話の概要は以下の通りです。
---
昔、あるところに定年を迎える老教師がいました。教え子達は、集まって彼に何か贈り物をしようと相談しました。そして、みんなが少しずつ家にあるワインを持ちよって、大きな樽に入れ、それを贈ることにしました。皆はそれぞれ家からワインを持ち寄り、樽に入れていきました。やがて樽は一杯になり、老教師のところへと届けられました。老教師はたいそう喜び、それを家にもって帰りました。さっそくその夜、彼は樽からワインを出し、飲もうとしました。ところが、その樽のせんをひねって出てきたのは、ワインではなく、ただの水でした。
---
話は以上です。この話には、自分だけは(ごまかしてもばれないだろう)と考えたことが、実は全員が同じことを考えたことによって、目的が成し遂げられなかったというような意味が含まれて入るようです。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

この話は、「樽の中のミルク」あるいは、「樽の中のワイン」などといわれる、スペインのカタロニア地方やインドなどに分布する昔話です。


この話は教訓話としてよりも、笑い話として語られることが多いようです。

この類話としては、「水を入れた壷を酒屋へ持っていって、そこにラム酒を入れてもらい、酒屋が信用買いを拒否すると、注いでもらった分量を返し、残った分で水割りが出来る。」というような話があります。

更にこの類話としては、
「ティル・オイレンシュピーゲルの愉快ないたずら」(第57話オイレンシュピーゲルはリューベックで水の入った缶をワイン入りの缶にみせかけて渡し、ワイン差配を騙したこと。) 阿部謹也・訳 岩波文庫 p201 があります。

この回答への補足

http://www02.u-page.so-net.ne.jp/fc4/funayama/ps …

補足日時:2001/10/06 12:39
    • good
    • 0
この回答へのお礼

童話ではなかったのですか。
初めに聞いたほとの話では「イソップでは」と聞いていましたが、調べるとイソップにはないように思い、グリム他を探すも同様のものを見つけることはできず、やはりイソップかなと思っていたところでした。初めはまぁ見つかればいいくらいに思っていた疑問も分からないとだんだん気になるもので、胸のつかえが取れた感じです。ありがとうございました。

お礼日時:2001/10/06 10:59

先に回答したinformation-junkieです。

アドバイスでもなんでもないのですが…

すみません。m(_ _)m 見事に見当はずれでしたね。大学の図書館で、寓話、民話系の目次から、ざっと探してもみましたが、それらしいものは見当たりませんでした。実際に読まないとわからないのでしょうか? 気になっているので、私も引き続き探してみます。うまく情報を発見できたら、またご連絡いたします。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

いえいえ、ありがとうございました。
初めはわかればいいかなという程度でしたが、複数の人に聞いてもわからないとなると僕ももう少し本格的に調べてみようと思います。

お礼日時:2001/09/29 05:59

私もどうも童話ではないような気がするので、サキなどの短編集をあたってみました。

未確認なんですが、O・ヘンリーの「うしなわれた混合酒(The Lost Blend)」が有力ではないかと思います。「O・ヘンリー短編集(二)」(大久保康雄訳、新潮文庫)に収録されています。私もなるべく早いうちに調べるつもりですが、もし tombo747 さんが先に図書館などでご確認されましたら、ぜひ教えてください。よろしくお願いいたします。もし見当はずれでしたら、ごめんなさい。

参考URL:http://member.nifty.ne.jp/wooddoor/ohenry.htm
    • good
    • 0
この回答へのお礼

どうもです。
さっそく本屋さんへいって同書を見てみました。
(立ち読み…;)
しかし、それらしい内容ではないようです。
う~むん

お礼日時:2001/09/25 14:36

うーん、グリムなのかなぁ。

ちょっと違うような気がするなぁ。
教訓的説話ですから、グリムじゃないような気がするんですよぉ。

しかし、聖書のあの話のパロディらしいですね。
カナの婚礼で、イエスが水をぶどう酒に変えたというエピソード。
その逆ですね。

具体的な回答でなくてすみません。
しかし、この話は知っていましたよ。
sydneyhさんのバージョンではなく、tombo747さんの方。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
日本にも「四斗樽」とかいうので同じような話があるということは
聞いたのですが…詳しいことはやはりわかりません。

お礼日時:2001/09/20 12:21

それはグリム童話だと思います。

ただ私が知っているのは以下のとおりです。

「ある村の村人達がお祭り用のワインを全員で持ち寄ることになり、樽にそれぞれ入れる際に、一人の村人が「自分一人だけ入れなくても分からないだろう」と、ワインではなく水を入れてしまいました。そうしたら、お祭り当日に樽を開けたところ中身はワインではなく水になっていました。村人みんなが同じことを考えていたということです」

ただ私もこのお話のタイトルを調べてみたんですが、結局は分かりませんでした。でもグリム童話であることは確実だと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうごさいます。
ネット及び図書で調べてみます。
(ただ、ネットでは現在のところ見つけられてはいませんが)
またぎぎの話なので、sydneyhさんの話が本当かもしれません。

お礼日時:2001/09/20 12:16

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

関連するカテゴリからQ&Aを探す

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q99円レンタルサーバーは安いですけど内容はどうなのでしょうか?

