超伝導ギャップが複素数になる場合(強結合超伝導)がありますが、
それの直感的な意味を教えていただけませんでしょうか。

エネルギーとか振動数の虚部だと、エネルギー準位の寿命幅
で、「準位のぼけ」かなあ、となんとなく納得できるのです
が、ギャップの虚部とは何なのでしょうか。
テキストもいろいろあさってみましたが、どれも「温度グリーン
関数をしっかり勉強してから出直して来い!」という説明で、
追い払われてしまいました、、、、。

P.S.
(以前、グリーン関数の虚部が状態密度になるという他の人の
質問で、1/x=P(1/x)-iπδ(x)
という明快な解答があり、ものすごく感動しました。)

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

> 以前、グリーン関数の虚部が状態密度になるという他の人の


> 質問で、1/x=P(1/x)-iπδ(x)
> という明快な解答があり、ものすごく感動しました

こりゃ私の回答のことらしい.
他の方にもお役に立ったようで,よかった.

さて,どういう話をすればよいのか,ちょっと迷うところです.

○ ギャップΔは,例えば励起スペクトルに √(ε(k)^2 + |Δ|^2) の形で
現れますから,単に位相因子 exp(iθ) をつける(虚部が出ますね)
こと自体は問題がありません.
測定できる物理量は励起スペクトルなどから計算されますので,
結果に出てくるのは生のΔではなくて|Δ|になり,位相部分は表面には現れません.

> エネルギーとか振動数の虚部だと、エネルギー準位の寿命幅で、
>「準位のぼけ」かなあ、となんとなく納得できるのですが、

○ エネルギーに虚部があれば,フーリエ変換して時間の関数にしたとき
exp(iEt - λt) の形になって,準位の寿命になるというわけですね.
温度グリーン関数で言いますと,分母にエネルギーが入っていて,
それに虚部がついた形になっています.
超伝導のギャップはちょっと話が違い,
グリーン関数の分母に √(ε(k)^2 + |Δ|^2) が含まれる形になっています.
そういうわけで,準位の寿命を与える形にはなりません.
南部表示の2行2列のグリーン関数 (G,F, F*, -G) で書きますと,
分母に生のΔが出るように見えるのですが,
逆行列の計算のときにちゃんと √(ε(k)^2 + |Δ|^2) になるようになっています.

○ ギャップは本質的に凝縮電子対の波動関数というのを多分ご存知でしょう.
それなら,波動関数の位相は任意に選べることを考えれば納得が行くんじゃ
ないでしょうか.
例えば,波動関数が ψ(n) の状態のエネルギーは
∫ψ(n)^* H ψ(n) dv
ですから,位相因子は消えてしまいます.
あれ,ψ(n)^* と ψ(m) だったら?
ハミルトニアン自体だったら直交関係から積分値は残りませんが,
摂動でもかかっていたら
∫ψ(n)^* H' ψ(m) dv = <n|H'|m>
なんてのがありますね.
位相因子が勝手でいいの? n とm が違うなら位相因子が消えないよ.
別に構いません.
遷移確率には絶対値 |<n|H'|m>| しか現れませんから!

○ 位相をどう選んでもいいのは普通の波動でも同じです.
exp(ikx - iωt) などとよく書きますが,位相をつけて exp(ikx - iωt + iα)
で構わないわけです.

○ 位相は全く意味がないかといいますと,そうではありません.
光の干渉のときは位相(正確には位相差)が大事でした.
超伝導体ではそういうことはないのか?
バルクな超伝導体では位相をそろえようとする作用が強く(位相コヒーレンス),
簡単には位相が変化しません.
2つの超伝導体を弱く結合させた(細~いブリッジなど)ときはこの作用が弱く,
位相差が生じます.
この位相差によっていろいろな効果が起きます.
これがジョセフソン効果です.

○ 位相の問題は,磁束量子化とも深い関係があります.

次々話題を広げてゆくと,超伝導のテキストになっちゃいますので,
ここらでおしまいにします.

