『ボヘミアン・ラプソディ』はなぜ人々を魅了したのか >>

中国製のフル電動自転車の使い勝手や性能や
バッテリーの寿命など使用されている方が
いらっしゃれば、教えて下さい。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

知らずに私も購入しました。


しかし、バッテリーがバイクのバッテリーと同じもので
ともかく重い 充電に7時間かかる。
自転車自体がちゃちである。
タイヤが小さかったので安定性が無く 怖くて段差も危険
ということで、今では電動アシスト自転車にのってます。
楽しいですよ(へ_へ)
充電も1時間くらいだし
軽く往復40キロのサイクリングしたりして 楽しんでます
    • good
    • 0

#1さんの回答を裏づける証拠を警察庁のHPから引用しました。


(本文はPDFだったので貼付けさせて頂きます)

警察庁交通局  平成17年3月
「ペダル付きの原動機付自転車」の取扱いについて
最近、ペダルを備え、ペダルのみによっても走行させることができる
原動機付自転車が開発されているところですが、
(1) ペダル付きの原動機付自転車 は 原動機を作動させず
ペダルを用い、且つ、人の力のみにより走行させることができるものであったとしても、
道路交通法第2条第1項第10号に規定する原動機付自転車に当たります。
例えば 原動機を作動させて 自動車 を発進させ、その後原動機を停止させて惰性走行した
場合であっても 「自動車」を通行させて 、 いることとなるのと同様です 。
したがって 「ペダル付きの原動機付自転車」は、車道の通行等原動機付自転車の
通行方法に従うことが必要です。
(2)「ペダル付きの原動機付自転車」は、原動機により走行することができるだけで なく、
ペダルを用いて人の力のみによって走行させることもできる構造ですが、
いずれの方法で走行させる場合もペダル付きの原動機付自転車の本来の用い方に
当たることから 「ペダル付きの原動機付自転車」をペダルを用いて人の力のみによって
走行させる場合も、原動機付自転車の「運転」に該当します。
したがって、原動機を作動させず、ペダルを用い、かつ、人の力のみによって
走行させる場合であっても、原動機付自転車を運転することができる
運転免許を受けていることが必要であり、
乗車用ヘルメットの着用等原動機付自転車の運転方法に 従うことが必要です。

これでも電動チャリに保険払ってナンバーつけてメット被って乗りますか???

現在、何もせず乗車している人は全て道交法違反です。

電動アシスト自転車か軽快なスポーツ車をオススメします。
    • good
    • 0

以前使っていました。

違法製品だと知り破棄しましたが。

1年ほど使用していましたが、バッテリーは1度交換しました。

よく故障しました。部品が外れたり電動が機能しなかったり・・・

フル電動の場合、20キロくらい走ったらバッテリー切れです。アシストだと40キロくらいだったはずです。

座り心地は悪かったので、自分でサドルは変えました。


中国製のフル電動自転車は、原付と同じように、ナンバー登録をしてヘルメットをかぶり、所定のランプなど付けないと、例えアシストモードでも公道で使用できないので、注意して下さい。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q日本ではフル電動自転車は禁止されていますがそんなに危険なのでしょうか。

日本ではフル電動自転車は禁止されていますがそんなに危険なのでしょうか。
自転車はペダルを漕ぐときどうしてもふらつきますよね。フルの方が両足を地面につけたままスタートできるので安全なような気がします。
スピードが出すぎた時そのエネルギーを回収して一定以上スピードが出ないようにすれば自転車より安全なのではないでしょうか。
もう一つ安全装置として自転車に体重が乗っていないときには動かないようになっていれば完璧だと思います。
ライトにしてもバッテリーからの電気ですから明るく安全なライトを付けられますよね。
技術的には問題ないし、もし販売するなら恐らく20万円位でも売れるでしょう。
お役所はどうしてそんなに頭が固いのでしょうか。新しいものに対する対応が外国よりすごく遅れています。

Aベストアンサー

それほど危険な気はしません。逆に、以前、電動アシスト出たての頃のモノに乗ったのですが、踏み込んだ時のアシスト感に違和感を覚えました。慣れだとは思いますが、バイクの様な単一制御の方が違和感はすくないと感じました。

ただ、電動アシスト自転車はメーカーが相当苦労して発売までこぎつけたという話を聞いた事が有ります。
現行法では動力が付くと「原動機付き自転車」になっていしまい、免許が必要になってしまうので、あくまでも脚力の弱い人の補助の為のシステムで「自転車」であるという事で、どうにか許可されたいきさつが有ります。ちょっと「あの坂がつらい」という人で、わざわざ維持費のかかる原付にまで乗りたくないという人の救済の為の自転車ですから。

危険云々の話では無く、「法律がそうなっている」から止むを得ず、という事です。
法改正が望める国会議員を当選させるか、自分が立候補して議会に提案するか…。
例えば、100[W]未満の動力は免許不要にするとかですかね。

