【復活求む!】惜しくも解散してしまったバンド|J-ROCK編 >>

併合罪の計算方法がよく分かりません。
例えば刑法204条傷害罪(15年以下の懲役、または50万円以下の罰金)と窃盗罪(10年以下の懲役)の併合罪の場合、懲役の上限は15×1.5=22.5年となりますよね?これに罰金刑を加えることはできるのでしょうか。また、懲役刑はなしで罰金刑のみを科すことはできるのでしょうか。教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

その例では、傷害について有期懲役刑を科すか、それとも罰金刑を科すかを選択した上で、併合罪の処理をします。



1)傷害について有期懲役刑を選択した場合

15年以下の懲役(傷害)と10年以下の懲役(窃盗)なので、最も重い罪である傷害について定めた刑の長期を1.5倍して、22年6月以下の懲役となります(刑法47条本文)。

2)傷害について罰金刑を選択した場合

罰金については他の刑と併科するので、10年以下の懲役(窃盗)と50万円以下の罰金(傷害)を併科することになります(刑法48条1項本文)。

> また、懲役刑はなしで罰金刑のみを科すことはできるのでしょうか。

できません。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

早速のご回答、ありがとうございました。お手数でなければ、236条「5年以上の懲役」と188条1項「6月以下の懲役もしくは禁錮又は10万円以下の罰金」のように
「以上・以下」と異なる場合にどうなるかについて教えて下さい。図書館で自分で調べようとしたのですが答えが得られませんでした。「5年6つき以上の懲役」もしくは「5年以上の懲役及び10万円以下の罰金」でしょうか。

お礼日時:2005/05/13 11:21

>「以上・以下」と異なる場合にどうなるかについて教えて下さい



各本条で「以上」「以下」のどちらかしかない場合は、書いていないほうは原則に戻って考えます。

たとえば刑法236条強盗罪は「5年以上の有期懲役」とありますが、
これは正確には、刑法12条に定められた有期懲役の長期とを合わせて
「5年以上20年以下の懲役」になります。

そうすると、おっしゃるケースでは、
・礼拝所不敬罪について、複数ある刑のうち1つを選択

・罰金刑を選択した場合はNo.1さんのおっしゃるとおり

・懲役刑又は禁錮刑を選択した場合は、原則はNo.1さんのとおりですが、この場合は47条但書が適用されて、両者の長期の合計である20年6月が上限

となります。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

どうもありがとうございます。12条を考えていませんでした。

お礼日時:2005/05/14 13:02

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q観念的競合と併合罪ってどう違うんですか?

全然分かっていない質問ですが、どうか教えてください。
観念的競合って併合罪とどう違うのでしょうか?どちらも刑が跳ね上がるものなのでしょうか?一つのことをすると2罪になる、というのと、二つのつみを一つにするっていうのはなんとなくわかるのですが・・・
あと、併合罪で、長い方の罪の半分を足してより長い刑罰にできるっていうのは、たとえば14年のつみと10年の罪を犯した場合、14のほうに、10年の2分の1の5年をたすんでしょうか?(そうすると19年になりますよね)それとも10年のほうに14年の半分の7年をたすんでしょうか?そうすると17年になります。それとも長い14年のほうに、それの半分の7年をたして21年にするってことなんでしょうか?いろいろ聞いてしまってすみません。どれか一つでも教えていただけるとうれしいです。よろしくおねがいします。

Aベストアンサー

こんにちは

具体例で考えると分かりやすいです。

たとえば、1発の銃弾で2人殺してしまったら、1個の行為で2個の犯罪を犯していることになります。これを、観念的競合というわけです。

また、1発ずつ発射して、それぞれ1人ずつ殺した場合、2個の行為で2個の犯罪を犯しています。これを併合罪というわけです。

だから、両者の違いはズバリ、1個の行為かどうかです。

それと、観念的競合の場合は、そのうちで一番重たい罪の刑になります。ですから、刑が跳ね上がると言うよりも、お得な感じです。2罪犯しているのに、1罪分でいいのですから。

これに対して、併合罪は、原則として重たい罪の1.5倍です。質問文の例では、長期が21年になるかな。

やっぱり、1個の行為しかしてない犯罪者はちょっと軽いのです。

Q懲役と罰金、同時に科せられるのですか?

