最近、本を読んでいるのですが、面白い本を探すのに、かなり苦労します。そこで、ジャンルは問わずで、面白い本を探しています。個人的に小難しい文体は苦手なので、あっさりした本が良いです。教えていただけたらと思います。お願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (8件)

私はこの人ばっかり勧めているのですが、清水義範(しみずよしのり)さん。


講談社文庫から短編集が沢山出てますが、みんなオモシロいですよ。漫才やコントを見てるようなもんです。それでいて文章はしっかりしていて読み易く、案外勉強になったりもします。
「永遠のジャック&ベティ」「蕎麦ときしめん」「国語入試問題必勝法」などから如何でしょう。パスティーシュ作家なんて呼ばれてますが、構える必要はありません。
英語の教科書の英訳文のパロディーだったり、試験問題の傾向をからかったりしているような内容です。名古屋出身の作家ですから名古屋ネタも多いです。楽しいですよ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

なんだか興味をそそる作家さんですね(笑)
国語入試問題必勝法は、聞いたことがあります。
ありがとうございました。

お礼日時:2001/09/20 18:50

私のお勧めは、北村薫さんです。


すごく人物描写がうまくて、男の人なのになんで女の人の気持ちがこんなに分かるのって感じです。
私と円紫シリーズで東京創元社から出版されている「空飛ぶ馬」「夜の蝉」「秋の花」「六の宮の姫君」「朝霧」(「朝霧」のみ文庫化されていません。ノベルスのみです)
「時」の三部作で新潮社から出版されている「スキップ」「ターン」「リセット」(「リセット」のみ文庫化されていません。新書版のみです)
かなりおすすめの作品です。
あとは、宮部みゆきさんの最近出版された「模倣犯(上下巻です)」すごく考えさせられる作品です。(
よろしければ読んでみて下さい。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

模倣犯は、読みたいですね~。でも、お金が・・・(涙)
中古であったら即買いですね。
ありがとうございました。

お礼日時:2001/09/20 18:55

tyu-yanさん、初めまして。


面白い本、ですか…。人の好みはそれぞれなので、ちょっと迷ったのですが、
あっさりした、割合軽めの文体と言うことでしたら、

  星新一さんのショートショートなんかはどうでしょうか。文庫サイズの本が沢山出ていますよ。

  ミステリ+ヤングアダルト、という感じのものでは、高里椎奈さんの、「薬屋探偵妖奇談」シリーズなんかも面白いと思います。

  これはミステリになってしまいますが、有栖川有栖氏の、「朱色の研究」なども、割合読みやすいと思います。

  異形コレクションというホラーが不気味で怖くて良かったのが、篠田真由美さん。
  「夢魔の旅人」(短編集)という単行本と、「還ってくる…」「虚空より」という文庫が出ています。
  文庫の収録作品は実は未だ未確認なので、かぶっているかも(汗

  シオドア・スタージョンの「夢見る宝石」。SFで、気持ち悪い部分もありましたが、早く読めて、面白かったですね。

──という処でしょうか。こんな風に羅列してしまうと、何がオススメだかが怪しくなっていそうで怖いですが、どれも面白かったので。
作家さんのいちファンとして、これを機に、興味を持って読んでいただければ幸いです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ショートショートは読みやすくて良いらしいですね。
詳しく書いていただいて、ありがとうございました。

お礼日時:2001/09/20 18:52

私が今読んでいるのは、絵のない絵本というアンデルセンの作品です。


薄くて、文章はあっさりしていてオススメです。
これは、アンデルセンに月が話してくれたことを1夜ずつ書いていった
1夜完結の内容です。私の場合はカフェへ行くときに1章ずつ読むように
しています。

星新一さんの「未来いそっぷ」や群ようこさんの「無印~」シリーズも
面白いです。
    • good
    • 0

tyu-yanさん、こんにちは。



私が読んで、おもしろかった!という本を紹介します。
ミステリーものですが、宮部みゆきさんの著作は、全て文句なしにおもしろいです。
特に「火車」や「レベル7」がおもしろかったですが、これらは長編なので、小難しいのが苦手でしたら、短編小説をオススメします。
「我らが隣人の犯罪」など、読みやすいんだけれど、とてもおもしろい作品ばかりです。

