質問したいのはオフセット補償についてですが、何の事だかサッパリ
わからないのです。
まず、オフセットとは何か?
また、それをどうやって補償するのか?
とても漠然としててすみませんが、よろしくおねがいします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

補足をいただき熱電対とデジボルを使用した温度測定に関することと分りました。


そこで、これに関することがらのなかで、オフセットや補償という語がでる場合を説明します。参考にしてください。
その説明書は、熱電対に関係の無いデジボルだけの説明書でしょうか。
この場合は、そのデジボル固有の問題なので、その説明書のなかに、答えを見つける以外ないでしょう。たぶん、デジボルがオフセットの調整ができるようになっているような気がしますが。
熱電対による測定に関して補償という言葉が出るのは、ご存知とは思いますが、次のようなことになります。オフセットという語は、この場合あまり聞きませんが、オフセットがあるから補償すると思えば、これも有りか。
測温接点と基準接点との2箇所の間に温度差が有るとき熱起電力を生じる原理ですから、つぎのような補償が必要になります。
基準接点の温度変化に対し、補償が必要。一般には、温度を一定に保つか、基準接点の温度相当の起電力を生じる装置を使う。
熱電対の2種の金属で、測温接点と基準接点の2箇所以外に接続点ができない測定回路の時はよいが、距離が長いなどで途中延長するために接続点が増えるときは、そこに熱起電力を生じさせない為に、熱電対と同じ性質を示す材質の延長線を使用して補償することが必要で、これを補償導線と言います。
こんなところですね。では、
    • good
    • 0

どのような問題かわかりませんが、電子回路関係のような気がします。


以下のようなご説明ではいかがでしょう。

電気信号(電気の強さの変化)を増幅する増幅器という装置があります。
入力(入口)に1vの電圧の電気を入れると出力(出口)に10vの電圧が出る
入力に2vの電圧を入れると20vの電圧が出る
この場合、増幅率10倍の増幅器と言い、小さな音(振動)の信号を大きな音にするとき等に使いますが、
温度が特に高くなったりすると、中の部品の特性から、1vを入れたら11v、2vを入れたら21vというふうに、出力が本来より一定の値ずれる(この場合、入力の電圧に関係なく1v高い)ことがあります。
これをオフセット(ずれ)と呼んでおり、あらかじめ温度によってのずれの程度がわかっている場合、温度よってその分だけ電圧が低くなるように特別の温度センサ付きの回路を加えて入力と出力の関係がずれないようにすることがあります。
これを温度オフセット補償と呼んでいます。
このほかに、湿度や圧力など増幅器をとりまく環境によってオフセット補償が必要になったり、増幅器にモーターなどをつないだ場合に、オフセット補償をすることがあります。(低い回転数では止まりやすくなるような場合、わざと少し強めにパワーをかける等)

さて、ご参考になったでしょうか。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました!
こんな大雑把な質問に答えてもらい本当に助かりました。
今、HP3852Aっていう計測器(デジボル)で熱伝対を用い温度を
測ろうとしてて、その説明書の中でオフセットという言葉が出てき、
困っていたところでした。
ありがとうございました。

お礼日時:2001/09/20 03:23

補足していただくのが一番ですが、制御の世界でそのような表現をしていたと思います。


比例制御では制御結果に必ずオフセットが残ります。そこで、積分制御を入れるとオフセットが無くなる。これをオフセット補償といっていたと思いますが。
    • good
    • 0

