磁石から出ている(?)磁力線の正体について、教えてください。

A 回答 (4件)

補足をありがとうございました。

よく分りました。
ずいぶん新しい方向ですね。ご質問の表現は、幼稚では、無いと思います。
ナノビーズもマグネットも門外漢ですので、お役に立てるかどうか分りませんが、かつて電気磁気学を学んだだけの知識から申し上げます。

そこでは、磁力線の正体は、電流によって発生することになります。簡単にまとめると次のようです。詳しくは、電気磁気学によってください。
磁界の元は電流である。
磁界が時間的に変化すると電圧を発生する。
磁力線は、閉ループである。

強磁性体(磁石になる材料)に電線を巻きつけて電流を流すと磁界ができて磁石になります。その後電気を切っても磁石になったままのものは、永久磁石、磁石でない状態に戻るものは、1次磁石あるいは電磁石と言いますが、前者の材料を硬磁性体、後者のものを軟磁性体と呼ぶようです。
参考になりそうな、ならないかな、お話が下記に出ています。磁性体メーカーの読みものです。
http://www.tdk.co.jp/tjdaa01/daa00110.htm
http://www.tdk.co.jp/tjdad01/dad00025.htm

ナノビーズを磁化するとのことですので、その物性は、硬磁性体になるよう設計する必要は、ありそうですね。

上記の電気磁気学を学んだ頃の磁区の大きさは、ナノメートルよりもかなり、大きかったような記憶ですが、いまでは、電子顕微鏡によってずっと小さな磁区も観察しているようですね。このあたりは、量子力学による方がよさそうです。

普通サイズの時の磁気のふるまいでも、ナノサイズにかなり当てはまるとすれば、次のURLも参考になるかと思います。学際Q&Aです。
磁性の不思議

参考URL:http://www.tuat.ac.jp/~katsuaki/magQ&A.html
    • good
    • 0
この回答へのお礼

たびたびのご回答ありがとうございます。思いつきでもいいので、何かを・・・と考えていて、とても興味を持ったのがこのナノビーズでした。
参考のURLは今の私には、とても難しい内容でしたが、調べて少しでも理解できたらいいなと思います。ありがとうございました。

お礼日時:2001/09/21 23:09

磁場の起源は電流です。

電荷の運動によって磁場が発生します。
磁石の磁場は電子のスピン(電子の自転「のような」もの)に起因します。
電荷がぐるぐるまわれば磁場が発生します。
(これはあくまでわかりやすくするための説明ですので、正確には
電磁気や量子力学の教科書をごらんください。)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

電荷の運動ということは・・・電流ということになるんですね。ちょっと当たり前なのかも知れませんが、磁場は微弱な電気(?)があるということなるのかな?
もう少し勉強します。ありがとうございます。

お礼日時:2001/09/21 23:05

砂鉄や鉄粉で出来た磁力線をご覧になったことは、たぶん、おありと思います。


あれは、磁石がその近くに及ぼしている影響で出来た物です。そういった作用があるわけです。

磁石がその近くに及ぼす影響を考えるとき、磁界という考え方をし、その磁界の方向と接線になるような曲線を磁力線と言っています。
磁力線は、磁石の正磁極から出て負磁極に入るとされています。

さて、砂鉄や鉄粉を取り除いたらどうでしょうか。
見えないけれども磁力線はありますよね。見えないし触れられないし味もありませんが、磁界を考えたり説明するときにイメージすると、とても分りやすいのです。

ぜひ、検索エンジンで磁力線といれて見てください。たくさん出てきます。磁力線を保存する方法とか。磁石の中の磁力線を見る方法とか、その他たくさん出てきます。

質問が「正体」を教えてくださいとなっていましたが、正体という言葉は、おばけのようで回答しにくいので、このカテゴリーに、なじむ言葉で質問をいただくと、たぶん、たくさん回答が来ると思います。
ぜひ、これを機会に物理学に興味をお持ちください。楽しい世界が広がると思います。失礼しました。

