この作品とシャイクスピアの「ハムレット」を対比した小レポートを書かねばなりません。実はこれ夏休みの宿題だったのですがすっかり忘れていて、友人に指摘されて一昨日気付きました!
「ハムレット」の方は何とか読み終わりそうなのですが、「ギルデンスターン~」は日本語訳も無く手が回りそうに無いのです(>_<)
もし内容をご存知の方がいらしたら是非概要を教えていただけないでしょうか?
「ハムレット」との対比レポートのアドバイスもお待ちしております。
時間がとにかく無いので、どうぞよろしくお願い致します!

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

「ローゼンクランツとギルデンスターンは死んだ」の作者トム・ストッパードは、1985年に「未来世紀ブラジル」の脚本を、それから1998年に「恋に落ちたシェイクスピア」の脚本を手掛けていますね。

それとのからみもあるんでしょう。

少しずるいですが、参考URLに、「ローゼンクランツとギルデンスターンは死んだ」の劇場用パンフの文言があります。参考まで。

トム・ストッパードで検索すると、もう少し資料が出てくるかもしれませんよ。

参考URL:http://c-cross.cside2.com/html/a10ro002.htm
    • good
    • 0

「ローゼンクランツとギルデンスターンは死んだ」は戯曲集がでています。

今職場からなので実物の確認が取れませんが、私は所有しておりますので。
...いまちょっと調べたら劇書房でした。紀伊国屋のオンラインショップでも入手できます。下記URL参照ください。
まあ、ビデオで見てしまえば楽チンですね。私が読んだ限りではほぼ忠実に映像化していましたから。

参考URL:http://bookweb.kinokuniya.co.jp/guest/cgi-bin/ws …
    • good
    • 0

直接の情報というほどではありませんが、調べる手がかりになりそうなことを少々。

ご質問には作家名が抜けていたのですが、i-junkieさんの言われるようにトム・ストッパードです。英語の文献も合わせて、検索したり、文学辞典とか研究書の類で調べて見られたらいいと思います。英語では作者は、Tom Stoppard、作品名は、ROSENCRANTZ AND GILDENSTERN ARE DEADです。ネット(Google)でちょっと見ると、簡単な紹介がありました。

A dazzling comedy about two misunderstood, minor characters from Hamlet who frantically attempt to define themselves in a world where they meet a disastrous, but inevitable destiny.

主だった文学辞典なら必ず載っている作家ですし、作品も代表作です。
映画もあるのは確かですが、ビデオはそう簡単には入手できないような気がします。

ちなみに、ikijibikix のようなお考えもわからないではありませんが、ストッパーどの作品はあくまでもとのハムレットを意識して書かれたもので、元との違いがわからないと面白さが十分わからない、ということがあると思います。パロディとか、和歌の本歌取りとか、そういうタイプの作品がありますよね。課題の主旨はそういうことだろうと思います。
    • good
    • 0

ご質問に対する直接の回答にはならないとは思いますが、貴方の質問内容を見て


まず思い浮かんだ事は、この宿題を出された先生(教授?)は何を求めておられるのか?ということです。
文学、美術、音楽とかの分野では作品そのものを対比したり比較することに、私は意味を見出す事ができません。
作品を読んだり、見たり、聞いたりして自分が思ったり感じた事に意味や価値があり、それを比較対照するのは作品、作者に対して失礼であると私は思います。

私が今、貴方の立場ならきっとこんなレポートを提出するでしょう。
質問の2作品、それぞれの感想を書き、対比はせず、以上の様な自分の意見を添える。

まあ、こんなふうに考える人間も世の中にはいるということで失礼します。
    • good
    • 0

 確か同名の映画がありました。

ビデオがあるかどうかは
わかりませんが・・・。また、お芝居にもなっているようです。

参考URL:http://cinema.media.iis.u-tokyo.ac.jp/movie.cgi? …     http://www.nikkei.co.jp/trwatch/miru/c39c7006_07 …
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