> どれも「温度グリーン関数をしっかり勉強してから出直して来い!」
> という説明で、 追い払われてしまいました、、、、。

そうですね~,温度グリーン関数は超伝導の計算に欠かせないようですから,
仕方がありませんかな.
大分古いですが,de Gennes のテキスト
(Superconductivity of Metals and Alloys)はあからさまに温度グリーン関数を
使っていないテキストです.
日本語訳も出ています.
この de Gennes は液晶の研究で1991年ノーベル物理学賞を受けた人です.

この回答への補足

ありがとうございます。
ともかくde Gennesは読み直そうと思っております。

それから、全部|Δ|^2になるから問題ない、とのことですが、
状態密度D(ω)を計算しようとすると、とたんに、
D(ω)=πN(0)Re[|ω|/√(ω^2-Δ^2)]
となって、Δそのものが入ってきます(N(0)は弱結合のDOS)。
これは位相干渉効果とは思えませんから、単に波動関数
の位相と同じ、と言い切れるのでしょうか。

(私が温度グリーン関数を知らないばっかりにご迷惑を
おかけして申し訳ありません、、、。最近、川村先生の「統計物理」
を読んで、やっと、繰り込み群が何であるか少しわかったところです。
道は遠いですが、このようなwebをみつけて何とか前に進めそうな
気がしてきております。今後ともよろしくお願いいたします)。

補足日時:2001/09/25 11:44
    • good
    • 0
この回答へのお礼

もう一度、回答と状態密度の表式の由来を読み直して気が付きました。
すみません。
>>南部表示の2行2列のグリーン関数 (G,F, F*, -G) で書きますと,
>>分母に生のΔが出るように見えるのですが,
>>逆行列の計算のときにちゃんと √(ε(k)^2 + |Δ|^2) になる

ということで、やはり位相というわけですね。入門書によっては、
虚部は、クーパー対がフォノンを吐いて消滅する時間、と書いて
ある本もあったので、ちょっと気になったのですが、やはり位相という
ことで納得いたしました。
ありがとうございました。
got

お礼日時:2001/09/26 10:13

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QWord で英語を打つ時に変な幅?になってしまいます。

ワードで日本語の後とかに英語を打つ時、文字と文字の間が変に開いて表示されてしまいます。打ち進めるごとに微妙に位置調節がされてる感じで、word と打ちたい所が、勝手に微調節されて、 w o r dという感じになってしまいます。
説明がうまく出来ず申し訳ないのですが、この原因についてご存知の片お教えくださいっ。

Aベストアンサー

状況がよくわかりませんが、
下のいずれかが該当するでしょうか。

(1)英文字で行端まで行って折り返している
単語単位でその行に収まるように自動調整してしまいます。
その段落について「左揃え」をすると自動調整しませんが、
右側が空いてしまいます。

(3)日本語フォントを使っている
起動時の状態で明朝で打っていて英語を入れると
英語のところだけ自動でCenturyなどになると思いますが、
一旦文字を選んで明朝にしたりゴシックにしたりすると
英語のところも明朝やゴシックになって
少し間が空くようになります。
明朝の場合は全体を選んでCentury
ゴシックの場合は全体を選んでArialにすると
間が詰まります。

(3)日本語と英文字の間にスペースが空くことを言っている
「書式」→「段落」で「日本語と英字の間隔を自動調整する」
にチェックが入っていると微妙に間が空きます。
ただしこれは日本語と英字の間であって
英字同士のことではないので違いますかね……

(4)全角で打っている
全角英文字だと間が空きます。
半角だと間は空きません。
これはないか……

状況がよくわかりませんが、
下のいずれかが該当するでしょうか。

(1)英文字で行端まで行って折り返している
単語単位でその行に収まるように自動調整してしまいます。
その段落について「左揃え」をすると自動調整しませんが、
右側が空いてしまいます。

(3)日本語フォントを使っている
起動時の状態で明朝で打っていて英語を入れると
英語のところだけ自動でCenturyなどになると思いますが、
一旦文字を選んで明朝にしたりゴシックにしたりすると
英語のところも明朝やゴシックになって
少...続きを読む

Q高温超伝導 高温超電導 超伝導 超電導 論文

高温超伝導体についての間違った、またはウソの内容が書いてある論文があったら紹介して下さい!よろしくお願いします!!!