すみませんが、


オフセットも補償も意味は、わかるのですが、何のことかサッパリ分りません。
詳しく補足してください。
詳しいほど回答が、詳しくたくさん集まると思います。

この回答への補足

今、HP3852Aっていう計測器(デジボル)で熱伝対を用い温度を
測ろうとしてて、その説明書の中でオフセットという言葉が出てき、
困っていたところでした。

補足日時:2001/09/20 03:26
    • good
    • 0

もう少し、内容を書いてください。


どの分野か?もしくは具体的にどういった内容でオフセットすると聞かれているのか。

分野によってオフセットの意味が違ってくるはずです。

おおよそは”づらす”ような意味合いだと思いますが・・・。
例えば車のオフセット衝突(中心からづれた衝突)
入力電圧をオフセットする。

等など。

この回答への補足

今、HP3852Aっていう計測器(デジボル)で熱伝対を用い温度を
測ろうとしてて、その説明書の中でオフセットという言葉が出てき、
困っていたところでした。

補足日時:2001/09/20 03:28
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q樺太が剣に似てて 台湾が勾玉に似てて マリアナ諸島が鏡に似てて 島の三種の神器見たいになっているのを

樺太が剣に似てて
台湾が勾玉に似てて
マリアナ諸島が鏡に似てて
島の三種の神器見たいになっているのをどうおもいますか?

Aベストアンサー

人間の脳は見たいものを見せる、そういう機能があるんだなあと。
でも、面白い見方だと思いますよ。三種の神器だけではなく、世界中のいろいろな神器を見つけてイマジネーション広げてください。

Q火災報知器の熱感知器にて【補償式スポット型感知器】というものがあります。 何故この火災報知器は補償式

火災報知器の熱感知器にて【補償式スポット型感知器】というものがあります。 何故この火災報知器は補償式という名称なのでしょうか?
何を補償してくれるんですか?

Aベストアンサー

専門家ではないので、詳しくはこんな「日本消防検定協会」のサイトを参考に。
http://www.jfeii.or.jp/pdf/lecture/07.pdf

これを見る限り、火災報知機には
(1)熱感知器
(2)煙感知器
(3)炎感知器
(4)複合式感知器
があるようです。

「補償式スポット型感知器」は「(1)熱感知器」の一方式で、「差動式スポット型感知器」と「定温式スポット型感知器」の性能を併せもったもので、
・感知部の周囲の温度の「上昇率」が一定の率以上になったとき(差動式スポット型)
又は
・感知部の周囲の温度が「一定以上の温度」になったとき(定温式スポット型)
に火災信号を発信するもので、相互に各々の方式の弱点を補償しているという意味のようです。

Q標本分散、普遍分散。t検定がサッパリです

大学の授業で統計を習っています。
今t検定をやっているのですがさっぱり分かりません。
参考に・・ともらったプリントも記号だらけで何が何だか…という具合です。
用語もいっぱいでてきて混乱してしまいました…
できればt検定をやさしく、本当に簡単に教えていただきたい(本を紹介してほしい)のですが、
とりあえず今分からないことを…。

標本分散と普遍分散の違いって何ですか?
同じだと思っているのですが、どうも違うような気がしまして…。

ご回答お願いします。

Aベストアンサー

統計難しいですよね。

数式をあまり使わずにt検定のことを知りたいのであれば、
吉田寿夫 1998 本当にわかりやすいすごく大切なことが書いてあるごく初歩の統計の本 北大路書房

がおすすめです。

個人的には、研究者になられないのでしたら、t検定を使える(解釈できる)レベルで理解していればいいのではないのかと思います。そう考えると、二つの群の平均値を比べて、統計的に差があるかどうかを調べる手法がt検定、と覚えておけば十分です。

標本分散と不偏分散について
標本分散は、標本における分散であり、不偏分散は母集団における分散であると解釈しておけばよいのではないかと思います。標本というのは母集団から取り出した(母集団を表している)サンプルのことです。

例えば、日本人の大学生の平均身長が知りたかったとします。北は北海道から、南は琉球まで、各大学に打診して、健康診断の結果を送ってもらい、平均値を出すというやり方が考えられます。しかし、現実的にはかなり手間がかかりますよね?そこで、現実的にとることが可能である自分の通っている大学の学生のデータから、日本の大学生全体の平均身長を推測するのです。自分の通っている大学の学生が標本にあたり、日本の大学生全体が母集団にあたるわけです。

