本日、新聞を見ていて、おや?と思う記事がありました。
それには、青色LEDの開発がカラー液晶の実用化に結びついたと受け取れる書き方がされていました。
しかし、青色LEDのおかげで白色LEDが可能になり、バックライトの低電力化が出来るのは確かだと思いますが、カラー液晶の実用化には関係ないと思うのですが、そうではないのでしょうか。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (7件)

記事を直接読んでいないので、確実かどうかわかりませんが、フィールドシーケンシャル方式という液晶ディスプレイの表示モードがあります。

カラーフィルタは使いません。液晶を光シャッターとして使い、残像効果を利用してRGBを切り替え、フルカラー表示させます。
「フィールドシーケンシャル]って書いてませんでした?

参考URL:http://www.ascii24.com/24/news/tech/article/2000 …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

参考URLは、次世代の話ですね。後で詳しく読んでみます。
フィールドシーケンシャル方式は、まだ実用化されてませんよね。

お礼日時:2001/09/19 17:28

改めて質問、解答全て読んでみてわかりました。


質問にある「カラー液晶」を、バックライトも含めたものだと勘違いしておりました。
ikkyu3さんのところの補足で書かれている某紙と同じような間違いをしてたようですね。
いや~はずかしい。
    • good
    • 0

カラーフィルターというのは白色光から目的の色以外の光をカットするやくわりをはたします。


つまり、赤色のフィルターの場合、緑と青のひかりをカットし、赤の光を通す訳です。
ですから白色光で無い場合、例えば緑と赤しかない場合に青のフィルターを通すと、光は何も出てこず黒の状態になります。

この回答への補足

お答えいただきましたが、回答の意図が分かりませんでした。

白色光は、蛍光灯などで実現可能と思われます。

補足日時:2001/09/19 15:45
    • good
    • 0

皆さん、以下のことを混同されてはいませんか?



「LED」と「液晶」とは別物。

「光の三原色」と「色の三原色」とは別物。

LEDは発光するが、液晶は発光しない、バックライトによる。
kawarivさんの見られた記事は記者の勘違いかな?

http://www.hakujitsusha.co.jp/hakujitsusha/4-891 …

参考URL:http://www.linkclub.or.jp/~ksato/homepage&net/hp …

この回答への補足

一応、補足しておきますと、液晶はバックライトとは限りません。
反射型や、投影型もあります。

補足日時:2001/09/19 15:41
    • good
    • 0

No.1の続き、補足です。


kuzu-kunさんの言われるように、液晶とは、直接関係無いと思います。
LEDディスプレイ実用化の可能性が出てきたということのはずです。
これは、たぶん超大型に有利と思います。大型で液晶やプラズマに対抗するかも。

それで、ご質問の記事は、担当者の勘違い、紛らわしい書き方、筆が走った、その他だと思いますね。

記事読んで見たいですね。家の新聞には、ありませんでした。

この回答への補足

記者の勘違いという結論になりそうですね。
技術に詳しくない文系の人間が記事を書くマスコミには毎日のようにあることですが(^_^;

確かに、LEDは、超大型フラットパネルディスプレイの最本命に踊り出たとは言えるのでしょうね。

#しかし、LEDとLCDの混同とは、ひどい勘違いだな。>某紙

補足日時:2001/09/19 15:31
    • good
    • 0

 光の三原色は、赤、緑と青です。

この3色(場合によっては2色)の絵の具を適当に混ぜ合わせると、他のどのような色でも得られます。勿論、明暗の調整も可能です。
 カラー(多色)ディスプレイは、このことを応用したものです。テレビのブラウン管に近づいてよーく見て下さい。赤、緑、青の走査線が順序よく並んでいることが分かると思います。

 話を液晶に置き換えると、カラーにするためには、赤色LED、緑色LED、青色LEDを組み込んで光の三原色が得られるようにする必要があります。しかし、赤色LEDと緑色LEDは世に知られており、工業的規模でも生産されていたのですが、青色LEDだけは開発が思うように進展せず、「20世紀中は実現不可能」とまで言われていました。それを覆したのが、当時日本の某企業に勤めておられ、現在は米国で教授をされておられるN氏です(その記事にも名前が出ていたとは思いますが)。

