痔になりやすい生活習慣とは?

昔話で、最後は「めでたしめでたし」と言いますが、東北の方では全く違った方言があるというのを聞きました。
とてもリズミカルな言葉だったのですが、どうしても思い出せません。
東北出身(もしくは詳しい方)、ぜひ教えてください。
また、違う地域でも、「めでたしめでたし」をなんというか教えていただけると嬉しいです。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

どっとはらい


どっとはれ
どんどはれ
とっぴんぱらりのぷう
どびーん
などがあります。どうも同一の言葉のバリエーションみたいですね。

他には、
それで市が栄えた(漱石の「我輩は猫である」の中の台詞に出てきます)
しゃみしゃっきり(飛騨のほうだそうです)
などなど。
    • good
    • 8
この回答へのお礼

「とっぴんぱらりのぷう」
これです。私が聞いたのは。なんだか魔法の呪文のようで、いいなぁと思っていたものです。
でも「どびーん」が気に入りました。いいですね。いつか言ってみたいです。

お礼日時:2005/05/11 21:18

これは「結句」と言って、普段しない妙ないいまわしや祝福の言葉を使って、昔話である、これで終わりである、という宣言をするものです。


東北地方なら、
【青森】<南部>どっとはらい、どっとはらえ、
どとぱれあい、それきってどっとはれぁ
    <津軽>市ゴ栄えた <下北>とっちぱれ
【秋田】   とうぴんぱらり、とっぴんぱらりのぷう
【岩手】<二戸、遠野>一期栄えた、孫子繁えた
       いんちくもんちく栄えた
    <久慈~花巻>【宮城】どんとはれあだず、
       どんとはらい法螺の貝コぼうぽと吹いた
【山形】   とーぴんぱらり

このほか目立ったものだけ挙げますと、
【新潟】いっちごさっけえどっぺん甘酒沸いたら飲んどくれ辛酒沸いたら飲んどくれ つけながしょんだら噛んどくれ
【岐阜】しゃみ(三味)しゃっきり
【福井】候べったりかっちんこ、そうらいてんぽろりん、
【岡山】昔こっぽり大山やまの鳶の糞ヒンロロヒンロロ
【広島】申し昔けっちりこ
【高知】むかし真ッ斯ゥ焚き抹香猿のつべぎんがり  
など。

リズミカルな部分はたいてい語り手によってオリジナルアレンジとなります。    
    • good
    • 10
この回答へのお礼

すごい、本格的。
一つの県でも地域によって違うんですね。
どれもこれもおもしろいです。
新潟すごい長いですね。覚えられない。(笑)

やっぱり語り手によって変わってきたんでしょうね。
最後だけに語り手のセンスが光る場所でもあったんでしょうか。

お礼日時:2005/05/11 21:21

千葉県の民話集などでは


「いちごポーンとさけた」
が多いですね。
(どうも千葉限定ではなさそうです)

「市がその後栄えた」→「市後さかぇた」→「いちごさけた」
という説もあるようですが、よくわかりません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

それだけ聞いてると、苺が熟して「はい、おしまい。」と言う感じですね。

「市がその後栄えた」と言うところから来ているとすれば、個人のお話と言うよりは、その地域の発展という感じのお話が多いのでしょうか。

お礼日時:2005/05/11 21:15

どんどはれじゃないですか

    • good
    • 1
この回答へのお礼

「幸せになりましたとさ、どんとはれ」というように使うのでしょうか。
私の聞いたのとは違いますが、いかにも最後らしい言葉ですね。

お礼日時:2005/05/11 21:11

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q「どんとはらい」の語源

東北の民話など、例えば遠野の民話などは「むかしむかし」で始ま
り「どんとはらい」で終わるという話ですが、その「どんとはらい」
の意味・語源の定説が分かれば教えて頂きたいと思います。

Aベストアンサー

このような説明がありますが...

「昔々あるところにじいとばあが…」という、時代も場所も人物も不特定な、ほぼ決まった言い回し(発端句といいます)始まり

最後に「どっとはらい」「とっぴんぱらりのぷう」という意味のない言葉(結末句)で終わるというものです。

昔話とは・・・ http://mukashix2.net/toha.htm


この説明では意味のない言葉とありますが、私は[どんとばらい]とは「ご破算」のように一度、話を元に返す意味と理解しています。

参考URL:http://mukashix2.net/toha.htm

Q「いっちゃはんじゃさけた。」ってどういう意味?

