、邦画は古くてもあまり安くならず、2000円~4000円と高い値段がついています。どうしてなのでしょうか。私は気に入ったDVDは借りずに購入したい方なので、邦画の高値はなんとかならないものかと思っています。

Aベストアンサー

邦画と洋画のDVD価格の違いは、単に市場規模の違いで生じているのだと思います。洋画は基本的に世界中を相手にしていますが、邦画は日本国内だけが市場です。
国内の販売だけで元を回収して、利益を上げなければいけないので、必然的に単価を上げる必要が出てきます。
邦画でも何度も再販をしていると売れなくなり、そうなると価格を下げるケースも有ります。でもこれだと儲からないので、特典映像を付けたり、デジタルリマスター化したり、ディレクターズカット版を作成したりして、価格を下げないで売る方法が取られたりします。
とにかく世界中の市場と国内だけの市場とでは、桁が数桁も違いますので、このような価格設定になっているのです。では安くすれば売れるかといえば、おそらくそれほど変わらないと思います。

Q大阪(北部)の求人雑誌

大阪北部の求人雑誌はどのようなものがありますか?
無料ですか? コンビニとかで購入してますか?

Aベストアンサー

駅構内とかで無料配布してるタウンワークとかは
細かくエリア分かれてたような・・・

Q環境破壊等がテーマの映画(洋画邦画問わず)

 タイトルの通りなのですが、環境破壊がテーマの映画を探しています。
 自分で思いつけるのは「デイアフタートゥモロー」ぐらいなもので…(他に『ザ・コア』などはっきりと環境破壊とは言えないものでも構いません)。
 ご存知でしたらぜひお願いいたします。

Aベストアンサー

こんばんは。
最たるものは「兵器商売と戦争による殺戮」だというところでしょうが、その点はさておいて、身近な環境汚染などを扱った民事裁判ものが思い出されます。
「ペリカン文書」http://movie.goo.ne.jp/movies/PMVWKPD31892/index.html
「エリン・ブロコビッチ」
http://movie.goo.ne.jp/movies/PMVWKPD10756/index.html
「シビルアクション」http://movie.goo.ne.jp/movies/PMVWKPD31833/index.html

いずれもアメリカ映画。
ちなみに日本にも、こういうのがありました。
「東京原発」2004年

http://www.walkerplus.com/movie/kinejun/index.cgi?ctl=each&id=33607

はずれていたらすみません。
もっと詳しい方の補足として参考まで。


人気Q&Aランキング