この回答への補足

質問の言葉が幼稚でした。お詫びします。このような質問をした背景をお話させていただくと、ナノビーズサイズの磁石を利用した「何か」を考えたいと思っています。しかし、ただのナノビーズサイズの物体を利用した場合と磁性を持ったナノビーズサイズの物体を利用した場合の違い、つまりメリットとデメリットを考慮するうえで、磁性=磁力とは?何に対して、どのような作用の結果なのか、という疑問にいたったのです。
しかし、磁力といってもなんなのかということが、もちろん検索してもピンと来たものがなかったのです。教えてgooのなかでも見たのですが、やはりよくわかりませんでした。そこでこういった質問をさせていただいたわけです。
もしよろしければもう少し教えていただければ幸いです。

補足日時:2001/09/20 22:59
    • good
    • 0

磁力線というのは、磁場を視覚的に表現したものです。


「線」が出ているわけではなくて、磁場中で磁荷が受ける力の方向を線で「表現」しています。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速のご回答ありがとうございます。磁力線というものは単なる表現なんですね。

お礼日時:2001/09/21 23:02

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q類語辞典アプリについて

最近出先で類語辞典を使うことが増えました。
今までは講談社の類語辞典とオンラインのシソーラスを使っていましたが、講談社の類語辞典は語彙少なく、通信環境必須でした。
しかし必ずしも作業する環境が通信環境がいい状況でなかったりするのでオフラインで使える類語辞典を探しています。

角川類語新辞典と三省堂類語新辞典のどちらかの購入を考えています。
この2つのアプリはオフラインで使用できますか?
アプリ評価のサイトを色々探ったのですがオフラインについて記述が見当たりませんでした。
価格が価格だけに試しに買ってみるのはちょっとためらってしまいます(書籍の類語辞典買うよりは安いんですが…)

それと角川の方は2200円のものと1500円のものがあるので、どちらを使っているかも書いていただけると助かります。

ちなみに角川は大辞林との連携が売りですが、私はあまりそこは用途として必要としていません。

Aベストアンサー

角川の2種類と三省堂のものを持っています。
以下に挙げる辞書はすべてオフライン利用が可能です。
角川の1500円のほうは、説明文の単語をキーに再検索しようとすると、それを再入力しなければならず、UI的にダメです。

角川2500円のものと三省堂では個人的には三省堂のものが好みです。
理由は幾つかあって、角川2500円のほうで見つからなかった単語が幾つかあったこと(例えば「順手」)、三省堂のほうでは対義語も表示されること、三省堂のは他の辞書との連携が特定の辞書に限定されていないことなどです。

それから私がよく使う類語辞書を紹介します。
ネット上に存在するデータを使いローカルに持っているアプリですが、Word ouenというところが出している類義語辞書です。
この辞書では単語のみが表示されて用例や意味は表示されませんが、関連語というカテゴリがあって、類語からは外れる近い単語を表示してくれます。
また類語と共に英和・和英ができ、英語の類語と関連語も捜せるのが魅力的です。
意味や用例については外部辞書連携が利用できます。
広告は入りますが無料版もあります。

角川の2種類と三省堂のものを持っています。
以下に挙げる辞書はすべてオフライン利用が可能です。
角川の1500円のほうは、説明文の単語をキーに再検索しようとすると、それを再入力しなければならず、UI的にダメです。

角川2500円のものと三省堂では個人的には三省堂のものが好みです。
理由は幾つかあって、角川2500円のほうで見つからなかった単語が幾つかあったこと(例えば「順手」)、三省堂のほうでは対義語も表示されること、三省堂のは他の辞書との連携が特定の辞書に限定されていないことなどです。

そ...続きを読む

Q棒磁石内で磁力線がS極からN極に向かう理由について

タイトルの通りですが、棒磁石内で磁力線がS極からN極に向かう理由を教えてください。過去のスレをみたり、ネットで調べたのですがよく分かりませんでした。。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

棒磁石を四角い点線で書き、N極とS極を決めます。N極からS極に向かうように、磁石の外側に、ぐるっと1本だけ矢印で書いてみましょう。

磁力線は増えたり減ったり消えたりしない(注1)ので、始点と終点をつなげる必要があります。磁石の内部を通るように矢印を書いてみましょう。

磁石内部では、S極からN極へ向かう向きの磁力線になりましたよね。

注1)「マクスウェル方程式」で検索してね。

Q文書作成ソフトと連動した類語辞典は?