Q中国産のフル電動自転車は原付扱いになりますがそんなに危険なのでしょうか

中国産のフル電動自転車は原付扱いになりますがそんなに危険なのでしょうか。
自転車はペダルを漕ぐときどうしてもふらつきますが、フルの方は両足を地面につけたままスタートできるし、走行中もふらつかず安全だと思います。
これで駄目なら次の様な仕様にしてはどうでしょう。
1.24km/h以上で回生ブレーキがかかるようにする。
2.走り出しの転倒を防ぐため次の何れかにする。
 1)ソフトに加速する。
 2)サドルに重量センサーを付ける。
3.走行中はモーター音を出す。
4.インホイールモーターを前輪に付けて転倒しにくくする。
5.明るいライトを付ける。
とにかくCo2を排出しないエコで安全な乗り物として短距離通勤や通学でも利用でき、渋滞や自転車の事故は減ると思います。そしてこれらは現時点でも技術的には問題ないはずです。
衝撃の度合いは速度×重量ですが、バッテリーやモーターの小型化により将来は更に軽い電動自転車が作れるようになるでしょう。
問題は法律です。行政はどの時点で動いてくれるのでしょうか。単に漕がないから免許が必要では無理無体な話です。

Aベストアンサー

>電動は具体的にどういう点で危なくなるかを教えてください。

電動アシストは、あくまでも人がこぐことをやめれば前進力を止めます。
しかし、人の力に関係なく前進する力を発揮できる電動自転車は、扱いを間違うと人の意志に反した動きをする可能性があります。
さらに、当然ながら機械は故障という物を完全になくすことが出来ません。
運転者の意志に反して動く可能性がある物で有れば、それを取り扱う人間がそれに対応できるように学習し、訓練しておく必要があるとは思いませんか。

ご質問者様は、色々と構造的な物や安全性についてお考えできる人であり、そのような人で有ればライセンスを取るにも何ほどの問題はないでしょう。
しかし、電動自転車を全く制限無く誰でも自由に乗れることを認めれば、危険性や取り扱いの重要性も考えない人が、いつでもどこでも走り回ることになります。
しかも、万一の事故にもその責任の所在をしっかりと示す身分証明すら出来ない人がちまたに溢れる可能性すら有ります。
免許証という物は、その人が確認できる身分証明書でも有るのです。

前にも説明しましたが、原付免許は、車やバイクの免許とは違って誰でもいつでも申請でき、簡単な道路交通法の確認と講習を受けるだけで交付されます。
自転車と同等に、誰でもいつでも好きなように乗りたいとのお考えより、ほとんど許可を受けるだけの簡単な免許を取得させて、その運転に責任を待たせる方がよほど社会的であり、現代の道路情勢に沿っていると考える方が自然と思いませんか。

残念ながら、子供で自由に乗れる自転車を規制することが難しい現状は仕方ないとしても、車の運転免許を有する人が例え自転車であろうと道路交通法に反する運転をすれば取り締まられます。
また、当然知って居るであろう信号などを無視すれば、ライセンスをもっていない人でも検挙され、場合によっては罰を受けることとなります。
このような情勢を考えるに、例えそれなりの安全装置を装備しても、人の意志に反して動く可能性ある動力付きの機械を、公共の場でライセンス無く使用することは今後とも認めらられる事は無いでしょう。

>電動は具体的にどういう点で危なくなるかを教えてください。

電動アシストは、あくまでも人がこぐことをやめれば前進力を止めます。
しかし、人の力に関係なく前進する力を発揮できる電動自転車は、扱いを間違うと人の意志に反した動きをする可能性があります。
さらに、当然ながら機械は故障という物を完全になくすことが出来ません。
運転者の意志に反して動く可能性がある物で有れば、それを取り扱う人間がそれに対応できるように学習し、訓練しておく必要があるとは思いませんか。

ご質問者様は、色々と構...続きを読む

Q自転車の防犯登録は義務ですか?

本当~~~に義務ですか?何法の何条ですか?
何かの理由で防犯登録の無い自転車を登録したい場合、思い付く方法は
1.自転車店へ持っていく
2.交番へ持っていく
2つの方法がありますが、登録の際はその自転車が本人のものか証明する必要があるのでしょうか?必要だった場合、可能なのでしょうか?仮に私が自転車泥棒だったとして、私なら登録シールを剥がして自転車店へ持って行き、再登録します。それを防ぐ方法が確立されてるのでしょうか?

最近、自転車検問に遭い防犯登録を照合されました。すぐに無罪放免になりましたが、防犯登録って義務付けだったかなぁ??と疑問に思ったのです。これでクロ判定が出たら何時間も拘束されてエライ目に遭ったとこのサイトでも検索結果が出ました。

それ程までに厳しいのなら、当然ながら再登録時も本人確認その他があるのだろうなぁと思い質問しました。再登録が簡単に出来てしまうのなら厳しい検問やっても意味ありませんから。

Aベストアンサー

http://www.police.pref.hyogo.jp/topics/jitetoroku/index.htm

法律で義務化されています(ただし未登録に対して罰則はありませんが)
ちなみに販売店組合に加盟している自転車店に対しては販売の際に客に防犯登録させることと義務化しています
防犯登録をしないで自転車を販売すると、販売店は罰せられます
また、譲渡の際は譲渡した旨を登録しなければいけません
※基本的に販売の際に必ず登録されるはずなので、未登録の自転車は存在しない「はず」という前提に基づいています
なのでフレームから個人輸入しちゃったりすると防犯漏れが起こります(そんなコトする自転車好きは基本的に登録するでしょうが)
また、メーカーが製造番号を付けていない、某国製の安物自転車は悩みの種だったりするそうです


人気Q&Aランキング