私は、築23年木造住宅に住んでますが、洋間(10畳)キッチン(8畳)部分的に床がぼこぼこ音がここ1年前からするんですが、リフォーム業者に見積もってもらったら50万円位でした。もう少し安い方法がありましたら教えていただきたいのですが…

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

リフォームのやり方はごゴミを出す方法と、ゴミを出さない方法の二種類あります。


ゴミを出す方法と言うのは、悪いところを全て取り替える方法で、ma-chikunさんの場合だと
恐らく、根太や大引まで取り替えることになると思います。それプラス、ゴミとして出てくるのは18畳分のフローリングですね。
捨てるだけでも(最近は産廃に関する法律が事細かに設定されていますので)原価で25000円位かかります。
大工さんの手間賃を一日20000円として、準備からいれて約3日の工事ですから60000円。それに床材と、補強用の合板が必要です。これはm23500円位から上は限りなくあるので、
予算と、あと何年その家に住まわれるのかを合わせて考えるのが良いと思います。
TOTAL18畳って言うことは約30m2ですね。工事代金を割ってみるとm2あたり約16700円・・・
こちらの方法で見積もられているのなら、5年や10年は平気な階層が出来るでしょう。
もう一つ、ゴミを出さない方法は、なんでもかんでも上から張り被せて強度を上げながらゴミも出切るだけ少なくしようと言うものです。
ただし、床板が分厚くなる感じですから、出入り口や窓などの「枠」関係の工事も必要となります。もし、見積りに「枠工事」というのがあれば、こちらの方法と見て良いのではないでしょうか。
また、床下に炭を引く・・・とありましたが、床下にかなりの湿気があるのでは?と思われます。
墨を引けばなんでも解決するようにおっしゃる業者さんが居ますが、「民間療法」程度に考えておいた方が良いでしょう。
現段階では、科学的な根拠は少ないですから・・・。
話はそれましたが、こちらの方法は悪いところの根本的解決をしないで工事を済ませてしまう怖れが多分にあります。
ゴミを出さないし、大工さんのてまも少なく済むのでやすいのであればいざ知らず、50万円はほんの少し頂きすぎかと思います。
炭代がm2あたり3000位かかっているんじゃありませんか?この方法だと早ければ2~3年で床がなったり、沈んだりする可能性が有ります。

結論、あと10年ぐらい住むのであれば50万円程度掛けて全て取り替える方法がお奨めです。一年あたり5000円ですね。
もし、10年未満で建て替えたり引っ越したりするのであれば、ゴミを出さない方法で「基礎」部分を少し点検してもらってできるだけ安く値切りましょう。
もちろん「炭」も無くすのですから、今の見積書から「炭」の値段を外してから交渉するのがコツです。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

誠意のあるそして、的確な回答ありがとうございました。未熟な質問にお応えいただき……(ricky 1213さんの人柄がうかがえます。ホントにありがとう(・_・))
とても参考になりました。もう一度しっかり考えてみます。

お礼日時:2001/09/23 23:38

専門家ではないので、噂話程度に聞いてください。


えっと、まず、見積の内容を見ていただきたいのですが、、、。
床がぼこぼこってコトは、床板が薄くなっていたりクギがトんでいたり、、、また、もしかしたら床板を下支えする「根太」だったかな!?よーするに、横の棒なんですが、こちらが崩れていたりという原因だと思います。
リフォーム業者は10畳、8畳の床面全部をフローリングにするとかの見積を出したりしてませんか!?!?
悪意でなくても、良くするためには経費も必要となります。どの程度の補修、あるいは改修をしたいかによって経費は全く変わってきますので、まず、見積の内容と業者にどーするのかを確認のうえ、そのあとで、ご自分がどーしたいのかを考えれば経費は安くなる場合もあると思いますよ。。。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早々の回答有り難うございました。パソコンを使い始めて10日位なので質問の内容が十分伝わらなくてすいません。
リフォーム業者の見積もりは、竹炭を敷きしめるようです。床下湿気対策と リビング床重ね貼り(リビングだけで50万位です……)
まだ考えがまとまっていないので参考にさせてもらいますね。
ありがとうございました。

お礼日時:2001/09/20 10:13

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qレントゲン被曝について。

レントゲンを何度も受けても問題ないと言われていますが、蓄積しないからですか?