Aベストアンサー

論文自体のURLをここで示すのはちょっと違反ですね。
超異説理論の紹介ですよ。うそと決まってません。
では、内容だけ紹介します。

1.高温超電導体は酸素イオンの導電体である。
2.酸素イオンはホッピングで伝導し伝導中にエネルギーを失う。
3.高温超電導体はBCS理論で説明できる。
4.高温超電導体の温度が90K以上であっても、酸素イオンは0K近辺であり、クーパー対を生成している。
5.冷却された酸素イオンは熱的に絶縁されている。なぜならバルクと結合をもっていず、かつ、超電導状態では価電子帯から熱供給をうけないためである。

Q中学1年生の英語のテスト

中学1年生の英語のテストの解答用紙で英語の4線が必要なのですがワードで、だいたいノート15段分くらいの幅で4線を作るにはどうしたらよいのでしょうか。解答欄にはまるような幅で4線を作るのは難しいみたいでみなさん切り貼りしてる方がまわりは多いのです。5月の中旬にテストがあり連休中に案を作成したいのでよろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

こんなのはどうでしょうか?
(1)罫線の文字の横棒「─」(「けいせん」と入力して、変換すれば出てきます)を4段並べます。
(2)その範囲を選択し、[書式]-[段落]の[インデントと行間隔]タブで、「行間」を「固定値」にし、間隔を調節します。
間隔を小さくしすぎると、フォントの重なり合いによって線が消えてしまうので、フォントの大きさと間隔を適当に調整してください。


別の方法としては、
(1)図形の線を1本引きます。
(2)それを3本コピー&ペーストし、4本にします。
(3)線を選択して、間隔を適当に調整します。
(4)シフトキーを押しながら4本の線を選択し、[図形の調整]-[配置/整列]で「左右中央揃え」と「上下に配列」を実行します。
(5)[図形の調整]から「グループ化」します。

(3)の移動が連続的にできないときは、[図形の調整]-[グリッド]から、「描画オブジェクトをグリッドにあわせる」のチェックを外してください。

Qギャップエネルギーとエネルギーギャップ

半導体について。基本的なことなのですが、ギャップエネルギーとは禁止帯を電子が飛び越えるために必要なエネルギー、エネルギーギャップとは禁止帯のこと、と思っていいのでしょうか?

Aベストアンサー

「エネルギーギャップ」は「禁止帯を電子が飛び越えるために必要なエネルギー」の意味に使うのが普通です。
「ギャップエネルギー」という言葉はあまり使わないと思いますし、「エネルギーギャップ」を「禁止帯」の意味で使うことも少ないと思います。

Q英語をマスターする留学以外の方法

大学2年の男です。

以前まで英語をビジネスツールとして用いれるようになり仕事の幅を広げたいと考え、
来年1年休学して留学を考えていました。
しかし現実は1年留学しただけではそこまでの英語力は身につかないから
やめた方がいいという意見が多く、考え抜いた末断念ました。

しかしやはり将来的には仕事の幅を広げる為などの理由から、
英語をビジネスツールとして用いれるようになりたいです。

1年の留学で厳しいなら、他にどのような方法があるのでしょうか?
ご回答よろしくお願い致しますm(_ _)m

Aベストアンサー

英語能力だけ考えれば1年なんて短いです それはそのとおりです

ところで留学というのは、英語能力だけのためにあるんですか?
海外のさまざまな生活、文化、人の交流の仕方、天候、歴史、・・・
いろんなものを見聞きするためのものではないでしょうか
私だったら「このあと海外で生活することもないかもしれないだろうから、失敗してもいいから行ってきなさい」ですね