「いっちゃはんじゃさけた。」ってどういう意味かご存知の方いましたら、情報を合わせて教えてください。 意味があるのかどうかもわかっていません。 どうかよろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

昔話(民話)の締めくくりの言葉です。
おそらく新潟県、佐渡の方言だと思います。

「一期栄えた」 = いきがポーンとさけた、いっちゃはんじゃさけた = めでたし、めでたし
このようになります。

下記は長野県、小諸市のHPです。
以下、そこから抜粋しました。

『新潟(長岡市)の方言ってこんな感じです。
「むかーしあったてんがの。」(むかし、あったとさ)という言葉で始まり、「いきがポーンとさけた。」(一期栄えたからきた言葉でそれから幸せに暮らしました。めでたしめでたしという意味)で締めくくられます。』

「昔話とわらべうたを楽しもう」'いきがポーンとさけた意味'
http://www.city.komoro.nagano.jp/www/contents/1260322496880/files/yk3.pdf#search=


次は、フジパンのHPです。
その中に新潟県の佐渡の民話「鬼の田植え」があります。(下から三つ目)
そこをクリックして、さらに次のページをめくってみてください。(見難いですが右下をクリックします)
一番最後に「いっちゃはんじゃさけた」と書いてありますよね。

http://www.fujipan.co.jp/hagukumu/minwa/todoufuken/niigata/

昔話(民話)の締めくくりの言葉です。
おそらく新潟県、佐渡の方言だと思います。

「一期栄えた」 = いきがポーンとさけた、いっちゃはんじゃさけた = めでたし、めでたし
このようになります。

下記は長野県、小諸市のHPです。
以下、そこから抜粋しました。

『新潟(長岡市)の方言ってこんな感じです。
「むかーしあったてんがの。」(むかし、あったとさ)という言葉で始まり、「いきがポーンとさけた。」(一期栄えたからきた言葉でそれから幸せに暮らしました。めでたしめでたしという意味)で締めく...続きを読む

Q「どっとばらい」の意味は?

昔話の終わりに出てくる「どっとばらい」っていったいどんな意味で、どうして使われているのでしょうか?仕事で聞かれて困っています。

Aベストアンサー

「どっとばらい(どっとはらい)」というのは昔話の結末句で、「おしまい」という意味です。
この結末句は地方によって異なっています。
詳しくは、次のURLをご覧ください。

http://members.tripod.co.jp/YRL02530/z0009.html
http://mukashix2.net/toha.htm

◎ 岩手県遠野市にある「とおの昔話村」で発端句と結末句の一覧が記載されているパネルを見たことがあります。かなり前の話ですが・・

Q本能寺の変 信長の「是非も無し・・・」とはどんな意味?

本能寺の変で、謀反が明智だと知らされた信長は
是非もなし
と言ったと伝えられていますよね。
これって、どういう意味でしょうか?
・しかたない
という意味なのでしょうか?

Aベストアンサー

 「是非もなし」でも「是非に及ばず」でも同じなのですが、日本語としては「良し悪しを論じても意味が無い(実力行使しかない)」という意味です。

 ちなみに、「直江状」でも家康の言いがかりに対して「是非に及ばず候」と言っていますね。「やるなら受けて立つ」と言っているわけです。

Q「嘘のサンパチ」 って、なぜ38?

主に関西方面で使われる言葉だと思うのですが (他の地域ではどうでしょうか)、「嘘のサンパチ」 と表現する人がいますよね?

この場合、サンパチは38ですか?

そうなら、なぜ嘘と数字の38が関係あるのでしょうか?

Aベストアンサー

家康入部の際、三河の八部と呼ばれた連中を伴って江戸の治安を任せました。
地方に残った八の連中は、代官が面倒がり厄介がる捕物の下請けをしていました。
これが、今も「嘘っ八」とか「嘘の三八」と云う言葉が今も残っている語源のようです。

Qお米1合はご飯何グラムですか?

お米1合(150g)は炊きあがり後の「ご飯」になった時は大体何グラムでしょうか?
また、炊飯ジャーなどで、容量6L等とありますが、このリットルはどの状態の事を差すのでしょうか?(米?ご飯?、容積?)

Aベストアンサー

一合150gのたきあがりは約300gです。ちなみにお茶碗一杯150gおにぎり一個100gすし一貫20gカレー一人前300g弁当一個220gが標準です。

Q「づつ」?「ずつ」?