しかし微量のレントゲンでもDNAに傷をつける恐れはありますよね?
しかし微量であれば問題ないと言うのはDNAを傷つけても微量なら回復するからですか?
微量とはどの程度ですか?

神経質ですが、レントゲン検査室の床や壁、スリッパやベッドなどに放射能は残ってないのでしょうか?

Aベストアンサー

病院などで使われるレントゲン=X線は電気的に発生させた 光 です。
ただエネルギー(波長)が可視光よりも強いため目には見えません。人はエネルギーが弱い【赤い光】~エネルギーの強い【紫の光】までしか見ることができません。赤よりも弱いエネルギーの光が赤外線、紫よりも強い光は紫外線と呼ばれます。
エネルギーが強く人の体を通り抜けてしまうのがX線です。その通り抜けた光をフィルムやX線を記録できる装置に写しこむことで画像にするのがレントゲン撮影やCT検査です。いわばカメラのフラッシュの強力なやつを想像していただければよろしいかと。フラッシュの光、後には残りませんよね?ですから検査室に放射能が残っていることはありません。

放射能=放射線を出す【能力】を持った物質=放射性物質です。
地球上では何にもしていなくても毎秒数十の放射線(宇宙から来り地表から来り体の中の物質から出たり)が体を通り抜けています。生物は有史以来放射線と付き合ってきていたのです。ある程度は修復されます。たまたま運が悪く修復し切れなかったとき癌などの形で現れます。
病院でレントゲンを撮ったせいで病気になる、可能性もあります。でも数十年後になった癌が自然由来なのか被曝由来なのかなんて誰にも分からないのが実際です。だから少しでも可能性を減らしましょう、という事なのです。

また微量な放射線を日ごろ受けている人は逆に癌などになりにくい、という放射線ホルミシス論というのもあります。毎日のようにレントゲンを受けているような検査部門の医師や看護師・放射線技師などが癌になりやすいというデータは無いです。

病院などで使われるレントゲン=X線は電気的に発生させた 光 です。
ただエネルギー(波長)が可視光よりも強いため目には見えません。人はエネルギーが弱い【赤い光】~エネルギーの強い【紫の光】までしか見ることができません。赤よりも弱いエネルギーの光が赤外線、紫よりも強い光は紫外線と呼ばれます。
エネルギーが強く人の体を通り抜けてしまうのがX線です。その通り抜けた光をフィルムやX線を記録できる装置に写しこむことで画像にするのがレントゲン撮影やCT検査です。いわばカメラのフラッシュの強力...続きを読む

Q洋間を和室として利用する為に、洋間に畳を敷いたが雨が直接吹き込みますが、、

洋間を和室として利用する為に、洋間に畳を敷いたが雨が直接吹き込んで困っています。
畳屋さんに和室への変更を頼んだら、簡単に畳を入れてくれたので安心していたのですが、よく考えたら、和室は、窓枠の位置が高いとか、障子が入っていたりで、雨に直接は触れにくくなったいます。
しかし、今回の洋間の畳は、サッシのすぐ隣まできていますから、窓を開けているときに、雨でも降ろうものなら、直接、畳に雨が当たり、畳が腐るのではないか?という発想が頭をよぎります。
この状態で放置で大丈夫でしょうか?

Aベストアンサー

洋間であれ普通の雨が吹き込むというのは、ひさしがないからでは?

吹き降りのときに窓を開ける事はないはずなので、デザイン性かもしれませんが構造上の問題でしょう。

賃貸では無理かも知れませんが、エクステリア用品でひさしを検討しては如何でしょう。

Q腰椎のレントゲン費用について

11月26日に、大学附属病院で腰椎椎間板ヘルニアの術後検査をします。

レントゲンは、正面と左右の3枚撮る予定です。

レントゲン後に、整形外科の診察を受けます。

点数は幾つくらいになりますか?