もう決定したことだから、蒸し返すようなことはしたくないですのでこれで終わりにしますが、言語能力というのはlistening, speaking, reading, writingの4技能だけではないということです
私たちも日本語を話す時、相手の歳、階層、性別、出身などいろんなことを考えながら話しをします
だから、実は大事なことは、4技能以外のこういう社会的知識というか、経験をしないとわからないという面です
ビジネスツールということでしたら、まさにこの社会的知識というものは不可欠です
言語には文化が反映されている、と言われる理由はこれです
留学というのは、そういうものを全てひっくるめて勉強してくるものです

ネイティヴの子供や青年は表面上の言語能力ははっきりいって100%に近い状態です
でもきちんとした会話が成立しなかったりするのは、この社会的知識、専門的には語用(pragmatics)の面がかけているからです

日本国内での勉強方法はさまざまありますが、私は控えます
参考書など選択の余地はたくさんあるからです
でも目に見えないような知識、それも経験してはじめて理解できる内容のものは、本などを読んでも本当の理解は難しいでしょう
実際に体験して、自分なりの理解を持つということが大切でしょう

英語能力だけ考えれば1年なんて短いです それはそのとおりです

ところで留学というのは、英語能力だけのためにあるんですか?
海外のさまざまな生活、文化、人の交流の仕方、天候、歴史、・・・
いろんなものを見聞きするためのものではないでしょうか
私だったら「このあと海外で生活することもないかもしれないだろうから、失敗してもいいから行ってきなさい」ですね

もう決定したことだから、蒸し返すようなことはしたくないですのでこれで終わりにしますが、言語能力というのはlistening, speaking, reading...続きを読む

Q電子殻とエネルギー準位

例えば水素原子について、

電子殻(の半径)とエネルギー準位(からくる半径)は同じものですか?
もしそうだとすると、水素原子の電子は通常はK殻の軌道ですが、
外部からエネルギーが与えられた場合は、電子が1つのくせに
L殻とかM殻の軌道にいるということもありえるということですか?

もうひとつお願いします。

水素の気体を容器か何かを通じて温めて、容器の内側に、水素の吸収スペクトル
の位置にある光をすべて通さないフィルターをつけたとすると、水素の
気体を熱しているのに、一切線スペクトルは出ないという現象が起きるのですか?
(分子によるスペクトルは無視するとして)
容器の中にいないと確認できないですけど・・・

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

前半は正しいです。
水素原子の励起状態ということです。
水素原子の発光というのを習ったかもしれませんが、あの光はこのような励起状態から基底状態(K殻)に落ちるときに発する光で、電子殻の間のエネルギー差に対応した波長の光が出ます。

>電子殻とエネルギー準位は同じ
これ何が言いたいのか分かりませんが。電子殻とエネルギー準位は対応しているということですか?

後半は水素原子のことですか?それとも水素分子のことですか?
水素とだけ書いたら、水素分子なんですが。

水素原子の話として、そうなると思います。

ただし、分子の場合は吸収スペクトルの波長と発光スペクトルの波長は一致しません。数ナノメーターから、数百ナノメーターにわたってシフト(ストークスシフト)が生じます。ですから、吸収波長をフィルターでカットしても、発光が消えるとは限りません。・・・それ以前に、分子を加熱することで発光を観測するのは大変でしょうが。

原子スペクトルの場合はどうなのかな?
分子と違って構造変化が起きないから、シフトしないか、してもシフトは小さいのでしょう。たぶん。
と思うのだけど、基底状態と励起状態の電子状態は異なるから、やはり厳密に波長が一致するわけではないでしょう。
詳しい方におまかせします。自信ありません。

前半は正しいです。
水素原子の励起状態ということです。
水素原子の発光というのを習ったかもしれませんが、あの光はこのような励起状態から基底状態(K殻)に落ちるときに発する光で、電子殻の間のエネルギー差に対応した波長の光が出ます。

>電子殻とエネルギー準位は同じ
これ何が言いたいのか分かりませんが。電子殻とエネルギー準位は対応しているということですか?

後半は水素原子のことですか?それとも水素分子のことですか?
水素とだけ書いたら、水素分子なんですが。

水素原子の話と...続きを読む

Q英語学習教材のサイトでお勧めはどこですか?