あと、おもしろかったのが、ヨースタイン・ゴルデル著の「カード・ミステリー」という本です。
有名な「ソフィーの世界」の著者ですが、この方の本も、とてもおもしろいです!
ドキドキ、ワクワク、夢中で読めますよ。
機会がありましたら、是非読んでみて下さい。
    • good
    • 0

ハンニバルですね。

あれは最高です。動きの描写も分かり易く本が嫌いな僕でも暇さえあれば、ずっと読んでいました。映画を見たなら、余計お勧めします。全然違う話なんで。上下巻とあります。両巻共に800円程度だったと思います。秋の夜長に読むのはちょっと怖いですが。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

外国モノは、インビジブルしか読んだことがなかったので、買ってみようかとおもいます。
ありがとうございました。

お礼日時:2001/09/20 18:41

ファンタジー小説なら、富士見ファンタジア文庫の”ザ・サ-ド”がお勧めです。


ティーンズ文庫と呼ばれる小説は一冊五百円弱~七百円弱と手ごろなので外しても大丈夫!

参考URL:http://www.kadokawa.co.jp/fujimi/
    • good
    • 0

ハリーポッター、どうでしょう?


私は見た感じ厚くて避けていたのですが
中を見たら、活字も大きくて読みやすく
そして、内容もとても面白かったです。
一気に3冊読んでしまいました。
1日で1冊、読めると思います。
はやく続きが読みたいんですよね~。
発売が待ち遠しいです(~o~)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ハリーポッターは売れていますよね。1度どんな物か見てみる事にします。
ありがとうございました。

お礼日時:2001/09/20 18:44

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qさらっ(あっさり)と読める本

高村薫氏の本などが好きなのですが、濃厚なので、たまにはあっさりと読める本を読みたいと思いました。
2.3時間くらいで、何も考えずに、さらっと読める本がありましたら、教えて下さい。
ジャンルは問いませんが、ライトノベルやネット小説はご遠慮下さい。(たまたま読んだライトノベルがご都合主義だったので・・・)
宜しくお願いします。

Aベストアンサー

エッセイでも良いなら・・・
ケンタロウの「おいしい毎日」
→料理研究家のケンタロウさんのエッセイです。
料理や旅、生活の中で気になってる事・・・
それぞれの項目が数ページずつでまとまってるので読みやすいです。

Q青空文庫の本で子供(少年)が登場する本を探してます

青空文庫の本で子供(少年)が登場する本を探しています。
自分は朗読が好きでコンクールに応募しようと思ったのですが選考まであと3日もなくて本を選ぶ時間がありません、ですのでお詳しい方に
本を紹介していただきたいと思ってます。
私は女ですがいわゆる女性声は出なくて子供(少年)が得意なので・・・。
どなたかよろしくお願いします・・・。

感情的なシーンとかあれば尚うれしいです。。

Aベストアンサー

宮沢賢治『銀河鉄道の夜』

Q本に縁のない友人にプレゼント、面白い(動物系)本を探してます!

友人の誕生日に、いつもと違う知的プレゼントを考えてます。
普段本を読まない(ファッション雑誌はたくさん読む)あやつに、今回はちょいカワなブックカバー、それからホラー小説が書かれたトイレットペーパー(フフフ…)、あとは動物にまつわる本をあげたいのですが、何が面白いでしょうか? 
動物でも特に犬がいいです。犬を飼ってて超犬好きで、犬の映画とかボロ泣きするようなのです。(タイタニックとかの感動映画には「ふ~ん」という感想)。
犬の写真集みたいのでもいいんですが、普段読まない彼女に小説とか文章にも触れてほしいなぁとかそんな風に思ってるので、できれば小説で(エッセイ集みたいのもいいかな)。
でも読みやすくわかりやすい本がいいと思います。なにかいいのはありませんでしょうか?

Aベストアンサー

こんにちは。

佐藤愛子さんの「犬たちへの詫び状」とかいかがでしょう?
http://www.amazon.co.jp/%E7%8A%AC%E3%81%9F%E3%81%A1%E3%81%B8%E3%81%AE%E8%A9%AB%E3%81%B3%E7%8A%B6-%E6%96%87%E6%98%A5%E6%96%87%E5%BA%AB-%E4%BD%90%E8%97%A4-%E6%84%9B%E5%AD%90/dp/4167450119/ref=sr_1_22?ie=UTF8&s=books&qid=1254578900&sr=8-22
佐藤さんは「犬嫌い」といいつつも沢山の犬をかわるがわる飼ってらして、とてもユーモアのあるエッセイです。それに字が大きめなので読みやすいかと思います。