文書作成(日本語)ソフトと連動した類語辞典(日本語)を探しています。

もしくは、文書作成ソフトが類語辞典の内容を取り込めるようなものがいいです。

たとえば、メモ帳でもWordでもよろしいが、「青空」という語句を別の言葉に
置き換えたいなと思ったときに、「青空」の文字をマウスで選択して、特定の
キーを押すと、類語の候補がズラッと表示されるようなものを探しています。

類語辞典を別に起動して、「青空」と打ち込むようなものは避けたいです。
当たり前のように存在すると思っていたら、見つからないので驚いています。

言語は日本語で、文書作成ソフトと連動しているもの(連動できるもの)を
探しているのですが、ご存知の方はおりませんでしょうか?

よろしくおねがいします。

Aベストアンサー

> たとえば、メモ帳でもWordでもよろしいが、「青空」という語句を別の言葉に
> 置き換えたいなと思ったときに、「青空」の文字をマウスで選択して、特定の
> キーを押すと、類語の候補がズラッと表示されるようなものを探しています。

ATOK用の類語辞書はあるようです。
下記URLのページをご参照下さい。

「角川類語新辞典 for ATOKの使い方」
http://support.justsystems.com/faq/1032/app/servlet/qadoc?QID=025546

「角川類語新辞典 for ATOK(NW2)」
http://www.amazon.co.jp/%E3%82%B8%E3%83%A3%E3%82%B9%E3%83%88%E3%82%B7%E3%82%B9%E3%83%86%E3%83%A0-%E8%A7%92%E5%B7%9D%E9%A1%9E%E8%AA%9E%E6%96%B0%E8%BE%9E%E5%85%B8-for-ATOK-NW2/dp/B000LV61RY

Q電磁石(ソレノイドコイル)と永久磁石間の磁力(吸引・反発)はどう表されるか?

電磁気の基礎がわからなくなり困っています!!


●以下の図のように永久磁石がS極が上を向いた状態で置かれ、一方でソレノイドコイルによる電磁石が、S極が下を向くように電流を流すと、これらは磁石ですから反発しますよね?  

電磁石の、距離z離れたところにおける磁界をH1(z)、永久磁石の距離離れたところに置ける磁界をH2(z)とした場合、両者間の力はどう表現できるのでしょうか?


●また、電流iによりその力はコントロールできると思うのですが、磁力Fをiで以てどうかけるのでしょうか?


●一般に言われる、二つの磁性体間に働く力の式、
F=(1/2)μ*(H^2)*Area
の式のHは何を指すのでしょうか?  本件の設定でH1+H2なのでしょうか? それとも実はH^2=H1*H2なのでしょうか?


磁気浮上の制御で必要なため、切に悩んでいます!
できるだけ詳しい説明を頂けるとありがたいです!!!

Aベストアンサー

 モデルが簡素すぎたということでしょうね。
 今回私は、電磁石と永久磁石の距離が十分近いとし、双方の磁荷から出る磁束の分布を、球対称として考えました(点電荷の分布と同じです)。しかし、実際にできる磁束はループ状になっていて、前方方向には極端に減衰していくことが考えられます。実際にやったことはないのですが、シミュレーションをすると、r^(-4)で減衰していくのでしょうね。経験が物を言う世界とはこのことです(笑

 加えて言いますと、先では双方を点磁荷と見なして計算しました。しかし、実際に扱う装置には有限の大きさがあり、先の数式は成立しないと思われます。やはり実際に実験を行い、物理パラメータを求めるのが手っ取り早い上、正攻法なのかもしれませんね。

Q英英辞典や類語辞典の使い方

最近、英語の勉強をやり直そうと思い立ち
英語の本を読んだり、英語で日記を書いたり
しています。

それに伴い電子辞書を購入しました。
英和・和英はもちろん英英・類語辞典も
入っています。

しかし、今までの勉強で英英・類語を
使った経験がなく、どのように活用したら
いいものか良くわかりません。

英英類語は勉強に役立つというような
コメントを見たことがあるのですが
どのように使っているのでしょうか?