関連するカテゴリからQ&Aを探す

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q「ハムレット」のような・・・

こんにちは
シェークスピアのハムレットでは登場人物の暗殺と彗星の出現(天文学)を重ね合わせて書いて、効果的に描いていますがこのように文学作品の中に何かの学問を取り入れている作品が知りたいです。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

メアリ・シェリーの「フランケンシュタイン」には、当時の科学が取り入れられています。現在では間違いとわかっている生命科学や、雷の電気などが怪物創造の背景として描かれています。

H・G・ウェルズなど、SF作家の作品には自然科学や社会科学が取り入れられています。ウェルズは世界史の本も書いていて、その世界史観が「タイムマシン」などの作品を生み出しました。

Qシェイクスピアのハムレットのサイトってある?

こんにちは!
私はとてもシェイクスピアの作品が大好きです。
最近、『ハムレット』(和訳)を読んでいます。
『ハムレット』にする関するサイトがあれば、教えていただけませんか。

Aベストアンサー

膨大にあるようですけど。

参考URL:http://directory.google.com/Top/Arts/Literature/World_Literature/British/Shakespeare/Works/Plays/Tragedies/Hamlet/?tc=1

Qハムレットの台詞

シェークスピアのハムレットにて。
やると決心した後に、言葉を並べたてる事はやる気を鈍らせるだけでしかないと言うような内容の事をハムレットが言ったと思うのですが、正確な表現が思い出せません。
本を図書館に返してしまったので現在調べることもできません。
どなたかご存知の方は教えてください。

Aベストアンサー

この箇所のことではないかもしれませんが一応。

Thus conscience does make cowards of us all;
And thus the native hue of resolution
Is sicklied o'er with the pale cast of thought,
And enterprises of great pitch and moment
With this regard their currents turn awry,
And lose the name of action.

このようにもの思う心がわれわれを臆病にする、
このように決意のもって生まれた血の色が
分別の病み蒼ざめた塗料にぬりつぶされる、
そして、生死にかかわるほどの大事業も
そのためにいつしか進むべき道を失い、
行動をおこすにいたらず終わる。

(第3幕第1場、小田島雄志訳)

Qハムレットのセリフ

ハムレットの有名なセリフ
「生きるべきか死ぬべきか」と
「尼寺へ行け」
どちらが先だったでしょうか?
どちらも同じ第三幕だったと思うのですが、記憶が定かではありません。
ご存知の方いらっしゃいましたら教えて下さい。

Aベストアンサー

to be, or not to be・・・
の次の場面ではなかったかと。

Q「ハムレット」と「長いお別れ」

ハムレットの中で、オフィーリアの語る、
「you must wear your rue with a difference」(第4幕5場)は、
一般的に「あなたとわたしでは、つける意味が違う」と訳されています。
一方、レイモンド・チャンドラーの「長いお別れ」の中で、同じシェークスピアの言葉が引用されていて(47章)、訳者の故清水俊二氏は、
「そなたは分別をこえて悲しみの衣をまとわねばならぬ」と訳されています。
しかしこれは誤訳ではないでしょうか?
ハムレットにおけるrueとは、ヘンルーダという植物で、「後悔」と「悲哀」の2つの意味があり、オフィーリアは王妃に対して「後悔」を、自分に対して「悲哀」を表したものと解されていると思います。
その2つの意味があるrueという言葉を「悲しみ」と訳すのは、少しおかしいのではないでしょうか?
実際、チャンドラーの研究者として知られる各務三郎氏は、著書「チャンドラー人物事典」の中で、自らの訳として、
「あなたはちがった意味のヘンルーダを身につけなくてはいけませぬ」としています。
(そしてヘンルーダには後悔と悲哀の2つの意味があると説明しています。)
各務氏は清水氏の訳について何もふれていませんが、もし間違っているのなら、「長いお別れ」という日本でも人気の高い作家の名作が、きちんと翻訳されていないまま、60刷以上も刷られ続けているのは、甚だ残念なことに思われます。
(もちろん清水氏の訳業には、敬意を表しますが。)
マイナーな質問で申し訳ありませんが、ご興味のある方がいらっしゃいましたら、意見を聞かせていただきたいと思っています。

