現在フリーターを研究している学生です。
テーマは「フリーター増加に対する教育全般における対応や対策」です。

大学や高校、中学、小学校など全ての教育という観点から行われているフリーター対策について、何かしらの知識をお持ちの方がおられましたらお教え頂きたく投稿させて頂きました。

現在、発見している対応ないし対策は

1)ビジネスインターンシップ(中央大学経済学部)
2)学校インターンシップ(八王子市)
3)トライやるウィーク(兵庫県)

です。

その他、どのような些細な情報でも構わないので、回答の方宜しくお願い致します。

このQ&Aに関連する人気のQ&A

A 回答 (2件)

ちょっと的外れかもしれませんがこれから先少しずつ変わっていくのではないかと思っています。


失業率が上がっていけば仕事がある喜びが身近になってくるでしょう。
今まで仕事は楽しくないものと言うイメージを親が持ち子に知らず知らず伝えていたように思います。
発展途上国では仕事を得る喜びをみんなが知っています。
一番いいのは発展途上国の貧しい家庭にでもホームステイすることかな。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

まず、回答していただいたこと感謝いたします。

確かに仕事とは生活をするため、家族を養うため、などという価値観が形成されていたようにも思います。特に問題なのは仕事というイメージだけで実際に仕事現場についての知識を今の若い人たちは持っていないということなのではないでしょうか?

最近では日本を離れて海外に逃亡(本人達はそう言っています)して仕事をしていく人も多くなってきているようですが・・・

今の平面的な教育(偏差値一辺倒?)から個人の価値観形成やコミュニケーション能力を形成していくような多次元的な教育が必要なのではないかと私は考えています。その過程としての制度みたいなものを模索しているのですが・・・。なかなか難しいものです。

mirai_2000さんの発展途上国で仕事を得る喜びという考えはとても大切だと思います。とても参考になりました。
ありがとうございました。

お礼日時:2001/12/24 23:43

昨年、神奈川中小企業センターで、フリーター対象の就労目的とした講習会を開催しました。

(確か)
ただ、インターンシップとフリーターとはあまりリンクしない気がしますけどね。インターンシップは将来に関連した、学校教育上んも就業体験のことのはずです。なお、インターンシップについて、フリーターからの切り口はないですが、参考資料として神奈川県教育委員会「高等学校におけるインターンシップ実践の手引き」(非売品。ただし問い合わせてみる価値あり)また、通商産業局産業政策局でインターンシップハンドブックが作成してます。(詳細不明)
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する最新のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報

カテゴリ