 青色LEDが開発されたことにより、カラー液晶が可能となったばかりか、現在では、青色レーザの開発まで進展しつつあります。

この回答への補足

下記のページ((株)シャープ)
http://www.sharp.co.jp/products/lcd/tech/index2. …
を読んでも分かる通り、液晶ディスプレイそのものは自発光する必要はありません。また、三原色はカラーフィルターにより実現されているので、三原色の発光LEDは必要ないはずです。

補足日時:2001/09/19 14:20
    • good
    • 0

新聞記事が手元に無くはっきりとはいえないのですが、


RGB三原色のうち,LEDで、R(赤)G(緑)がすでにあって、
新たにB(青)が開発されれば、これらを集積して各色の明るさをコントロールすることで、フルカラーの発色が自由にLEDで可能になることを言っているのではないでしょうか。

この回答への補足

それはLEDを使ったディスプレイであって、液晶ディスプレイ(LCD)ではないと思うのですが。

補足日時:2001/09/19 14:24
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q壁時計修理、液晶タイプ

壁時計修理、液晶タイプ

 壁時計を持っています。
 壁時計は、一秒毎に振動して、秒針が動くタイプと振動しないで連続して、滑らかに回転するタイプがあります。

 今まで、10年ほどは、順調に動いていたのですが、電池切れでもないのに、秒針が痙攣したように動かなくなり、秒針が進みません。
 電池が切れているのが原因で無いように思えるのですが、どうでしょうか?

 何が原因でしょうか?
 どのようにすれば、解決できるでしょうか?
 使い慣れている壁時計なのでできなら修理しても使いたい。時計は、他人から贈呈されたものです。

 使用の電池は、単三で一つのみです。液晶時計です。

 使用の時計
 EDITOR
Produced by FLEX INTERNATIONAL INC

 針の駆動部分
SHINFUKU CE
QUARTZ NO(0) JEWELS
UNADJUSTED

Aベストアンサー

>今まで、10年ほどは、順調に動いていたのですが、電池切れでもないのに、秒針が痙攣したように動かなくなり、秒針が進みません。
> 電池が切れているのが原因で無いように思えるのですが、どうでしょうか?

明らかに、電池切れの症状です。



>使用の電池は、単三で一つのみです。液晶時計です。

通常、液晶時計には針はありません。




>テスターで、電池の残量を確認しました。
> なんとか、okの範囲です。
> それとも、残量100パーセント無いとだめなタイプですか?

どんなテスターですが?
デジタルテスターでは電池の電圧が高めに出るので、残量チェックには役立ちません。


というわけで、電池を入れ替えてください。

Q青色LEDがノーベル賞?そもそも元祖LEDを発明し

た米国のホロニアック氏(1962年、ゼネラルエレクトリック研究所勤務当時発明)こそ、物理学賞を頂くべきではないのでしょうか?GEの多くの同僚もこぞって彼の発明はノーベル賞に値すると当時から思っていたそうです。ちなみに氏は現在もご存命です。

例えば、トランジスター。
それまでの真空管に替わるソリッド・ステートとして、これを発明した米国ベル研究所の偉大な3人(バーディーン、ブラッテン、ショックレー)が連名で1956年に物理学賞を受賞。これには勿論、大納得です!現代のコンピュータ社会も半導体=トランジスターの発明なしには実現不可能ですから。

話を戻し、元祖LEDを発明した張本人が受賞していないのに何でそこから派生した青色LEDがノーベル賞なのか?
ベル研の3人が発明に成功した最初のTRは点接触型(ゲルマニウム)であり不安定感は否めなかったものの、やがてシリコンを使い、画期的な接合型が誕生し現在に至ります。これにより量産を可能にし極めて安定した動作で価格も安価。但し、TRでノーベル賞を貰ったのは先の3人のみ。

思うに青色LEDはTRの接合型に匹敵するくらいの技術・・・?
だとしたらノーベル賞はちょっと出来過ぎ??・・・

ノーベル賞の選考委員は「青色LEDの登場は21世紀の世界を明るく照らす画期的な発明」なんて言ってますが、あのストックホルムの街中で青く光り輝くLED自体のインパクトのみに眼が行ってる!?・・・と思うのは私だけでしょうか・・・