犯罪を犯した場合、懲役または罰金。という処理ですか?それとも、懲役+罰金ということもあるのでしょうか?例1、懲役1年と罰金10万円を支払え。例2,懲役1年但し執行猶予3年、と同時に罰金10万円を支払え。例3,罰金10万円を支払え。等。どのたか教えてください。

Aベストアンサー

懲役と罰金の併科は,これを法律で認める犯罪であることが前提です。
例えば,傷害罪は,「懲役15年以下または50万円以下の罰金」なので,どちらか一つにする必要があり,併科はどうしたってできません。
一方,盗品等有償譲受けなどは,「懲役10年以下及び50万円以下の罰金」なので,必ず併科しなければなりません。
さらに,会社法上の特別背任は,「10年以下の懲役もしくは1000万円以下の罰金に処し,またはこれを併科する」ですので,どちらか一方も可能ですし,両方併科することも可能です。
どのような犯罪を犯したかによるわけです。

Q刑法48条2項

併合罪のうちの2個以上の罪について罰金に処するときは、
それぞれの罪について定めた罰金の多額の合計以下で処断する。(刑48条2項)

これは、2個以上の罪についての罰金の合計額よりも低くする事が出来ると言う事なのでしょうか?

これに対して刑法53条2項は
2個以上の科料は、必ず併科され、その合計額よりも低くする事は出来ないということなのでしょうか?

Aベストアンサー

「併合罪のうちの二個以上の罪について罰金に処するときは、それぞれの罪について定めた罰金の多額の合計以下で処断する。」 (刑法48条2項)
ここで罰金の多額とは、その最上限を指します。例えば、法定刑が10万円以下の罰金の場合の多額は10万円です。なお、寡額(最下限)については、条文に定めがない場合は、1万円(刑法15条)になります。
そこで本条項の解釈は、例えば、A罪[法定刑:50万円以下の罰金]とB罪[法定刑:10万円以下の罰金]を併合罪とする場合は、60万円以下の罰金で処断することになります。したがって、60万円を超える罰金で処断すことはできません。
換言すると、罰金(多額)の合計額以下で処断しなければならないという規定なので、当然ながら、多額の合計よりも低い額で処断することができます。

「二個以上の拘留又は科料は、併科する。」(刑法53条2項)
この条項は、科料に処すべき併合罪については、一罪ごとに刑を量定し、これらを併せて執行するという意味です。
科料は、条文で特に規定していな場合、千円以上1万円未満(刑法16条)です。例えば、A罪が三千円、B罪が二千円の科料と量定した場合は、併合罪として科料が五千円になるということです。

「併合罪のうちの二個以上の罪について罰金に処するときは、それぞれの罪について定めた罰金の多額の合計以下で処断する。」 (刑法48条2項)
ここで罰金の多額とは、その最上限を指します。例えば、法定刑が10万円以下の罰金の場合の多額は10万円です。なお、寡額(最下限)については、条文に定めがない場合は、1万円(刑法15条)になります。
そこで本条項の解釈は、例えば、A罪[法定刑:50万円以下の罰金]とB罪[法定刑:10万円以下の罰金]を併合罪とする場合は、60万円以下の罰金で処断することになり...続きを読む

Q窃盗罪の併合罪

皆さん、こんばんは。
窃盗罪は、10年以下の懲役又は、50万以下の罰金、と
言われますが、懲役か、罰金かではなく
どちらもある、併合罪の判例ありますか?