安いレンタルサーバーなら99円レンタルサーバー
というレンタルサーバーを見つけました。

http://99yen.jp


月額99円は確かに激安だけど内容はどうなのでしょうか?機能などを知りたいのですが、契約されてる方がいらっしゃいましたら教えていただきたいです。

特に、安いレンタルサーバーには海外サーバーが多く遅くて使えないから、知名度のあるロリポップ(国内レンタルサーバー)などがいいと聞きました。

Aベストアンサー

99円レンタルサーバーを契約して使っています。

サーバーは以前は海外でしたけど、今は国内になって早くなりましたよ。

PHPやCGIも問題なく使えますし、アクセス解析とかも標準で付いてます。

機能や速度を心配されているなら、問題ないレベルだと思いますよ。

Q「太上老君」

「西遊記」「封神演義」などにも「太上老君」という名で登場する人は誰なんでしょうか?

Aベストアンサー

「封神演義」に出てくる、「太上老君」は既に出ている通り「老子」の著者とされる老聃(ろうたん)こと老子です。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%80%81%E5%AD%90
彼の地の民衆世界には道教が深く根を下ろしていたため、道教の最高神に一人とあがめられている老子が出てくるのです。「封神演義」世界ではその意味で特別の意味があります。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B0%81%E7%A5%9E%E6%BC%94%E7%BE%A9
但し、所謂、道教は東漢末期の五斗米道(ごとべいどう)あたりがはじまりだろうとされており、商周革命で道教が出てくるのはアナクロニズムも好い処である。又老子が創始と云われるがこれも単なる民間伝説に過ぎず論拠はなく寧ろ史実からは否定されている。http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%81%93%E6%95%99
「西遊記」には確か「太上老君」は最初の方に出てきますが、後のテレビ版(香取ほか)のよう頻繁には出て来ない筈です。

Qレンタルサーバー管理者が利用者のファイル内容を見てもいいのでしょうか?

現在、レンタルサーバーに大事な情報を保存しています。
これは他人に見られては困ります。もちろんレンタルサーバー管理者にもです。
しかし、この情報はサーバーに設置したCGIである処理をするために、サーバーから利用できなければなりません。

・レンタルサーバー管理者が利用者のファイル内容(プログラムのソース等)を見てもいいのでしょうか?
もしくは、
・レンタルサーバー管理者は利用者のファイル内容(プログラムのソース等)を見ることがあるのでしょうか?

上記2点のご回答をよろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

まず言えるのはその様なデータをレンタルサーバーで運用することの方が問題だと思います。

サーバーの運営管理者は当然のことながら
保守管理義務を負います。
故に
サーバーにとってデータが適正であるかどうかをチェックするのは
当然の権利であり義務でもあります。
また倫理上好ましくないファイルがあるかどうかも
チェックする場合があります。
故にレンタルサーバーに置いたデータは
「見られても仕方のないもの」と捉えるのが妥当です。
きちんとした運営をしているサーバーならなおさらです。

どうしてもそういう類のデータを扱うのであれば
レンタルサーバーではなく自前でサーバーを立てるしかないです。

Q老列児の読みを教えてください。

林芙美子の小説の中に「老列児」という字がでてくるのですが、検索しても出てきません。
どなたかご存じでしたら、教えてください。

これは林芙美子の小説「愛する人達」の中に出てくるのですが、その前後を記載します。

「あゝこれに老列児の葉があればと、定子は上海の昔を思ひ出してゐる。」です。

よろしくお願いしますm(_ _)m

Aベストアンサー

老列児→ローレルと読みます、ローレル(ローリェ)は日本語で「月桂樹」の事です。

この葉を乾燥さして、まぶして食べると肝臓の強化に薬効します。

ちなみに「老頭児」は→ロートル と・・・(笑) 老いぼれです

Q無料レンタルサーバーについて

 今はかなりネットで無料レンタルサーバーがあります。
会社で使用しているデータを無料レンタルサーバーに保存し、家でもすべてのデータを使用したいと思います。無料レンタルサーバーの説明を読んでおりますと、どこもホームページを作成するサーバーとなっているみたいです。
 個人のデータサーバーとして使用する場合どのような無料レンタルサーバーがありますか?またそのような使い方をしている方がいらっしゃいましたらアドバイスお願いします。