現在社会人5年目です。
仕事の幅を広げるために英語の勉強をやり直そうと考えています。
まずは何を始めたらいいのか、お勧めの英語学習サイトなどがありましたら
教えていただけると助かります。

Aベストアンサー

ilovepeiさんこんにちは。

社会人5年目にもなれば少しずつ重要なお仕事も任されてくる時期でしょうか??
英語は確実にいつかどこかで必要になってくる時代ですよね。
私も学生時代に留学経験はあるものの英語力はまだまだ未熟で、実際の仕事現場では悪戦苦闘中です。
社内でもTOEICテスト受験を年1回義務付けられており、帰国子女の同僚が羨ましい限りです。

こちらに紹介しているmyBerryさんは学習教材もすごくいいのが揃っていますし、英語の悩みや相談なども質問できる英語専用サイトなのでとてもお勧めですよ。英語学習のいろはを知るにはぜひ覗いてみてください!!


無料でできる!英語学習サイト!!
http://myberry.jp/about-english/

参考URL:http://myberry.jp/

Q半導体のエネルギー準位について

孤立原子における電子のエネルギー準位と結晶のそれとの違いについて教えてください。

Aベストアンサー

一番大きな違いは、
孤立原子の電子のエネルギー準位は、量子力学によって飛び飛びの値になってるのに対して
結晶の中の電子は、エネルギーがすごく低い(一つの原子のみに束縛されている)電子の準位は飛び飛びですが、比較的エネルギーが高い電子のエネルギー準位は、実用上、連続的になっていると考えてよいです。結晶には、たくさんの原子がありますから、微妙にエネルギーがちがう準位がたくさんあって、見た目上、エネルギー準位が連続に見えます。

Qビジネスツールとして英語を用いる為に

現在大学2年の者です。

今の世界はグローバル化が進み、英語がビジネスツールとして肝要とされる時代になると少なからず考えられています。

自分はTOEIC600程度ですが将来的には英語を用いて仕事をし、
活動の幅を広げたいと考えています。

そこで留学について詳しく調べたのですが、
仮に今から1年休学して語学留学をし(交換留学は間に合わないので)、
必死に英語力向上に励んでも結果を出せない上、
遊学と判断され就活に悪影響が出るという意見が多く、
留学はするべきではないと判断しました。

しかし将来仕事の幅を広げる為に英語を使うことになるとするなら、
時間のある今の内に留学を通して少しでも英語を話せるようにし、
海外の方々の価値観や感覚を肌で感じておくべきではないでしょうか?

それとも今の内に日本で最低限の英語力を身につけておき、
社会人になってから英語が必要になった時に準備すれば、
ビジネスにおいて英語を使えるようになれるのでしょうか?

ご回答よろしくお願い致しますm(_ _)m

Aベストアンサー

先のご質問にも回答した者です。
まだなんとなく、留学をあきらめきれないご様子ですね。
私からは、留学はしたければすればよいですが、就職とは切り離して考えるべきだと申しあげました。

> 海外の方々の価値観や感覚を肌で感じておくべきではないでしょうか

機会があればしておいてもよいでしょうけど、それなら、全世界を回らなければならないことになりますよ。
同じ英語圏でも、国が違えば、人の価値観も感覚も一般常識も、全く違います。
例えばオーストラリアに留学してオーストラリアの人々の価値観を知ることができたとして、いざ社会に出てみてビジネスの相手先がシンガポールの人だったらどうしますか。オーストラリアで得た知識はあまり役に立ちません。勉強は一からやり直しです。
私の例でも、自ら選んだ留学先はアメリカでしたが、その後の私に実際必要になったのはオーストラリアの国民性を理解することと、イギリス英語の発音を理解することでした。
アメリカでの経験が無駄になったとは思いませんが、せっかくアメリカで覚えてきたよいことを思うように生かせなくてはがゆいことも、日々あります。。。

> 社会人になってから英語が必要になった時に準備すれば、
> ビジネスにおいて英語を使えるようになれるのでしょうか?