5000円用意してますが、足りますかね?

ベット数が200床以上の大学附属病院で撮ります。

Aベストアンサー

補足読みました。
まずレントゲン検査と診察しか書かれていない事ですがこれはあくまでも予定の話しです。

術後はレントゲンと診察と書かれていても当日MRIもやりましょうといわれてしまうのはごくふつうのことです。

まぁお金が無ければ翌日にでも持って行けばよい話しなので5千円しか持って行けないなら
万が一の時は翌日に届ければ問題有りませんけどね。

Q築35年の木造住宅の押入れのカビ

2ヶ月前に購入して引っ越してきました。
3年以上誰も住んでいなかった家なのでジメジメはしていたのですが、住み始めて換気をよくしてなるべく通気を気をつけてきました。

全ての部屋、押入れ、湿気がひどいのですが特に
気になるのは、浴室の裏側にある和室の3尺幅の押入れと一間幅の押入れです。(押入れが浴室と接してます)
床がフニャフニャで沈んでいて見るからに湿気がこもっているようには見えたので除湿機をかけて乾燥させてから、すのこを敷き、物を入れてました。襖も外してレースのカーテンにしてなるべく通気させていたのですが、今朝、何気なく見たらすのこに色とりどりのカビが!!!赤、オレンジ、灰色、黒・・・。モコモコしたカビが大量でした。

今、全ての荷物を出し、すのこを外に出し、除菌スプレーした後乾拭きして除湿機をかけてます。

いずれ新築に立て替える予定なので余計なリフォームなどでお金はかけたくないのですが、なにかいい知恵があれば教えてください。(あと2年は住むようになりそうなので)

参考までに、あちこちリフォームされていて、浴室もリフォームされてます。基礎は布基礎。土手の近くに建っている。和室が多い。2階でも押入れは除湿剤はすぐ取替えサインがついてしまいます。家に居ると体がチクチクします。

(辛口ご遠慮ください)

2ヶ月前に購入して引っ越してきました。
3年以上誰も住んでいなかった家なのでジメジメはしていたのですが、住み始めて換気をよくしてなるべく通気を気をつけてきました。

全ての部屋、押入れ、湿気がひどいのですが特に
気になるのは、浴室の裏側にある和室の3尺幅の押入れと一間幅の押入れです。(押入れが浴室と接してます)
床がフニャフニャで沈んでいて見るからに湿気がこもっているようには見えたので除湿機をかけて乾燥させてから、すのこを敷き、物を入れてました。襖も外してレースのカーテンにしてな...続きを読む

Aベストアンサー

除菌スプレーはひと時です。
かびの菌はいたるところに浮遊していますのでいづらくしてやりましょう。

畳が多いなら床下には入りやすいのではないでしょうか。
一番は床下からの湿気を抑えるためにポリエチレンフィルムを床に敷きこみ砂袋や砂で押さえつけてしまうことです。これで上に向けて上がる湿気はかなり抑えられます。
そうでなくても土手近くなら何かの水があり湿気が多いのでしょうね。

床がふかふかというのは老朽化してくると、
床板が傷む
床板を支える材料が腐る
床を支える構造がシロアリにやられている
等を心配して調べなければいけません。
2年なら床板の交換や重ね張りで我慢できるかもしれません。
シロアリのときは、補強できればして、少しでも早く立替の計画を進めたほうがいいと思います。
地震の時に大変なことになる恐れがありますから。

つまるところ私のお勧めは床下の湿気押さえです。

Q放射線とレントゲンは違いますか?

高濃度の放射線を浴びたら危険なことは分かりますが(もちろん詳しい道理は分かりません)、微量の放射線は蓄積しないのでしょうか?
高濃度の放射線を浴びた人間や物に近づいたらダメなんですよね?
例え微量でも蓄積したら同じではないのでしょうか?

つまりレントゲンは問題ないと聞きますが、微量なら身体に蓄積しないのですか?
例えば、レントゲン検査室の金属部分には蓄積してるなどはないのでしょうか?

原発とレントゲンの放射線は異なりますか?