ハムレットの中で、オフィーリアの語る、
「you must wear your rue with a difference」(第4幕5場)は、
一般的に「あなたとわたしでは、つける意味が違う」と訳されています。
一方、レイモンド・チャンドラーの「長いお別れ」の中で、同じシェークスピアの言葉が引用されていて(47章)、訳者の故清水俊二氏は、
「そなたは分別をこえて悲しみの衣をまとわねばならぬ」と訳されています。
しかしこれは誤訳ではないでしょうか?
ハムレットにおけるrueとは、ヘンルーダという植物で、「後悔」と「悲哀」...続きを読む

Aベストアンサー

私の言葉が足りませんでした。
清水氏の訳が誤訳であることは同意致しております。(翻訳に誤訳はつきもの、というのはそういう意味でした)

ただ、rue に「悲嘆」と「悔恨」二つの意味がある以上、これを「悲しみ」と訳していけないとは言えません。with a difference は誤訳でしょうが、「そなたは私とは違う悲しみの衣をまとわねばならぬ。」でも、悪くはないのでは?

とにかく、私は清水氏の翻訳を責める気にはなれないのです。

第一に翻訳として、訳注はつけるべきではないということ。専門書や研究書ではないのです。この本の場合、読みやすさを最優先させるべきです。註はもってのほかです。

第二に、シェークスピアはそれなりに研究されていましたし、それを参照しなかった(かもしれない)清水氏にはそれなりの責任はあるでしょう。しかし、最も重要な辞書が今とは比べものにならないくらい貧弱だったあの時代に、あれほどの翻訳をされた清水氏を、尊敬することはできても責めることは私にはできません。

第三に、たった1行のために(あえて、「たったの1行」と申し上げます)、改訳をすることは商売上できません。文体も古びていますから、やるなら他の誤訳の訂正と一緒に全面改稿ということになるでしょう。

しかしそんな贅沢が許されるのは一部の文学書(サリンジャー『ライ麦畑でつかまえて』)や専門書(ソシュール『一般言語学講義』)くらいのものです。最近まで、鼻も引っかけられなかったハードボイルドにそれを期待することは無理です。(もっとも、ハメットやチャンドラーを今の若い人が読むかどうか、非常に疑問にも思うのですが)

また、全面的に改訳をするとなると、気力体力とも充実していなければできません。初訳よりも大変なのです。しかし、働き盛りの清水氏には次々と字幕だの何だの仕事が舞い込みますから、難しかったかもしれません。

おっしゃるとおり、「『長いお別れ』という日本でも人気の高い作家の名作」ですから、早く新訳が出版されるといいですね。シャーロック・ホームズの新訳もたくさん出ましたし。

#以下、オフトピ。
研究されていても誤訳はつきません。
ホームズの『緋色の研究』は『緋色の習作』であるべきだといわれていますが、今更そういわれても、という気がします。

源氏物語の冒頭部分にある「いとやんごとなき際にはあらぬが」の「が」は逆接の接続詞ではなく、同格の格助詞ですが、現代作家による現代語訳でそう訳しているのは谷崎潤一郎くらいです。

ハムレットだって、太っていたのかどうか、いまだに議論の的です。fat は「デブ」なのか、「汗をかいている」のか?

私の言葉が足りませんでした。
清水氏の訳が誤訳であることは同意致しております。(翻訳に誤訳はつきもの、というのはそういう意味でした)

ただ、rue に「悲嘆」と「悔恨」二つの意味がある以上、これを「悲しみ」と訳していけないとは言えません。with a difference は誤訳でしょうが、「そなたは私とは違う悲しみの衣をまとわねばならぬ。」でも、悪くはないのでは?

とにかく、私は清水氏の翻訳を責める気にはなれないのです。

第一に翻訳として、訳注はつけるべきではないということ。専門書や研...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報