今、ワードを使っていて壁にぶつかりました。
恥ずかしながら「~を一つずつ(づつ)あたえる」と入力したいのですが「づつ」と「ずつ」どちらが正解なのでしょうか?
あと「わかる」と言う漢字も、「分かる」「解る」「判る」と色々あってどちらを使って良い物か分からない場合が多いです・・・・社会人としてお恥ずかしい

Aベストアンサー

(1) 「ず」と「づ」は歴史的には発音が違っていましたが、現代では発音上の区別がありません。したがって、『現代仮名遣い』(昭和61年7月1日 内閣告示第1号)では、いくつかの例外を除いて、「づ」を用いないように定めています。ご質問のお答えは、「ずつ」が正解です。

(2) 「分かる」「解る」「判る」は、それぞれ意味が少し違います。
【解る】理解する。ことの筋道がはっきりする。
【判る】判明する。明らかになる。
【分かる】上二つの意味を併せたいい方。
『常用漢字音訓表』(昭和56年10月1日内閣告示)に、「分かる」はあるのですが、「解る」と「判る」は載っていません。「解」も「判」も常用漢字表には含まれていますが、「わかる」という読み方が載っていないのです。新聞やテレビなどのマスコミが「分かる」を優先的に使う理由はそこにあります。
質問者さんが公務員で、公文書を作成されるなら、「分かる」に統一する必要があります。民間の文書や私信なら、「分かる」「解る」「判る」を使い分けて、日本語の奥ゆかしさを味わいたいものです。

Q大さじ一杯 小さじ一杯って・・・

それぞれ何グラムぐらいなんですか?困っています教えてください。私はさじを持っていないので測れないのです

Aベストアンサー

重さは量るものによって違いますが、
大さじ一杯=15cc
こさじ一杯=5cc
です。

Q「立ち振る舞い」と「立ち居振舞い」

「立ち振る舞い」と「立ち居振舞い」。
どうやら、「立ち振る舞い」は間違ってて「立ち居振舞い」が正しいらしいのですが、
数々の辞書を調べてみると「立ち振る舞いは立ち居振舞いと同意」とされている辞書がかなり多い。

なのに、やはり「立ち居振舞い」のほうが正しいようです。

なぜ「立ち居振舞い」だけが正しいのか、知っている方はいませんか?

Aベストアンサー

「立ち居振舞い」とは、立ったり座ったりの身のこなし、日常の動作のことです。
立ったり座ったりだから「立ち居」なのです。「立ち振舞い」だと座ることが抜けてしまいます。(笑)

では、なぜ「立ち振舞い」が、同義語として載っている辞書があるのか?
、言葉は生き物です。正しくなくとも使う人が大勢いると誤りもやがては誤りではなくなってしまうのです。
今、試しに完全一致で検索したところ、
「立ち居振る舞い」&、「立ち居振舞い」が121,100件+27,000件
「立ち振る舞い」&、「立ち振舞い」が73,100件+841件

わたしは辞書の編集者ではないのであくまで推測ですが、これは、「立ち振る舞い」も市民権を得た言葉として認めたということではないでしょうか?

Q「三びきのやぎのがらがらどん」の最後で

幼稚園の読み聞かせについての講演会で 「三びきのやぎのがらがらどん」を薦められて 購入して子供に読んでいますが 最後のページの 

もしもあぶらが ぬけてなけらば、まだふとっているはずですよ。そこで─ チェキン、パチン、ストン。はなしは おしまい

↑のあぶらが ぬけてないければ、の部分の意味がよくわからないのですが ご存知の方おしえてください 

このお話はとっても好きです うちは一人っ子なので三匹を パパ、ママ、子供となぞらえて聞いてもらえたらと思ってます

Aベストアンサー

原語でどうなっているかが問題だ,とのご指摘がありましたので,それを引き継いで補足しようと思います。

まず,サブタイトルに「アスビョルンセンとモーの北欧民話」とついていることからも分かるように,この話はもともと1841~44年にノルウェーのピーター・クリステン・アスビョルセン(Peter Christen Asbjoernsen, 1812-1885)とユルゲン・モー(Joergen Moe, 1813-1882)が刊行した『ノルウェー民話集』に収められているものです。

この作品は早くも1859年にイギリスでPopular Tales from the Norseという英訳本が出版され,これを訳したのがデースント(George Webbe Dasent, 1817-1896)という人です。

日本で発売されている絵本は,マーシャ・ブラウン(Marcia Brown, 1918- )の絵で,1957年にアメリカで発売されたものが元になっています。この英文は先ほどのデースントによる訳です。
瀬田さんがノルウェー語から直接翻訳したか,それともデースント訳の英文に基づいたかはちょっとわかりませんが,絵がアメリカ版と同じですし,英訳からの再翻訳の可能性が高いのではないかなあ。