ご参考まで。

Q小学校の頃に読んだ本を探したいのですが、本のタイトルが分かりません。

小学校の頃に読んだ本を探したいのですが、本のタイトルが分かりません。
本の内容は、アオムシかイモムシが主人公で そのムシがある日 履いている靴を木に干していたら風で飛ばされてしまいます。飛ばされた靴を探しに旅に出て 見付けていくのですが、その靴はムシだけに何足もあって、そのうちの1つは ローソクが入れてあるランプ代わりに、ムカデの靴に・・・と様々な使われ方をされていると言うお話です。
絵本ほど本の中身が絵が中心ではなく文章が中心の本だったと思います。とても楽しく大好きな内容だったので大人になってもう一度読みたい、子供が産まれたら読んで聞かせたいと思っているのですが、タイトルが分かりません。どなたか分かる方がいらっしゃったらお願い致します。

Aベストアンサー

こちらだとおもまれますが、
https://www.lib.pref.saitama.jp/licsxp-opac/WOpacMsgNewListToTifTilDetailAction.do?tilcod=3002100019251
確認してください
今は通常流通していないみたいなのでオークションか古本屋で買うか
図書館で借りるしかないみたいですよ

Q大学1年なのですが、軽く読める本と読んでいてタメになる本を探しています

大学1年なのですが、軽く読める本と読んでいてタメになる本を探しています。
どちらかというと軽く読める本をメインに探しています。

読書は嫌いじゃないのですが「好きな著者の名前を挙げてみろ」と言われても回答に困る程度です。何年か前に読んだ乙一の本は素直に面白いと感じました、また読んだことはありませんが東野圭吾の白夜行や流星の絆はドラマで拝見した限りかなり好きだと思います(といってもストーリー的な話ではありますが)
直近の話で、これはライトノベルになってしまいますが神様のメモ帳はとても好きです。

タメになる本に関しての話ですが、大学はここに書くと確実に特定されてしまう少し変わった学科なので…
大学生のうちに読んでいたらよかった、大学生にぜひ読んで欲しい、読んでたら後々使えますというような本があったらよろしくお願いします(非常に曖昧な表現でごめんなさい)

以上少しでも参考になればと思います。
(ライトノベルの例を挙げましたが、できればライトノベルを除いてでお願いします)

それでは、ご教授よろしくお願いします。

Aベストアンサー

ためになるかな?ちょっと古いけど。

竹内久美子『そんなバカな!-遺伝子と神について-』

1991年(平成3)に出版されるやベストセラーとなり、平成4年度の第8回講談社出版文化賞「科学出版賞」を受賞。動物行動学の知見を駆使して、日常の様々な事象をユニークな視点で解説。特にリチャード・ドーキンスの利己的遺伝子は、竹内の著作の中で、世の中を読み解く際の重要なキーワードとなっている。その軽妙洒脱な筆致とも相俟って話題となり、多くのファンを獲得した。その後は、週刊文春での連載「私が、答えます」のち「ドコバラ! ドウブツコウドウ学バラエティー!」、「竹内久美子のイキモノローグ」のコーナーを担当。

なお、生物学者の伊藤嘉昭らは、竹内の一連の著作は理論の濫用だとして批判している(ウィキより)

軽く読める本

村上春樹「神の子供たちはみな踊る」「東京奇譚集」
宮本輝「彗星物語」「私たちが好きだったこと」

本屋大賞の受賞作などは(毎年一位から十位まで選出)
映像化されている作品も多く、読みやすいですね。
「博士の愛した数式」(小川洋子)
「一瞬の風になれ」(佐藤多佳子)
「ゴールデン・スランバー」(伊坂幸太郎)
「夜のピクニック」(恩田陸)など

ためになるかな?ちょっと古いけど。

竹内久美子『そんなバカな!-遺伝子と神について-』

1991年(平成3)に出版されるやベストセラーとなり、平成4年度の第8回講談社出版文化賞「科学出版賞」を受賞。動物行動学の知見を駆使して、日常の様々な事象をユニークな視点で解説。特にリチャード・ドーキンスの利己的遺伝子は、竹内の著作の中で、世の中を読み解く際の重要なキーワードとなっている。その軽妙洒脱な筆致とも相俟って話題となり、多くのファンを獲得した。その後は、週刊文春での連載「私が、答えます...続きを読む


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報