私はそう思います。周りのそういう人を何人も見ています。
最初は苦労してはいるようですが、人間、本当に必要に迫られれば短期間で習得できるものなのですよ。

先のご質問にも回答した者です。
まだなんとなく、留学をあきらめきれないご様子ですね。
私からは、留学はしたければすればよいですが、就職とは切り離して考えるべきだと申しあげました。

> 海外の方々の価値観や感覚を肌で感じておくべきではないでしょうか

機会があればしておいてもよいでしょうけど、それなら、全世界を回らなければならないことになりますよ。
同じ英語圏でも、国が違えば、人の価値観も感覚も一般常識も、全く違います。
例えばオーストラリアに留学してオーストラリアの人々の価値観を...続きを読む

Qエネルギー準位の定義について

高校物理の質問です。
エネルギー準位は定常状態にある電子「1個」のエネルギーと考えていいでしょうか?それとも軌道半径が等しい電子のエネルギーの和ですか?(水素原子しか習っていませんので定義があいまいです)

それからいろいろ調べた結果、使い方がいろいろあるようです。
1.電子のエネルギー準位
2.原子のエネルギー準位 →教科書では水素原子のエネルギー準位、と表現しています。
3.原子核のエネルギー準位

なお、こちらのサイトで別の質問をしたところ、2は誤りで、3で表現するようにといわれました。しかし教科書では「水素原子のエネルギー準位」ときっちり書いてあります。1から3の使い方の正誤について教えていただければと思います。

Aベストアンサー

回答が後のものほど難しい説明をしましたが、高校生レベルに噛み砕いて説明してみます。

エネルギー準位というのは入れ物によって決まるもので、中に入れるもののエネルギーの居場所を指しています。
(原子核は核力によって陽子や中性子が閉じ込められていると考えてください。原子核崩壊は、水の蒸発と同じようなものだというイメージを持ってください。(蒸発は水内部の熱運動エネルギーが高い分子(統計的なもの)が液体の水の束縛(表面張力)を振り切って逃げて行くことを言う))

エネルギーは、電子や陽子のような「個」(粒子であったり剛体であったりしても良いが)の持つ物理量。

エネルギー準位は電子だけでは形成されず、原子核などによる「ポテンシャルの箱」が必要。
言い換えると、入れ物(箱)の特徴を表している。

根本的な話をしだすと、No.7みたいに数学的になる。(実は入れ物を決めているのはハミルトニアンで、中を埋めるものの波動関数とを数式で結びつけてエネルギー準位が固有値として出てくる。そもそもエネルギー自体は「力」を作るものと受ける側の2つがないとなし得ない概念だからね。W=-∫Fdxっていう仕事(エネルギー)の定義式に当てはめればわかる)

あと、よく考えたら電子のエネルギー準位ってのもおかしな言葉ですね。
「電子が取りうるエネルギー準位」ならわかりますが、「電子のエネルギー準位」と書いたら電子が何かに対してエネルギー準位を形成しているのか、はたまた電子自体が特定のエネルギー準位に収まっているのか不明ですね。

(補足:固体中の自由電子のエネルギー準位ってのも調べてみると理解が深まるかも)

エネルギー準位を与えるのは入れ物であり、エネルギー準位を埋めるのは入れ物に閉じ込められたものであるので、何を意味しているかは内容を読むしかしかないのかな?
(ネット上の情報は正確に表現されているかはわからないです。私は数式の解釈から説明しただけであって、慣例ということもある「かもしれない」。知らない表現はしない方が無難です。)

回答が後のものほど難しい説明をしましたが、高校生レベルに噛み砕いて説明してみます。

エネルギー準位というのは入れ物によって決まるもので、中に入れるもののエネルギーの居場所を指しています。
(原子核は核力によって陽子や中性子が閉じ込められていると考えてください。原子核崩壊は、水の蒸発と同じようなものだというイメージを持ってください。(蒸発は水内部の熱運動エネルギーが高い分子(統計的なもの)が液体の水の束縛(表面張力)を振り切って逃げて行くことを言う))

エネルギーは、電子や陽子のよう...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報