Aベストアンサー

その場合はレンタルサーバーというより
オンラインストレージですね
"オンラインストレージ" で検索してみてください

Q老舎の作品に対する批評・感想

老舎の著した作品に対する批評・感想をお聞かせください。
大学のレポートの課題として出ているのですが、図書館はすべて貸し出し済み(泣)
検索エンジンで探してもほとんど見つかりません。
作品は老舎のものであればなんでもかまいませんので、よろしくお願いします。

※できれば、その作品中に登場した人物の住まいもくわしくも教えていただけるとうれしいです。

Aベストアンサー

下記URLで「老舎」の検索をしてください。
例えば以下のようなタイトルのページが出てきます。
但し、以下の2つはリンク切れになっていますが、キャッシュにデータが残ってますので、それを見ることは可能です。その他にも参考になるページが出てくるかもしれません。

「村井吉紹 老舎「茶館」の世界」
「《卒業論文発表会》」

参考URL:http://www.google.com/intl/ja/

Qレンタルサーバーについてです。

いつもおせわになっております。
今回はレンタルサーバーについて質問させていただきます。
ご教授よろしくお願いいたします。

レンタルサーバーでドキュメントルートの一つ上のディレクトリ(非公開ディレクトリ)を持つ事のできるレンタルサーバーは存在しますでしょうか?

Aベストアンサー

さくらのレンタルサーバスタンダードプランを使っています。
ホームディレクトリは公開されず、その下のwwwディレクトリが公開されます。

Q人生は一杯のワインにしかず

引用の出典を知りたいと思っています。ボードレールか誰かが、人生は一杯のワインに及ばない、みたいなことを言っていたと思うのですが、どなたかご存知ありませんか。ワインかどうか、ボードレールかどうかも不確かですが。

Aベストアンサー

ボードレールはワインに関しいろいろの言葉を残しているようですが、これあたりが一番近いでしょうか(ぴったりしたものは存じません)。

(ある夜、ワインの魂がボトルのなかでうたっていた。)
Un soir,l'ame du vin chantait dans les bouteilles.

むしろ、芥川龍之介の
「人生は一行のボードレールに如かない」
のほうが近いような気もします
(出典は「侏儒の言葉」です)。

いかがでしょうか。

Qレンタルサーバー 無料を借りたい

レンタルサーバー 無料を借りたいです

掲示板、HP、メールファームなどを利用できるレンタルサーバーを探しています。

♪宜しくお願いします♪

Aベストアンサー

こんにちは

無料レンタルサーバーを探しているのであれば、Googleなどで「無料レンタルサーバー」などの
キーワードで検索してみると良いでしょう。

一例ですが、下記のような比較サイトがありますので、こちらから探すのが近道です。
http://www.kooss.com/hp/

ちなみに、私のHPは掲示板用に下記の無料レンタルサーバーを利用しています。
http://atpages.jp/

注意点を幾つか挙げておきますので、ご参考までに。

・掲示板はcgiを利用するものが多いので、利用可能なサイトかチェックしましょう。
・画像投稿可能な掲示板を設置すると容量が増えるので、容量をチェックしましょう。
・アップロードの操作方法など解りやすく説明されているかチェックしましょう。
・登録する前に、サイトの評判を口コミなどでチェックしておくと良いでしょう。

こんなところです。 頑張ってHPを開設してください。
HPが完成するようにお祈りしております。

Q田山花袋『田舎教師』の費用計算の場面について

田山花袋『田舎教師』の冒頭で、主人公が費用を計算する場面があります。

それによると、当日かかった費用が49銭5厘、もともと財布にあったのが1円20銭で、差引70銭5厘が残っている。
さらに、今回の門出に際して(昨日までに)かかった費用が4円07銭5厘とのこと。

で、このあと、この4円07銭5厘と、現在の所持金70銭5厘を加えて「総計4円78銭也」と書き留め、
たったこれだけの金額の工面にも苦労した父母を思い出すのですが、
この「総計額」の意味がどうもよく分かりません。

昨日までの費用と、今日かかった費用を加えるのならば、
「現在までに使った総計額」として意味があると思うのですが、
昨日までの費用と、現在の残高を加えることにどんな意味があるのでしょうか。
単なる作者のミスでしょうか?

Aベストアンサー

No.1です。
原文を読みました。
これを見る限り田山花袋氏の勘違いで、当日かかった費用を
加えるのを忘れたものと断定出来ます。

門出に際してかかった費用
当日かかった費用
現在の所持金
この総計を父母から出してもらったことになります。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報