レントゲン検査室の床や壁に放射線は蓄積されてないのでしょうか?

詳しい方、教えてください。

Aベストアンサー

レントゲンでは、放射性物質は、一切使わず、人工的に放射線(例えると、害のある光)を作って、浴びせるだけなので、蓄積はされません。ただし、DNAを傷つける恐れはあります。

一方、放射線を出す「物」、放射性物質(今、話題の、放射性ヨウ素、放射性セシウムなど)は、「物」、なので、塩分や脂肪などと同じで、食べると体に蓄積します。体の中で、害のある光のようなもの(放射線)を出し続けます。

Q8畳にも広い8畳と狭い8畳がある?

8畳の賃貸アパートを借りているのですがどうも狭いと思って部屋を測ってみたところ12m2弱しかありませんでした。
調べてみると8畳は中京間では13.2496m2だそうです。
果たして自分の部屋は8畳といえるのでしょうか?
畳のサイズは地方によって差があるとはいえこの差は大きすぎる気がします。
騙されたようで非常に悔しいので文句を言いたいのですがそもそも1畳あたり何m2というのは決まっていないのでしょうか?
それとも8畳というのは居住スペースではなくて壁等も入れて8畳なのでしょうか?

Aベストアンサー

皆さん回答されているように、畳のサイズは様々あります。
築が古いと一畳が大きいケースが多いようですが、最近一番使われているのは、団地間170×85ですので、deadmeal様の家も計算すると11.56m2になるので多分そうではないでしょうか。
やはり不動産や仲介業も6畳の表記より、当然8畳の表記の方が人気が出ますから、違反ではないので大きい表記のほうを使いたがります。
地方にお住まいで、特に戸建てからマンションへ引越しされる方は、新築マンションの8畳は古い戸建ての6畳程度と考えたほうが無難です。
基本的に壁は含みません。騙していたのではないと思われますし、不動産業者は文句は何度かいわれた事もあるでしょうから、旨い言い訳は準備してあるものと思われます。畳一畳のサイズを法律で決めて欲しいものですね。

Q1日に2回以上のレントゲンは身体に悪いですか?

 なるべく良い歯医者に通いたいと思いまして、これまで(今から1ヶ月以内)に1週間で3回(うち、2回は同日)、レントゲンを撮りました。

 また、2、3日後に、健康診断で肺のレントゲンを撮ったりバリウムを飲み胃のレントゲンを撮る予定があります。
 
 こんなにレントゲンを撮るとなると、身体に悪影響があるのでしょうか?(被爆してしまいますか?)
 肺のレントゲンと胃のレントゲンは、拒否した方がいいのでしょうか?

Aベストアンサー

歯科のレントゲンは1枚あたり0.02mSvですから、検診の胸部レントゲンの10分の1程度の被爆量です。胃のレントゲンの数百分の1程度の被爆量です。

歯科のレントゲン被爆量はあまり考えなくても良いでしょう。
妊婦さんなら胸部および胃のレントゲンはなるべく避けましょう。

Q築25年木造住宅の耐久性

自室の模様替を検討しています。
増えに増えた本・CDなどを大きな棚に全て収納したいと思っているのですが、築25年ほどの古い木造住宅なので、重さに耐えられるのか不安で躊躇しています。

2階の自室で、現在は本棚に300~400冊の本が納められており、さらに入りきらないものがダンボールで別の部屋に数百冊、そのほかにCDなどがあります。大きな棚を1~2個設置し、そこに全部収納できたとすると、一箇所に重さが集中して床が抜けるんじゃないかと危惧しているのですか、どの程度耐えられるものなのでしょうか?
資材や傷み具合など色々な条件で変わってくるとは思いますが、だいたいの目安などアドバイスをよろしくお願い致します。

Aベストアンサー

床が抜ける程度でしたら良いですが、
おそらく近辺の柱などへの負担は相当なものでしょう。
1冊300Gとして1000冊であれば300KG

建物全体にかかる荷重には問題ない数値でしょうが、
一か所に集中する事で、たとえば地震などに遭遇した場合はひとたまりもないでしょう。
一階に降ろされた方が無難かと・・・。