宜しくご意見をお願い致します。

た米国のホロニアック氏(1962年、ゼネラルエレクトリック研究所勤務当時発明)こそ、物理学賞を頂くべきではないのでしょうか?GEの多くの同僚もこぞって彼の発明はノーベル賞に値すると当時から思っていたそうです。ちなみに氏は現在もご存命です。

例えば、トランジスター。
それまでの真空管に替わるソリッド・ステートとして、これを発明した米国ベル研究所の偉大な3人(バーディーン、ブラッテン、ショックレー)が連名で1956年に物理学賞を受賞。これには勿論、大納得です!現代のコンピュータ...続きを読む

Aベストアンサー

最近のノーベル賞は世の中に大きな影響を与えたことを評価すると言う面も大きいようです。
確かに青色発光ダイオードの発明によって世の中の光に革命が起きています。
テレビ、PC画面は全てがLEDになってしまいましたし、照明も白熱電球や蛍光灯もまもなく消えることになるでしょう。
また、アフリカの奥地でさえ安価に夜間照明ができるようになりました。
その結果、莫大な省エネが可能になり日本中全てがLEDになることで原発がなくても問題ない程度になってしいました。
原発が必要等という主張は、電力会社が儲けが無くなって経営が苦しくなったことによるものです。

10年間で世の中の光を変えてしまったという点で、青色LEDは画期的な大発明と評価されるのはふさわしいことです。

Q液晶時計

1年使った液晶時計(目覚まし付き)の表示が電池が新しいにもかかわらず薄くなっています。ただ一点液晶画面をやや上から見ると正常に見えます。やはり液晶のトラブルでしょうか。
修理するのと新たに買った方とどちらかベターでしょうか。

Aベストアンサー

液晶は時間が経つと徐々に表示が薄黒くなってきますので、修理よりも買い替えた方がよろしいでしょう。(直射日光が当たると劣化が進みます。)

Q一般照明として電球、蛍光灯、白色LEDの比較

白色LEDが一般照明用として普及するには、いろいろな問題あると思いますが、演色性の観点から話すと、蛍光灯でさえも一般照明用としてはギリギリ合格なんですよね。いわんや、白色LED、ということらしいのですが、

質問(1)
理想的な一般照明用白色光とはどうやって決まっているのか?
たとえば、赤、緑、青の3色を1:1:1の比で混ぜ合わせればいいのか?

質問(2)
蛍光灯が及第点とはどういうことなのか?でも、使ってる自分からすると、そんなに不便は感じないですが。


について教えてください。お願いします!!!!!

Aベストアンサー

演色性の基準は、太陽光もしくは白熱電球です。これらは、連続スペクトルを持っています。赤青緑の単色を混ぜた光(最近主流の三波長型蛍光灯はこれに近い)だと、中間色が太陽光などと比べると鮮やかに見えすぎるところがあって、演色性の評価はやや低くなっています。
また、(三波長や高演色でない)普通の蛍光灯では赤色の見え具合が良くないという点もあったかと思います。

Q携帯電話の液晶の表示色数

最近の携帯電話は液晶の品質が上がり、26万2144色表示が一般的になっていますが、DoCoMoの携帯電話で1,2位の高いシェアを誇るNEC、Panasonicの両メーカーは、他のメーカーが以前から26万2144色の液晶を搭載しているのに、最新の機種にも未だに6万5536色の液晶を搭載しています。なぜこの2社は26万2144色の液晶を搭載しないのでしょうか?消費電力が大きくなったり、26万色の液晶との差があまり無いからなのでしょうか?

Aベストアンサー

液晶パネルは携帯電話の部品の中でも高い部品ですので、できるなら安くあげたいのはどのメーカーでも一緒です。
ドコモからは、安くあげるように言われるでしょうし。
富士通などは、どちらかというと売れないほうのメーカーなので、液晶の表示色の数を増やして差別化を図っているのだと思います。
シャープは液晶パネルを作っているメーカーなので、新機種は上等な液晶パネルを採用してきていますね。

それから、65536色と24万色では、見たときの差はほとんどないというのもあると思います。
65536色の液晶であっても、NECやパナソニックが売れていることからも、殆どのユーザーはもはや液晶画面の表示色数は気にしていないということが言えると思います。

Q白色発光LEDって存在するの?