実は、現行犯で逮捕されてない父が、3回目の万引きをしました。
自首を勧めていますが、なかなかうまくいきません。
どうぞ宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

窃盗罪では、ありません。

同時に行った犯罪ではないので、併合罪は適用になりません。

それぞれ、犯罪実行場所・日時が異なりますから、併せての起訴にはなるでしょう。

過去に(10年以内)に、窃盗罪で有罪(執行猶予・罰金刑)に処せられていれば、今回は懲役刑に・・・

Q包括一罪って?

学校で罪数論を習ったのですが、その中で包括一罪というのがでてきました。
数個の構成要件に該当する事実が、全体として一罪となるということでした。そして、その中に混合的包括一罪というのがあって具体例として、窃盗の後、殺害により財物の返還を免れようとした場合、窃盗罪と2項強盗による強盗殺人未遂罪の包括一罪と習いましたが、起訴の際は二つの罪名がかかれるのですか?強盗殺人未遂だけ?あと犯罪事実は一つですよね?裁判も同時ですよね?二つの罪がかかれて同時に審判されるならば科刑上一罪のような感じがしますが、観念的競合でも、牽連犯でもないし・・・誰か教えてください。

Aベストアンサー

 ご質問の事例では、起訴状には罪名は「強盗殺人未遂」、罰条は「刑法243条、240条後段」と記載されるのだと思います。
 包括一罪とは、「分析的に見ていけば複数の構成要件該当行為が存在すると評価できる場合であるが、各行為間に、日時・場所の近接、方法の類似、機会の同一、犯意の継続その他行為間の密接な関係から、全体として1個の構成要件該当行為があると考えて、一罪として処理する場合」です。ですから、罪名は1つです。
 別の例を挙げてみます。
 たとえば、被害者Vを狙ってピストルを5発続けて発射し、5発目が命中してVが死亡した場合、分析的に見ていけば、4個の殺人未遂行為と、1個の殺人行為が存在しますが、全体として殺人既遂行為が1個とみるわけです。この場合、起訴状には「被告人は、Vを殺害しようと企て、平成13年○月○日午後○時○分ころ、東京都港区赤坂○丁目○番○号先路上において、V(当○○年)に対し、殺意をもって所携のけん銃(ワルサー○型38口径)から銃弾5発を発射し、うち1発をVに命中させて左胸部盲管銃創の傷害を負わせ、そのころ、同所において、同人を失血死させ、もって同人を殺害したものである。」などと記載されると思います。そして、罪名は「殺人」、罰条は「刑法199条」です。

参考:前田雅英『刑法総論講義 第3版』p474~477

 ご質問の事例では、起訴状には罪名は「強盗殺人未遂」、罰条は「刑法243条、240条後段」と記載されるのだと思います。
 包括一罪とは、「分析的に見ていけば複数の構成要件該当行為が存在すると評価できる場合であるが、各行為間に、日時・場所の近接、方法の類似、機会の同一、犯意の継続その他行為間の密接な関係から、全体として1個の構成要件該当行為があると考えて、一罪として処理する場合」です。ですから、罪名は1つです。
 別の例を挙げてみます。
 たとえば、被害者Vを狙ってピストル...続きを読む

Q窃盗罪の刑罰の程度について教えて下さい

先週、友人が通りがかりの人の財布(所持金約1万円)を盗み、窃盗罪で逮捕されました。実刑となった場合、窃盗は10年以下の懲役と聞いてますが、実際、このケースの場合、初犯だとして、どの程度の罪になるんでしょうか?また、仮に執行猶予などになった場合でも、確定され、釈放されるまでどの位の期間がかかるのでしょうか?ケースバイケースだとは思いますが、ご存知のかたがいましたら、教えて下さい。

Aベストアンサー

まず、金額から逮捕に続いて勾留されるでしょう。10日内に彼の家族などが被害弁償して(1万を使ってしまったのかどうかが書いていないのでここは不明ですが)、併せて被害者に謝罪する。領収証でももらって担当検事か副検事に提出。これで、第一次勾留の満期にでられる可能性がある(初犯として)。この点は、担当検察官の個性・キャラクターに依存します。検察内部の起訴基準がありますが、窃盗罪には法定刑として罰金がないのです。それとのかねあいから、検察官の起訴裁量・不起訴処分の権限行使は、ある程度、窃盗に関しては広くないといけません(検察の内情をしらない素人のたわごとです、検察の人が読んでいたらごめんなさい)。

それで、もし、仮に起訴されたら、管轄裁判所は簡易裁判所でしょう。軽微な窃盗は普通ここです。そして、初犯なら、確実に執行猶予です。刑は懲役1年執行猶予2年ないし3年というところ。

勾留満期内に起訴されて、身柄は警察の留置場から拘置所ないし拘置支所に移されるのが、裁判の1週間から10日前くらいのときです。

起訴されると起訴前の勾留は当然起訴後の勾留に切り替わるので、第一回公判から判決言い渡しの日まで身柄はそのまま。これを避けるには、起訴後に保釈申請です。

保釈されないと逮捕から判決言い渡しで執行猶予がついて釈放されるまで、早くて一ヶ月半、普通二ヶ月ですかね。

この手の犯罪では、私選など不要、国選で十分です。

まず、金額から逮捕に続いて勾留されるでしょう。10日内に彼の家族などが被害弁償して(1万を使ってしまったのかどうかが書いていないのでここは不明ですが)、併せて被害者に謝罪する。領収証でももらって担当検事か副検事に提出。これで、第一次勾留の満期にでられる可能性がある(初犯として)。この点は、担当検察官の個性・キャラクターに依存します。検察内部の起訴基準がありますが、窃盗罪には法定刑として罰金がないのです。それとのかねあいから、検察官の起訴裁量・不起訴処分の権限行使は、ある程...続きを読む

Q保釈されたのに、実刑(執行猶予無し)の確率や判例は?

よく、保釈されれば、執行猶予が付くと聞きますし、
ネットや本で調べても
「保釈が通れば、執行猶予が付く確率が極めて高くなる」
といった事が書いてあるのが多いのですが、実際の判例では、どうなんでしょうか?

個人的には、刑法第25条(執行猶予)にあるように、
今まで禁固以上の罪に処されたことがない者が、
保釈中に社会復帰をしようと努力をし、
やっと職場などに復帰できたのに、裁判→判決→実刑○年
(執行猶予無し)になったら、保釈中に社会復帰できた職場に迷惑を
掛けると思いますし、保釈中の社会復帰の努力が全て無駄になって
しまいますよね。

だとしたら、執行猶予なしの実刑だったら、
始めから保釈を許可しないと思うのですが、
実際はどうなんでしょうか?

Aベストアンサー

#4です。何度も登場はちょと恥ずかしいですが、かなり深刻におなやみのようなので。
求刑が2年であれば執行猶予は確実とおもいます。
「裁判所」でウェブ検索すれば1番目にででくるところから最近の判例がみれます。もしかするとそっちをみたほうが安心できるかも。

Q彼氏が窃盗罪(初犯)で逮捕されました。

2日前に彼氏が窃盗罪で逮捕されました。

2日前、彼氏の家に刑事さんが来てそのまま連れて行かれました。
私は逮捕されたと思っていなかったので連絡が取れないのを
不安に思い、警察へ聞きに行ったら窃盗罪(初犯)で逮捕されていました。
今は警察署の拘置所にいます。
彼氏も容疑を認めていて現在勾留状態だと言われました。

窃盗内容ですが、2年前にパソコンを盗んだとのことです。
お店から盗んだのではないようなんですが、、、。
(詳しいことは教えてもらえませんでした。)


この場合、どういった刑になるのでしょうか?



・彼氏は現在働いていません。4ヶ月前までインストラクターをしていました。
・一人暮らしで、もしかしたら実家の両親もこの事を知らないかもしれません。
・彼氏の家に遊びに行った時パソコンを見たことがありません。
・刑事さんは長くなるかもしれないと言っていました。


私には何が出来るのでしょうか?
頭がパニックです。
情けないことに知識がありません。
アドバイス宜しくお願いいたします。

Aベストアンサー

初犯であれば執行猶予がついて釈放されると思います
どのくらいの被害金額で変ってくると思います

2週間後に起訴されて
その後、
1ヶ月~1ヶ月半後に裁判。そこで執行猶予の判決ならば釈放。
実刑なら刑務所です。
共犯者がいると長引いたり組織的気・計画的で
主犯格であるとわかりません。

執行猶予ならば11月半ばか11月末頃に釈放です。
その前に保釈申請が通れば保釈金を払ってで出てこれます
このお金は返ってきます。

弁護士は起訴されないとつきません。

私も逮捕~起訴~裁判経験があります。
容疑を認めいれば手紙や面会に行けます。
面会や手紙を出すのが一番良いかと思います。

何しろ本人も不安でしょうがないと思います
留置場の中にもたくさん人がいていろいろ知恵をつけられます
何回も犯罪を繰り返す人がいて

窃盗でパソコン盗んだだけなら、1台だけでしょうか
初犯であれば執行猶予だと思います。

私は初犯でありましたが、判決の日まで本当に執行猶予になるのか
ドキドキして気分が落ち込んだりして大変でしたから

初犯であれば執行猶予がついて釈放されると思います
どのくらいの被害金額で変ってくると思います

2週間後に起訴されて
その後、
1ヶ月~1ヶ月半後に裁判。そこで執行猶予の判決ならば釈放。
実刑なら刑務所です。
共犯者がいると長引いたり組織的気・計画的で
主犯格であるとわかりません。

執行猶予ならば11月半ばか11月末頃に釈放です。
その前に保釈申請が通れば保釈金を払ってで出てこれます
このお金は返ってきます。

弁護士は起訴されないとつきません。

私も逮捕~起訴~裁判...続きを読む

Q懲役又は罰金の罪はは罰金払えば懲役にはならない?

 労働法などの罰則で懲役又は罰金という罪が多いですが、これは罰金を払えばどんな悪質な罪でも懲役にはならないと言うことなのでしょうか?もし分かる方いましたら教えてください。

Aベストアンサー

 刑罰を決めることができるのは裁判官しかいません。刑罰には死刑、懲役、禁固、拘留、罰金、そして付加刑として、没収があります。
 刑罰が「懲役又は罰金」と定められている犯罪については、裁判官がどちらを選ぶか決めるのですが、初犯であったり、裁判官が「あまり厳しく罰する必要はない」と判断すれば、罰金を選ぶケースが多いでしょう。(スピード違反や信号無視でも懲役刑が定められています)
 なお、罰金刑を受けて、その罰金を完納したとしても、前科になります。
 罰金刑を受けて、お金が払えない場合は労役場に留置して、中で働くのですが、その場合、1日5000円と換算されます。

Q窃盗罪+暴行罪=強盗罪?

窃盗を犯し、その相手に暴行を働いても場合は強盗罪が成立するのでしょうか?僕は窃盗罪と暴行罪が成立するような気がするんですが、もし強盗罪が成立した場合に現行法上では最低5年刑務所に入らず得なくり5年ですから執行猶予(3年までしか)も付きませんし暴行を働いたぐらいで殺人罪(同じく5年以上の懲役)並に重い強盗罪が成立するのですか?教えて下さい。

Aベストアンサー

正確に言えば、「何時、何のためにどの程度の暴行を働いたかによる」だね。

2番の回答にある目的も必要だけどそれ以外にも事後強盗罪が成立するためには、暴行が窃盗の機会に行われることが必要。暴行を加えた相手が窃盗の被害者であるからと言ってそれが窃盗の機会であるとは限らない。また、少なくとも強盗罪と同じ程度(相手の反抗を抑圧するに足りる程度)の暴行が必要と解するのが通説。ちなみに下級審判例では更に強度の暴行を必要と解しているものも少なくない。
事後強盗罪の構成要件に該当しないならば、窃盗罪と暴行罪の併合罪になるのは2番の通り。


人気Q&Aランキング