標本分散は字のごとく、標本における分散のことです。一方、不偏分散は母集団の(推定している)分散のことです。計算式の分母がnとn-1で異なっていますよね?これについては、不偏分散は推定値なので、標本分散から推定するときに1引かれるんだ、ぐらいで理解しとけばいいのではないかと思います。

参考URL:http://www.amazon.co.jp/gp/product/476282125X/ref=pd_sim_b_1/250-5862250-2815410?ie=UTF8

統計難しいですよね。

数式をあまり使わずにt検定のことを知りたいのであれば、
吉田寿夫 1998 本当にわかりやすいすごく大切なことが書いてあるごく初歩の統計の本 北大路書房

がおすすめです。

個人的には、研究者になられないのでしたら、t検定を使える(解釈できる)レベルで理解していればいいのではないのかと思います。そう考えると、二つの群の平均値を比べて、統計的に差があるかどうかを調べる手法がt検定、と覚えておけば十分です。

標本分散と不偏分散について
標本分散は、標本におけ...続きを読む

Q『とてもじゃないけど、○○できない。』の『とても』って??

「とてもじゃないけど、○○できない。」
「とてもじゃないけど、△△じゃない。」
という風によく言いますが、この時の「とても」ってどういう「とても」なんだうう??
何が「とても」?「とでも」って何にかかるの??と急に疑問というか、自分が意味を理解できていないまま使っていたことに気づきました。
気になってしまって...解説をよろしくお願いします。

Aベストアンサー

以下は大野晋先生の意見です。

まず、程度がひどいことを表すものに、「~なんてもんじゃない」という表現があります。例えば、とても痛みが激しい時に、「痛いなんてもんじゃない」「痛いどころじゃない」というような場合です。つまり、「痛い」という言葉では表せない、それぐらいひどい激しさであるという意味で、言葉の表現能力を否定することで、それ以上の激しさである、というニュアンスを込めているわけです。

次に、「とても」について。これはもともと「とてもかくても」の省略形で、否定語をあとに伴って、「どのようにしても(できない、だめだ)」という意味の言葉です。

大野説では、「とてもじゃないが」というのは、上のふたつの言葉をあわせた「とてもかくてもなんてもんじゃない」という表現がもとにあって、それが省略されて「とてもじゃない」という言い方に定着したのだろうとされます。
つまり、「とてもかくても、なんていう言葉では言い表せないくらいの事なのだが」というのがその意味だということになります。もちろん、程度の激しいことを表現する言葉ということです。

Qオフセット回路

オフセット回路を用いて、電圧をずらしたのですが(0.1V⇒0V)、ちょっといまいち納得のできないことがあるので、質問させてください。

このオフセット回路は、741のオペアンプを用いた反転増幅回路(2入力の加算回路)です。
入力電圧をV1・V2、入力抵抗をR1・R2とします。
ずらしたい電圧0.1VはV1です。
帰還抵抗はRfとします。

そのときの出力電圧Voは、

Vo=-{(V1/R1)+(V2/R2)}^Rf

となります。
出力電圧Voを0Vにしたいので、

-{(V1/R1)+(V2/R2)}^Rf=0

になります。
で、ここで質問なんですけども、
右辺が0なら、理論的にはRfの値は何でもいいと思うのですが、実際は何でも0になるわけではないのです。
これはなぜなのでしょうか?抵抗のバランスなのでしょうか?

よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

同じ入力電圧を両方に加えても反転入力端子は負の方向へ(出力に対して定義) 同相入力端子は正の方向へ で相殺されるのです 従ってドロップ電圧を同じにすれば相殺される訳で最近のアナログ ICはバイアス電流が小さくて気にしなくても良くなってますが嘗てこの方法は普通の事でした ご参考に


人気Q&Aランキング

おすすめ情報