私はLEDの生産設備をメンテナンスしています。
うちの会社での白色LEDは・・・
青色発光LEDに蛍光樹脂を被せて光の波長を変換して白色を出しています。

開発関係の本だったか話だったか忘れましたが、LEDの素子自信が白色を発光するものが有ると記憶しています。
この話は本当でしょうか?本当だったらどのメーカー又は大学が開発したものでしょうか?調べたいので教えてください。

Aベストアンサー

2000年2月の記事ですが、
ZnSeを利用した白色LED素子の開発に
住友電工が成功したそうです。

参考URL:http://www.sei.co.jp/news/press/00/prs123_s.html

Qサブ液晶(携帯)の時計で秒も表示したい。

サブ液晶(携帯)の時計で時・分だけでなく秒も表示したいのですが、適切なダウンロードサイトや方法を載せたサイトなどがみつかりません。どなたかご存知でしたら教えて下さい。
因みに機種はauのA5509Tです。機種標準で用意された時計と東芝のサイトのダウンロード用時計では秒を表示できるものがありませんでした。

Aベストアンサー

http://www.mashumaro.jp/clk/cgi-bin/sdclk5bd.cgi

ひょっとしたらここにある「かも」しれません
おれはCASIO使いなのでよく分かりませんが…
一度見てみてください

Q光ファイバに何故1.5μmで実用化が進められている

光ファイバ通信システムが、なぜ、1.5μmの波長で実用化が進められているのかを説明いたけないでしょうか?

Aベストアンサー

低損失で長距離伝送が可能だから

http://www.yokogawa.com/jp-ymi/tm/TI/keimame/opt/opt_1.htm
http://optipedia.info/fiberlaser/fiber/parameters/loss-1/

海底ケーブルで途中に増幅器を入れるとか、大変なんです。

Q液晶時計の修理(40年くらい前のやつです)

セイコーのデジタル時計で40年くらい前から使用していました。液晶が薄くなっていたのですが、いよいよ消えてしまいました。メーカに出しても液晶が無いので修理できないとの事です。一応もうひとつ同じもの(こちらは壊れています)を譲りうけたので、どこかで修理もしくは2個イチできないでしょうか。

Aベストアンサー

デジタル腕時計が出た 三十数年前 液晶自体の寿命が 3~4年と言われてました
今の液晶と違い 以前の物は、耐久性が 有りません。

中古部品取りから 二個一にしても どれだけ持つか?
なので 正規修理店では やらないのでは?
個人の時計やさんや 小さい時計修理工房などに 相談して見ては
ネットでも 検索すると 時計修理は 多く出てくるので メール問い合わせしてみて下さい。

Q青色LED

 青色LEDの実用化により、LEDによる光の3原色が実現した、赤・
緑・青を合わせると、白色が実現できる、と騒がれている。
 しかし、青色LEDの主要な用途は、LED発光素子の上に蛍光塗料を
塗布して作り出した、高効率の白色LED照明では無いだろうか?

 赤・緑・青のLED独自の色をそのまま利用した光源は、どの程度
実用化されいるのだろうか?

 植物工場、暗室の赤色の照明、信号機、自動車のテールランプ
などは、LED独自の色をそのまま利用しているのだろうか?

 青色LEDが、高効率の白色LED照明以外の用途に使われる事例は、
どれくらいあるのだろうか?

Aベストアンサー

回答者には一部誤解もあるようなので整理しておきたいのですが、白色光は「青色LED+蛍光体」方式が主流です。TVなどの液晶バックライト白色も全く同じです。「擬似白色LED」とも呼ばれています。いろいろな色が出ているように見えますが、白色光をカラーフィルターを通すやり方で3色を作っているわけです。理由には製造コストもありますが、3色を混ぜ合わせる技術的難度(発光バランス)もあります。

交通信号の3色は以前は「2色LED方式」(赤色と黄緑色LED)でしたが、最近は「3色LED方式」(赤色・黄緑色・橙色)が主流のようです (青色LEDは使われていないようです)。

大型ビジョンは3色LEDが使われています。舞台照明も3色LEDのようです。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報