さて,第1の疑問点「あぶらがぬけていなければ」ですが,英文では
And if the fat hasn't fallen off them, why, they're still fat
となっています。
従って,意味としては「皮下脂肪(体内脂肪かも)が落ちてやせてしまっていなければ」といったところでしょう。
ここで気がつくのが,「あぶら」も「太っている」も同じfatという単語なので,一種のシャレのようになっていることです。
もっとも,語源は同じ(元々「太っている」の意味だったのが,「太らせている原因=脂肪」などの意味に広がっていった)ですので,本当のシャレというよりは同義反復というべきかもしれません。

このfatという単語は,それまでの作中にたびたび登場しています。
まず冒頭の「やまの くさばで ふとろうと,やまへ のぼっていきました。」が,go up to the hillside to make themselves fatですし,橋を渡るときの「やまへ ふとりに いく ところです」もI'm going up to the hillside to make myself fatです。
そんな感じでずっと来て,最後にif the fat hasn't fallen off them, they're still fatですから,二つのfatという言葉が,今までの流れを受けたしめくくりのセリフとして快くこだまするのでしょう。

こういうのは日本語に直しにくいですよね。
無理にやってみると,「もし太さの元が取れてなければ今でも太っているはず」ですが,これでは意味不明です。
しかたがないので,同じ単語の繰り返しという効果は犠牲にして,「あぶら」という訳で妥協したのではないでしょうか。

「チョキン,パチン,ストン」は英文ではSnip, snap, snout.です。
snipは紙などを鋏で切るときの音ですし,snapは指を鳴らすときの音に使いますので,英語の語感を生かしたうまい訳だと思います。
日本の「とっぴんぱらりのぷう」や「どっとはらえ」などと同様,欧米の民話でも,子どもたちをお話の世界から現実の世界に引き戻す「おまじない」が最後についていることがしばしばあります。
グリム童話でも,話の末尾に「これでお話はおしまい。ほら,そこに鼠が走っている,捕まえた子は毛糸の帽子を作ってもいいですよ」みたいなフレーズがついているのがあったかと思います。
おそらく,snip, snap, snoutもその一種で,特に深い意味はないと思われます。
ただ日本語と違って,英語ではその先まで続けるとSnip, snap, snout. This tale's told out.となっていて,snoutとoutが韻を踏んでいます。
また,この一節はこのお話を離れて,一種の決まり文句として「これでおしまい,めでたしめでたし」のような感じで,文章の中などで使われることがあります。

ちなみに,ノルウェー語版では
snipp snapp snute, her er det eventyret ute.
となっていて,これまたsnuteとuteが韻を踏んでいます。

というわけで,私なりの結論としては

1.「あぶらがぬけてなければ」は「その後何らかの事情で脂肪が落ちて,やせたりしてなければ」の意味。
No.5さんも書かれているように,話者はヤギたちがその後どうなったか,いまどうしているかは知らないというスタンスで,推量形で話を終えています。
そうすることで,話が終わった後に余韻が残るように感じられます。
逆に,「プロジェクトX」のように詳しい後日談を入れるというのも,もっと長い文学作品などでは時々見られる手法ですが,民話ではあまりなさそうです。
「やせてなければ太っているでしょう」というのは当たり前ですが,わざとそういう言い方をしておどけてみせたのかもしれません。またfatの繰り返しによる音の響きの効果もあると思います。

2.チョキン・パチン・ストンは特に深い意味はなく,民話によく見られるエンディングの一つ。

と思っています。

最後に,この回答を書く上で参考にしたページを上げておきます。

Three Billy Goats Gruff
http://runeberg.org/folkeven/021.html
ノルウェー語の原文が載っています。

De tre bukkene Bruse som skulle g? til seters og gj?re seg fete
http://www.pitt.edu/~dash/type0122e.html
英訳文が載っています。

Folktale Closings
http://www.folktale.net/endings.html
民話の終わり方に見られるいろいろなパターンを集めたページです。

長くなってしまってすみません。参考になれば幸いです。

原語でどうなっているかが問題だ,とのご指摘がありましたので,それを引き継いで補足しようと思います。

まず,サブタイトルに「アスビョルンセンとモーの北欧民話」とついていることからも分かるように,この話はもともと1841~44年にノルウェーのピーター・クリステン・アスビョルセン(Peter Christen Asbjoernsen, 1812-1885)とユルゲン・モー(Joergen Moe, 1813-1882)が刊行した『ノルウェー民話集』に収められているものです。

この作品は早くも1859年にイギリスでPopular Tales from the Norseという...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング