首相か総理か・・という質問がありましたが、それに対する回答の一つに「外国の要人の肩書きは業界に定着した翻訳用語があり、首相、書記長、総経理、 長官、主席など慣例に従って使用されています。」とありました。

その翻訳用語というのはどこに記載されているものですか?
というのも98年に北朝鮮の金正日は「総書記」から「国防委員長」に変わったのですが、日本では今だ「総書記」です。ちなみに韓国では「国防委員長」と呼んでいます。今後もし変わるとしたら誰が(政府機関?マスコミ?)いいだしっぺになるのでしょう?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

>日本では政治指導者としての「総書記」を重視し、韓国では軍事指導者としての


>「国防委員長」を重視してるだけのような気がします。 ・・とおっしゃる根拠は
>ありますか?私は言葉の翻訳上の問題だと思ってました・・

 根拠はないです^^;
 というよりも韓国語の新聞を読んでないんで、金正日氏の事をどの役職で書いて
あるのか知らないんですよ^^;
 翻訳上の問題と仰ってますが、北朝鮮も韓国も漢字文化圏ですから、向こうの表記
そのままで役職は解釈したほうがいいと思います。

>zawayoshiさん韓国もしくは北朝鮮の政治に強いですか?

 韓国は大学時代3週間の語学の短期留学(ソウル大学)しました。
 ですので、興味はあります。勉強してないですけど^^;

 では、失礼します
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。私は韓国語を勉強中ですが、政治には疎いので何を言われても信じてしまいそうで、あんな反問をしました。ごめんなさいね。

北朝鮮も韓国も漢字文化圏ですから、向こうの表記そのままで役職は解釈したほうがいいと思います。・・という「解釈」は「理解」するという意味でしょうか?あるいは「翻訳」するという意味でしょうか?(最初の質問とズレますが・・)韓国の「(李漢東)首相」は韓国語では「国務総理」と言います。そうすると、「国務総理って何?」ってことになって・・。

韓国では日本の政治家、政治組織は漢字をそのままハングル表記しているだけで、逆にそれで韓国人はわかるのかなーて思ったりしてます。(ex.昔の「大蔵省」)

朝鮮日報、東亜日報、中央日報はインターネットで日本語版が見れますが、訳はまちまちです。(「金正日」など・・)

また、ご意見聞かせてください。

お礼日時:2001/09/24 13:12

答えになっていないかもしれませんが…


金正日氏は「総書記から国防委員長になった」のではなく、93年に国防委員長就任、
97年に総書記になっております。その際国防委員長の職は辞しておりません。
今なおもって「総書記兼国防委員長」ということになってます。

日本では政治指導者としての「総書記」を重視し、韓国では軍事指導者としての「国防委員長」を
重視してるだけのような気がします。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ふ~ん。そうでしたか・・。「総書記兼国防委員長」とは・・。

日本では政治指導者としての「総書記」を重視し、韓国では軍事指導者としての「国防委員長」を重視してるだけのような気がします。 ・・とおっしゃる根拠はありますか?私は言葉の翻訳上の問題だと思ってました・・

zawayoshiさん韓国もしくは北朝鮮の政治に強いですか?
これからも私の質問に答えて下さい。よろしくお願いします!

お礼日時:2001/09/20 16:02

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q池田SGI会長と金正日総書記

池田先生と金正日総書記の偉大なる先人から学ぶべきものは何ですか?

Aベストアンサー

ウリ・チュチェ思想です。
and P(president or pachinko)献金することです。
ウリナラ・マンセー!!!!!

Q編集委員と解説委員はどう違う?

日本テレビ系「ズームイン!!SUPER」に出演している橋本五郎氏は読売新聞特別”編集委員”で、辛坊治郎氏はよみうりテレビ”解説委員”である。
編集委員と解説委員はどう違うのか?

Aベストアンサー

編集委員は、新聞社において、専門分野の取材をしてコラムや企画記事などの執筆をします。ライン職ではありませんが(つまり、偉い人だが部下はいない)、しばしば特別の取材チームを任されてその分野の連載などを手がけたりもします。ただ、「編集の責任役職」というのは違います。紙面全体に責任を持つのは論説委員長であったり編集局長であったりしており、編集委員は、その名前に反して、自分の書いた記事以外に責任を持つことはありません。

一方、解説委員は、新聞で言う論説委員のテレビ局・ラジオ局版です。ただ、放送局は放送法上、不偏不党の客観報道が義務づけられており、新聞社と異なり言論機関ではありませんので、「論説」ではなく、ニュースを分かりやすく開設するという意味の「解説」委員となっています。他の回答にある通り、記者・デスク経験を積んだベテランがなる役職のようです。

Q首相再訪朝と首相保険料未加入

お世話になってます。
14日でしたか、タイトルの二つのニュースが発表され、民主党の「新代表小沢氏へ」のニュースがかき消されましたね。

このとき、民主の岡田幹事長がマスコミに対し「首相がらみの二つのニュース、未加入を頭に持ってこないとマスコミの良識が問われるよ」と言っていました。翌日の各紙は、朝日、毎日が未加入を、読売、産経が再訪朝をトップニュースに持ってきました。

私としては、首相の未加入もまあ問題でしょうが、きっと歴史的な事柄になる再訪朝と、義務でもない時期の未加入ではニュースバリューははっきりしていると思うのですが…それをいう岡田さん自身の良識が問われるのでは。

それとも、未加入の方がトップにくるなにか別の理由があったのでしょうか?マスコミに詳しい方、教えてください。
 

Aベストアンサー

そうですね、北朝鮮再訪問という、今までは考えられなかったような歴史的出来事が、首相の40年前の任意未加入というくだらない (?) 問題より扱いが小さくなったというのは、権威ある大新聞社のやる事ではないですよね。 どちらが国家・国民にとって大事件か読者は把握していますよ。 やはりこれら二社の見識は、世間でよく言われるとおりだと、批判されても仕方がないように感じます。 軽薄というか、バカ騒ぎが大好き、というか ・・・

一方、私が聞いた範囲では、この二社も苦渋の選択で北朝鮮再訪問を小さく扱ったという憶測もあるようですよ。

つまり、民主党の管代表の未払い問題が発生した時に、朝日・毎日は連日一面トップで 「辞任、辞任」 と、配下のTVの報道番組も含めて大掛かりなキャンペーンをしてしまったんですよ。 報道ステーションやサンデープロジェクトなど、そうでしたね。

そのため、小泉首相の未加入問題が出た時に、同じように一面トップで扱わないとバランスがとれない、という判断でこうなった、という事です。 

本当はくだらない問題、という認識は彼らにも内心あったとは思いますが ・・ だって、何の責任も無い、たかだか一野党の党首と、内閣の最高責任者である総理大臣と同じように論じる事は無理でしょう。

反対に、読売・産経は、管代表の問題が発生した時に、上の二誌ほどヒステリックに辞任キャンペーンをしなかったため、小泉首相も同じように、二番手の記事と扱ったようです。 良い判断だったと思いますね。

真偽のほどは定かではありませんが、当時の紙面を読み返すと、なるほど、と思っちゃいましたよ。

そうですね、北朝鮮再訪問という、今までは考えられなかったような歴史的出来事が、首相の40年前の任意未加入というくだらない (?) 問題より扱いが小さくなったというのは、権威ある大新聞社のやる事ではないですよね。 どちらが国家・国民にとって大事件か読者は把握していますよ。 やはりこれら二社の見識は、世間でよく言われるとおりだと、批判されても仕方がないように感じます。 軽薄というか、バカ騒ぎが大好き、というか ・・・

一方、私が聞いた範囲では、この二社も苦渋の選択で北朝鮮再...続きを読む

Q会長が゛変・百田委員が変・長谷川委員も変・でN

NHKの会長が゛変なと思っていたら、、百田経営委員・長谷川経営委員も
変な見たいですが、どうなんですか。
みんな安部ちゃんのお友達みたいですけど。

NHKは大丈夫ですか。

Aベストアンサー

 実際に安倍さんはさほど頭の良い人物でもありませんね、審議会や委員には自分の意見と近い立場の方々を据えて、御自身の見解を保管させようとするお友達好みのご様子で。もし多様な意見を下にして議論するとの憲政のあり方を理解しているならば、違う意見の方も委員として任用することが自然です。仲間だけで集まっては近視眼的にもなりがちです。
 多くの著作を発表している、やら日本を代表する哲学者との理由で官房長官は火消しに躍起となっているご様子ですが、ペラペラの小説を幾ら書こうともそれが日本の文学を代表することにもならないことは明らかで、自分好みの選択としかいえませんね。
 ましてや「日本を代表する哲学者」であるならば、哲学学界での発表や評価もあることになりますが、それも覧られません。
 ということで、あの人達は言葉遊びをして自己満足に浸っているだけなのでしょうね。報道に携わる者や報道の意味を理解するならば、あの様な人選は無理筋でしょう。
 「経営委員といっても個人の言論は自由です」というならば、もっと自身の発言に責任を持つことが必要で、それがないならば、報道に関与する資質に疑念を生じます。
 あちらこちらで同じ様な発言をしている金美齢さんと同様に、中根千枝さんとは大違いですね。見識を疑います。同じ社会科学の領域に携わる者としては恥ずかしい。