使っている方で、こんな風に勉強してます、とか
こんな時に使うと便利です、とかアドバイスなど
あったらお願いします。

Aベストアンサー

私は英英辞典はよく使いますが、類語辞典はあまり使いません。

英英辞典を使うなら最初は知らない単語ではなく、知っている単語を調べてください。英英辞典だと英単語を日本語に置き換えているだけですが、英英辞典は
語義の説明を読むこと自体が英語の勉強にもなり、英語を英語で理解できるようになります。

参考URL:http://plus.hangame.co.jp/browse/db_detail.php?dir_id=110301&docid=40030

Q磁石 磁力線の観察

磁石の磁力線の観察がしたいです。クリップを短く切り、プラケースにいれて、100均の磁石をあててみると。。磁力が弱いのか、くっついてもくれませんでした。そこで磁石を調べてみるとアルニコ磁石、フェライト磁石・・・難しくてどちらを選べばいいのか、わからなくなりました。何を選べば観察できるのかご存知の方、教えていただきたいです。あと、それは個人でも購入できるものなのでしょうか?どうぞ、よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

磁石は100均のもの、つまりフェライトで十分です。アルニコとかネオジウムなどは高級スピーカや小型モーターなどに使うもので必要ありません。ただし、100均のものにもいろいろあるので、売り場の鉄製の棚などに付けて磁力の強さを確かめた方がよいでしょう。

磁力線観察には砂鉄が一番向いています。公園の砂場に行きましょう。ビニール袋に包んだ磁石を砂場で引きずればすぐにたくさん付くので、それを別の袋にこすぎ落として貯める、ということを繰り返せばすぐに十分な量が採れます。この砂鉄を白い紙の上に置いて、下から磁石を当てて動かせば磁力線の動きがよく見えますよ。

Q角川の「類語国語辞典」を素早く引きたい。

角川の『類語国語辞典』(http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4040120000/qid=1141472311/sr=8-2/ref=sr_8_xs_ap_i2_xgl14/249-1334781-2808320)を気に入って使っているのですが、文章を書いている途中に気になった言葉があり調べてもピッタリした言葉を探し出すまでに時間がかかってしまい、結局何を書こうとしていたのか忘れてしまうことがあります。
自分なりに見出しに付箋をつけたり、目次に色分けしたりしてみたのですが、まだまだ引くのが遅いです。。

そこで質問です。

辞書を良く引かれる方。
早く辞書を引くコツ(?)みたいなのはありますか?

主にPCで書いている為、CD-ROM版の類語辞典も考えたことがあるのですが、やっぱり「角川書店」の類語辞典じゃなきゃダメなんです・・・。

ここで調べたら角川の『類語辞典』が入っている電子辞書を見つけたのですが、調べたところ角川の『類語'新'事典』で私の気に入っているほうではありませんでした。。

角川の「類語国語辞典」が収録されている電子辞書、またはソフト等ありましたらどうぞ教えてくださいm(__)m

よろしくお願いします。

角川の『類語国語辞典』(http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4040120000/qid=1141472311/sr=8-2/ref=sr_8_xs_ap_i2_xgl14/249-1334781-2808320)を気に入って使っているのですが、文章を書いている途中に気になった言葉があり調べてもピッタリした言葉を探し出すまでに時間がかかってしまい、結局何を書こうとしていたのか忘れてしまうことがあります。
自分なりに見出しに付箋をつけたり、目次に色分けしたりしてみたのですが、まだまだ引くのが遅いです。。