阪神淡路大震災の経験者としてはお勧めできません。

Q★CTレントゲンの被ばくについて★

★CTレントゲンの被ばくについて★
詳しい方アドバイスください。
かなりのCTやレントゲンをとってしまい、今更ながら心配で仕方ありません。
顎関節症の診断がつかずに、検査検査を繰り返してしまいました。
また今年矯正をするためのレントゲンもかなりとりました。
この5年間に、
・脳ヘリカルCT2回
・頭部レントゲン 3枚
・首のレントゲン 10枚ほど
・歯科レントゲンは20~30枚ほど
・耳鼻科にて副びく炎顔面レントゲン 3枚
:腰レントゲン 5枚ほど
・胃のレントゲン 1回
・マンモグラフィー 3回

5年間にこんなにとってます。
これからも矯正のためのレントゲンがまっています。

こんなに被ばくして、心配でしょうがありません。
38歳の女性です。
どなたかアドバイスお願いします。

心配ないという回答もたくさん読みましたが、不安が消えません。
どうしよう!

Aベストアンサー

No,2です。

私は医者でも有りませんし、以前放射線の勉強をした事があるだけですので参考ぐらいに聞いてください。

頭部に沢山浴びているので心配との事ですが、脳細胞や神経は一番放射線には強いです。
細胞の放射線への耐性は細胞分裂が活発かどうかで決まります。

しかし、脳細胞は細胞分裂しませんし、神経も細胞分裂の頻度は低いので放射線には強いです。
数値を出しますが、確か神経が破壊されるのは40Svを超える強力な放射線で、このレベルではほぼ即死状態です。
ちなみに血液や皮膚は放射線に弱いです。理由は細胞分裂が活発だから。
あと、頭部で支障があるのは目ですが、これも数値は覚えていませんがかなり耐性が有ります。

書き込みの文章から個人的には「レントゲンばかり受けて大丈夫かな・・・・」と言う不安から調子が悪いと感じているだけかもしれません。

一度先生に相談し、血液検査をしてもらって「大丈夫です」と言ってもらえた楽になるかもしれませんよ。

Q築25年木造住宅の土壁の修理について

25年前に地元工務店で、2階建ての木造軸組み注文住宅を建てました。
平成7年には阪神淡路大震災の激震地区にもかかわらず外見は軽傷で済んだのですが、和室3室の土壁がかなり傷んでいます。揺れが大きかったので、四隅は隙間が開き一部はひび、落ちているところもあります。素人の手作業で応急処置をしてなんとなく6年経ちました。土壁の修理としては、また全面を塗りなおすしかないのでしょうか?住みながら簡単に修理できる方法(ただビニールクロスは絶対に使いたくない)を教えてください。
それと、築25年なんて木造住宅はこの先何年くらい住めるものなのでしょうか?震災に遭っているだけに不安です。

Aベストアンサー

土壁は地震につよいんですよ!

はっきり言って、20年以上前の住宅は耐震性に欠けます。ただ、土壁はそれ自身が耐力をもつため、土壁の部屋の多い住宅は地震に強いのです。さて、補修ですが、現在は土壁を塗れる左官職人も少ないでしょう。失礼な言い方になりますが、素人に簡単に補修できるような壁なら職人はいりません。きちんとした職人にまかせましょう。

それから築25年の住宅で、木造軸組で、どれくらい住めるか?状況にもよると思います。新しい建築基準に簡単に住宅の耐力壁を計算する方法があります。お近くの工務店にその旨相談し、耐力計算をしてもらうのがいちばんだと思います。また、良心的な工務店に頼めば細部に渡ってチェックしてくれると思います。

ちなみに、私は工務店の従業員ですが25年前でもきちんと施工してあればまだまだ大丈夫だと思います。その当時の住宅は(わたしの見る限り)ほとんどが立て替えた方が良いと感じますが、きちんとした工務店に頼んでいれば、木造軸組はぜったいに大丈夫です。

参考URL:http://www.mo-house.com


人気Q&Aランキング

おすすめ情報