以前、「扇よ おまえは扇なのだから」と続いていく詩を読んだことがあるのですが、誰の詩であったか不明になってしまいました。
堀辰雄周辺の文学者じゃなかったかと思いますが、うろ覚えです。

もし、ご存知の方がいらっしゃいましたら、教えてください。
よろしくお願いいたします。

A 回答 (2件)

おそらくこの詩ではないでしょうか。





「魂よ」   堀口大學

魂よ
お前は扇なのだから
そして夏はもう過ぎたのだから
片隅のお前の席へ戻つておいで



 これは冒頭の一節ですが、長くなるのでこの辺で。私の手元にあるのは『現代詩文庫 1019 堀口大學詩集』(思潮社、1980年)ですが、それによると元々は『人間の歌』という詩集に収められたもののようです。

 丸谷才一の評論集『みみづくの夢』(中央公論社、1985年)の中に「扇よお前は魂なのだから」というタイトルの堀口大學論があります。

 的はずれだったらごめんなさい。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

堀口大学だったんですね! 結構長い間、静かに気になっていたので、はっきりと教えていただき嬉しいです。(ちょっと著作権にふれたみたいですね。私も以前失敗してしまいました。お互い気をつけましょう…)

本当にありがとうございました!

お礼日時:2001/09/25 09:37

扇は置かれていたんだ。


だれが見たって扇とは見えないぜ・・・
扇よ、扇の神はね、もう、おまいさんから、おさらばして、
どこかへ行っちまったさ・・・

という詩なら知っていますが?
ちなみにこの詩のタイトルは「扇」です。
これとは違うかな?全く自信ないです。
ちなみにこの詩の作者は
藤井貞和(詩人・日本文学研究者)です。
i-iunkieさんの探しているものと違っていたらごめんなさいね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
私も「詩 扇」で検索して、藤井さんの詩には辿り着いたのですけれど、違いました。「扇よ」という詩の情報、ネット上にはないのかもしれません。とりあえず、詩のデータベースを探してみようと思います。
また情報がありましたら、よろしくお願いいたしますね。

お礼日時:2001/09/20 09:52

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報

カテゴリ