そこで質問です。

辞書を良く引かれる...続きを読む

Aベストアンサー

んー? あれは牽きやすい辞書だと思いますがね。もう一冊べつのを使ってご覧になれば同感していただけるかもしれません。今はもっぱら『日本語大シソーラス』に当たりますが、これ引きにくい。総索引じゃないから空振りが多くて。

あれ? 「目次」ですか? それはなんのことだろう。色分けってことは、語彙分類体系表のことですか? 見出しと併せてお使いになるようなので、これか! もしそうなら、そりゃ信じられないような使い方ですな。

しかしほんとかなあ。私はそんな引き方をしたことは一度としてありませんが。必ず索引で引きます。これは総索引なのでまず空振りはしません。いま書いている文章にぴったり嵌まるわけじゃないけど近似している語で引いて、その語の近辺にを眺め渡すわけです。って当たり前のことくだくだ説明してるようで戸惑います。いや、念のためですからどうぞお叱りなきよう願います。

お詫びがわりに私が見つけた索引の誤りを二三あげておきます。「崇敬454」は「崇敬474」、「長老441」は「長老551」、「取り込む340b」は「取り込む230b」がそれぞれ正しいはずです。手元のは平成五年の七版です。

んー? あれは牽きやすい辞書だと思いますがね。もう一冊べつのを使ってご覧になれば同感していただけるかもしれません。今はもっぱら『日本語大シソーラス』に当たりますが、これ引きにくい。総索引じゃないから空振りが多くて。

あれ? 「目次」ですか? それはなんのことだろう。色分けってことは、語彙分類体系表のことですか? 見出しと併せてお使いになるようなので、これか! もしそうなら、そりゃ信じられないような使い方ですな。

しかしほんとかなあ。私はそんな引き方をしたことは一度とし...続きを読む

Q棒磁石で、磁力の一番強いところはその両端だと言われていおますが、、、

棒磁石で、磁力の一番強いところはその両端だと言われていおますが、、、
その理由を、暗記でなく・・・直感的に理解してみたいです。

説明いただけると、ありがたいです。
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

荒っぽい事を書きます。
棒磁石[AB]で考えます。
端に小さい鉄片(クリップ)を近づけるとくっつきます。
真ん中の方に持って行ってもほとんどくっつきません。
もうひとつ棒磁石[CD]を用意します。
[AB][CD」とくっつけます。
2倍の長さの磁石[AD]になります。
[AB]、[CD]と別々であればくっついていたはずのB,CのところがBCとくっつくとくっつく力が弱くなるのです。接触点のごく近く以外はくっつかなくなっているのが分かると思います。
電気の場合の+-の打ち消しと同じようにNSの打ち消しが起こっています。
磁気がなくなったわけではありませんので磁力線が磁石の中に閉じ込められてしまったという表現をする方がいいかもしれません。BからCに磁力線が直で入ってしまって外に出なくなってしまったということです。

だから逆に棒磁石[AB]を2つに割ると[AA'][B'B]という2つの磁石になってしまいます。

磁石の真ん中はクリップをくっつける力は弱いというのがどういうことか分かってもらえましたでしょうか。

Qやはり類語辞典は……

オンライン上に無料の類語辞典はないだろうか?と探しているのですが見つかりません。やはり無料で見つけようとしているのが間違いでしょうか。
言語工学研究所のがとても良さそうに見えるんですけど、もうサービスをやめてしまったのですよね?(T_T)。
もし万が一「ここに類語辞典があるよ!」ということをご存知の方は教えていただけませんか?

Aベストアンサー

英語のThesaurusだったら...

参考URL:http://www.m-w.com/

Q複数の磁石を使ったときの磁力について

磁石を使って鉄を吊ろうと考えています。1個では心配なので2~4個を並列に使用して吊ろうと考えていますが、この時磁石同士が干渉し合い磁力が低下するのでしょうか?また複数個の磁石を使用するときの問題点、注意点があれば教えてください。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

磁力にもよりますが、そんなに近づけなければ特に極性を気にしなくても弱まる事は有りません。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報