 実際に安倍さんはさほど頭の良い人物でもありませんね、審議会や委員には自分の意見と近い立場の方々を据えて、御自身の見解を保管させようとするお友達好みのご様子で。もし多様な意見を下にして議論するとの憲政のあり方を理解しているならば、違う意見の方も委員として任用することが自然です。仲間だけで集まっては近視眼的にもなりがちです。
 多くの著作を発表している、やら日本を代表する哲学者との理由で官房長官は火消しに躍起となっているご様子ですが、ペラペラの小説を幾ら書こうともそれが日本の...続きを読む

Q毎日新聞社の『開かれた新聞』委員会の構成委員は?

毎日新聞社者は、社外の有識者でつくる第三者機関「『開かれた新聞』委員会」を設置し「waiwai」不適切記事の問題への対処等について見解を求めるとしていますが、この構成委員がサイトにも記載がなくわかりません。

聞いたところによると、今年6月頃の新聞紙面に掲載されていたという事ですがどなたかご存知ないでしょうか?
具体的に氏名・役職を回答することは問題あるのかもしれませんので、たとえば、作家○人、評論家○人、毎日新聞○人(もしくは比率)でも結構です。
知人の記憶では、構成委員の80%~90%が毎日新聞社員だったというのですが、私にはとても信じられません。
ご存知の方がいらっしゃいましたら教えてください。

Aベストアンサー

現在(7/1)に至るまで第三者機関「『開かれた新聞』委員会」の合日時すら決まっていません。
現在委員会のメンバーは明らかにされていませんが、
過去に開かれた委員会のメンバー・出席者は以下のとおりです。(2008年6月7日朝刊より)
柳田 邦男(作家)
玉木 明(フリージャーナリスト)
田島 泰彦(上智大教授)
吉永 みち子(ノンフィクション作家)
朝比奈 豊 (主筆・毎日新聞 本事件における処分者の一人)
菊池 哲郎 (取締役・毎日新聞)
伊藤 芳明 (東京本社編集局長・毎日新聞)
倉重 篤郎 (東京本社編集局次長・毎日新聞)
河野 俊史 (東京本社編集局次長・毎日新聞)
磯野 彰彦 (東京本社デジタルメディア局次長・毎日新聞 本事件における処分者の一人)
小松 浩 (政治部長・毎日新聞)
逸見 義行 (経済部長・毎日新聞)
小川 一 (社会部長・毎日新聞)
広田 勝己 (地方部長・毎日新聞)
渡部 聡 (写真部長・毎日新聞)
吉田 弘之 (外信部長・毎日新聞)
岩松 城 (西部本社報道部長・毎日新聞)
冠木 雅夫 (「開かれた新聞」委員会事務局長・毎日新聞)

 ただ基本的な会合は毎日新聞社の構成委員だけで行われます

又、
>毎日新聞は今回の対応が妥当だったか、社外の有識者でつくる第三者機関
>「『開かれた新聞』委員会」に見解を求めることにしている。    ~~~~~~~~~~~~
>ご意見は、「開かれた新聞」委員会事務局(電子メール  t.media@mbx.mainichi.co.jp、ファクス・03・3212・0825)へ。
ちなみに
>●毎日新聞
>  【投稿先】
>  封書:毎日新聞各本社・支社「みんなの広場」係 FAX:03-3212-0825

 同じですね。

>構成委員の80%~90%が毎日新聞社員だったというのですが、私にはとても信じられません。
 貴方はとてもいい人ですね。だけど、毎日新聞なんてこんなものですよ

現在(7/1)に至るまで第三者機関「『開かれた新聞』委員会」の合日時すら決まっていません。
現在委員会のメンバーは明らかにされていませんが、
過去に開かれた委員会のメンバー・出席者は以下のとおりです。(2008年6月7日朝刊より)
柳田 邦男(作家)
玉木 明(フリージャーナリスト)
田島 泰彦(上智大教授)
吉永 みち子(ノンフィクション作家)
朝比奈 豊 (主筆・毎日新聞 本事件における処分者の一人)
菊池 哲郎 (取締役・毎日新聞)
伊藤 芳明 (東京本社編集局長・毎日新聞)
倉重...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報